辞めた方がいい会社の特徴14選!退職したいときの3つの対象も徹底解説

「辞めた方がいい会社の特徴を知りたい」
「辞めた方がいい会社に当てはまった場合の対処法を知りたい」

など気になりませんか。

現在の会社に不満があって退職を考えているけど、本当に辞めるべきなのかわからないという方は多いですよね。辞めた方がいい会社で消耗するのは避けたいですが、その場の感情だけで退職するのは難しいです。

自分の勤め先が本当に辞めるべき会社なのかわかると、キャリアを設計しやすいでしょう。

そこでこの記事では、

  • 辞めた方がいい会社の特徴
  • スムーズな退職方法

などを紹介します。退職を考えているけど、辞める決心がつかない方・会社を辞めていいか不安な方は参考にしてみてください。

やめたほうがいい会社の特徴14選

社員が辞めていって潰れるべきブラック企業の特徴と、そんな会社の辞め方も紹介していきます。

もしも以下に当てはまるのであれば、退職を考えるべきかもしれません。

  • 給料が悪い会社
  • ボーナスをカットされる会社
  • 常に人手不足な会社
  • サービス残業が当たり前な会社
  • パワハラ・セクハラがある会社
  • 有給をもらえない会社
  • 冠婚葬祭で休めない会社
  • 職場の人間関係が悪い会社
  • 社員の意見を聞き入れない
  • 新入社員の教育が雑な会社
  • 悪口・陰口が横行している会社
  • 尊敬できる上司がいない会社
  • 無駄な習慣業務がある会社
  • やりがいがない会社

一つひとつ解説します。

1.給料が悪い会社

給料が悪い会社は辞めましょう。給料は会社の規模や業種によって異なります。

しかし、同じような会社の平均よりも低い場合は、給料が悪い可能性が高いです。

また、仕事量と給料が見合っていない場合も注意が必要。会社が従業員の頑張りを評価してくれないことになります。今後働き続けても給料が上がることは少ないので辞めた方が良いでしょう。

2.ボーナスをカットされる会社

会社からボーナスの支給をカットされる場合は、辞めた方が良いです。ボーナスは、会社の業績によって支給額が変わる仕組み。

業績が良いとボーナスがもらえます。逆に業績が悪いと減額になったりカットされたりします。

そのため、頻繁にボーナスが支払われない時は、将来的に長く続かない会社である可能性が高いですまた、倒産しなくても人件費削減として、リストラになることもあります。

ボーナスがカットされる会社は辞めた方が良いでしょう。

3.常に人手不足な会社

常に求人を募集しているということは、社員が次々に辞めています社員の定着率が悪い会社は、ブラック企業である可能性が高いです。

ブラック企業は人手不足なので、基本的に辞めようとすると引き止めてきます。しかし、無期雇用の場合退職の旨を伝えてから2週間後であれば、会社の意思と関係なく退職可能です。前向きな理由の退職であることを伝えて辞めましょう。

また。有期雇用の場合は、親の介護や医師からの(うつ病などの)診断書など「やむを得ない事由」があれば問題な即日退職できます。

ただし、必ずしも「社員の定着率が良い=優良企業」ではないので注意が必要です。

4.サービス残業が当たり前な会社

サービス残業がある時点で、労働者をまともに扱わない会社です。経営陣が自分の立場でしか物事を考えておらず、酷い扱いを受ける傾向にあります。

自社のことも考えられないので、顧客に対する姿勢もあまり良くないでしょう。

このような会社はサービス精神旺盛な部下は丁重に扱いますが、やる気がない社員には厳しいですそのため、退職の旨を伝えたら冷たい対応を取られるかもしれません。

サービス残業が当たり前な会社に勤めている方は、転職を準備を進めましょう。

5.パワハラ・セクハラがある会社

パワハラ・セクハラがある会社は辞めた方が良いでしょう。パワハラやセクハラは社会問題になっており、実際に実行されている場合は企業体質の問題です。

企業によっては自分の立場を利用して、部下や後輩に対して嫌がらせや無茶な指示を出す上司がいます。相手が上の立場だと言い返せないですよね。そのような行為があると、周囲の雰囲気は悪くなります。

事前にパワハラ・セクハラがあるとわかっているなら、入社しても長く続かない可能性が高いのでしょう。

6.有給をもらえない会社

有給をもらえない会社は辞めておいた方が良いです。日本の法律では、一定の要件を満たしている場合、有給休暇の付与が決められています。そのため従業員のことを考えていない可能性があります。

また、有給をもらえても使えない会社にも注意しましょう。従業員は、付与された有給を使う権利があります。

有給がもらえなかったり、使えなかったりする会社は退職を考えましょう。

7.冠婚葬祭で休めない会社

友人や親族の冠婚葬祭であれば、一生に一度の事なので余程の事がない限り、参加したいところでしょう。それにも関わらず冠婚葬祭すら休めないのが常識と考えている会社は異常です。

社員の満足度を考えずに会社の利益だけを見ているので、長く続けると不満が溜まるでしょう。

冠婚葬祭で休めないような会社は、残業やパワハラが横行している傾向が高いので、新しい職場を見つけるのをおすすめします。

8.職場の人間関係が悪い会社

社員同士の仲が悪い会社では、仕事のモチベーションが上がりません。職場の人間関係が悪いと、職場に行きたくなくなります。

そのような環境で働くのは、非常に辛いですよね。人によっては精神を病んでしまうこともあります。

また、職場で良く喧嘩が起こる場合も注意が必要です。社内の雰囲気が悪くなり、仕事に集中できません。職場の人間関係が悪い会社は、辞めるようにしましょう。

9.社員の意見が通らない会社

社員の意見が通らない会社は、辞めた方が良いです。意見が通らないと、会社を良くすることができないからです。

意見があっても伝えならないと、不満はどんどん溜まっていきます。ストレスを抱えた状態で仕事を続けた場合、精神状態が悪くなる可能性があります。

また社長のワンマン経営の際は注意が必要です。全て社長の意思で決まるので、社員は何も意見を出せません。そのため、社員の意見が通らない会社は辞めておいた方が良いでしょう。

10.新入社員の教育が雑な会社

上司が業務の指示しかしない会社は、基本的に社員を教育する気がありません。「自分で考えて覚えろ」というスタイルが横行している会社は、かなり効率の悪い会社と言えます。

社員が早く仕事を覚えるように促して、しっかり教育していく事は会社のためにもなります。社員の成長を全て社員個人の能力に全て責任を負わせる会社は、いつまで経っても会社として成長していかない会社です

また、教育が雑だと仕事を覚えるまでに時間がかかるので、日々の業務が増えます。スキルアップもできないので、自分の価値を高められません。

ただ働くだけでなく会社とともに成長したい方は、新入社員の教育が雑な会社は合わないでしょう。

11.悪口・陰口が横行している会社

会社をより良くしていくために悪い点を指摘したり、改善点を提示していく事は大切です。

しかし、社員の悪口や陰口を言っている会社はまともではありません。悪口や陰口を耳にすると、社員のモチベーションが下がり、職場の人間関係は悪化していくばかりです。

悪口や陰口でマウントを取るような思考の人がいる職場は、辞めた方が良いでしょう。

12.尊敬できる上司がいない会社

社内に尊敬できる上司がいない会社は要注意です。尊敬できる上司がいないと働くモチベーションが上がらないだけでなく、企業に魅力が感じられません。

会社に勤めたときに、上司の状態が将来の自分と言われます。上司が魅力的でない場合は、自分のスキルアップや満足度も上がりません。

上司への不満が多く尊敬できない場合は、転職を考えましょう。

13.無駄な習慣業務がある会社

無駄に時間を使っている習慣がある会社も注意しましょう。週末に勉強会や懇親会と称して業務時間外に集められたり、毎日駄弁るだけの無駄な会議の時間があったりする会社は、習慣を重んじる会社です。

習慣や風習が悪いわけではありませんが、無駄を改善しない会社は社員が意見を言いづらい可能性があります。

社員の意見が通らないと不満は解消されていきません。仕事のストレスもどんどん溜まるので注意が必要です。

不必要な習慣が多い会社は退職を考えた方がいいかもしれません。

14.やりがいがない会社

仕事にやりがいがないと長く続かない可能性があります。仕事をやる意味がわからなくなり、楽しめなくなるからです。

お金をもらわないと生活はできませんが、楽しく感じない仕事を何年も続けるのは厳しいですよね。

どんなに難しい仕事でも、やりがいがあれば長く続けられます。そのため、仕事にやりがいがない会社は退職を考えて、新たに活躍できる場所を見つけましょう。

勤め先がやめたほうがいい会社に当てはまるときの対処法

勤め先が辞めたほうがいい特徴にあてはまるとき、どのような行動を取ればいいか悩みますよね。会社や仕事に不満があるなら、退職を考えたいところです。

こちらでは、辞めたほうがいい会社に当てはまるときの対処法を解説していきます。

  1. すぐに退職する
  2. 家族や友達に相談する
  3. 退職代行業者に相談する

1.すぐに退職する

すぐに辞められる環境であれば、すぐに退職届を出しましょう。前章で解説した特徴に当てはまる会社で働き続けた場合、長く続かない可能性があるからです。さらに従業員のことを考えていない場合もあります。

会社に対して不満を持ったまま仕事をしているとストレスが溜まるものです。最終的に病気になって働けないなんてこともあります。なるべく早めに辞めると良いでしょう。

とはいえ、退職後の生活が不安ですよね。会社に不満を感じたら転職活動を少しずつ始めていき、退職後すぐに働ける環境を作るのがおすすめです。

また、すぐに退職するほど不満がないけど、ゆくゆくは会社を辞めたいと考えている方は、副業を始めましょう。

副収入を得られると精神的にも余裕ができますし、退職しても多少の収入が入るので転職活動を丁寧に行えます。

2.家族や友達に相談する

会社を辞めるべきかわからない時は、家族や友人への相談が大切会社を辞めるのは、大きな決断です。自分の意見だけでは決められない方もいるでしょう。

その場合は、家族や友人に相談することで、自分の気持ちを整理できます。さらに新たな気づきを得られる可能性もあります。

自分だけではわからない時は、家族や友人を相談してみましょう。

3.退職代行業者に相談する

会社によっては、辞めたくてもやめられない場合もあるでしょう。その場合は、退職代行業者に相談すると良いです。依頼者に代わって、会社と退職のやり取りを行ってくれるからです。上司に言いづらい場合でも、安心して依頼できます。

退職代行業者であるSARABAは、労働組合が運営しています。弁護士法違反の心配はなく、会社との交渉が可能です。さらに職歴に関係なく、即日退職ができるのですぐにでも辞めたい方でも安心できます。

退職代行SARABAは24時間365日いつでも相談可能なため、お気軽にお問い合わせください。

>>退職代行SARABAを利用してみる

すぐに辞められない人は退職代行業者に依頼しましょう

会社を辞めた方が良い特徴は、給料が悪かったり常に人手不足だったりなど14種類あります。会社や仕事に不満がある状態で、働き続けても長く続きません

また、勤め先が14種類の特徴に当てはまる場合は、すぐに対処しましょう。とはいえ、会社を辞めたいけど退職が受け入れられないと悩む方は多いですよね。

スムーズに会社を辞められない場合や、退職を伝えるのが不安という方は退職代行サービスがおすすめです。中でもおすすめなのは退職代行SARABA。

労働組合が運営しているので、給料未払いや有給消化に対する会社との交渉が行えます。24時間365日対応しているので、気になる方はぜひご相談ください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら