退職したいのに人手不足を理由に引き止めに合っている人必見!会社をやめる4つの方法を紹介

「退職したいのに、人手不足を理由に引き止められている…」
「人手不足の中辞めるなら、代わりを見つけろと言われた」
「引き止めらて辞められない、退職する方法が知りたい」

とお悩みではありませんか?

人手不足の中、辞めるのって申し訳ない気持ちになりますよね。自分が辞めることによって、他の人の負担がさらに増えてしまうのではと苦しく感じる人も多いのではないでしょうか。

はっきり言います。人手不足で苦しんでいるのは100%会社の責任で、あなたは一切悪くありません。頭では分かっていても、引き止められたことによってずるずると仕事を辞められなくなっている人も多いです。

そこで、この記事では

  • 人手不足の原因
  • 人手不足があなたのせいではない理由
  • 会社を辞める方法

などを詳しく解説しています。ぜひ、最後までご覧ください!

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(25,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

人手不足の原因3つ

まず最初に、主な人手不足の原因を3つ紹介します。

  1. 新しいプロジェクトで人員を確保中
  2. どんどん人が辞めていく
  3. 人員削減が行われた

詳しく、それぞれを確認していきましょう。

【原因1】新しいプロジェクトで人員を確保中

新しいプロジェクトが始まったばかりは、なにかとドタバタです。手探り状態で始まることも多く、プロジェクトがスタートするまで気づかなかった問題点が出ることもしばしば。その結果、人員不足になることもあります。

また、プロジェクト開始時に十分な人員を確保できていないこともありますよね。

その場合は、プロジェクトが軌道に乗るまで、または会社が人員を補充してくれるまでの辛抱です。現在も、会社が人員確保に勤めているでしょう。

新しいプロジェクトで人手不足になった場合、少し待てば解消されることが多いです。

【原因2】どんどん人が辞めていく

どんどん人が辞めていく場合は、労働条件や労働環境に問題があります。

  • 不必要な仕事が多い
  • チームワークが悪い
  • サービス残業がある
  • 残業するのが当たり前

など、当てはまることはありませんか。人が入っても、どんどん辞めていくような環境だと長期的に人手不足が続きます。

その結果、一人当たりの仕事量がどんどん増えて心に余裕がなくなりますチームワークもどんどん乱れてしまい、集中力が下がり生産性が低下。また、ただでさえ人手不足なのに不必要な仕事が多いと追い詰められます。

そんな労働環境の中に新人が入ってきても、教える余裕がある人なんていませんよね。会社のトップまたは上司がこの状況に気づかない限り、どんどん人が辞めていく連鎖は止められません。その結果、今後も人員不足は続くでしょう。

【原因3】人員削減が行われた

人員削減が行われて、人員不足の場合も改善は見込めません。人は減ったのに仕事量は以前と変わらないのであれば、会社側は現状の人数で仕事を回せると判断します。その結果、すぐに増員することはありません。最悪の場合は、さらに減らす可能性も。

まず、人員削減が行われた原因を知ることが大切です。経営不振で人員削減が行われたのであれば、当分の間は人が増えることはありません。長期的に見る必要があります。

つまり、人員不足の中で働き続けなければいけません。

【辞めるのは自由】会社が人手不足なのはあなたのせいじゃ無い

繰り返しになりますが、会社が人手不足に陥っているのは、あなたのせいではありません。いつでも辞められる権利があります。

会社や同僚に申し訳ないと感じてしまっている人は、ぜひこの章を読んでくださいね。

  1. 人手不足は会社の問題
  2. 周りの人よりまずは自分のことを考える
  3. あなたが辞めても会社は回る
  4. 損害賠償を請求されることはない

退職をしたい気持ちを押し殺すのでは無く、自分の気持ちに従ってくださいね。

【退職しても良い理由1】人手不足は会社の問題

人手不足は会社の問題です。そのため、あなたが責任を感じる必要はありません。退職の旨を伝えた時に、「人がいなくて大変な時に辞めたいなんて、何を考えているんだ」と言われたことがある人もいるのではないでしょうか。

人手不足を理由に退職を断られたり、1年以上の時間をくれと言われたりしても、あなたが責任を感じて会社に残る必要はありません。

会社が人員補充を怠った結果、人手不足になっています。限界になって会社を辞めることを決めたはずです。残念ですが、あなたが残ったところで職場環境は改善されません。より良い環境で働くチャンスを逃しても、会社は責任をとってくれません。

人手不足は会社の問題であって、あなたの問題ではないのでしっかりと線引きをしましょう。

【退職しても良い理由2】周りの人よりまずは自分のことを考える

周りの人より、まずは自分のことを考えてくださいあなたは、とても責任感があり優しい人なんだと思います。人手不足で、みんな忙しいのに辞めるなんて言えないですよね。他の人の負担がさらに増えるのではないかと、心配しているのではないでしょうか。

しかし、考えてみてください。このまま退職を先延ばしにして今の職場で働き続けたら、どのような未来が待っていますか。心身ともに疲れ切り、体調を壊してしまうかもしれません。または、より良い環境で働く転職のチャンスを逃してしまうことにも繋がります。

まず、1番に優先させるべきはあなたです。退職をしたいのであれば、周りから引き止めにあっても辞めましょう。

【退職しても良い理由3】あなたが辞めても会社は回る

正直、あなたが辞めても会社は回ります。「自分がいなくては、〇〇のプロジェクトは回らない。」「今辞めたら、仕事に穴が開くからできない」と退職に一歩踏み出せない人もいますよね。

厳しい言い方ですが、会社はあなたが居なくても回ります。むしろ回らないような会社であれば、遅かれ早かれ無くなります。

人手不足なのを放置し、仕事を頑張っている人にさらに負担を増やすような会社は、あなたのような責任感が強い人にさらに多くの作業を与えます。

「君がいるから会社が回っている」や「君がいてくれて本当に良かった」と言われたとしても、退職したいのであれば辞めましょう。

あなたが会社を辞める初めての人ではないですよね。今までも退職をした人がいて、その度に会社が回らなくなっていましたか?

あなたが辞めても会社は回ります。会社のことより、自分の幸せを第一に考えてください。

【退職しても良い理由4】損害賠償を請求されることはない

「こんな人手不足の時に辞めるなんて、損害賠償を請求してやる!」と言ってくる上司がいます。安心してください。実際に損害賠償を請求されることはありません。

社員が抜けた時に生じる損害は、企業側が補填すべきものです。脅しのようなことを言って、社員が辞めないようにする会社で働き続ける必要はありません。迷わずに退職届を提出しましょう。

法的に、あなたが辞めることを会社が阻止することはできません。退職するために、会社からの許可は必要ないのです。

人手不足で引き止めてくる会社を辞める4つの方法

人手不足を理由に引き止められると、会社を辞めづらいですよね。どうやって退職したら良いのだろうと迷っている方に、4つの方法を紹介します。

  1. 早めに退職日を伝える
  2. できるなら繁忙期を避ける
  3. 転職先を決めておく
  4. 引き継ぎはしっかりとする

順番に詳しく説明します。

【方法1】早めに退職日を伝える

早めに退職日を伝えましょう。法律上は2週間前に伝えれば良いですが、少しでも円滑に退職するためにも早めに退職日を伝えるのがベストです。

就業規則によっては、退職日の1ヶ月以上前に申告するようにしている会社もあります。会社によって異なるので確認してくださいね。

ただし、もう限界の場合は気にする必要はありません。自分のことを最優先にしましょう。

【方法2】できるなら繁忙期を避ける

できるなら繁忙期を避けましょう。繁忙期だと、さらに人手不足だと感じますよね。残業も当たり前で忙しく、さらに心の余裕がなくなっています。

繁忙期に退職の旨を伝えると、いつも以上に強い引き止めに遭う可能性も高いです。また、同僚からの反感も買いやすいです。

忙しい時期は、職場の雰囲気もぴりぴりしていますよね。上司に退職の旨を伝えるのも一苦労です。できるだけ穏便に退職するためにも、可能であれば繁忙期を避けましょう。

【方法3】転職先を決めておく

最初に転職先を決めておくと、絶対退職をしようと強い意志でいられます。人手不足の会社は強い引き止めに遭いやすいです。

上司は一生懸命あなたを説得しようとするでしょう。高圧的な態度で脅されることもあるかもしれません。その結果、もう少し頑張ってみようとずるずると今の職場に居続けることも。

しかし、転職先が決まっていたら辞めざるを得ません。そのため、「引き止めにあったら退職を取り下げてしまうかも」と不安な人は先に転職先を決めておくと良いでしょう。

【方法4】引き継ぎはしっかりとする

引き継ぎをしっかりと行いましょう。「もう辞めるから関係ない」となってしまうと、周囲から反感を買ってしまいます。

人手不足で大変だと、次の担当者に引き継ぎをする時間を作れないかもしれません。その場合は、引き継ぎに関する内容をGoogleドキュメントなどにまとめておくと良いでしょう。

なかなか後任が決まらない場合でも、引き継ぎ書を上司に提出しておけば退職日を伸ばす必要もありません。

引き止めがすごくて辞められないなら退職代行を使おう

「人手不足で忙しいのに、退職したいなんて言えない」、「何度も辞めたいと伝えたけど、上司が退職届を受理してくれない」など自分の力でどうにもならない場合は、退職代行を使いましょう。

第三者が間に入ることで辞めやすくなります。さらに労働組合が運営元であれば、会社との交渉ができるので有給休暇の取得も可能です。

「自分で辞めることを伝えずに、退職代行を使うなんて良くない」と思うかもしれません。しかし、退職したいことを伝えられない労働環境にいるなら、使うのも1つの手段です。人手不足でみんな忙しい中、会社を辞めたいと伝えるのはかなり勇気が必要です。

もう十分あなたは頑張りました。引き止めにあってストレスを増やすよりも、退職代行を使ってスムーズに退職しましょう。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる