【2021年版】退職代行おすすめランキング15選!30社リサーチした結果と見るべきポイントも解説

会社をやめたいと言い出せなかったり、引き止めにあって困ったりしている方の救世主、退職代行サービス。最短即日で退職できるので苦しいときには頼みの綱になる反面、エージェントによってサービスの質や値段はピンキリです。最悪の場合、うまくやめられずに会社とこじれてしまうことも…。

みなさんの退職がうまくいくかどうかは、エージェント選びにかかっていると言っても過言ではありません。そこでこの記事では、退職代行業者29社を徹底リサーチ!本当におすすめできる15社をランキング形式で紹介していきます。

退職代行で後悔したくない方は、ぜひご覧ください!

退職代行ランキング15選

ここでは、本当におすすめできる退職代行を15社紹介していきます。今回調査したのは以下の30社です。

サービス名運営元料金
退職代行サービスのNEXT弁護士事務所30,000円
(残業代・退職金などの請求は別費用)
弁護士法人みやび弁護士事務所着手金:55,000円
成功報酬 回収額の20%
弁護士法人川越みずほ法律会計弁護士事務所公務員:49,800円
正社員・業務委託・パート:27,000円
(有給消化・未払金請求は成功報酬)
フォーゲル綜合法律事務所弁護士事務所33,000円〜
退職110番弁護士事務所43,800円
センチュリー法律事務所弁護士事務所退職代行基本プラン:71,500円
(金銭請求の場合は別料金)
退職代行SARABA労働組合25,000円
退職代行Jobs労働組合27,000円
(別途組合費2,000円)
男の退職代行労働組合アルバイト・パート:19,800円
正社員・契約社員など:29,800円
わたしNEXT労働組合アルバイト・パート:19,800円
正社員・契約社員など:29,800円
退職代行ニチロー労働組合25,000円
あおぞら退職代行サービス労働組合12,000円〜
退職代行ガーディアン労働組合29,800円
退職代行ゼロユニオン労働組合アルバイト:18,700円
正社員:24,200円
Union Force Japan労働組合アルバイト・パート:40,000円〜
正社員・契約社員:50,000円〜
辞めるんです民間サービス27,000円
J-NEXT民間サービス20,000円
Re:Start民間サービス22,000円(キャンペーン価格)
退職代行コンシェルジュ民間サービス30,000円(キャンペーン価格)
退職支援re-START民間サービス無料
退職代行センター民間サービス30,000円
退職代行EXIT民間サービス正社員・契約社員;50,000円
アルバイト・パート:30000円
退職代行ニコイチ民間サービス27,000円
退職代行相談所民間サービス55,000円
Espoir民間サービス29,800円
退職代行のミカタ民間サービス25,000円
RETIRE民間サービスシステム利用料+連絡作業料金
20,000〜50,000円
BPH退職代行民間サービス18,000円
退職のススメ民間サービス25,000円
退職ボタン民間サービス29,800円

それでは早速、ランキングの発表です!

【1位】退職代行SARABA

料金25,000円
対応時間24時間
運営元労働組合
返金保証あり
連絡方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込・クレジットカード

いきなり弊社の紹介で恐縮ですが、退職代行SARABAはみなさまにおすすめできるサービスと自負しております。

料金25,000円は業界最安レベル。これ以上追加料金はかからず、退職できない場合は100%返金保証をつけています。また、24時間対応で連絡を頂いたその日に退職することも可能。

さらに、運営元は労働組合なので、会社への交渉も問題なくできます。料金をおさえつつ、サービスの質と速さを求めたい方には退職代行SARABAがぴったりです。

>>退職代行SARABAを利用してみる

【2位】退職代行サービスのNEXT

料金30,000円
(残業代・退職金などの請求は別費用)
対応時間電話は9〜19時
運営元弁護士事務所
返金保証あり
連絡方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込・クレジットカード

退職代行サービスのNEXTは法律事務所が運営しているサービス。法律についておまかせできるにも関わらず、退職代行サービスの料金は30,000円と、弁護士の中ではかなり安価なのが特徴です。また、状況次第で後払いにも対応してくれるところも依頼者思いのサービスですね。

電話相談の時間が限られている点だけがデメリットですが、受付はLINEや問い合わせフォームで24時間できます。コストを抑えつつ、弁護士に依頼したい方にはNEXTをおすすめします。

▼退職代行NEXTの評判や口コミが気になる方はこちら▼
>>退職代行NEXTの評判は?口コミやメリットデメリットを徹底レビュー【弁護士対応】

>>退職代行サービスのNEXTを利用してみる

【3位】退職代行Jobs

料金27,000円
(別途組合費2,000円)
対応時間24時間
運営元労働組合
返金保証あり
連絡方法電話・LINE
支払い方法銀行振込・クレジットカード

退職代行Jobsも、労働組合が運営する退職代行サービス。顧問弁護士も監修しているので安心してお任せできます。

料金の支払いは現金で後払いにも対応。いま給料前などで手元にお金がない人も利用できます。さらに、転職活動のフォローや引っ越しサポートなど、アフターサービスの多さが特徴です。

会社をやめたあともしっかりフォローしてほしい方にはJobsがあっているでしょう。

▼退職代行Jobsの評判や口コミが気になる方はこちら▼
>>転職代行Jobsの口コミ・評判は? 利用するメリット・デメリットや他社との違いを解説

>>退職代行Jobsを利用してみる

【4位】辞めるんです

料金27,000円
対応時間24時間
運営元民間サービス
返金保証なし(後払いは可)
連絡方法電話・LINE
支払い方法銀行振込・クレジットカード

辞めるんですは、業界初で後払い対応を始めた退職代行サービス。7000件以上の対応経験があり実績も豊富です。退職率は100%とのことなので、信頼してすべてお任せできますね。

LINEですぐに相談できるので、辞めたいと思ったときに連絡可能。24時間対応なので深夜・早朝でも心配いりません。

民間で運営しているサービスなので、具体的な交渉ができない点だけ要注意。とはいえ、長い実績がありノウハウが蓄積されているので心配はないでしょう。

▼辞めるんですの評判や口コミはこちら▼
>>辞めるんですは退職率100%!3つの特徴と料金・流れについて徹底解説

>>辞めるんですを利用してみる

【5位】男の退職代行

料金アルバイト・パート:19,800円
正社員・契約社員など:29,800円
対応時間24時間
運営元労働組合
返金保証あり
連絡方法メール・LINE
支払い方法銀行振込・クレジットカード・PayPal・キャリア決済など

男の退職代行は名前の通り、男性専門のサービス。アルバイト・パートの場合は19,800円と他社より安い料金設定になっています。

転職サポートがついており、条件を満たせば転職お祝い金が最大5万円もらえるのが魅力的。退職代行の料金以上にお金がもらえる可能性もあります。アフターサポートを重視しており、特に転職に関する不安が原因でやめられない男性は、男の退職代行がおすすめです。

①男の退職代行をどこで知ったか: インターネットで「退職代行」と検索
②男の退職代行を選んだ理由: 後払い可に惹かれて
③満足度: 大変満足
④上記③の理由: 初めてのご利用でしたが、丁寧に対応頂きひとまずホッとしました。

(引用:男の退職代行

▼男の退職代行の評判や口コミを知りたい方はこちら▼
>>【徹底評価】男の退職代行の口コミや評判は?メリット・デメリットや他者との違いを解説

>>男の退職代行を利用してみる

【6位】わたしNEXT

料金アルバイト・パート:19,800円
正社員・契約社員など:29,800円
対応時間24時間
運営元労働組合
返金保証あり
連絡方法メール・LINE
支払い方法銀行振込・クレジットカード・PayPal・キャリア決済など

男性向けの「男の退職代行」と対になる、女性向けの退職代行がわたしNEXT。こちらもアルバイト・パートは19,800円と価格が安いのが特徴です。お客様満足度調査では、大変満足が98,7%選ばれており、利用者に喜ばれていることがわかります。

男の退職代行同様に、転職サポートとお祝い金最大5万円もついているのがメリット。提携している転職エージェントに興味がある方は、利用してみても良いでしょう。

・職場悩みからすぐ解放されることができた。
・女性向けの退職代行サービスだったので、相談しやすかった。
・口コミの評判が良く、評価も高かったので安心できた。
・評判通り丁寧な対応と気遣いに安心して依頼することができた。
・自分で言い出すことのできなかった退職をすぐに進めることができ、即日退職できた。
(引用;わたしNEXT

>>わたしNEXTを利用してみる

【7位】弁護士法人みやび

料金着手金:55,000円
成功報酬 回収額の20%
対応時間24時間
運営元弁護士事務所
返金保証なし
連絡方法メール・LINE
支払い方法銀行振込

弁護士法人みやびは、会社とトラブルがある場合に心強い退職代行です。着手金は55,000円と民間のエージェントより高めにはなりますが、他社で断られたケースにも対応してくれます。未払金請求のほか、損害賠償請求をされてしまった場合でも応対してもらえるので、心強さが段違いです。

勤めている会社が揉め事に発展しそうなケースや、過去に同僚が退職代行を使って苦労して辞めている場合など、利用に不安がある場合は弁護士法人みやびに頼るのが良いでしょう。


※汐留パートナーズは弁護士法人みやびの旧名称です。

>>弁護士法人みやびを利用してみる

【8位】J−NEXT

料金20,000円
対応時間24時間
運営元民間サービス
返金保証あり
連絡方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込・クレジットカード・コンビニ決済

退職代行サービスJ-NEXTは、利用料金20,000円。今回調べた中では、正社員ならば一番安く利用できるサービスです。

とはいえ、サポートに問題があっては困りますよね。その点、J-NEXTはLINE24時間対応なので、気になることをすぐに確認できます。転職エージェント紹介や、引っ越しサポートなどアフターフォローもバッチリです。

デメリットとして、民間サービスなので交渉はできません。交渉の有無を気にしないのであれば、価格・サポートともに満足できるサービスでしょう。

>>J-NEXTを利用してみる

【9位】Re:Start

料金22,000円(キャンペーン価格)
通常:44,000円
対応時間休日は可能な限り対応
運営元民間サービス
返金保証あり
連絡方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込

退職代行サービスRe:Startは、キャンペーン中で現在は22,000円現在は業界最安クラスです。

連絡をしたら最短30分で対応可能。退職率100%で返金保証がついている点も安心でしょう。懸念点は、休日は可能な限り対応と注意書きがあるところ。速く話を聞いて退職の準備をすすめたい方はほかのエージェントを利用するのがおすすめです。

>>Re:Startを利用してみる

【10位】弁護士法人川越みずほ法律会計

料金公務員:49,800円
正社員・業務委託・パート:27,000円
(有給消化・未払金請求は成功報酬)
対応時間休日は可能な限り対応
運営元弁護士事務所
返金保証あり
連絡方法電話・メール・LINE
支払い方法銀行振込(2回まで分割可)

弁護士法人川越みずほ法律会計は、退職代行に関する書籍「退職代行を使う前に読む本」も出版しています。弁護士のなかでも退職代行に関する理解と知識の深い法律事務所です。

退職代行のほか、27,500円で傷病手当金の申請サポートも。退職前後の法律に関する不安をまるっと解決できます。

未払金請求のほか、有給消化でも追加料金がかかる点だけ要注意。有給1日あたり1,000〜2,000円が報酬としてかかるので、有給がたっぷり余っている場合は支払金額も膨らむかもしれません。

弁護士に出てきてほしい不安があり、民間のサービスでは有給消化も難しそうな場合は、依頼する価値アリです。

>>弁護士法人川越みずほ法律会計を利用してみる

【11位】フォーゲル綜合法律事務所›

料金33,000円〜
対応時間24時間対応
運営元弁護士事務所
返金保証なし
連絡方法メール・LINE
支払い方法銀行振込・クレジットカード

フォーゲル綜合法律事務所は、100%退職を宣言している弁護士事務所。

プランは4種類あり、業務委託解消にも対応しているのが特色です。安心プランでは損害賠償請求まで対応してもらえ、希望に合わせたプラン組みができるのがメリット。ただし、業務委託解消あんしんプラスコースは110,000円と、プランによっては価格は高めになります。

なお、現在、非弁業者を利用して退職できなかった方向けに、無料で退職代行する企画を実施中!退職代行に失敗してしまった方は相談してみるといいでしょう。

>>フォーゲル綜合法律事務所を利用してみる

 

【12位】退職代行コンシェルジュ

料金30,000円(キャンペーン料金)
対応時間24時間対応
運営元民間サービス
返金保証なし
連絡方法メール・LINE
支払い方法銀行振込

退職代行コンシェルジュは、労務に長けた人材会社が運営している退職代行です。ホームページには相談事例が多く載っており、信頼感がありますよね。

現在はキャンペーン価格で30,000円。追加費用がかからないところもメリットです。

>>退職代行コンシェルジュを利用してみる

 

【13位】退職支援re-START

料金0円
対応時間24時間対応
運営元民間サービス
返金保証なし
連絡方法専用フォームのみ
支払い方法支払いなし

退職の仕方がわからないけど、手助けをしてもらったら自分でできるという方には、20大限定の退職支援サービス、re-STARTもおすすめ。re-STARTはなんと、利用料金がかかりません。

運営元のUZUZを利用して転職活動をする意思があれば、転職支援を無料で受けられます。会社の連絡は自分でしなければいけませんが、引き止めにあっている場合の対応方法などを教えてもらえるので、解決の糸口が見えてくるでしょう。

お金がなく、自力である程度進める前提で動きたい方にはピッタリのサービスです。

>>re-STARTを利用してみる

【14位】退職代行センター

料金30,000円
対応時間記載なし
運営元民間サービス
返金保証なし
連絡方法メール・LINE
支払い方法銀行振込

退職代行センターは司法書士が対応する退職代行サービス法律を熟知した司法書士が対応してくれるので、非弁行為を行ってしまう心配がありません。即日対応しており、相談した日から会社に行く必要はありません。

民間サービスでいいけれど、法律をしっかり理解した人に対応してほしい方ならば、選択肢にいれても良いでしょう。

>>退職代行センターを利用してみる

 

【15位】退職代行ニチロー

料金25,000円
対応時間24時間対応
運営元労働組合
返金保証なし
連絡方法電話・LINE・メール
支払い方法銀行振込・クレジットカード

退職代行ニチローは比較的新しいサービスです。労働組合が運営しているので、会社への交渉や請求行為も可能。また、弁護士・社労士・税理士とそれぞれ提携しているので、法律面のサポートもバッチリです。

料金も一律25,000円と良心的になっています。

>>退職代行ニチローを利用してみる

退職代行を選ぶときに見るべき7つのポイント

数多くの退職代行サービスから、自分にあったものを探すのは大変ですよね。サービスを見るときは以下の7つのポイントに着目しましょう。

  1. 運営元
  2. 料金
  3. 対応範囲
  4. 口コミ評価
  5. 専門の監修の有無
  6. 対応の速さ
  7. サポートの内容

1. 運営元

まず確認すべきなのは運営元。運営元は大きく分けて3種類あります。

  • 一般の民間業者
  • 労働組合
  • 弁護士事務所

それぞれ、請け負える範囲が異なるので、目的に応じて選びましょう。

一般の民間業者の特徴

一般の民間業者ができるのは、「退職の意思を伝えること」だけです。退職日・有給利用の交渉や残業代の申請などは一切できません。これらは非弁行為に当たり、一般の民間業者がおこなうのは違法です。
有給の申請や退職日の指定はできますが、会社に拒まれてしまった場合にそれ以上交渉することができないのがデメリット。

その代わり、一般の民間業者は転職サポートやアフターサービスなどで差別化しています。会社とこじれる可能性が低く、気になるサービスを提供している場合は選択肢に入れても良いでしょう。

労働組合の特徴

労働組合の退職代行業者は、請求・交渉行為ができます。そのため、退職日の調整や有給利用などの相談をおまかせできるのが特徴です。

弁護士に比べて安価で、30,000円程度です。対応時間の長いエージェントが多いのも特徴でしょう。費用をおさえつつ、迅速にしっかりと退職交渉を行ってほしい方にはぴったりです。

弁護士事務所の特徴

弁護士事務所に依頼した場合、法的な手続きをすべて委託できるのがメリットです。たとえば、パワハラが原因でうつ病になってしまったり、給料の未払いが横行していて普通に請求しても難しそうだったりする場合は、弁護士に依頼したほうが良いでしょう。可能性は低いですが、万が一会社から損害賠償請求された場合でも、依頼している弁護士にそのままおまかせできます。

ただし、料金相場は50,000円程度と高めです。さらに、未払金や残業代の請求をする場合は、成功報酬が別途支払いになります。費用は高めにはなりますが、安心を買いたい方や、会社と揉める可能性の高い方には弁護士対応のエージェントが良いでしょう。

2. 料金

もちろん、料金も確認すべきポイントです。転職先が決まっていない場合は、生活費を少しでも残しておきたいもの。価格はしっかりチェックしましょう。民間のエージェントでは全部まとめて一括料金になっているところが多いです。

ただし、深夜対応などにオプション料金がかかるところもあるので要注意。提示された費用で何ができるのかしっかり確認してくださいね。

また、返金保証があるエージェントも。退職の自信の表れとも取れるので、保証があると安心できますね。返金には条件が設けられている場合が多いので、気になる場合は事前に確認しておくと良いでしょう。

3. 対応範囲

エージェントによってサービスの範囲はさまざま。何をしてくれるのかしっかり比較しましょう。特に上でも述べたとおり、運営元によってできることは異なります。

特に、非弁行為に関する記載は要チェック。弁護士の資格を持たない民間のエージェントは交渉や請求を代行することはできません。弁護士以外で対応できるのは、労働組合だけです。

弁護士法をしっかりと理解しているエージェントは、その点をしっかりとホームページに記載しています。逆に、非弁行為に関する記載が一切ない場合は、法律を理解しないまま退職代行を運営している恐れも。トラブルを避けるために、利用しないのが無難です。

対応範囲が明記されていない場合は、事前にしっかり確認することをおすすめします。

4. 口コミ評価

申し込み前にSNSなどで口コミを確認するのもおすすめ。粗悪なエージェントの場合、悪い声も上がっているかもしれません。

逆に、うまく退職できたという声が多いエージェントなら安心しておまかせできますよね。サービスが増えてきているからこそ、利用者の声が集まっているところを選ぶのが良いでしょう。

5. 専門の監修の有無

民間のエージェントを選ぶ場合、専門家の監修があるかどうか必ず確認しましょう。退職代行サービスは法律の範囲内で行う必要があります。万が一、法に触れる内容を行っている場合、ある日突然サービスがなくなってしまう可能性も。退職手続きの途中で対応不能になってしまったら困りますよね。

専門家が監修していれば、ルールの範囲内で業務を行っている可能性が高く、一つの安心材料になります。ホームページに「弁護士監修」と明記してあるところを選びましょう。

6. 対応の速さ

連絡の速さは必ず確認すべきポイント。今日やめたくて申し込んだのに、返事がずっと帰ってこなければ、会社に行き続けないとなりません。
辞めようと決意した状態で仕事に向かうのは本当に苦しいですよね。とはいえ、無断欠勤するわけにも行かないので困ってしまうでしょう。

多くの退職代行サービスでは、申し込みの前に無料相談やお問い合わせを用意しています。
LINEですぐに対応してもらえるところもあるので、しっかり連絡をとってみて、レスポンスを確認してから申し込むのがおすすめです。

7. サポートの内容

アフターサポートの内容もチェックしましょう。会社により、転職サポートやメンタルケアなどのサービスを付けているところもあります。辞めたあとの不安が大きい場合はサポートに着目してみても良いでしょう。

会社により

  • 転職エージェント紹介
  • 引っ越しサポート
  • 失業給付金給付申請サポート

など、つけているサポートも内容もさまざまです。同じように見えるサービスも、細かな違いがあるのでしっかり確認しておくといいですね。

退職代行に悩んだらSARABAがおすすめ

今回紹介しただけでも退職代行サービスは30社。正直なところ、サービス内容の違いがよくわからず余計に悩んでしまった方もいるかもしれません。

どこを選べばいいか悩んだ方は、退職代行SARABAがおすすめ。

  • 労働組合が運営しているので会社と交渉ができる
  • 料金が25,000円と業界の中でも安い
  • 24時間対応・即日退職可能
  • 有給消化サポート成功率98%
  • 転職サポートつき

と、退職代行に必要な要素をすべて満たしているから。SARABAができないのは、裁判の代理人になれないことくらいです。つまり、ほとんどの方の希望を満たすサービスを提供しています。

ランキング結果を見て悩んでしまった方は、ぜひ一度SARABAの無料相談をご活用ください。

>>退職代行SARABAを利用してみる

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら