僕のサラリーマンとしての生活は、とても酷いものでした。

新卒で派遣ではありましたが社員になり、親も喜んでくれて、新生活がスタートする事に不安と期待が入り混じっていましたが、その期待は虚しくも完全に砕かれてしまったのです。

僕は昔から大人しいと言われ、

だからか、職場でもパワハラの対象になりました。

職場の上司のパワハラが辛くて、僕の挨拶を無視したり、挨拶する時に低い声で何か言ってくるんです。

何を言ってるかはわからないけど、こちらへの嫌悪感を強く感じました。

そして僕に何かミスや粗があると、事あるごとに強い口調で怒鳴ってきます

そして怒られたくないと焦ることでまたミスをし、怒られる負のスパイラル…

会社に出勤する朝が特に苦痛で仕方ありませんでした。

あの人に会うと思うと会社に行きたくなくて行きたくなくて、吐き気すらあったんです。

通勤の電車のホームに立っている時に

「このまま飛び降りれば死ねるかな」

なんて本気で考えていました

でも、「色んな人に迷惑かけるよなあ…」なんて事が頭をよぎり、ホームを飛び越えることはしませんでしたが。

そんなことを考えながら毎日会社に行くのは、辛くて辛くて仕方がなかったのです。

こんな僕を見て

「それなら会社辞めればいいじゃん」

と思うかもしれませんが…

ただ、会社には行きたくなかったけど、親に心配されるのも嫌で毎日出社していました。

就職したことに喜んでくれた両親。

その期待を裏切りたくなかったんです。

それに加えて職場は繁忙期で人手不足。

辞めるなんて言えばどう思われるかそう考えると、辞めることが出来なかったんです。

しかし段々と体調も悪くなり、食欲も失せ、元気がなくなり、そのせいで仕事でミスを連発し、さらに怒られるようになりました…

そんなある朝

「あ、何もできないや」

と強烈に感じました。

「ねえ、俺今日何もできなくなっちゃった」

実家暮らしだった僕は、親に泣きながらそう言いました。

「今日は休みな」

そう言って母が病院に連れて行ってくれました。

その結果医者から言い渡されたのは、

「うつ病です」

そんな気はしていましたが、まさか自分の人生でうつにかかるなんて思ってもいませんでした。

今日くらいは休みなさいと母からは言われましたが、人手不足の会社を休むわけにも行かなかったので、僕はそのまま会社に行きました。

うつ病である事は正直会社に言いたくありませんでした。

あのパワハラ上司に言ったところで、何も変わらないのはわかっていたからです。

それでも、医者からの診断結果だったので、伝えました。その結果返ってきた言葉は…

「みんな辛い中頑張ってるんだよ。お前だけ元気なくなったからって休むのか?」

そう言われて取り合ってもらえませんでした。

その日はその後仕事をしましたが、全く身に入らず…

帰宅している時には本気で死ぬ方法を考えていました。

帰ってきた僕を心配した母は、僕に事情を聞いてきました。

その日あった事を話すと母は

「社員が辛い思いしてるのになんだその態度は!?そんな奴のいる会社なんて辞めちまいな!」

そう力強く言ってくれる母に救われました。

そんな母のおかげで会社を辞める決意をし、次の日パワハラ上司に辞めることを伝えました。

しかし返ってきた言葉は・・・

「こんな忙しい時に辞めていいと思ってんのか?」

そう詰められ、僕は何も言い返せず、結局辞めることができませんでした…

その日も仕事をしましたが、かなり壊れる寸前までいっていました。

何も言い返せなかった自分への自己嫌悪、どうしようともこの苦痛から逃げられないのかという絶望感

その日の帰り道、死んでいてもおかしくなかったんじゃないかなって思えるほどに、あの時の自分には死が迫っていました。

帰ってきて元気のない僕を見た母は、また事情を聞いてきました。

上司の対応に腹を立てた母は、ついに強硬手段に出ます。

「退職代行を使いましょう」

「退職代行…?何それ………?」

退職代行とは、退職する旨を本人の代わりに伝えてくれるサービスです。

正直、大丈夫なのかなそれ…?という疑問でいっぱいでした。

それで本当に辞められるのかとか、逆にこじれるだけじゃないのかとか、怪しくないかとか、色んな不安がよぎりました。

あとなんかあの猫、現場猫っぽいし・・・

「でもね、調べてみたんだけど、これ使うとその日のうちに会社辞められるらしいのよ!それにこの猫かわいいじゃない?」

・・・猫がかわいいかは置いといて、退職代行サービスを使うと第三者が介入することになるので、

「辞めたいと言っても辞められない」

「明日にでもすぐに会社を辞めたい」

といった場合でもあっさりと辞められるケースがほとんどなのだとか。

…でも、会社から訴えられたりとかしないの…?

とも思ったけど、その社員がいなくなる事で明確な会社の利益の損失が無い限りは、訴えても逆に訴えられ返されるケースすらあるらしい。

つまり、会社からしても社員1人が辞めるくらいで一々訴えていたら、リスクの方が大きくなるわけだ。

ただ、1つ問題があって非弁行為っていうのがあるらしい。

会社への第三者からの交渉は弁護士しかできないのに、それを代行会社がやってしまうと非弁行為にあたるから、会社側から『退職代行は認めません』て言われたらダメになってしまうとのこと。

「でも、労働組合が運営してる退職代行会社があって、そこだとそういう風に言われたりしても大丈夫だし、有給の取得とかもできるらしいわ!」

そう強く母に言われましたが、悩みに悩みました…。

本当にそんなサービス使っていいのかどうか…

それに料金が29,800円って高くないのかな…?

次の就職先はちゃんと見つかるかな…

とか、そんな風にあれこれ考えている間に気が付けば朝になっていました…

「ああ、、会社行きたくない…!!!」

そう強く思った僕は、ついに母に勧められた「退職代行SARABA」に問い合わせてみました。

 

>>実際に問い合わせたSARABAがこちら

SARABAはなんと24時間いつでも対応してるとの事で、会社への行きたくなさがピークに達していた朝に連絡できたのは救いでした。

さらに…

これが実際にLINEに問い合わせた際の画像ですが、なんと早朝なのに1分以内に返ってきました…早い…

その後はヒアリングシートというものに記入をしてSARABAへ提出(LINEで)。

退職届は自分で出さなければいけないようなのですが、SARABAでは行政書士監修の退職届を無料でプレゼントしてくれるので、「退職届の書き方がわからない…」といった場合でも安心です。

その後すぐに対応してくれるということでドキドキしながら待っていました…

もうすぐ出勤時間でしたが、会社に行く準備はしておらず。

退職代行からの連絡待ちです。

正直気が気じゃありませんでした。

少し吐き気さえある中で会社から連絡来るんじゃないか…と怯えていましたが、会社からの連絡は全て無視しても大丈夫との事だったので、とりあえずパワハラ上司からの電話を着信拒否に設定しました。

そして待ちに待ったSARABAからの連絡。

「完了」の報告を受けて、一気に肩の荷がおりました。

「解放された…もう会社と関わらなくて良いんだ!」

そう思うと、とても清々しい気持ちになりました。

もうあんな苦痛を味合わなくて良いんだ…

あんなに毎朝嫌な思いをしての出勤もしなくて良いんだ…

あのクソ上司ともう2度と顔を合わせなく良いんだ…

そう思うと、言い知れぬ開放感が込み上げてきました。

やった………!!!!!

自分はもう自由なんだ…!!!

会社を辞めただけでこんなにも救われるなら、もっと早く辞めておけばよかった…と心底思います。

というのも、うつ病の原因となった会社を辞めても、完治するまでには時間がかかるからです。

もっと早く退職代行を使っていたらうつ病になる事もなかったのかな…

そんな風に悔やんでしまう時も多々ありました。

でも、そんな風に後悔している僕だからこそ、僕と同じように会社で辛い思いをして悩んでいる人に、こうした方法もあるって事を知って欲しいと思っています。

「あ、もう無理だ、辞めたい」

と思った時には遅いもので、

会社を辞めるとなると大概が1ヶ月以上前の申告をしてくれと言われます。

「もう無理だ」と思っているのに1ヶ月以上も心が病んだ職場で働くなんて、本当に自分が壊れてしまいます

しかし、会社の規定でそう決まっていたとしても、退職は本人の自由意志です。

会社の規定より個人の自由の方が法律的にも優先されます。

だからこそ、そんな規則に縛られずに退職代行サービスなどを使えば、その日のうちに辞められます

僕なんかは早朝に問い合わせてその日のうちに辞めました…

もしも僕と同じように会社で辛い思いをしているなら、その日のうちに辞めても良いんです。

SARABAではさらに無料で転職サポートまでしてくれたので、次の仕事も見つけやすかったのもあり助かりました。

料金はSARABAの場合29800円で追加料金なしでしたが、業界では最安値らしいです。

これを高いと取るか安いと取るかはあなた次第ですが、僕は壊れる寸前だったところを救われたと考えたら、全然安いものだと思いました。

しかも、即日で辞めたのにも関わらず有給消化まで追加料金なしでしてもらえて…その有給分を考えると29800円は3日分の有給でペイできました。

>>SARABAに相談してみる

Twitterを見てみましたが、検索をかければこうした口コミもたくさん見れます。

退職代行ってどうなんだ?怪しくないの…?

・・

と僕も最初は考えていましたが、どうやら今ではニュースに取り上げられたりして利用者も多く、SARABAではついに退職させた人の人数が7000件を超えたのだとか…

>SARABAの公式サイトはこちら

「自分で辞めるって伝えたら良いじゃん」

と思う方もいるとは思いますが、辞めたいと伝えても辞めさせてくれない会社はたくさんあります

「そんなんじゃお前どこに行っても通用しないぞ!」

「こんな人手不足の時にそんな事言えるなんて人としてどうかと思うぞ」

「会社を裏切る気か!」

などと怒鳴ってくる会社は少なくありません。

実際退職代行で代行の電話をした際に、10社に1社は怒鳴ってくるところがあるのだとか・・・

そんな現状を鑑みても、「辞めます」と伝えることがどれほどストレスな事か…

実際、僕も「辞めたいです」と伝えた時には上司に一蹴されてしまいました。

僕を含め、そうした会社のせいで辞めたくても辞められない人というのは僕の周りにも多いです。

そんな上司に向かって「辞めます」の一言を言わなくて済むのは、本当に救いになることだと思います。

少なくとも僕は救われました。

追記:

退職代行SARABAでは現在値下げしていて、28,000円で退職代行はもちろん有給取得や離職届の申請などもその値段ですべて行ってくれるようです。

有給取得などとなると追加料金が発生するところもありますが、SARABAは28000円ですべてのサービスを受けれるのが、僕が選んだ理由でもあります。

増税後にも関わらず値下げしている今こそ、辞めたい会社を辞める良い機会かもしれません。

>SARABAの公式サイトはこちら

他の退職代行会社と比較してみた

 

オススメ順位サービス対応時間返金保証実績料金
1位SARABA24時間対応あり7000件以上28000円(税込)
2位汐留パートナーズ10:00~21:00なし成功率100%55,000円(税込)+オプション費用
3位辞めるんです24時間対応(LINE、メールのみ)あり3000件以上30000円(税込)
4位ニコイチ7:00~20:00記載なし4000件以上28000円(税込)
5位EXIT24時間対応記載なし退職実績100%

正社員・契約社員:50,000円

アルバイト・パート:30,000円

僕が使ったのは退職代行SARABAでしたが、ほかの退職代行会社と比べてどうなのか気になると思いますので、他社と比べてみました

料金、返金保証、実績、24時間対応かどうか、即対応してくれるかなど、総合的に見てやはりSARABAが最強だと思います。

ただ、2位の汐留パートナーズは弁護士が対応してくれるので、

「会社をパワハラなどで訴えたい…」

といった場合など、最初から弁護士を通した交渉が必要な場合は汐留パートナーズに頼んだ方が良いと思います。

ただ、そうじゃない場合は価格的に考えても他の代行会社の倍以上の料金がかかるので、普通に辞めたい場合などは労働組合が運営する「SARABA]を選んでおけば間違いないです。

1位.退職代行SARABA

>『退職代行SARABA』の公式サイトはこちら

SARABA以外の退職代行会社の公式サイトは以下の通りです。

2位.汐留パートナーズ

>『汐留パートナーズ』の公式サイトはこちら

3位.辞めるんです

>『辞めるんです』の公式サイトはこちら

4位.ニコイチ

>『退職代行ニコイチ』の公式サイトはこちら

5位.EXIT

>『退職代行EXIT』の公式サイトはこちら

退職代行サービス「SARABA」のその他の口コミや評判

SARABAに関する口コミや評判を他にも集めてみました。


退職代行を利用して見事退職した人も出てます。

他にも退職代行サービスを使って会社を辞めてる人が結構いるようです。

辞めたいと言っても、ブラックな会社ほど人手不足なので引き留めてきます

そしてそんなブラックな会社にいたら確実に精神が壊れていくので、退職代行を使ってすぐに辞めてしまうのはもはや賢い選択なのではないしょうか

 

 

💬9件のコメント