毎日怒られているとうつ病になる!職場で怒られる6つの原因と6つの対処方法を解説

「職場で毎日怒られているとうつ病になる?」
「毎日怒られる原因はなんだろう」
「対処法を知りたい」
このような悩みを抱えていませんか?

毎日のように怒られていると、気分が落ち込むものです。あまりにもひどい場合は、うつ病になる心配をされる方もいるでしょう。

うつ病になりたいと思っている方はいないですよね。うつ病になりやすい原因や対処法を知りたいところ。

そこで、この記事では

  • 毎日怒られる原因
  • 怒られている時の対処法
  • うつ病になる前にやること
  • うつ病になりやすい職場

を解説しています。さらにどうしてもやめられない職場の退職方法も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

毎日怒られる職場で働いているとうつ病になる

結論からお伝えすると、毎日怒られる職場で働いていると「うつ病」になる可能性があります。うつ病の原因はさまざまですが、過度なストレスが引き金になるケースが多いです。

誰しも怒られると、ストレスが溜まるもの。しっかり発散できればいいのですが、中々うまくできない方もいるでしょう。

毎日怒られていると、以下の症状が見られます。

  • イライラする
  • 気分が落ち込む
  • 人との関わりを避ける
  • 体調が悪くなる
  • やる気が起きない

上記のように身体や精神が、普段よりよくない状況になるでしょう。特に怒られると否定された気分になるため、人との関わりを避けるようになったり、何をするにもやる気が起きなかったりします。

その結果、自分に自信がなくなってうつ病になる可能性が高いです。毎日怒られるのは悪い影響しかないため、うつ病に注意しましょう。

職場で毎日怒られる6つの原因

毎日怒られるということは、何かしらの原因があります。原因を把握していないと、いつになっても改善できません。

こちらでは職場で毎日怒られる原因を解説していきます。

  1. 同じミスを繰り返す
  2. 態度が悪い
  3. 遅刻が多い
  4. 自分のことだと思っていない
  5. 仕事が遅い
  6. 仕事のレベルが低い

それぞれ解説しますので、参考にしてみてください。

1.同じミスを繰り返す

毎日怒られている方は、人の話を聞いていないことが多いです。そのため同じミスを繰り返してしまいます。

初めてのミスは怒られなくても、2度や3度と何回も繰り返すのは反省していないと捉えられるでしょう。仕事を真面目に行っていないとされ、上司に怒られます。

一度起こったミスは、繰り返さないように注意しましょう。

2.態度が悪い

挨拶ができなかったり、お礼が言えなかったりすると、印象がよくないです。さらに返事が小さいと相手に反応が伝わらないので、態度が悪いと思われます。

挨拶やお礼などは社会人として当たり前のため、できないと怒られる原因になるでしょう。

挨拶をしても相手からの反応がなければ、よい印象を持てないですよね。しかし、態度をよくするからと言って、媚を売る必要はありません。

社会人として当たり前のことを、最低限行い態度が悪いと思われないようにしましょう。

3.遅刻が多い

遅刻も社会人としてやってはいけません。自分が遅刻した分、相手の時間を奪うことになるからです。

その結果、上司や取引先のお客様に迷惑がかかり、怒られる原因になります。さらに予定が狂うので、仕事の計画を立て直すのにつながるでしょう。

遅刻をするときは、早めに伝えるのが重要です。直前になって伝えると、代わりの対策ができません。

そのため遅刻が多いことは、怒られる原因になるのでしないようにしましょう。

4.自分のことだと思っていない

怒られているのを自分ごとだと思っていない方は、他人のせいにしがちです。怒られている内容が頭に入ってこないため、今後の改善ができません。

さらに努力もしなくなるので、同じ失敗を繰り返して上司に怒られます。

そのため自分のことだと思っていない方は、怒られやすいです。

5.仕事が遅い

あまりにも仕事が遅いと、指定された納期に間に合わないケースがあるでしょう。納期を守れない場合、相手に迷惑がかかり怒られます。

さらにチームで動いている仕事だと、全員に迷惑がかかるので怒られやすいです。

また仕事が遅いと、上司や同僚に手伝ってもらうこともあるでしょう。他の方の時間を奪ってしまうため、怒られる原因になるでしょう。

仕事が遅い方は、早くする努力が必要です。

6.仕事のレベルが低い

仕事のレベルが低い場合、相手の期待に応えられません。仕事内容の確認や修正に時間がかかり、予定を変更する必要が出てきます。そのため、怒られる原因になります。

また仕事のレベルが低い方は、周囲のアドバイスを聞かずに自分の考えだけで進める場合が多いです。求められている完成形から、大幅にズレてしまい怒られるでしょう。

仕事のレベルが低いのは、相手の時間を奪うことになるので、怒られる可能性が高いです。

毎日職場で怒られているときの6つの対処法

こちらでは毎日職場で怒られているときの対処法を解説していきます。

  1. 謝る
  2. 話を最後まで聞く
  3. メモを取る
  4. 自分を責めすぎない
  5. 周囲の人からアドバイスをもらう
  6. 休息を取る

一つひとつ解説していきますので、活用してみてください。

1.謝る

怒られているときは、必ず謝りましょう。謝らずに言い訳をしたり、自分のミスを認めなかったりすると、怒られる原因になるからです。

仮に自分が悪くなくても、反論してはいけません。相手をさらに怒らせることになります。

そのため素直に謝罪するのが重要。

また怒られた後は、どのような行動をするか普段よりも見られます。評価につながるため、しっかり改善する行動をしていきましょう。

2.話を最後まで聞く

人の話を最後まで聞かないと、何に怒っているのかがわかりません。さらに自分では気づけない欠点を見つけられない可能性があります。

話を最後まで聞くことで、改善するべき行動が見えてくるでしょう。

中には理不尽な理由で起こってくる方もいますが、最後まで話を聞くようにしてください。そして今後につなげましょう。

3.メモを取る

怒られた内容をメモに取ることで、時間が経っても忘れません。人は時間が経つにつれて、聞いた話を忘れていきます。

そのため同じミスを繰り返してしまうでしょう。

またメモを取ると、今後やるべきことを明確にできるのでおすすめです。

同じミスを繰り返さないように、怒られた内容のメモを取りましょう。

4.自分を責めすぎない

毎日怒られている方は、必要以上に自分を責めがちになります。次第に自分に自信がなくなっていき、うつ病になる可能性が高くなります。

誰しも失敗をするものなので、あまり自分を責めすぎないでください。

失敗は決して悪いことではありません。同じミスを繰り返さないで、改善していくのが重要です。

怒られても自分を責めすぎず、改善するための努力をしましょう。

5.周囲の人からアドバイスをもらう

自分一人だとできることに限界があります。さらに怒られた後は視野が狭くなるため、頭が働かなくなる傾向です。

そのため周囲からアドバイスをもらうのが非常に重要。

特に職場の先輩は、過去に同じ失敗をしている可能性があり、改善につながる意見をもらえるでしょう。先輩に相談するのが難しい方は、同僚がおすすめです。

さまざまな意見を聞いて自分の行動に落とし込み、今後の成長につなげましょう。その結果、評価を上げることにもつながります。

6.休息を取る

毎日怒られていると精神的に疲れます無理して行動すると、余計に疲れて空回りするでしょう。

そのため休息を取って、気分転換するのがおすすめです。頭の中を整理でき、仕事をスムーズに行えるようになります。

上司に怒られたら、休息を取って次につなげるための時間にしてみてください。

毎日怒られてうつ病になる前にやるべきこと4選

こちらでは怒られてうつ病になる前にやるべきことを解説します。

  1. 周囲の人に相談する
  2. 病院で診察を受ける
  3. 転職を考える
  4. 退職代行を利用する

怒られていてうつ病になりそうな方は、上記を活用してみてください。

1.周囲の人に相談する

毎日怒られると自分に自信がなくなり、悩みを抱え込んでしまいます自分の力だけで悩みを解決しようとすると、できることに限界があります。その結果、うつ病になる可能性が高くなるでしょう。

そこで周囲の方に相談するのが重要です。人に話してみると、気持ちが楽になります。さらに自分では気づけないことに気づけるため、成長につながるでしょう。

会社の先輩や同僚に相談しづらかったら、友人や家族に相談するのがおすすめです。

自分の中に悩みを抱え込まないために、周囲の方に相談してみてください。

2.病院で診察を受ける

うつ病になる前は、身体に何かしらの異変が起きます。主な症状として体調不良や情緒不安定などが考えられます。

毎日怒られていて、体調がよくない方は病院で診察を受けましょう。うつ病は精神の病気ですので、自分だけではどうすることもできません

そのため早い段階で診察を受けられれば、早期に体調が回復します。

またうつ病の診断書があると、休職が取れるのでゆっくり休めるでしょう。

身体に異変を感じている方は、うつ病になる前に病院で診察を受けてみてください。

3.転職を考える

毎日理不尽に怒られる職場では、部署を異動しても環境が変わらない可能性があります。会社自体の問題だからです。

転職を考えるのも、うつ病にならないための一つの方法。

転職して働く環境を変えれば、怒られなくなる可能性があるでしょう。さらに心機一転して、仕事へのモチベーション向上にもつながります。

そのため転職して怒られない環境で、キャリアアップしましょう。

4.退職代行を利用する

毎日のように怒られる職場は、退職の連絡をしても辞められない可能性が高いです。退職を考えている方に対して、怒ったり引き止めたりするでしょう。

そこで退職代行の利用がおすすめです。

特徴として自分で会社へ連絡する必要がないため、辞められる可能性が高いです。

会社を辞めたくても辞められない場合は、退職代行を利用してみてください。

うつ病になりやすい職場の3つの特徴

毎日怒られるだけでなく、他にもうつ病になりやすい特徴があります。

主な特徴は以下のとおりです。

  1. 残業時間が長い
  2. 適切な評価がされない
  3. 不規則な労働環境

上記の特徴を把握していないと、気づかないうちにうつ病になるかもしれません。

1.残業時間が長い

残業時間が長い職場で働いている方は、あまりプライベートの時間が取れません。気分転換がしづらくなるため、ストレスが溜まります

さらに疲れも取れづらくなり、うつ病になる可能性が高いです。

そのため残業時間が長い方は、なるべく自分の時間を作って気分転換しましょう。

2.適切な評価がされない

職場で適切な評価がされない場合、自信がなくなる原因になります。

どんなに頑張っても評価されないと、仕事をするモチベーションが下がりますよね。その結果、ストレスが溜まってうつ病になりやすくなるでしょう。

また評価を上げるために無理して働くこともあり、体調を崩す原因にもなります。

適切な評価がされない職場は、うつ病になりやすいと言えるでしょう。

3.不規則な労働環境

早番や夜勤など不規則な労働環境で働くと、生活リズムが崩れる原因になります。疲れが取りにくくなるため、うつ病になりやすくなるでしょう。

例えば医療現場で働く方は、日によって働く時間帯が異なる傾向です。せっかくの休みでも疲労回復を優先して、ストレス発散ができないことも。

そのため不規則な労働環境は、うつ病になりやすいので注意が必要です。

どうしてもやめられない職場は退職代行サービスの利用がおすすめ

毎日怒られている職場だと、中々辞められない可能性があります。怒られるのが好きな方はいないと思いますので、すぐに辞めたい方もいるでしょう。

どうしても辞められない職場は、退職代行サービスの利用がおすすめです。

辞めるときの連絡は、怒られたり引き止められたりを考えてしまうので緊張するでしょう。しかし退職代行の最大のメリットは、自分で会社に連絡をする必要がないことなので、緊張する必要がありません。

また業者によって24時間受付・対応している場合もあり、最短即日の退職が可能。あまり時間が取れない方やすぐにでも辞めたい方におすすめです。

退職代行を検討している方で、会社との交渉を気にされる方もいるでしょう。労働組合が運営している退職代行は、有給取得や未払い給与などの交渉ができます。

まずはお気軽に退職代行へ相談してみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる