【必見】会社を辞めづらいと感じる9つの理由!スムーズに退職する方法も解説

「会社を辞めたいと思っているけど意思を伝えられない」
「会社を辞めづらい」

「辞めづらい会社を退職する方法を知りたい」
など気になっている方は多いのではないでしょうか。

勤めている会社が辞めづらいと、退職したくても言い出すのに勇気がいりますそこで、会社を辞めづらい理由を知りたいところです。

また、退職する際の注意点を知っていると、スムーズに伝えやすいですよね。

そこでこの記事では、以下の内容を解説します。

  • 会社が辞めづらい理由
  • 退職時の注意点
  • スムーズに退職する方法

退職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

会社を辞めづらいと感じる9つの理由

自分の勤め先が辞めづらいと感じると、上司に退職の意思を伝えづらいもの。また、会社が辞めづらいと感じる理由を把握している方は少ないでしょう。まずは理由をしっかり把握したいところです。

こちらでは、会社が辞めづらい理由を解説していきますので、参考にしてみてください。

  1. 退職すると会社に負担がかかる
  2. 採用コストが高い
  3. 今の生活を変えるのが怖い
  4. 給料は良い
  5. 人間関係に不満がない
  6. 退職を伝えた後の出勤が気まずい
  7. 上司が高圧的である
  8. 引き止められるのが怖い
  9. 上司とタイミングが合わない

それぞれ詳しく紹介します!

1. 退職すると会社に負担がかかる

誰かが退職すると仕事が回らなくなる会社は辞めづらいです。

最低人数で仕事を行っているので、退職者が出ると周囲の人の負担が増えます。さらに後任へ引き継ぐ時間が取れないケースもあるでしょう。

特に規模が小さい会社は、少ない社員でさまざまな仕事を行うことが多いです。1人でも辞めると、退職者の穴を塞ぐために他の社員の業務負担が重くなります。

そのため、辞めた後を想像してしまい、罪悪感を感じてしまうでしょう。

2. 採用コストが高い

人材採用のコストは非常に高額で、正社員の登用1人に約50〜100万円かかります。会社としては多額の費用を使用しているので、早期での退職は避けて欲しいところです。

せっかく採用したのに、早期で辞められると努力が水の泡になります。

規模が大きい会社であれば採用にかけられるコストも大きくなります。しかし、規模が小さい会社は、限られた予算の中で必要な人数を採用することになるでしょう。

そのため、会社はなるべく辞めないように必死になります。とはいえ、退職を検討している方は、採用コストを気にすることはありません。

上司にきちんと退職の意思を伝えてみましょう。

3. 今の生活を変えるのが怖い

慣れ親しんだ会社を辞めて、新しい生活をするのは怖いものです。人間関係や業務内容が変わるため、ゼロからのスタートになります

たとえば、会社を辞めると毎月支払われていた給与がなくなります。貯金があれば多少は問題ありませんが、ない場合は生活していけるか不安ですよね。

また、新しい職場に慣れるまでの時間や、未経験の分野であれば仕事を覚えられるか不安でしょう。

今までの生活を変えるには、大きな不安や怖さが伴いますが、きちんと計画して対処すれば案外影響がないですよ。

4. 給料は良い

会社の給料が良いと、辞めづらいです。新しい仕事で同じような給料がもらえる保証はないので、お金を優先してしまいまうでしょう。

同業他社に転職を考えていても、現状よりも給料が低いと今の会社を辞めて良いのか迷うのは当然です。

しかし、給料が良くても仕事のストレスで病気になったら元も子もありません。改めて退職したい理由を考えて、とるべき行動を決めましょう。

5. 人間関係に不満がない

会社の人間関係に不満がないと、辞めづらいですよね。会社を退職したい多くの理由が、人間関係の悩みです。

人間関係は自分ではどうすることもできません。次の環境では良くない可能性もあります。仕事内容や給料面に不満があっても、人間関係が良いと気軽に退職できません。

今の環境の人間環境が良いのは非常に恵まれています。そのため、本当に会社を辞めるべきか考えてみると良いでしょう。

6. 退職を伝えた後の出勤が気まずい

退職を伝えた後の出勤が気まずいのも、辞めづらい理由です。退職を伝えてもすぐには辞められません。

法律上では14日前までに申し出を行うことになっています。そのため、最低でも14日間は出勤しなければいけません。退職希望を出してからの出勤を、億劫に感じる方は多いでしょう。

自分の意思を素直に受け止めてくれる人もいれば、批判をしてくる人もいます。退職後の出勤が嫌な場合は、あらかじめ引き継ぎを行っておいて、有給を消化するのをおすすめします。

7. 上司が高圧的である

上司が高圧的だと退職を伝える際に、さまざまな厳しいことを言ってくる可能性があります。退職させてもらえないことも考えられるので、中々切り出しづらいです。

しかし、自分の人生は自分で決めるものであり、上司が勝手に判断することではありません。厳しいことを言われると悲しくなりますが、勇気を持って伝えてみましょう。

上司に直接退職の旨を伝えるのが不安な方は、退職代行サービスの利用をおすすめします。

おすすめの退職代行サービスや、選び方などは「【2022年版】退職代行おすすめランキング15選!退職代行を選ぶときに見るべき7つのポイントも徹底解説」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【2022年版】退職代行おすすめランキング15選!退職代行を選ぶときに見るべき7つのポイントも徹底解説 「退職代行で検索したらたくさん出てきて、選べない」「労働組合や弁護士が運営しているのと、民間の退職代行の違いは?」「今すぐ仕事を辞めたいから、おすすめをサク...

8. 引き止められるのが怖い

引き止められるのが怖く、会社を辞めづらいと感じている方もいるでしょう。特に従業員の数が少ない会社であれば引き止められる可能性は高く、お世話になった上司からの言葉には心が揺れますよね。

「自分が辞めたら会社が回らなくなるのでは」と不安になることもあるでしょう。また退職が決まってからも、しつこく引き止めにあうケースもあります。

とはいえ、引き止められて会社に残り続けると、転職するタイミングを見失ったり社内から孤立したりする可能性があります。自分の気持ちに嘘をつく必要はないので、辞めたいのであれば退職を切り出しましょう。

引き止めにあったときの対処法については「退職の引き止めに遭ったときの論破方法6選!失敗したときの対策も解説」を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
退職の引き止めに遭ったときの論破方法6選!失敗したときの対策も解説 「退職を上司に告げたら引き止めに遭った、どうやって打開すればいい?」「上司を論破して早く退職したい!」「論破できそうにない・・・どうすれば退職できるかな??」 ...

9. 上司とタイミングが合わない

上司が忙しそうだとなかなか時間が合わず、退職を伝えるタイミングが見つかりませんよね。特に繁忙期であると社内全体が忙しいので、なかなか退職を切り出せないでしょう。

タイミングが合わないからと後回しにしていたら、1年経っていたなんて話もあります。繁忙期は避け、休憩中や休日の前日など、上司の手が空いているタイミングを見計らって退職の意思を伝えてみてください。

危険!辞めづらい会社に残り続ける3つのリスク

辞めづらいため「もう少し頑張ろう」と、会社に残り続けようとする方もいるでしょう。一踏ん張りするのは良いことですが、無理をしては体を壊す恐れがあるので要注意。

こちらでは、辞めづらい会社に残り続けるリスクを紹介します。

  1. 転職しにくくなる
  2. 精神を病む
  3. 時間が無駄になる

リスクを考慮したうえで、転職するか残り続けるかを判断してみてください。

1. 転職しにくくなる

辞めたいと思っている会社に残り続けても仕事に対するモチベーションは上がらず、スキルアップもできません。結果として他の会社に行っても通用するスキルが身につかないでしょう。

また年齢を重ねるごとに転職のハードルは上がります。「入りたい会社に転職できなかった」と後悔しないためにも、早めの行動をおすすめします。

2. 精神を病む

辞めたいと思っている会社を続けると、人間関係や仕事内容のストレスによって体調を崩し、精神を病む可能性もあるでしょう。

精神を病むとなかなか治らず、社会復帰まで時間がかかります。収入がなくなりスキルもないので、今よりも苦しい生活になる可能性もあります。

冷静な判断ができる今のうちに、辞めたい職場を退職して新しい環境に身を置くのがベストです。

3. 時間が無駄になる

辞めづらい会社に残り続けると、時間を無駄にしてしまいます。

人生は100年程度と、みんな平等に限られています。たった100年間しかないのに、楽しくない仕事に時間を取られるのはもったいないです。

仕事を辞めたいのであれば、退職して新しい職場で新しい人生をスタートさせるべき。死ぬ前に「やりたいことがあったのに…」と後悔しないためにも、早めの行動をおすすめします。

今すぐやろう!会社を辞めづらいときにとるべき4つの対処法

会社を辞めづらいと悩んでいる方は多いはず。そこでこちらでは、会社を辞めづらいときに取るべき行動を4つ紹介します。

  1. スキルアップを目指す
  2. 会社を辞めたい理由を考える
  3. 周りの人に相談する
  4. 転職活動を始める

すぐに実践できるものもあるので、今日からでも取り組んでみてください。

1. スキルアップを目指す

会社を辞めづらいと感じている方の中には、退職すると給与の面に不安がある方もいるでしょう。今のうちにスキルアップをしておくと、転職してから給料が下がる心配はありません。

転職した当初は確かに今よりも給料が低くなるかもしれませんが、スキルがあればすぐに収入が安定するでしょう。

スキルを磨けば将来的には独立をして、自由な働き方を実現できる可能性もあります。自分のためにも、得意な分野を見つけてスキルアップを目指しましょう。

2. 会社を辞めたい理由を考える

会社を辞めづらいときは、どうして退職したいのか考えてみてください。理由を考えることで、解決策が見つかる可能性があります。

また会社を辞めたい原因を見つけないと、転職先でも同じ結果を招いてしまうでしょう。人間関係・仕事内容・待遇など、人によって会社を辞めたいと感じる理由はさまざまです。

思考を整理するためにも、会社を辞めたい理由を紙に書き出してみてください。

なおここで出た理由をそのまま転職先の面接で利用する必要はないので、自分の気持ちに嘘をつかず正直に書き出しましょう。

3. 周りの人に相談する

会社を辞めづらいときには、信頼できる家族や友人に相談する方法もあります。家族や友人であれば、あなたの話を親身になって聞いてくれるでしょう。

解決とまでは至らなくても、自分の思いを誰かに話すことで気持ちが楽になる可能性もあります。

また、総合労働相談コーナーのような社内外の専門機関に相談する方法もあります。こちらは専門家なので、適切なアドバイスをしてくれるはずです。

仕事を辞めたいと思ったときは「【退職前に】仕事を辞めたいときの相談先6選!相談できないときの3つの対処法とは?」を参考にして、相談相手を探してみてください。

あわせて読みたい
【退職前に】仕事を辞めたいときの相談先6選!相談できないときの3つの対処法とは? 「仕事が辛くて会社を辞めたい」「仕事を辞めたいとき誰に相談したらいいの?」「相談できる人が誰もいなくて困っている…」このようなお悩みを抱えていませんか? 仕事...

4. 転職活動を始める

仕事を辞めづらいときは、退職の意思を伝えるために転職活動を始めても良いでしょう。内定先が決まったら上司は引き止められませんし、退職した後の経済的な不安も払拭できます。

同じことを繰り返さないためにも、まずは自己分析や転職エージェントへの相談などから始め、自分に合った職業を1から探してみてくださいね。

会社を辞めづらいときにおすすめの退職理由5選

辞めづらい会社を退職するために、おすすめな退職理由を知りたい方も多いのではないでしょうか。

辞めづらい会社だと、上手く退職できるか不安になりますよね。上手く退職するための理由を考えることで、スムーズに辞められます。理由を知って上司に伝える対策をしましょう。

こちらでは、辞めづらい会社を辞めるための理由を解説していきますので、参考にしてみてください。

  1. 一身上の都合を使う
  2. 違うジャンルにチャレンジしたい
  3. 移住したい
  4. 社会保障の有無を盾にする
  5. 現状の不満を伝える

1つずつ見ていきましょう。

1. 一身上の都合を使う

会社を辞めづらいときの退職理由は、一身上の都合を使うのがおすすめです。

実は法律上は退職理由を伝える必要はなく「一身上の都合で辞めさせてください」と言えば、一般的には辞められます。退職届にも、一身上の都合と書く機会は多いですよね。

一身上の都合を使えば、退職理由が思いつかない方でも安心して仕事を辞められるでしょう。

2. 違うジャンルにチャレンジしたい

退職する際は、違うジャンルにチャレンジする旨を伝えると辞めやすいです。

キャリアアップのために転職を考える方は多いです。しかし、人によっては今の会社を「踏み台に考えている」と捉える方もいます。

さらに結果を出していない場合は「結果を出してからにしてほしい」と言われる可能性もあるため、おすすめしません。

退職理由として「違うジャンルに挑戦したい」と伝えることで、素直に応援してもらえるでしょう。とはいえ嘘はよくないので、作り話などはしないように注意してください。

3. 移住したい

移住を理由に退職を伝えると辞めさせてもらいやすいです。出社が困難になるため、引き止められません。

ひどい会社でなければ、毎日遠くから出社を要求することはないでしょう。たとえば関東にある会社の場合は、関西や九州などに移住を考えていたり、海外へ行きたいと伝えたりすることがおすすめです。

退職時に移住を考えていると伝えることで、スムーズに辞めさせてもらえます。

この退職理由も、本当に移住の予定がある方のみ使いましょう。

4. 社会保障の有無を盾にする

社会保障は加入していないと、個人の負担が増えるため退職の理由としては十分です

社会保障は以下の通りです。

  • 社会保険
  • 社会福祉
  • 公的扶助
  • 保健医療・公衆衛生

特に社会保険には、健康保険や厚生年金保険などがあります。病気やけがなど生活が困難になる事故に遭った場合に、給付を行うものです。社会保険に加入していないと給付が受け取れないので、退職をする理由になります。

退職を検討している方は、今の会社で社会保障制度に加入しているか調べてみましょう。

5. 現状の不満を伝える

退職理由として、現状の不満を伝えるのも1つです給料面が理由で辞めたい場合は、交渉をしたうえで決裂するようなら退職をする選択肢が取れます。

また、職場環境での不満を伝えて改善することがなければ、辞めたほうが良いです。今後も改善することはないからです。

退職をする理由として現状の不満を伝えることは、有利につながります。

辞めづらい会社を退職する際の5つの注意点

辞めづらい会社を退職する際の注意点が気になる方は多いのではないでしょうか。

会社を辞めるのは非常に勇気が必要です。辞め方によっては、今後の人生に影響が出る可能性があります。

そこでこちらでは、辞めづらい会社を退職する際の5つの注意点を解説します。

  1. 基本的に会社を否定しない
  2. 退職の意思をきちんと伝える
  3. 会社への罪悪感は必要なし
  4. 準備は怠らない
  5. 1ヶ月以上前に意思を伝える

1つずつ確認していきましょう。

1. 基本的に会社を否定しない

会社を否定することは良くないです。今後人生のどこかで再度関わりが出てくる可能性があるかもしれません。

会社を否定してしまうと、転職先で今の会社と仕事をすることになった場合、影響があります。そのため個人の問題だけでなく転職先へ迷惑をかけることにつながるでしょう。

また会社の否定は、働いている社員を否定することにもなるのでおすすめしません。

伝え方によって否定するつもりはなくても、間接的に否定しているように聞こえることもあるでしょう。退職する理由はあくまで自分にあることを伝えるようにしてみてください。

2. 退職の意思をきちんと伝える

中途半端な退職意思だと引き止められて終わります。さらに理由を聞かれた際に曖昧な回答になってしまい、正確に伝えられません。

そのため、退職の意思が固く明確な理由を伝えることが重要です。意思が固ければ、退職しても何も問題が無い状態にして、引き止められても自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

3. 会社への罪悪感は必要なし

退職をする際は会社へ罪悪感を感じる必要はありません。辞められない人の理由として「会社を辞めたら申し訳ない」と考える方もいるでしょう。

退職の意思を伝えた際に引き止められる可能性はあります。しかし、自分の人生は1回しかありません。

挑戦したいことがあれば、応援してくれる方はいます。会社への罪悪感を感じるかもしれませんが、さまざまなことに挑戦してみてください。

4. 準備は怠らない

退職する際はしっかりと準備をしておきましょう。

準備する項目は以下の通りです。

  • 転職活動をして次の就職先を見つける
  • 引き継ぎや財務整理をして退職日までに間に合わせる
  • 会社の就業規則を確認して会社特有の退職届が無いか確認する

いきなり退職をしようとしても、次の就職先が決まっていなかったり、業務の引き継ぎがされていなかったりすると辞められません。事前にしっかり準備してから辞めるようにしましょう。

5. 1ヶ月以上前に意思を伝える

辞めづらい環境であっても、1ヶ月以上前に退職の意思を伝えるようにしてください。

法律上は退職の意思は2週間前に伝えれば良しとされていますが、伝えるのが遅れると引き継ぎや書類の整理などで慌ただしくなります。

なるべく早く伝えることで、会社側の負担も軽減されます。

辞めづらい会社をスムーズに退職する方法

会社をスムーズに退職する方法を知りたい方は多いのではないでしょうか。

退職方法を知らないと、辞めるまでに時間がかかります事前に辞める流れを把握することでスムーズな退職が可能です。

そこでこちらでは、会社をスムーズに退職する方法を解説していきます。

自分で退職する方法

スムーズに自分で退職する方法は以下の通りです。

  • 就職先を決める
  • 退職理由を考える
  • 退職する1か月前に上司に伝える
  • 業務の引継ぎを行う

まず転職先が決まらないまま、退職の意思を伝えてしまうと今後の生活に不安があります。転職先を決めることで、不安を解消して退職の意思を固めます。

続いて退職理由を決めることが重要です。理由が曖昧だと上司に対して自分の意思が伝わりません。さらに引き止められてしまう可能性もあるので、しっかり考えるようにしましょう。

また業務の引継ぎは必ず行います。もし自分にしかできない業務があった場合、退職した後だと教えられないため、会社に迷惑をかけることになるからです。

退職代行に依頼する方法

自分で会社を辞められない方には退職代行をおすすめします。

退職代行を使用する流れは以下の通りです。

  • 電話かメールで相談
  • 申し込み
  • 担当者と打ち合わせ
  • 会社に連絡して退職

会社との連絡は退職代行が行うので、自分で上司に伝える必要はありません。担当者と打ち合わせをするだけで、退職が可能です。

退職代行について詳しく知りたい方は「【まるわかり】退職代行とは?サービス内容やメリットデメリットを完全解説」をご覧ください。

あわせて読みたい
【まるわかり】退職代行とは?サービス内容やメリットデメリットを完全解説 会社をやめたい人の味方になる退職代行。依頼者に変わって、退職に関する処理を行ってくれるサービスです。 メディアで取り上げられる機会も増え、耳にしたことがある方...

会社を辞めづらいなら退職代行SARABAで職場からおさらばしよう

会社を辞めづらいと感じる理由は、人間関係が苦痛であったり仕事内容にやりがいを感じなかったりと、人それぞれです。

どんな理由であれ、辞めたいと思っている仕事を続けるのはおすすめできません。転職時に不利になったり、精神を病んだりする可能性があるためです。

仕事を辞めづらいと思っているのなら、退職代行SARABAの利用がおすすめです。労働組合が運営しているため、弁護士法違反の心配はなく、会社との交渉ができますさらに職歴に関係なく、即日退職ができるのですぐにでも辞めたい方でも安心できます。

退職代行SARABAは24時間365日いつでも相談可能なため、お気軽にお問い合わせください。

>>退職代行SARABAの詳細を見てみる

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる