会社が辞めづらい7つの理由とは?上手に退職する方法と合わせて徹底解説

「辞めづらい会社の特徴を知りたい」
「辞めづらい会社を退職する方法を知りたい」
など気になっている方は多いのではないでしょうか。

自分の勤めている会社が辞めづらいと、退職したくても言い出すのに勇気がいりますそこで、会社を辞めづらい理由を知りたいところです。

また、退職する際の注意点を知っていると、スムーズに伝えやすいですよね。

そこでこの記事では、

  • 会社が辞めづらい理由
  • 退職時の注意点
  • スムーズに退職する方法

などを解説するので、退職を検討している方は参考にしてみてください。

会社が辞めづらい7つの理由

自分の勤め先が辞めづらいと感じると、上司に退職の意思を伝えづらいもの。また、会社が辞めづらいと感じる理由を把握している方は少ないでしょう。まずは理由をしっかり把握したいところです。

こちらでは、会社が辞めづらい理由を解説していきますので、参考にしてみてください。

  1. 退職すると会社に負担がかかる
  2. 採用コストが高い
  3. 今の生活を変えるのが怖い
  4. 給料は良い
  5. 人間関係に不満がない
  6. 退職を伝えた後の出勤が気まずい
  7. 上司が高圧的

1.退職すると会社に負担がかかる

誰かが会社を退職すると、仕事が回らなくなる会社は辞めづらいです。

最低人数で仕事を行っているので、退職者が出ると周囲の人の負担が増えます。さらに後任へ引き継ぐ時間が取れないケースもあるでしょう。

特に規模が小さい会社は、少ない社員でさまざまな仕事を行うことが多いです。1人でも辞めると、退職者の穴を塞ぐために他の社員の業務負担が重くなります。

そのため、辞めた後を想像してしまい、罪悪感を感じてしまうでしょう。

2.採用コストが高い

人材採用のコストは非常に高額で、正社員の登用1人に約50〜100万円かかります。会社としては多額の費用を使用しているので、早期での退職は避けて欲しいところです。

せっかく採用したのに、早期で辞められると努力が水の泡になります。

規模が大きい会社であれば採用にかけられるコストも大きくなります。しかし、規模が小さい会社は、限られた予算の中で必要な人数を採用することになるでしょう。

そのため、会社はなるべく辞めないように必死になります。とはいえ、退職を検討している方は、採用コストを気にすることはありません。

上司にきちんと退職の意思を伝えてみましょう。

3.今の生活を変えるのが怖い

慣れ親しんだ会社を辞めて、新しい生活をするのは怖いものです。人間関係や業務内容が変わるため、ゼロからのスタートになります

例えば、会社を辞めると毎月支払われていた給与がなくなります。貯金があれば多少は問題ありませんが、ない場合は生活していけるか不安ですよね。

また、新しい職場に慣れるまでの時間や、未経験の分野であれば仕事を覚えられるか不安でしょう。

今までの生活を変えるには、大きな不安や怖さが伴いますが、きちんと計画して対処すれば案外影響がないですよ。

4.給料は良い

会社の給料が良いと、辞めづらいです。というのも、新しい仕事で同じような給料がもらえる保証はないので、お金を優先してしまいます。

同業他社に転職を考えていても、現状よりも給料が低いと今の会社を辞めて良いのか迷うのは当然です。

しかし、給料が良くても仕事のストレスで病気になったら元も子もありません。改めて退職したい理由を考えて、とるべき行動を決めましょう。

5.人間関係に不満がない

会社の人間関係に不満がないと、辞めづらいでしょう。会社を退職したい多くの理由が、人間関係の悩みです。

人間関係は自分ではどうすることもできません。次の環境では良くない可能性もあります。

仕事内容や給料面に不満があっても、人間関係が良いと気軽に退職できません。

今の環境の人間環境が良いということは非常に恵まれています。そのため、本当に会社を辞めるべきか考えてみると良いでしょう。

6.退職を伝えた後の出勤が気まずい

退職を伝えた後の出勤が気まずいのも、辞めづらい理由です。退職を伝えてもすぐには辞められません。

法律上では14日前までに申し出を行うことになっています。そのため、最低でも14日間は出勤しなければいけません。

退職希望を出してからの出勤を、億劫に感じる方は多いでしょう。

自分の意思を素直に受け止めてくれる方もいれば、批判をしてくる方もいます。そのようなことも想像すると辞めづらいですよね。

退職後の出勤が嫌な場合は、あらかじめ引き継ぎを行っておいて、有給を消化するのをおすすめします。

7.上司が高圧的

上司が高圧的だと退職を伝える際に、さまざまな厳しいことを言ってくる可能性があります。退職させてもらえないことも考えられるので、中々言いづらいです。

しかし、自分の人生は自分で決めるものであり、上司が勝手に判断することではありません。厳しいことを言われると悲しくなりますが、勇気を持って伝えてみましょう。

上司に直接退職の旨を伝えるのが不安な方は、退職代行サービスの利用をおすすめします。

おすすめの退職代行サービスや、選び方などは以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

▼退職代行サービスのおすすめランキング▼
>>【2021年版】退職代行おすすめランキング15選!30社リサーチした結果と見るべきポイントも解説

辞めづらい会社を上手いこと退職するためにおすすめの5つの退職理由

辞めづらい会社を退職するために、おすすめな退職理由を知りたい方も多いのではないでしょうか。

辞めづらい会社だと、上手く退職できるか不安になります。上手く退職するための理由をすることで、スムーズに辞められます。理由を知って上司に伝える対策をしましょう。

こちらでは、辞めづらい会社を辞めるための理由を解説していきますので、参考にしてみてください。

  1. 基本的に会社を否定しない
  2. 違うジャンルにチャレンジしたいと伝える
  3. 移住したいと伝える
  4. 社会保障の有無を盾にする
  5. 現状の不満を伝える

1.基本的に会社を否定しない

会社を否定することは良くないです。今後の人生のどこかで再度関わりが出てくる可能性があるかもしれません。

会社を否定してしまうと、転職先で今の会社と仕事をすることになった場合、影響があります。そのため個人の問題だけでなく転職先へ迷惑をかけることにつながるでしょう。

また会社を否定することは、働いている社員を否定することにもなるのでおすすめしません。

伝え方によって否定するつもりはなくても、間接的に否定しているように聞こえることもあるでしょう。退職する理由はあくまで自分にあることを伝えるようにしましょう。

2.違うジャンルにチャレンジしたいと伝える

退職する際は、違うジャンルにチャレンジする旨を伝えると辞めやすいです。

キャリアアップのために転職を考える方は多いです。しかし、人によっては今の会社を「踏み台に考えている」と捉える方もいます。

さらに結果を出していない場合は「結果を出してからにしてほしい」と言われる可能性もあるため、おすすめしません。

退職理由として「違うジャンルに挑戦したい」と伝えることで、素直に応援してもらえるでしょう。とはいえ嘘はよくないので、作り話などはしないように注意してください。

3.移住したいと伝える

移住を理由に退職を伝えると辞めさせてもらいやすいです。出社が困難になるため、引き止められません。

ひどい会社でなければ、毎日遠くから出社を要求することはないでしょう。例えば関東にある会社の場合は、関西や九州などに移住を考えていたり、海外へ行きたいと伝えたりすることがおすすめです。

退職時に移住を考えていると伝えることで、スムーズに辞めさせてもらえます。

この退職理由も、本当に移住の予定がある方は使いましょう。

4.社会保障の有無を盾にする

社会保障は加入していないと、個人の負担が増えるため退職の理由としては十分です

社会保障は以下の通りです。

  • 社会保険
  • 社会福祉
  • 公的扶助
  • 保健医療・公衆衛生

特に社会保険には、健康保険や厚生年金保険などがあります。病気やけがなど生活が困難になる事故に遭った場合に、給付を行うものです。社会保険に加入していないと給付が受け取れないので、退職をする理由になります。

退職を検討している方は、今の会社で社会保障制度に加入しているか調べてみましょう。

5.現状の不満を伝える

退職理由として、現状の不満を伝えるのも1つです給料面が理由で辞めたい場合は、交渉をした上で決裂するようなら退職をする選択肢が取れます。

また、職場環境での不満を伝えて改善することがなければ、辞めた方が良いです。今後も改善することはないからです。

退職をする理由として現状の不満を伝えることは、有利につながります。

辞めづらい会社を退職する際の3つの注意点

辞めづらい会社を退職する際の注意点が気になる方は多いのではないでしょうか。

会社を辞めるのは非常に勇気が必要です。辞め方によっては、今後の人生に影響が出る可能性があります。

こちらでは、辞めづらい会社を退職する際の3つの注意点を解説するので、参考にしてみてください。

  1. 退職の意識をきちんと伝える
  2. 会社への罪悪感は必要なし
  3. 準備は怠らない

1.退職の意識をきちんと伝える

中途半端な退職意思だと引き止められて終わります。さらに理由を聞かれた際に曖昧な回答になってしまい、正確に伝えられません。

そのため、退職の意思が固く明確な理由を伝えることが重要です。意思が固ければ、退職しても何も問題が無い状態にして、引き止められても自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

2.会社への罪悪感は必要なし

退職をする際は会社へ罪悪感を感じる必要はありません。辞められない人の理由として「会社を辞めたら申し訳ない」と考える方もいるでしょう。

退職の意思を伝えた際に引き止められる可能性はあります。しかし、自分の人生は1回しかありません。

挑戦したいことがあれば、応援してくれる方はいます。会社への罪悪感を感じるかもしれませんが、さまざまなことに挑戦しましょう。

3.準備は怠らない

退職する際はしっかりと準備をしておきましょう。

準備する項目は以下の通りです。

  • 転職活動をして次の就職先を見つける
  • 引き継ぎや残務整理を退職日までに出来るようにする
  • 会社の就業規則を確認しておき、会社特有の退職届が無いかなど確認する

いきなり退職をしようとしても、次の就職先が決まっていなかったり、業務の引き継ぎがされていなかったりすると辞められません。事前にしっかり準備してから辞めるようにしましょう。

辞めづらい会社をスムーズに退職する方法

会社をスムーズに退職する方法を知りたい方は多いのではないでしょうか。

退職方法を知らないと、辞めるまでに時間がかかります事前に辞める流れを把握することでスムーズな退職が可能です。

こちらでは会社をスムーズに退職する方法を解説していきます。

自分で退職する方法

スムーズに自分で退職する方法は以下の通りです。

  • 就職先を決める
  • 退職理由を考える
  • 退職する1か月前に上司に伝える
  • 業務の引継ぎを行う

まず転職先が決まらないまま、退職の意思を伝えてしまうと今後の生活に不安があります。転職先を決めることで、不安を解消して退職の意思を固めます。

続いて退職理由を決めることが重要です。理由が曖昧だと上司に対して自分の意思が伝わりません。さらに引き止められてしまう可能性もあるので、しっかり考えるようにしましょう。

退職は1か月前までに伝えると良いです。法律上では14日前までに伝えれば良いされていますが、期間が短いため業務の引き継ぎができません。余裕を持って退職の意思を伝えましょう。

また業務の引継ぎは必ず行います。もし自分にしかできない業務があった場合、退職した後だと教えられないため、会社に迷惑をかけることになるからです。

退職代行に依頼する方法

自分で会社を辞められない方には退職代行をおすすめします。

退職代行を使用する流れは以下の通りです。

  • 電話かメールで相談
  • 申し込み
  • 担当者と打ち合わせ
  • 会社に連絡して退職

会社との連絡は退職代行が行うので、自分で上司に伝える必要はありません。担当者と打ち合わせをするだけで、退職が可能です。

退職代行を利用するならSARABAがおすすめです。労働組合が運営しているため、弁護士法違反の心配はなく、会社との交渉ができますさらに職歴に関係なく、即日退職ができるのですぐにでも辞めたい方でも安心できます。

退職代行SARABAは24時間365日いつでも相談可能なため、お気軽にお問い合わせください。

>>退職代行SARABAを利用してみる

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら