【完全版】見切りをつけた方がいい会社の特徴13選!辞めるべき理由や事前準備も紹介

「会社に不満があるけど、見切りをつけてやめた方がいいのかな?」
「見切りをつけたいけど、なかなか辞められなくて困っている…」
「見切りをつけるタイミングっていつだろう?」

このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

仕事内容に興味がなかったり人間関係が悪かったりすると、会社を辞めたくなる方もいるでしょう。しかし見切りをつけるタイミングや判断基準がわからないと、退職を踏み出すのは難しいものです。

そこで本記事では、以下の内容について解説します。

  • 見切りをつけた方がいい会社の特徴
  • 早めに見切りをつけるたほうがいい理由
  • 会社を辞める前の準備

今の会社に不満があって見切りをつけようか迷っている方は、ぜひ最後までお読みください。

目次

見切りをつけた方がいい会社の特徴13選

見切りをつけた方がいい会社の特徴は、以下の13項目です。

  1. 優秀な人が辞めていく
  2. 自分が成長できない
  3. 仕事内容に興味がない
  4. 人間関係が悪い
  5. 人手不足が続いている
  6. 副業ができない
  7. 会社の考え方が古い
  8. 仕事場の掃除が行き届いていない
  9. 上司に希望を感じない
  10. 適切に評価されない
  11. 扱っているサービスの質が低い
  12. 休日も仕事のことを考えてしまう
  13. 残業や休日出勤が多い

1つずつ見ていきましょう。

1.優秀な人が辞めていく

優秀な人がどんどん辞めていく理由は、会社の将来性やビジョンに共感・期待ができないからです。優秀な人が辞めるということは、成果を出せる人材が社内からいなくなります。業績が悪化する可能性が高く、残っていても未来はないでしょう。

偶然が重なって、優秀な人の退職が相次いでいる場合もあります。しかし頻繁に辞めていくのであれば、見切りをつけるタイミングです。

2.自分が成長できない

「この会社で働き続けても、自分が成長できない」と感じたときも、見切りをつけるタイミングです。

成長できないと昇進や昇給の可能性は低いです。さらにやりがいを感じられないとモチベーションにも影響します。

「単純作業しかやらせてもらえない」「雑用ばかり押し付けられる」などの場合は、見切りをつけて辞めたほうが良いです。

3.仕事内容に興味がない

正社員でフルタイム勤務の場合、最低でも1日8時間は働きます。仕事は人生の大半を占めるため、興味のない仕事は長続きしません。

今のまま働き続けても精神的にしんどいでしょう。最悪の場合、うつ病などの精神疾患を患う可能性もあります。

仕事内容に興味がない場合は、部署異動を検討するか、自分が楽しく働けるジャンルの企業に転職したほうが良いでしょう。

4.人間関係が悪い

「上司や同僚が常に悪口を言っている」「職場の空気が悪い」などの場合は、見切りをつけても良い会社です。

仕事はコミュニケーションが大切なので、人間関係が悪いと商品やサービスの質に影響します。さらに無理して働き続けると、ストレスで体調を崩す可能性もあります。

我慢して働き続けるより見切りをつけて退職したほうが、より良い環境で働けるでしょう。

5.人手不足が続いている

人手不足の会社は、1人に対する仕事量が多くなりがちです。人手不足の理由はさまざまですが、残業が多かったり、ハラスメントがあったりなどの場合は、採用してもすぐに人が辞めてしまいます。

改善されなければますますあなたの仕事量が増え、体調を崩す可能性もあるため、注意が必要です。

人手不足が原因で倒産する前に、早めに見切りをつけたほうが良いでしょう。

6.副業ができない

近年の働き方改革の推進より、副業を認める会社は増加傾向にあります。しかし社会の波に逆らって、副業を禁止している会社も一定数存在します。

そもそも副業を始める人は「新しいスキルを身に着けたい」「収入を上げたい」など向上心がある場合が多いです。

もちろん本業をおろそかにしてはいけませんが、やる気や熱意を認めてくれない会社は見切りをつけても問題ありません。

7.会社の考え方が古い

考え方が古い会社も、見切りをつけた方がいいです。たとえば以下のような風潮やルールがある会社は要注意です。

  • 上司より先に帰ってはいけない
  • 新人は朝早く来て掃除をしなければならない
  • 3年は続けなければならない

他にも男尊女卑がある・新しいツールを取り入れたり作業を効率化したりしないなども、古い考え方です。時代についていけない会社は、社会で生き残れません。そのため早めに見切りをつけるのがおすすめです。

8.仕事場の掃除が行き届いていない

職場が汚い会社は、見切りをつけた方がいいです。

会社はお客様に商品やサービスを提供してお金をいただく場所です。きれいにしていない職場は、仕事や自社商品への熱意や愛がないと言えます。

職場をきれいにしたからといって、必ずしも結果が出るわけではありません。しかし職場が汚い会社の商品やサービスは購入したくないですよね。

改善されない場合は、見切りをつけても良いでしょう。

9.上司を尊敬できない

今の上司は将来のあなたの姿です。上司を尊敬できなかったら、あなたも尊敬されない上司になってしまいます。毎日残業ばかりで疲れている・部下を怒鳴ってばっかりいるような上司になりたいでしょうか?

あなた自身がそうなる前に、早めに退職するのがおすすめです。

尊敬できない上司を反面教師にして、自分の将来に活かしましょう。

10.適切に評価されない

成果や実績を適切に評価してくれない会社は、早めに見切りをつけるのがおすすめです。

成果を出しても評価されないなら、仕事へのモチベーションは上がりません。スキルアップや成長も見込めなくなります。

さらに昇進や昇給にも関わってくるため、あなたのキャリアや生活にも影響があります。

適切に評価してくれない会社の場合は見切りをつけて転職したほうが、キャリアアップできる可能性が高いです。

11.扱っているサービスの質が低い

扱っているサービスや商品の質が低いと、顧客にに満足してもらえなくなります。会社の利益が出なくなるため、最悪の場合倒産してしまう可能性もあります。

しかしサービスや商品の改善は、自分一人では難しい場合が多いです。まずは上司に相談してみましょう。それでも対応してもらえない場合は、見切りをつけて退職するのがおすすめです。

12.休日も仕事のことを考えてしまう

仕事量が多く、休日も会社のことを考えてしまう場合は、早急に退職を検討しましょう。

たとえば休日返上で資料を作らされたり、課題をこなさなければならなかったりする場合は注意が必要です。オンとオフのメリハリをきちんとつけないと、仕事のパフォーマンスは上がりません。

仕事が好きで休日に仕事をしている場合も、働きすぎには要注意です。

13.残業や休日出勤が多い

残業や休日出勤が多いと、プライベートとの両立が難しくなります。趣味や休息の時間が取れないとストレス発散ができず、心身に影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

休めない状態が続くと、体調不良を起こす危険性もあります。うつ病などを患った場合、社会復帰に時間がかかるケースが多いです。

体調を崩す前に、見切りをつけて退職を検討しましょう。

早めに会社に見切りをつけた方がいい2つの理由

早めに見切りをつけた方がいい理由は、以下の2つです。

  1. 歳をとると転職しにくくなる
  2. 精神を病む恐れがある

優秀な人ほど、会社に見切りをつけるのが早い傾向にあります。ぜひ参考にしてみてください。

1.歳をとると転職しにくくなる

歳をとると転職しにくくなります。会社は優秀な人材に加え、若くてポテンシャルのある人を採用したいからです。

dodaの調査によると、転職成功者の平均年齢は32.2歳。つまり32歳以上になると、転職しにくいと言えます。スキルがあれば何歳になっても転職は可能です。しかし見切りをつけなければならないような会社は、スキルが身についていない可能性があります。

だらだらと会社に残り続けてて転職ができずに後悔しないためにも、早めに会社に見切りをつけましょう。

参考:doda

2.精神を病む恐れがある

残業や休日出勤が多いと、休む暇がありません。プライベートを楽しめず、仕事のことをずっと考え続けていると、うつ病や統合失調症など精神的な病気になる可能性があります。

上司の中には「逃げたら負け」「3年は辞めるな」という言葉を浴びせる人もいるでしょう。しかし自分の健康が1番大切です。精神的にしんどいと感じたら、早めに見切りをつけるのがおすすめです。

会社に見切りをつけて辞める前の準備7選

会社に見切りをつけると決めたら、以下の7つを準備しましょう。

  1. スキルを身につける
  2. 転職活動を行う
  3. 転職理由を明確にする
  4. 仕事量を減らす
  5. 仕事の引き継ぎを行う
  6. お世話になった人にあいさつをする
  7. 失業保険について調べる

1つずつ解説します。

1.スキルを身につける

転職先に「ほしい」と思われる人材になるには、スキルを身につけることが大切です。スキルがあれば今より条件の良い会社に転職でき、収入がアップする可能性があります。

またスキルがあれば、フリーランスや起業などの選択肢も広がります。まずは読書をしたりSNSで情報収集をしたりなど、手軽にできることから始めましょう。

2.転職活動を行う

転職活動は、在職中に並行して行うのがおすすめです。転職先が決まっていないのに退職すると、給与が入りません。当分生活できるだけの貯金があれば問題ありませんが、なるべく転職先を見つけてから辞めたほうが精神的に安定します。

ただし体調不良やハラスメントなどやむを得ない場合は、自分を守るために早急に退職すべきです。

3.転職理由を明確にする

人手不足や会社の考え方が古い場合は、退職を引き止められる可能性があります。そのため引き止められないような強固な理由を考えておくのがおすすめです。

「家庭の事情」や「体調不良」などは、納得してもらいやすい傾向にあります。残業の多さや職場環境が理由だったとしても、本当のことを言うのは避けたほうが無難です。

改善するからと退職を引き止められたり、上司の期限を損ねて円満に辞められなくなる可能性があるからです。

4.仕事量を減らす

仕事をたくさん抱えたままだと引き継ぎも多くなるため、辞めるまでに時間がかかります。会社に見切りをつけると決めたら、徐々に仕事量を減らしておくとスムーズに退職しやすいです。

仕事を抱えたまま辞めると、会社に迷惑がかかるため、避けるのが無難です。

5.仕事の引き継ぎを行う

円満に退職するためには、後任に仕事を引き継いでおきましょう。口頭で引き継ぐだけでなくマニュアルを作成しておくと、後任が困らなくて済みます。

退職日から逆算して引き継ぎにかかる時間を捻出すると、スムーズに進められます。

6.お世話になった人にあいさつをする

取引先や顧客など、お世話になった方には辞める前にあいさつをしておきましょう。

あなたが仕事を辞めることで、相手には何かしらの影響を与えます。勝手に辞めるよりあいさつをしておいたほうが、印象が良くなります。

転職先で取引先や顧客に再び出会う場合もあるでしょう。会社を辞めてもビジネスマンとして活躍したいのであれば、あいさつを済ませておくのがおすすめです。

7.失業保険について調べる

すでに転職先が決まっている場合は必要ありませんが、万が一に備えて失業保険について調べておくと安心です。体調不良などですぐに転職活動ができないのであれば、失業保険を受給するのがおすすめです。

ただし失業保険受給には、条件があります。自己都合退職は、会社で働いて12ヵ月以上でなければ失業保険を受け取れません。退職後に慌てないように、事前に調べておきましょう。

会社に見切りをつけてキャリアアップを目指そう!

今回紹介した13個の特徴に当てはまる場合は、見切りをつけて退職するのがおすすめです。早めに見切りをつけないと、転職がスムーズに進まなかったり、精神を病んだりする可能性があります。将来のためにも、早めに退職を検討しましょう。

とはいえ会社を辞めるのは勇気がいりますよね。その場合はぜひSARABAの利用をご検討ください!SARABAは、労働組合が運営している退職代行サービスです。退職の告知から手続きまでを代行します。

興味をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次