【必見】憂鬱な月曜日を明朗に変える!乗り越える5つの方法も紹介

「月曜日が来なければいいのに…」
憂鬱にならない方法ってないかな?
「月曜日が憂鬱にならない日々を送りたい!」
といった悩みを抱えていませんか?

日曜日の夜になると、次の日のことを考えて憂鬱になる方も多いと思います。人間関係がしんどかったり仕事内容に興味がなかったりと、人によって悩みはそれぞれ。

一生月曜日が憂鬱だと考えると、居ても立っても居られないですよね。そこでこの記事では、月曜日が憂鬱になる方のために

  • 月曜日が憂鬱になる原因
  • 月曜日を乗り越える方法
  • 憂鬱にならないための対策

などを紹介します。

憂鬱な月曜日を明朗に変えたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

月曜日が憂鬱になるのはあなただけではない!

月曜日が憂鬱になるのは自分だけなのでは?と思っている人もいるかもしれません。しかし、憂鬱に感じている人は意外にも多いのです。

江崎グリコの調査によると、男性は88%、女性は90%が月曜日を憂鬱に感じているとわかりました。

特に多いのは20代。20代は仕事を始めたばかりで、内容もわからず上司とのコミュニケーションも大変であり、ストレスを感じやすいのかもしれません。

憂鬱に感じる人は多いですが、自分の気持ちを押し殺して我慢する必要はありません。「彼(彼女)も頑張っているから僕(私)も頑張る」と考えると、心身を壊す可能性もあります。

辛いなら家族や友人に相談したり、後述する方法を実践したりしてみてください。どうしても嫌なら、退職を検討してみてもよいでしょう。

月曜日が憂鬱になる原因5選

月曜日が憂鬱に感じる原因は、基本的には仕事のストレスです。ただ、仕事と一括りにしても、一人ひとり置かれている状況は異なるはず。

ここでは、月曜日が憂鬱になる原因を5つ紹介します。

  1. 体力がもたない
  2. 人間関係がつらい
  3. 生活リズムが崩れる
  4. 仕事モードへ切り替えられない
  5. 仕事が合っていない

それぞれ詳しく解説します。

1.体力が持たない

月曜日が憂鬱に感じるのは、体力がもたないからかもしれません。長時間労働をしていると、頭では大丈夫だと思っていても体力は疲弊していきます。

気づかないうちに心も疲れてきて、月曜日が憂鬱になるわけです。

働き方改革によって見直しが行われてはいるものの、残業が行われている企業も多いです。繁忙期だと、深夜まで残業することもよくあるでしょう。

終日仕事をすると体力を使いますし、プライベートの時間も取れなくなります。

体力が限界だと感じる前に、仕事量を減らしたり上司に相談したりしましょう。

2.人間関係が辛い

人間関係で悩む人は多いです。仕事をする中では、同僚や上司とのコミュニケーションは必須になるので、合わない人がいると支障も出ますよね。

高圧的な上司の場合には気を遣って話すので、体力を使いますしストレスも溜まります。

最近は減っていますが、飲みニケーションと謳った飲み会や、接待なども辛く感じる人も多いはず。

苦手な人とは必要最低限の会話をして、接しやすい人と話すようにしてみてください。

人間関係の対処法については「仕事の人間関係がめんどくさい時の対処法6選!辛いときは異動・転職もおすすめ」で解説しています。人間関係の問題を解決したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
仕事の人間関係がめんどくさい時の対処法6選!辛いときは異動・転職もおすすめ 「職場で合わない人がいる」「人間関係が煩わしい」「めんどくさい人との付き合いに悩んでいる」 このように、仕事の人間関係で悩んでいませんか?「大人だから」「仕事...

3.生活リズムが乱れる

生活リズムの乱れも、月曜日が憂鬱になる原因です。

週末は休みということもあり、友達や家族で遊びに出かけることも多いはず。夜遅くまで遊ぶと、平日と睡眠時間や食事などの生活リズムが異なるので、月曜日の朝が辛くなります。

生活リズムが崩れると、寝付けなかったり食欲が湧かなくなったりと健康面でも悪影響があるので要注意。

遊びに行って仕事のストレスを発散するのはいいですが、生活リズムを崩さないように注意してくださいね。

4.仕事モードへ切り替えられない

平日は出社時間や作業内容が決められていますが、休日は遊んでも何時まで寝ても大丈夫です。平日と休日のギャップが、月曜日を憂鬱にさせる原因です。

日々の疲れを癒すために体を休ませることは大切ですが、気を抜きすぎて、仕事モードへ切り替えられなくならないように注意が必要です。

5.仕事が合っていない

仕事が合っていないと、やる気が出ないので月曜日が憂鬱になります。

好きな仕事をやっていると時間があっという間にすぎますが、嫌いな仕事だと何をしても楽しくありません。わからないことが多いのでストレスが溜まりますし、ミスをしてしまい上司に怒られることもあるでしょう。

自分がやりたい仕事をやらせてもらえず、今の環境が嫌なら転職を検討してみるのもおすすめです。

好きな仕事に転職すると、月曜日が憂鬱ではなくなりますよ。

月曜日が憂鬱になりやすいのは真面目な人

月曜日が憂鬱だと感じやすいのは真面目な人が多いです。

真面目な人は責任感が強いので、辛くても嫌な仕事に取り組みます。愚痴をこぼすこともないので、ストレスを溜めてしまいがち。

責任感が強すぎて小さなミスを大袈裟に捉えてしまい、落ち込む場合もあります。

無理をして仕事に取り組み月曜日が憂鬱なままだと、総合失調症や躁うつなどの精神疾患になる恐れもあります。

相談は恥ずかしいことではないので、辛いときは周りに愚痴をこぼしましょう。そして、自分の限界を超えないペースで仕事に取り組むべきです。

ただ、真摯に仕事に取り組む姿勢は崩す必要はありません。

憂鬱な月曜日を乗り越える5つの方法

月曜日を憂鬱に感じる人が多いです。しかし、月曜日が来てしまったからには仕事をするしかありません。

ここでは、憂鬱な月曜日を乗り越える5つの方法を紹介します。

  1. 頭を使う作業をしない
  2. リモートワークを活用する
  3. 残業をしないと決めておく
  4. ご褒美を設ける
  5. 週末の予定を考える

順番に解説するので、できそうなものから実践してみてください。

1.頭を使う作業をしない

仕事が憂鬱に感じるのは、頭を使うのがめんどうだからという理由もあります。なので、頭を使わない単純な作業を月曜日に行うとよいでしょう。

例えば

  • メールの返信
  • 書類のコピー
  • 資料の読み返し

などが当てはまります。

月曜日に仕事を頑張ろうと思っても、集中力が上がらずに1日を迎えてしまうことはありますよね。そうすると「自分はダメだな…」となり、翌日以降にも影響しますし、月曜日に対する苦手意識が芽生えます。

月曜日はなるべく作業は抑えめで、最低限のノルマをクリアできればOKくらいの感覚でスケジュールを組みましょう。

2.リモートワークを活用する

リモートワークを活用するのも、月曜日を乗り越えるためにはおすすめです。

会社に通うとなると満員電車に乗ったり、嫌な上司と会話したりしないといけないので、余計憂鬱になりますね。

リモートワークだと家で仕事が行えるので、ストレスが溜まりにくいです。好きな時間に休憩ができますし、通勤時間分をプライベートに当てられるのもメリット。

リモートワークができる回数が限られている場合は、月曜日に行うとよいでしょう。

3.残業をしないと決めておく

土日と2日休んで、月曜日からいきなり残業するのはしんどいですし憂鬱になりますよね。

憂鬱な月曜日を乗り越えるためには、残業しないと決めておきましょう。あらかじめ決めておくと、今日は早く帰れるとなり仕事にも熱が入りやすいです。

毎週月曜日は早く帰れる決まっていたら、憂鬱な気持ちも無くなるのではないでしょうか。

通常の作業量では残業をしないといけなくなる場合は、仕事量を減らしてもらうか、集中力を高めましょう。

4.ご褒美を設ける

月曜日の仕事が終わったら、ご褒美を設けるとよいでしょう。ご褒美があると、憂鬱な月曜日でも頑張れるはずです。

ご褒美が見当たらないという方は、以下のものを参考にしてください。

  • はまっているアニメの続きを見る
  • 好きなスイーツを食べる
  • 恋人と遊ぶ

小さくてもいいのでご褒美を設けておくと、月曜日を乗り越えられるはずです。

お酒をご褒美にしてもいいですが、翌日にも影響するので飲み過ぎには注意してくださいね。

5.週末の予定を考える

少し早いですが、週末の予定を考えるのもおすすめです。

1週間の始まりである月曜日でブルーな気持ちになりがちですが、週末の予定を考えると楽しい気持ちになれます。

学生時代の授業はめんどくさいですが、修学旅行の予定を決めるのは楽しかったですよね。

一人でゆっくりしたり家族と過ごしたりと人によって様々だと思いますが、ぜひ実践してみてください。

注意点として、考えるのは休憩時間や通勤時間にしましょう。仕事中も考えるとミスをしてしまいますし、作業が進まずに残業の原因になります。

月曜日が憂鬱にならないようにする3つのコツ

月曜日を憂鬱にしないためには、他の曜日の過ごし方も大切です。ここでは、月曜日が憂鬱にならないようにするコツを3つ紹介します。

  • 金曜日に月曜日分をやっておく
  • 休日も仕事モードをオンにする
  • 適度な運動を行う

それぞれ解説していきます。

1.金曜日に月曜日分をやっておく

金曜日には、月曜日分の仕事をやっておきましょう。

月曜日が憂鬱になるのは、仕事量に対する不安も原因の1つです。「メールを返さないと」「資料は作ったかな?」となり、心に余裕がなくなりますよね。

金曜日に月曜日分の仕事をやっておくと、作業量が少なくなるので安心です。

金曜日が終われば週末なので、集中できるはずです。通常の作業を行った後に、もう一踏ん張り頑張ってみましょう。

2.休日も仕事モードをONにする

月曜日が憂鬱になる原因の1つは、仕事と休みの日でギャップがあるためです。なので、休日も仕事モードをONにしておくと、ギャップが埋まって憂鬱な気持ちは無くなります。

仕事モードと言っても、終日作業を行うわけではありません。仕事に関連する本を読んだり資料を流し見したりする程度で大丈夫です。

目的はあくまでもギャップを埋めることなので、常に気を張り仕事を終わらせる必要はありません。時間を決めて作業を行い、他の時間は家族や友人と過ごしてもよいでしょう。

ただ、休みの日にダラダラ過ごしたり、生活リズムを崩したりしないようにしてください。

3.適度な運動を行う

適度な運動を行うと、月曜日の憂鬱が和らぐでしょう。

運動にはストレス緩和の効果があり、適度に行うと心身のリフレッシュになります。

10km走ったりジムに通ったりと、過度な運動をする必要はありません。軽く汗をかくくらいのジョギングや、好きなスポーツに取り組むのもおすすめです。スポーツを行うと会話も生まれるので、日頃の鬱憤も発散できるはずです。

休日に行うのもよいですが、月曜日の朝に行うとフレッシュな気持ちで仕事を始められます。

原因とコツを理解して憂鬱な月曜日を明朗にしよう!

月曜日を憂鬱と感じるのは、あなただけではありません。

主な原因は、仕事の人間関係やギャップ。乗り越えるためには、単純な作業をしたり残業をしないと決めたりするとよいでしょう。

また、日頃から適度な運動をしたりご褒美を設けたりして、気分をリフレッシュするのもおすすめ。

ただ、本当に嫌なら仕事を辞めることも検討するべきでしょう。仕事を辞められるか不安という方は、退職代行サービスを利用するのがおすすめです。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる