仕事が少人数で辞めづらい人がスムーズに退職する方法3選!おすすめの退職理由も紹介

「少人数の職場を辞めたいけど、どのタイミングがいいかな?」
「辞めるなんて言ったら、上司から何か言われそうで怖い…」
「スムーズに辞める方法を知りたい!」

少人数で仕事を回している職場に勤めている場合、いざ辞めようと思っても辞めづらいと感じている人は多いのではないでしょうか。少人数の職場は1人当たりの仕事量が多いので、退職者が出ると残った人の負担が大きくなります。

しかし他の従業員の負担が大きくなることは、あなたが考えるべき問題ではないため、気にせずに退職してOKです。

この記事では少人数の職場を退職するにあたって、以下の内容を解説しています。

  • 少人数の職場を辞めづらいと感じる理由
  • 辞めるにあたってやってはいけないこと
  • 辞める際に使えるおすすめ退職理由

「仕事を辞めたい」と思っていても退職することに抵抗のある人は、ぜひご一読ください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

【結論】人数の規模に関係なく仕事は自由に辞められる

結論としては、仕事を辞めたいと思ったら、職場の規模に関係なく退職しましょう。確かに少人数の職場であるほど、あなたが辞めてしまうと残った従業員の負担は大きくなるでしょう。

しかし、あなたが辞めた後の仕事の問題は、残った従業員や経営者が考えるべきことです。むしろ、辞めたいと思いながら低いモチベーションで働いている状態こそ、周囲の人に迷惑がかかってしまうはずです。

仕事を辞めるか否かといった自分の将来のことは、周囲のことを気にせずに、後悔しない決断を下すようにしましょう。

少人数の仕事が辞めづらい理由3選

少人数の職場で辞めづらいと感じている人は、決してあなただけではありません。ここで、少人数の職場に勤めている人が会社を辞めづらいと感じる理由について、3つ紹介します。

  1. 残る人への負担が大きくなる
  2. 引き止めに遭う可能性が高い
  3. 退職を告げるタイミングを見つけづらい

1つずつ見ていきましょう。

1. 残る人への負担が大きくなる

少人数の職場ほど、残った従業員に割り振られる仕事配分が大きくなることに抵抗を感じて、辞めることを躊躇してしまうものです。

しかし、仕事のマネジメントは上司や経営者が対応すべきことであり、あなたが気にすべき問題ではありません。もちろん、残った従業員へ余計な負担がかからないように、引継ぎはしっかり行うべきです。

残った従業員のことについては会社側が対処すべき問題であるため、退職を躊躇う必要は一切ありません。

2. 引き止めに遭う可能性が高い

少人数の仕事ほど引き止めに遭う可能性が高いと感じてしまい、辞めることに躊躇する人もいます。職場によっては少人数で仕事を回している理由が、単なる人手不足であるケースもあります。

人手不足の職場で退職者が出ると、仕事を進めるにあたって大きく支障をきたす恐れがあるので、無理な引き止めが生じやすいです。しかし、退職希望者に対する引き止めは基本的には違法であるため、法的に訴えかければ問題なく退職できます。

退職時の引き止めについては「退職時の引き止めは違法!会社をスムーズに辞める3つの方法も紹介」の記事で詳しく解説しています。引き止めに遭ったときの対処法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

3. 退職を告げるタイミングを見つけづらい

退職を告げるタイミングを見つけづらいために、仕事を辞めることに抵抗を持つ人もいます。少人数の職場は基本的に1人で複数の業務を遂行しているので、節目となるタイミングを見つけづらく、退職を切り出せなくなってしまいます。

とはいえ、今抱えているすべての業務が落ち着いたタイミングは、いつまで経っても来ないでしょう。そのため、退職を切り出す際は1つの業務が落ち着いた段階で話を進めるのがおすすめです。

少人数の職場でスムーズに辞める方法3選

少人数の職場を辞める際は、以下の方法を取り入れてみるとスムーズに進められるでしょう。

  1. 退職日に余裕をもって伝える
  2. 直属の上司・社長以外には退職の話をしない
  3. 引継ぎをしっかり行う

1つずつ解説します。

1. 退職日に余裕をもって伝える

退職のスケジュールを組む際は、余裕をもった日取りで伝えるようにしましょう。ある程度余裕をもって伝えれば、今抱えている仕事を調整しやすくなります。

目安としては最低1ヶ月、可能であれば2ヶ月程度は確保しておくのがおすすめです。退職を伝えた後にスムーズに辞められるか懸念がある人は、ぜひ余裕を持った日取りで退職スケジュールを組んでみてください。

2. 直属の上司・社長以外には退職の話をしない

直属の上司や社長以外に退職の話をしないことも重要です。他の同僚にうっかり話してしまうと、少人数ゆえに職場全体に話が広がってしまいます。

そもそも、職場の規模にかかわらず退職時のマナーは、上司がオープンにするまでは誰にも話さないことです。

退職する旨を他の同僚に話してしまうと、職場全体のモチベーションに大きく影響してしまいます。そのため、直属の上司および社長以外の従業員には、たとえ仲がいいとしても退職の話をしないようにしましょう。

3. 引継ぎをしっかり行う

退職願が受理されたら、退職日までに引継ぎをしっかり行うようにしましょう。特に少人数の職場では後任の負担が大きくなるので、引き継いだ直後は非常に労力がかかることが予想されます。

あなたが辞めた後でも滞りなく業務を遂行できるレベルにまで、引継ぎを徹底的に行うように努めましょう。

ここまで少人数の職場をスムーズに退職する方法について解説してきましたが、他にも「【裏技あり】すぐ退職!会社の辞め方5ステップと即日で辞める方法」の記事で会社の辞め方について詳しく解説しています。会社の辞め方がわからない人は、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【裏技あり】すぐ退職!会社の辞め方5ステップと即日で辞める方法 「仕事が辛くてすぐに会社をやめたい」「明日にでも退職したいけど、どう辞めたらいいの?」「早く仕事をやめたいけど、できるだけ早く辞める方法はないかな?」 仕事が...

少人数の職場で仕事を辞めるにあたってやってはいけないこと3つ

少人数の職場に勤めている人が退職するにあたってやってはいけないことを3つ紹介します。

  1. 辞めるタイミングのことを考える
  2. 退職理由を告げるときに会社の不満を言う
  3. バックレる

順番に見ていきましょう。

1. 辞めるタイミングのことを考える

少人数の職場での仕事は、1人で複数の業務を抱えているケースが多いので、仕事の切れ目となるタイミングを見つけるのが難しいです。そのため、辞めるタイミングを見計らってしまうと、いつまで経っても退職できない恐れがあります。

退職の旨を上司に告げるときは、タイミングを見計らうのではなく、退職日より余裕をもって伝えることを意識しましょう。早めに相談をすれば、上司や経営者があなたの退職に向けて仕事の調整に動いてくれるので、スムーズに辞められるはずです。

2. 退職理由を告げるときに会社の不満を言う

退職理由を上司に話すときは、会社の不満は言わないようにしてください。特に少人数の職場では、一度伝わった不満が社内全体へ広まりやすく、雰囲気が悪くなってしまいます。

退職理由を上司に聞かれた際は家庭の事情、もしくはできるだけ前向きなことを中心に話すようにしましょう。

3. バックレない

少人数の職場から退職することは確かに難しいですが、だからと言ってバックレは絶対にやってはいけません。

少人数の職場だと、業務のノウハウを持っている人があなただけであるケースもあるでしょう。引継ぎなしにバックレてしまうと、業務を遂行できないことにより会社が損失を出してしまい、損害賠償を請求されるリスクもあります。

また、バックレで退職してしまうと退職書類を受け取れないなど、その後の転職活動にも大きく響いてしまうことになるでしょう。

会社のバックレにより起こりうるリスクについては「【危険】バックレた際に発生する8つのリスク!退職代行がおすすめの理由」の記事で詳しく解説しています。バックレることなく気楽に退職する方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【危険】バックレた際に発生する8つのリスク!退職代行がおすすめの理由 「会社をバックレたいけどトラブルにならないか不安」「バックレる以外の方法ですぐに退職できないのか」とあなたは悩んでいませんか? 会社で嫌なことがあったときに、...

少人数の職場の仕事を辞めるおすすめの退職理由3選

「会社を辞めたいけど、どうやって伝えたらいいかイメージが湧かない…」とお悩みの人は多いのではないでしょうか。特に少人数の職場の場合、余計に引き止めに遭うことを考えてしまうものです。

ここからは、少人数の職場を辞めるにあたっておすすめの退職理由を紹介します。

  1. 転職先が決まった
  2. 家庭の事情
  3. 体調不良

あなたの状況に適したものがあれば、ぜひ参考にしてみてください。

1. 転職先が決まった

転職先が決まった状態で退職の旨を告げれば、会社側は退職する意志が強いと認識するため、引き止めに遭いづらくなります。そのため、もし今の仕事と並行して転職活動をする余力がある場合は、内定をもらってから退職の旨を告げましょう。

2. 家庭の事情

家庭の事情も非常に強い退職理由となります。会社側としては家庭のことを持ち出されると、深く追求できないものです。

家庭の事情を退職理由とする際に、切り出し方に迷われる人がいますが、普通に「家庭の事情で…」だけで大丈夫です。どうしても不安な場合は「実家に帰る」「親の介護」など、少し具体的に話してみてもいいでしょう。

「家庭の事情」は大半の人が使える退職理由なので、切り出し方がわからない人にもおすすめです。

3. 体調不良

仕事がきっかけで体調を崩してしまった人は、体調不良を口実にするのも1つの手です。会社側としても、体調が万全ではない人を雇い続けることはリスクになり得るので、引き止めに遭いにくくなります。

病院にかかっている人は医師の診断書があると信ぴょう性が増すので、可能であれば発行してもらいましょう。

ここまで、少人数の職場に勤務していても使いやすい退職理由を紹介してきましたが、人によっては使いづらいものもあるでしょう。「会社から引き止められない退職理由7選!引き止めを未然に防ぐ方法もあわせて紹介」の記事では、引き止められにくい退職理由について詳しく解説しています。退職時の引き止めを懸念されている人は、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
会社から引き止められない退職理由7選!引き止めを未然に防ぐ方法もあわせて紹介 「退職のことを会社に伝えようと思うけど引き止められそう…」「引き止められた時の対策には何があるかな?」「そもそも、引き止められない退職理由を知りたい!」 退職...

どうしても少人数の仕事を辞めづらいと感じたら退職代行がおすすめ

「仕事を辞めたいけど少人数の職場だし辞めづらい…」と感じてしまい、退職することに抵抗がある人も中にはいるでしょう。実際に少人数の職場ほど退職者が出たときの負担は増えるので、引き止めに遭うことを懸念してしまうものです。

しかし、業務量のマネジメントについてはあなたが考えるべき問題ではないので、本来は気にする必要はありません。そのため、退職を告げたときに引き止めに遭ったとしても、きっぱりと辞めることを告げましょう。

どうしても少人数の職場を辞めることに一歩踏み出せない人は、退職代行の利用を検討してみてください。退職代行であれば、あなたに代わって上司に退職の旨を告げてくれるので、ストレスなく辞められます。

また、有給消化や未払い賃金の支払いも交渉してくれるので、成功すれば有利な条件で退職が可能です。少人数の職場でも気にせずに退職し、新たな一歩を踏み出しましょう。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる