仕事の人間関係がめんどくさい時の対処法6選!辛いときは異動・転職もおすすめ

「職場で合わない人がいる」
「人間関係が煩わしい」
「めんどくさい人との付き合いに悩んでいる」

このように、仕事の人間関係で悩んでいませんか?「大人だから」「仕事だから」と思って我慢しても、あまりに人間関係がめんどくさい職場ではストレスが溜まってしまいますよね。

人間関係の問題によって仕事に支障をきたしたり、プライベートでも気になってしまったりすることもあるため、悩みを放置することは推奨しません。

そこでこの記事では、仕事の人間関係がめんどくさいと感じる際の対処法について、解説していきます。

「自分が我慢すれば解決するはず」と気持ちを押し殺しても、いつの間にかストレスとして蓄積されてしまいます。

どうしても解決が難しい場合は、異動や転職も視野に入れて行動しましょう。この記事を参考に、ぜひ人間関係の改善に動いてみてくださいね。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

仕事で人間関係がめんどくさいと感じるのはあなただけでなはい!

仕事でも、人間関係での悩みは尽きません。「職場のみんなは楽しそうに働いているのに、人間関係がめんどくさく感じる自分はおかしいのだろうか」と、不安に思うことも。

しかし、仕事の人間関係がめんどくさいと感じるのはあなただけではありません。厚生労働省による2020年の調査では、働いている人の27.0%、およそ3人に1人が「人間関係でストレスを感じる」と回答。(参考:厚生労働省「令和2年労働安全衛生調査(実態調査)結果の概況」)

「人間関係がめんどくさい」と悩むのはあなただけではなく、多くの社会人が抱える気持ちなのなのだと分かります。

人間関係が「めんどくさい」「わずらわしい」と感じるのは、何もおかしいことではないのです。

仕事の人間関係がめんどくさいと感じる6つの瞬間

仕事の人間関係がめんどくさいと思っている人は、たくさんいます。どのようなケースでめんどくささを感じるのか、体験談とともに見ていきましょう。

  1. プライベートを詮索される
  2. 機嫌取りが必要
  3. ハラスメントを受けている
  4. 自己中心的な人がいる
  5. 悪口が日常化している
  6. 苦手なタイプの人がいる

人間関係に悩みが全くないという人の方が、珍しいかもしれません。1つずつ紹介していきます。

1.プライベートを詮索される


仕事仲間にプライベートを詮索させるのは、気持ちの良いことではないですよね。

「付き合っている人はいるの?」「休日は何をしているの?」など、答えるのが嫌だと思うような内容を抵抗なく質問してくる人も。

コミュニケーションの一環だと思い、ほとんどの人が悪気なく聞いてくることが、余計と人間関係をめんどくさく感じさせます。

「プライベートなことまで共有して家族のようになろう」という考えの職場では、そのような風土が苦手な人は居心地が悪く感じるでしょう。

2.機嫌取りが必要


機嫌取りが必要な職場でも、人間関係がめんどくさく感じるでしょう。

社交辞令やごますりは、人間関係を円滑にするために必要となるシーンがよくあります。しかし相手の感情を読み取り、自分が合わせるという行動は、意外と疲れるもの。

  • 間違っていることがあっても指摘できない
  • 上司や先輩への気遣いが大変
  • 周りに合わせて行動しなければならない

など、社会人では周りの機嫌を取るシーンが多くあります。

ゴマすりをしても、結局のところ機嫌を決めるのは相手自身の気持ちです。あなたが頑張って気を遣っても、機嫌取りが成功するとは限りません。

人間関係を良くするためには必要なことだと分かっていても、機嫌取りの結果が実感できないと「本当に意味がある行動なのだろうか」と疑問に思ってしまいますよね。

また、機嫌取りが必要はのは仕事中だけではありません。毎日仕事で機嫌取りをしているのに、飲み会や社内イベントでも上司を立てなければならないとなると、精神的に参ってしまいます。

3.ハラスメントを受けている


ハラスメントが原因で、人間関係に悩むケースです。特に次のようなハラスメントは「会社を辞めるほどではないけど、あしらうのがめんどくさい…」と思うでしょう。

  • セクシャルハラスメント:性的なジョークや不必要なボディタッチなど
  • ジェンダーハラスメント:女性らしさ・男性らしを強く求める
  • アルコールハラスメント:飲酒を強要する

ハラスメントを受けるのは、もちろん気持ちの良いことではありません。しかし「上司や先輩だから強くは言えないし」と、良好な人間関係でいるために抱え込んでしまうケースが多いです。

また、ハラスメントの被害者となるのは、女性だけではありません。男性から男性、女性から男性へのハラスメントでも、悩む人はたくさんいます。

4.自己中心的な人がいる


職場に自己中心的な人が1人いるだけでも、人間関係に問題が生じます。

どこの職場でも「めんどくさい人」は存在するもの。相手の言動を真摯に受け止めすぎると、かえって自分のメンタルが疲れてしまいます。

  • マウンティングを取ってくる
  • すぐに自分の話が始まる
  • 仕切るのが大好き
  • 自分のルールを曲げられない

など、自己中心的な言動は様々。良い人間関係を保つためとはいえ、自己中心的な人に振り回されるのはめんどくさいでしょう。

5.悪口が日常化している


自分が悪口のターゲットになっているのは、もちろん辛いです。自分の行動が悪口の原因にならないかと気にしながら働くのは、めんどくさく感じます。

さらに自分以外への悪口が横行している環境も、気持ちのいい人間関係とは言えません。人への悪口は言わないことが1番ですが、その場で意見を求められると「ここで何も言わないのは角が立つし…」と、非常にめんどくさい状況になってしまいます。

悪口を否定しても同意しても、ドロドロとした人間関係に巻き込まれでしまうでしょう。特に女性が多い職場では、悪口による人間関係の悪化が起こりやすいです。

6.苦手なタイプの人がいる


仕事で多くの人と関わっていると「この人とはどうしても合わない!」という、苦手な人と出会います。しかし仕事なので、関わりを完全になくすことはできません。

  • 過去に嫌なことを言われた
  • 考え方や話の内容が合わない
  • 態度が怖い
  • 生理的に受け入れられない

など、どうしても好きになれない相手は必ずいます。特に直属の上司や先輩が苦手なタイプの人間だと、常に我慢しながら仕事することになるでしょう。

社会人となると、苦手であることを顔に出さず、最低限のコミュニケーションをそつなくこなすことが求められます。

仕事の人間関係がめんどくさい時の対処法6選

人間関係がめんどくさい時には、次の方法を試してみてください。

  1. 「仕事だから」と割り切る
  2. 身近な人に悩みを聞いてもらう
  3. 人事部に相談する
  4. 勇気を出して歩み寄る
  5. 自分に原因がないか振り返る
  6. 公的な窓口へ相談する

めんどくさい人間関係に頭を悩まされても、自分から行動しなければ状況はほとんど変わりません。すぐに取り組めることもありますので、それぞれ確認していきましょう。

1.「仕事だから」と割り切る

無理に気を遣うのがめんどくさければ、思いっきり仕事に集中し、業務に必要な最低限のコミュニケーションにとどめることがおすすめ。周りの性格を変えるよりも、自分の考え方を変えたほうが、人間関係の悩みを遠ざけやすいためです。

職場の人と深い関係になりすぎると、派閥やトラブルに巻き込まれたり、プライベートにまで首を突っ込まれたりする恐れもあります。もし人間関係で嫌な経験をしても「仕事が終われば解放される」と思えば気持ちが楽になりますよ。

苦手なタイプの人や、ハラスメントをしてくる上司から目を付けられていても、クールな対応を繰り返せば、過度に気をかけられる機会が少しずつ減るはずです。

2.身近な人に悩みを聞いてもらう

家族や友人など、信頼できる相手に愚痴を聞いてもらいましょう。人間関係のめんどくさいことを吐き出すことで、気持ちが軽くなる効果があります。

また、相談することで自分では気づけなかった解決策や、とっておきの対処法を教えてもらえることも。特に同じ会社で働く人は、社内の人間関係を知っている存在なので、的確なアドバイスをもらえる可能性が高いです。

ただし同僚へ相談する際は、単なる悪口の吐き出しにならないよう注意しましょう。第三者に聞かれたり、相談相手から他の人に話が伝わったりすると、人間関係を余計とこじらせてしまうかもしれません。

3.人事部に相談する

人間関係がめんどくさく感じる原因によっては、人事部が解決を手助けしてくれます。例えば、次のような状況で人間関係がめんどくさく感じる場合に、人事部を頼ってみましょう。

  • いじめが起きている
  • 上司には言い出しづらい悩みがある
  • ハラスメントを受けている

相談者を特定されないよう配慮し、問題人物に注意をしたり、関係者から事情をヒアリングしたりして、人間関係の解決をサポートしてくれるのです。状況によっては、上司を別の部署へ異動させるなどの強い措置を講じることも。

ただし人事部への相談は、単なる愚痴にならないよう注意しましょう。人事部は悩みを聞くのが目的ではなく、より良い会社にすることをゴールとしているためです。上司の態度や人間関係にどのような問題があるのか、現状を放置することで会社にどのような悪影響をもたらすのかなど、客観的な視点で実情を伝えてくださいね。

4.勇気を出して歩み寄る

苦手に思う同僚や上司に、あえて歩み寄るのも対処法の1つ。お互いをよく知らないことが原因で、人間関係がめんどくさい方向へと捻れてしまうことがあるからです。

相手の良いところに目を向けたり、本音を知ったりすることで、めんどくさいという印象が変わる可能性があります。

「歩み寄る」とはいっても、友達のように親密な関係を目指す必要はありません。

  • 自分から挨拶をする
  • 周りの人に相手の印象を聞いてみる
  • 相手の良いところを探してみる

このように、ほんの少し意識を変えるだけで、トゲトゲとしていた感情が和らぎます。相手に歩み寄ってみたら「この人って意外と優しいんだ」と気づき、人間関係のめんどくささが薄れるかもしれません。

5.自分に原因がないか振り返る

人間関係がめんどくさく感じるのには、自分に原因があるケースも考えられます。例えば次のような行動は、人間関係を悪くすることがあります。

  • 人間関係を真面目に考えすぎている
  • 不適切な言動をしてしまう
  • 自分を第一に考えている
  • 減点思考で考えている

特に誰からも好かれたいという気持ちが強い八方美人タイプだと、気を使うべき相手が多すぎて、良い人間関係を保つのが大変になるでしょう。人間関係がめんどくさくなる原因がどうしても思い浮かばなければ、自分の行動で改善できることがないか振り返ってみてくださいね。

6.公的な窓口へ相談する

ハラスメントにより人間関係が上手くいかない時は、公的窓口への相談も検討しましょう。違法性が認められるハラスメントであれば、公的機関が力になってくれます。

特にパワハラは、改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)により、正式な違法行為として認められました。

相談先の例は、労働基準監督署の「総合労働相談コーナー」や、労働組合など。会社に指導が入ったり、窓口へ相談が届いたという事実を職場が知ったりして、変わってくれる効果を期待できます。

どうしてもめんどくさいと思いったら環境を変えることも検討を

めんどくさい人間関係でストレスが溜まると精神的にも疲弊してしまいます。うつや適応障害といった重大な状態になる前に、環境を変えることも検討しましょう。

環境を変える手段は、主に2つあります。

  1. 異動願を出す
  2. 転職を検討する

ただし異動や転職により、新たな環境での人間関係に悩まされる可能性も。行動決める際は、メリットとデメリットを比較してよく検討するようにしてくださいね。

1.異動願を出す

異動が効果的なのは、次のようなケースです。

  • 特定の人物と相性が合わない
  • 部署の雰囲気が合わない
  • 転職はしたくない
  • 会社そのものは嫌いではない

上司に相談しづらい時には、人事部に話をしてみましょう。

ただし「◯◯さんと離れたい」といった正直すぎる理由では、異動の希望はなかなか通りません。「部署を動いて挑戦したいこと」「異動が会社にもたらすメリット」などを強調し、異動の根拠としましょう。

2.転職を検討する

社内風土に問題を感じていたり、待遇面にも不満があったりする場合は、部署を動くだけでは解決しません。思い切って転職も検討しましょう。

転職する際の注意点は、申し出をしてもすぐに辞められるわけではないこと。一般的には1ヶ月程度、最低でも2週間前には退職の意向を伝えることになります。

まずは就業規則を確認し、退職までにかかる期間を調べてみましょう。

退職を聞き入れてもらえなかったり、強引な引き留めにあったりしたら、退職代行の利用がおすすめです。退職代行では、あなたの代わりに退職のやり取りを進めてくれます。

最短で即日のうちに辞められるので、めんどくさい人間関係を気にせずサクッと退職できるでしょう。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる