仕事のストレスが限界なら退職しよう!心身のサイン10選やつらいときの対処法を紹介

「仕事のストレスが限界…」
「通勤途中に突然涙が出て止まらなくなった」
「まだ仕事頑張れるよね?」
と、苦しんでいませんか。

仕事が辛すぎると感じたり、我慢できないと感じたりしているのであれば、すぐに仕事を辞めることも考えましょう。退職は逃げることと考える人もいますが、それは間違いです。自分を守ることと、覚えておいてくださいね。

特に責任感が強く頑張り屋さんの人は「まだ限界じゃない」と体調を崩すまで頑張ってしまうので要注意!

この記事では、もうストレスが限界だと感じているあなたに向けて

  • 限界なら退職をしてよい
  • ストレスを感じる原因
  • 限界のサイン
  • 我慢しながら働き続ける危険性
  • 対処法

を詳しく紹介しています。

自分はまだまだ頑張れる、と追い込まないでください。あなたは、とても頑張っています。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

【結論】仕事のストレスが限界ならば退職してよい

結論からいうと、仕事でストレスを感じているのであれば退職してもよいです。退職は逃げることだ、と罪悪感を感じる必要は一切ありません。

今すぐ退職をしたり転職したりすることは、あなたの自由であり権利です。

「仕事 ストレス 限界」と検索しているのは、心が限界を感じている証拠です。まだ頑張れると思っているかもしれませんが、体からのSOSを見逃さないようにしましょう。

命と健康より大切なものはありません。生きていれば、なんとかなります。

つらいのは自分だけではない、他の人も頑張っているんだから辞められないと、すでに限界を超えているのに働き続けている人も。

今すぐこの職場環境から逃げ出したい、誰か助けて欲しいと考えている人は、退職代行を利用しましょう。

退職代行は、退職をあなたの代わりに伝えてくれるサービスのことです。出社することなく、会社を辞められます。上司に直接、退職の旨を伝える必要もありません。

「そんな辞め方をしたらトラブルになるのでは?」と不安になるかもしれません。問題にならないためにも、労働組合や弁護士が運営している退職代行を使うのがおすすめです。

有休消化や残業代の未払金の交渉も行ってくれます。

つらい、ストレスが限界だと感じているのであれば、第三者の力を借りてでも逃げましょう。

>>退職代行SARABAを見てみる

【限界かも?】仕事でストレスを感じる4つの原因

こちらでは仕事でストレスを感じる、主な原因4つを紹介します。

  1. 人間関係
  2. 業務内容
  3. 他の人と比べる
  4. 正当な評価を受けていないと感じる

それぞれ、詳しく確認していきましょう。

1. 人間関係

厚生労働省の平成30年若年者雇用実態調査の概況によると、退職理由の26.9%が「人間関係が良くなかったから」です。

1日の大半を過ごす職場の人間関係がよくないと、ストレスを感じてしまいます。

  • いじめ
  • パワハラ
  • セクハラ
  • モラハラ

だけでなく、気の合わない上司や同僚と働くのは苦痛ですよね。また、業務終了後の飲み会にストレスを感じる人もいます。

自分が変われば人間関係も改善されるかも、と笑顔で挨拶したり長所を探したりと努力するとよいというアドバイスが多いです。

しかし、業務を行いながら人間関係にまで気を使うのはストレス。周りのことを気にしすぎて、仕事に集中できないのはもってのほかです。

あなたが犠牲になって我慢する必要はありません。人間関係を理由で退職する人も多いので、頑張りすぎないでくださいね。

2. 業務内容

業務内容に不満があり、ストレスを抱えている人も多いです。

たとえば、

  • 圧倒的に業務量が多い
  • つまらない
  • 業務量が少ない

などです。

特に、業務量が多くキャパオーバーだと、効率がどんどん悪くなります。長時間の残業や納期に間に合わせるために無理矢理終わらせることにより、ケアレスミスも連発するでしょう。

「仕事ができない人」とレッテルを貼られてしまうこともあります。

悪循環に陥ってしまうと、どんどん仕事のストレスが溜まりますよね。

可能であれば、上司に相談してみましょうあなたがこなせる作業量を把握したうえで、話し合うと改善されることもあります。

しかし、人手不足などが原因で作業量が多い場合は、改善が望めません。仕事のストレスが限界を越える前に、異動願いを出したり転職したりしましょう。

3. 他の人と比べる

他の人と比べることによって、ストレスを溜めてしまいます。

  • (他人と比べると)自分は何もできない
  • 同期はもう大きなプロジェクトを任されている
  • 後輩より仕事ができない
  • 自分は何も資格を持っていない

など、他人と比べるとダメ人間な気がしますよね。

できないことを探したらたくさん出てきます。ダメなところを探すのは得意なのに、できることは当たり前と考えがちです。

入社当時のあなたより、今のほうができることは増えているはずです。

他人と比べてできないことを探すより、できることに1度目を向けてみましょう。自分を褒めてあげるのも、大事な仕事の1つです。

4. 正当な評価を受けていないと感じる

どんなに仕事を頑張っていても、正当な評価を受けていないと感じるとやる気を失ってしまいます気づかないうちにストレスがどんどん溜まり、気づいたら限界なことも。

「仕事を頑張っているのに、高評価を受けるのは上司に気に入られている人だけ」という職場環境にいたら、心も身体もどんどん疲れていきます。

成果に見合う報酬が得られないと感じているのであれば、ストレスが限界を迎える前に行動に移しましょう。

【見逃さないで】仕事のストレスが限界のサイン10選

仕事のストレスが限界だと、心身ともに不調になります。心と体からのSOSをここで見逃してしまうと、重症化する危険性も。

これから紹介する10個のサインに、1つでも当てはまる人はすぐに休みましょう。

  1. 感情がコントロールできなくなる
  2. 当たり前のことができなくなる
  3. 眠れない
  4. 寝ても疲れがとれない
  5. 笑えない
  6. 体調がずっと悪い
  7. 体重の大きな変化
  8. 身だしなみに気を使わなくなる
  9. 趣味やプライベートを楽しめない
  10. 孤独を感じる

それぞれ詳しく解説していきます。これ以上、自分を追い込まないでくださいね。あなたは、十分すぎるほど頑張っています。自分のことだけを考えましょう。

1. 感情がコントロールできなくなる

限界までストレスが溜まると、感情のコントロールができません。

  • イライラしやすくなる
  • 涙が止まらなくなる
  • やる気が出ない
  • 何も感じなくなる

など、人によってさまざまです。

他人のちょっとした言葉や普段当たり前に聞いていた生活音にすら、イライラする人は注意が必要です。隣で同僚がキーボードを打っている音も気になるのであれば、心に余裕がなくなっています。

また理由もなく突然涙が止まらないのも、ストレスが限界なサインの1つです。理由もなく泣けてくるのは、心と体がSOSを出しているサインです。

「まだ頑張れる」と自分で判断せずに、感情がコントロールできないと感じているのであれば会社を1日休んでみてください。会社を休むことでリフレッシュでき、感情をコントロールできるようになればよいですが、何も変わらないのであれば医師の診察を受けましょう。

2. 当たり前のことができなくなる

ストレスが限界を迎えると、当たり前のことができなくなります。

たとえば、

  • 靴紐を結ぶ
  • シャツを着る
  • 駅の改札を通る
  • 整理整頓
  • 電話の受け答え

など、普段当たり前に行っていたことができなくなります。仕事のストレスが限界を迎え、うつ病を発症している可能性が高いです。

このまま働き続けていたら、命を落とす危険もあります。すぐに、専門家に相談をしましょう。

3. 眠れない

しっかりと睡眠を取れていますか。眠りが浅くなったり、寝ている間に何回も起きたりするのはストレスが原因なことが多いです。

ストレスが溜まると睡眠のパターンも変わっていきます。不眠症になるだけでなく、何度も起きてしまうこともあるでしょう。

人によっては、ストレスが原因で1日中眠り続ける人もいます。

睡眠時間や質の変化に気づいたら、ストレスを溜めているサインだと覚えておきましょう。

4. 寝ても疲れがとれない

ストレスによって、脳と心が限界で寝ても疲れがとれないこともあります。

  • 残業が多い
  • 上司や同僚など周りの人に気を遣っている
  • 業務内容が多すぎる

など、仕事で常に緊張状態だと脳と心が、いっぱいいっぱいになってしまうでしょう。

瞑想をしてみたり、就寝の2時間前からスマホやパソコンを確認しなかったりすることで、心と脳をリラックスさせられます。また、ストレッチもおすすめです。

ただ、仕事のストレスを根本的に解決しなければ、良質な睡眠を取ることは困難といえます。

5. 笑えない

お笑いを見ても、大好きな人に会ってもうまく笑えないのは、限界のサインです。

積み重なる仕事のストレスで、心が壊れ始めています。

この状態を放っておくのは危険です。愛想笑いは、笑顔ではありません。

最後に笑ったのはいつか思い出してみてください。

6. 体調がずっと悪い

  • 頭痛
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • 倦怠感

など、ずっと体調が悪い場合も要注意です。我慢できるくらいの不調で、仕事にいけるからと働き続けてしまう人も多いです。

体調不良がずっと続いている場合は、ストレスだけでなく他の病気の可能性も考えられます。

無理をせずに、医師の診察を受けましょう仕事が忙しくて休めないかもしれませんが、命より大切なものはありません。

残酷ですが、万が一あなたが病気になっても会社は助けてくれません。会社にとってあなたは、ネジの1つでしかないからです。

7. 体重の大きな変化

体重が大きく増えたり、減ったりするのはストレスが限界な証拠です。ダイエットをしたことがある人はわかると思いますが、短期間で大幅に体重を減らすのは大変ですよね。急激に増やすのも、難しいです。

1ヶ月で大幅な増減をした場合は要注意!

  • 食べ物が用意されても食べられない
  • 暴飲暴食をしてしまう
  • お腹が空いていないのに食べ続けてしまう
  • 甘いものが手放せない

など、過食や拒食の状態が続き、短期間で大きく体重が変化している人はストレスチェックを必ず受けましょう。

8. 身だしなみに気を使わなくなる

身だしなみに気を使わなくなるのも、ストレスが限界のサインです。普段から身だしなみや整理整頓ができている人が、乱れ始めたら精神状態が悪化している証拠です。

社会人になると髭剃りやメイクなど、最低限のマナーが求められます。毎日することなので、生活習慣の1つといっても過言ではありません。

毎日当たり前にできていた身だしなみチェックができないのは、心に限界が来ているということです。

普段できていたことができなくなる前に、心と体を休ませるようにしましょう

9. 趣味やプライベートを楽しめない

趣味やプライベートの時間を楽しめなくなったら、仕事のストレスが限界のサインです。常に仕事のことを考え、本来であれば幸せを感じる瞬間も楽しめていないのではないでしょうか?

気分転換になるはずの趣味やプライベートを楽しめなくなったら注意。精神的な疾患に陥る可能性があるので、すぐに退職を検討するべきでしょう。

10. 孤独を感じる

孤独を感じる場合も、仕事のストレスが限界であるサインといえます。

ストレスが限界だと家族や友人と話すのも億劫となり、孤独を感じることもあるでしょう。たわいのない話も面倒に感じるのであれば、仕事のストレスが限界である証拠です。

なお東洋経済新聞社によると、孤独を感じる人はそうでない人に比べて死亡率が1.3〜2.8倍になるとわかりました。孤独は寿命を縮めるので、人生を楽しむためにも心を休めるようにしてみてください。

仕事のストレスが限界であることを見逃す2つの理由

上記で解説したストレスのサインは、普段通りの生活を送っていれば気づけるものばかりです。ではなぜ、仕事のストレスが限界であることに気づけないのでしょうか?

主な理由は以下の2つにわけられます。

  1. 辛いのが日常になっている
  2. 仕事は辛くて当たり前だと感じている

では順番に見ていきましょう。

1. 辛いのが日常になっている

仕事のストレスが限界であることに気づかないのは、辛いのが日常になっているからかもしれません。日常の変化にはなかなか気づけませんよね。

辛い日々が日常と化しているのであれば、ストレスはとっくに限界を迎えているでしょう。

違う職場の友人や家族と話してみると、自分の職場がいかに異常かが理解できるはずです。

2. 仕事は辛くて当たり前だと感じている

「仕事が辛いのは当たり前。みんな辛いから私も頑張ろう!」と考えている人もいるのではないでしょうか?

こういった考え方を持っていると、ストレスが限界であるサインを見逃してしまいます。

仕事は確かに辛いときもありますが、やりがいを感じたり楽しい思いをしたりする瞬間が必ずあります。毎日憂鬱で涙が出てくるようであれば、あなたの精神は限界を迎えているでしょう。

周りに気を使う必要はないので、自分の心に素直に従ってくださいね。

ストレスの限界を超えて仕事を続ける危険性

ストレスが限界の状態で仕事を続けるのは危険です。心の状態は目に見えませんが、体にも悪影響が出始めます。

たとえば、

  • 蕁麻疹
  • うつ病
  • 帯状疱疹
  • 自律神経失調症
  • 突発性難聴
  • 耳管開放症

などさまざまな病気の発症リスクを上げます。ストレスが原因で発症する病気は、数多く存在し書ききれません。

心や体をストレスで壊すと、人生がどんどんつらくなります。仕事を辞めるという選択肢もなくなり、判断力も低下します。

ストレスが限界を迎えると、最悪の場合長期的な治療が必要になったり、自殺を選択してしまったりすることも

つらいと感じられているうちに、今の状態を改善させましょう。転職先が決まっていない状態で退職をしても大丈夫です。失業保険やバイトなど、生きていく方法はたくさんあります。

1番大事なのは、あなたの命です。

仕事のストレスが限界なときの対処法7選

こちらでは、仕事のストレスが限界なときの対処法を7つ紹介します。

  1. ストレスの原因を明確にする
  2. 信頼できる人に相談する
  3. 病院にいく
  4. 休職する
  5. 異動する
  6. 退職する
  7. 転職する

選択に間違いはありません。どれが正解かを考えるのではなく、あなたが望むことを選んでくださいね。

1. ストレスの原因を明確にする

まずはなぜストレスを感じるのか、その原因を明確にする必要があります。ストレスを感じる原因を特定することで思考が整理され、解決策が導き出せるでしょう。

  • 人間関係
  • 労働環境
  • 仕事内容

上記のように、人それぞれストレスを感じる場面は異なります。

自分がストレスを感じる原因を突き止め、それに合った行動をしていってくださいね。

2. 信頼できる人に相談する

友人や家族など、信頼できる人に思い切って悩みを打ち明けるのもおすすめです。自分の気持ちをさらけ出すことで、気が楽になるでしょう。

また話すことで、自分が置かれている状況がいかに大変なのかも理解できるはずです。

アドバイスをもらうまでいかなくても、話を聞いてもらうだけでも状況は変わってくるでしょう。

3. 病院にいく

周りへ相談するだけでなく、病院へいって解決策を提示してもらうべきです。

自律神経失調症やうつ病の場合、病院へいかないとなかなか治りません。医師の診断書があれば職場もスムーズに行えます。

また医師に状況を細かく伝えるために、日頃から体調や心境の変化をメモしておくのがおすすめです。

診断書が必要な理由については「【徹底解説】うつ病で退職する際に診断書が必要な理由とは!やるべき5つのことも紹介」で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【徹底解説】うつ病で退職する際に診断書が必要な理由とは!やるべき5つのことも紹介 「うつ病でもうつらい。すぐに退職したいけど難しそう・・・・・・」 「できるだけ会社のみんなに迷惑をかけずに退職したい」 と感じていませんか? うつ病と診断された...

4. 休職する

今の職場や仕事が好きであってもストレスが限界な場合は、休職という選択肢もあります。

医師からの診断書を提出することで、傷病休職になれば休職手当がもらえます。企業によって、詳細な金額や期間が異なるので確認してみてください。

休職している間に仕事をカバーしてくれる人は誰か、復職できるかなど心配事は多いかもしれません。しかし、今はしっかりと休んで体調を治しましょう。

心と体が回復をしてから、次のことを考えても間に合います。

5. 異動する

部署を異動するのも、1つの手段です。

ただ、異動申請が受け入れてもらえるかはわかりません。また、部署異動は決まったときにしかできず、ほとんどの会社が年2回ほどとなっています。

ストレスが限界な人は、今すぐにでも職場環境を変えたいのが本音ですよね。そのため、定期的に行われない人事異動は、待たなければいけないというデメリットがあります。

6. 退職する

仕事のストレスが限界であるなら、退職をしましょう。ストレスを原因に会社を辞めることは、決して逃げではありません。自分を守ることです。

仕事のストレスによって、心身ともに症状が出てからでは遅いです。

自分で退職を言い出せないのであれば、退職代行を使いましょう。

7. 転職する

ストレスの限界を打破するには、思い切って環境を変えてみるのもおすすめです。転職すれば環境も変わり、仕事へのストレスを感じなくなる可能性もあります。

なお転職は30代になると難しくなる傾向があるので、早めに行動するべきといえます。

仕事のストレスが限界に達したときに円満に退職する3つのコツ

仕事のストレスが限界に達したとしても、できれば円満に退職の手続きを進めたいですよね。そこでこちらでは、円満退職するためのコツを3つ紹介します。

  1. バックレない
  2. 引き継ぎは丁寧に行う
  3. 決意が固まったらなるべく早く意思を伝える

どれも重要なポイントなので、ぜひ押さえておいてくださいね。

1. バックレない

円満に退職をするためには、当たり前ですがバックレはしないようにしましょう。

ストレスが限界に達すると話をするのが面倒になり、人生がどうでもよくなることもあります。とはいえバックレると親や警察に連絡される可能性があり、周りの人に多大な迷惑をかけてしまいます。

最悪の場合は損害賠償請求されたり懲戒解雇されたりする危険もあるので、今後の転職活動にも響くでしょう。

バックレるリスクについては「【危険】バックレた際に発生する8つのリスク!退職代行がおすすめの理由」でより詳しく解説していますので、ぜひ目を通しておいてください。

あわせて読みたい
【危険】バックレた際に発生する8つのリスク!退職代行がおすすめの理由 「会社をバックレたいけどトラブルにならないか不安」「バックレる以外の方法ですぐに退職できないのか」とあなたは悩んでいませんか? 会社で嫌なことがあったときに、...

2. 引き継ぎは丁寧に行う

ストレスが限界で辞めることばかり頭にあるかもしれませんが、あなたが退職した後は他の従業員が業務を引き継ぐことになります。

そのため就業規則に引き継ぎをする旨が書かれていれば、責任を持って業務を遂行するべきでしょう。

わかりやすいようにマニュアルを作ったり、余裕を持って進めたりするのがベストです。

とはいえ、どうしても仕事をする気が起きないときは、信頼できる上司や同僚に相談してみてくださいね。

3. 決意が固まったらなるべく早く意思を伝える

円満に退職するためには、仕事を辞める決意が固まったらすぐに意思を伝えることが大切です。

法律上は2週間以内に辞めることができるとされていますが、業務の引き継ぎやプロジェクトの進捗などに影響が出る場合があります。

なるべく早く伝えておくことで、会社側もあなたもストレスなくことが進むでしょう。

仕事のストレスが限界だと感じているうちに逃げよう

仕事のストレスが限界だと感じているなら、今すぐに逃げましょう方法は退職でも、休職でもなんでもよいです。

大事なのは、今すぐ行動に移すことです。

理由は、重度のうつ病になったら限界なことにも気づけず、判断力も低下してしまうから。自分で逃げ出せなくなってしまいます。

特に責任感が強い人は、自分を追い込みすぎてしまう傾向があります。人に頼るのって、難しいですよね。

また、退職を伝えるのも勇気が必要です。

仕事のストレスが限界で今すぐ仕事を辞めたいけど、伝えられないという人は退職代行がおすすめです。最短で退職でき、出社する必要もありません。

今まで仕事を頑張ったご褒美として、退職代行をプレゼントしてあげましょう。

なお下記ではおすすめの退職代行15社を徹底的に比較していますので、ぜひ目を通してみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる