仕事でミスばかりして辞めたいときはどうすればよい? 原因や対処法を解説

仕事で重大なミスをしてもう辞めたい……
同じミスばかりで自分が情けなくて嫌になってきた
などの悩みをお持ちではありませんか?

仕事をしている以上、ミスはつきものです。ミスを減らしたくてもなかなか減らなければ、もう辞めて楽になりたいと考えたくなるのも無理はありません。

ただ、仕事を辞める場合であっても「なぜミスが起きるのか」「ミスを防ぐ方法はあるのか」などを知っておく必要があります。

ミスの原因がわからなければ、転職したとしても同じことを繰り返すからです。

この記事では、

  • 仕事でミスをする代表的な6つの原因
  • 仕事のミスを減らすためにやるべきこと
  • 会社を退職した方がよい3つのサイン

などについて詳しく解説します。

この記事を読めば、仕事のミスをどう減らせばいいのか、このまま働き続けた方がよいのかわかります。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(25,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

仕事でミスをする代表的な6つの原因

はなからわざと仕事のミスをする人はいません。ミスが多いときは、あなたは意識していなくても必ず何かしらの原因があります。

ミスを減らすためには、原因を知る必要があります。

  1. 職場が集中して働ける環境でない
  2. 仕事内容が自分に合っていない
  3. 確認不足
  4. 改善の仕方がわからない
  5. 指導してくれる上司や同僚との相性が悪い
  6. 仕事が多すぎる

ミスをする原因について詳しく見ていきましょう。

1. 職場が集中して働ける環境でない

仕事でミスをする人は、職場が綺麗でない可能性があります。

例えば机の上が書類や商品で一杯になっている状況を思い浮かべてみてください。大事な書類が他のものと混じっていれば、探すのに多くの時間がかかります。

また、自分の周りにものが多ければ、仕事に集中できません。私たちの潜在意識は、知らず知らずのうちに視界に入ったものの情報を処理し続けているからです。

自分の周りに物があふれていれば、処理しなければならない情報も多くなるため、集中力が低下します。

2. 仕事内容が自分に合っていない

会社員は仕事内容を自分で選べるわけではありません。運悪く自分の適性に合ってない業務をやる羽目になるケースも多くあります。

  • コミュニケーションが苦手なのに営業や接客の業務をしている
  • クリエイティブな仕事をしたいのに工場内で作業をしている
  • 細かい作業は苦手なのに事務作業や経理などをしている

合わない仕事を続けているとモチベーションや集中力が低下するため、ミスをする可能性が高くなります。

何年続けても仕事内容が合っていないと感じるのであれば、別の業務への配置転換をお願いするか転職した方がよいかもしれません

なお入社してすぐのタイミングは、まだ仕事に慣れていないためミスをするのは仕方がないこと。

ミスをしたからといって、すぐに業務内容が向いてないと判断しないように注意してください。

3. 確認不足

仕事でよくあるミスが確認不足です。 確認不足はかんたんなミスなので、あまりに頻発すると評価が下がってしまいます。

特に数字やメールの宛先など細かい部分のミスが多い場合は、チェックを徹底してください。面倒に感じるかもしれませんが、 チェックの時間を設ければ大幅にミスを減らせます。

4.改善の仕方がわからない

ミスは誰にでもあること。しかし、ミスを何度も起こす人とそうではない人には雲泥の差があります。

反省をせず改善をしない人や改善点が分からない人はミスを繰り返す傾向があります。ミスが多い人は、まず原因を突き止め改善の方法を探さなければなりません。

5.指導してくれる上司や同僚との相性が悪い

ミスが増えるのは必ずしも自分の責任だけではありません。

上司や同僚の教え方が上手くなかったり、雑な教え方をされたりすれば、仕事内容が理解できません。

上司や同僚によって指導内容が違う際も、誰を信じればよいのかわからず必然的にミスが増加するでしょう。

上司や同僚との相性が悪ければ、感情的になったりやる気が起きなかったりします。その結果ミスをする可能性が上がってしまいます。

6.仕事が多すぎる

仕事を多く抱えているときは、全ての内容を把握できず一部の業務が抜け漏れているときがあります。

仕事量が多すぎるときも注意してください。

自分の力だけでは業務を時間内に終わらせられなかったり、提出はできても誤字脱字など単純なミスが頻発したりするからです。

また、ブラック企業のように残業が多ければ、疲れからくる集中力の低下によりミスが増えやすくなるでしょう。

精神的に追い込まれた状態にならないように注意する必要があります。

仕事のミスを減らすためにやるべき6つの対処法

仕事で重大なミスをしてしまうと、辞めたくなるのも無理はありません。とはいえ、仕事で大事なのは2度と同じミスをしないこと。

そこで仕事のミスを減らす対処方法について解説します。

  1. 机の上など 業務を行う場所を整理する
  2. わからないことはすぐに聞く
  3. チェックリストを作って確認する仕組みを作る
  4. メモをきちんと取る
  5. 一人で抱え込まずに上司や同僚に相談する
  6. 仕事に優先順位をつける

詳しく解説します。

1. 机の上など業務を行う場所を整理する

仕事をする際、机の上など業務をする場所が物であふれているときは、整理をしてください。

業務を行う場所を整理すれば、余計な情報が頭に入ってこないので、集中して仕事ができます。

加えて、必要な書類を探すのに時間がかかりにくくなるため、業務効率もアップするでしょう。

整理整頓をする際は、 まずいらないものから捨てるのが重要です。ものが多い状態では整理が難しくなるからです。

2. わからないことはすぐに聞く

仕事内容を正確に理解していなければ、ミスは発生し続けます。業務でわからない点がある際は、すぐに上司や同僚に聞いてください。

わからないことを放置していると、いつまでたってもミスが減りません。何か月も同じミスをし続ければ、上司や同僚にも聞きづらくなります。

わからないことがある際は、なるべく早い段階で解決しましょう。

3. チェックリストを作って確認する仕組みを作る

同じミスを何度もするときは確認不足が原因の可能性が高いです。確認不足によるミスを防ぐためには、チェックリストを作るのをおすすめします。

筆者もチェックリストを使って最終確認をするようにしたところ、大幅にミスが減った経験があります。

古典的な方法ですが効果はあるので、ちょっとしたミスが多い人はぜひやってみてください。

4.メモをきちんと取る

仕事内容の理解をするためにはメモを取りましょう。なぜなら人間は書くことで物事を覚えられ、仕事内容の理解度も進むからです。

また、人間は一度覚えたことのうち70%を24時間以内に忘れてしまいます。

メモを残しておけば、忘れたときに確認してすぐに思い出せるでしょう。

今や社会人にとってメモを取るのは当たり前の行為です。上司や同僚と円満につきあうためにも、メモをする習慣はつけておきましょう。

5. 一人で抱え込まずに上司や同僚に相談する

仕事でミスをしても一人で抱え込まずに上司や同僚に相談しましょう。

自分一人で抱え込んでも、事態は良くなりません。むしろミスを隠した結果、余計に状況が悪化する可能性もあります。

上司や同僚に相談すれば、ミスを防ぐ方法についてのアドバイスをもらえるはずです。話すことで精神的に楽になるので、ストレスも減るでしょう。

6.仕事に優先順位をつける

仕事を多く抱えていて、減らすのも難しければ、まず優先順位をつけてください。

仕事に優先順位をつければ、納期を正確に把握できます。仕事が終わる目処もつけやすくなるため、不安も減って集中しやすくなるでしょう。

筆者も仕事を抱えすぎて不安になった経験があります。しかし、1つずつ優先順位をつけたことで、落ち着いて仕事ができるようになりました。

自分が1日にどのぐらいの仕事ができるかも把握しやすくなるので、優先順位をつける癖を身につけてください。

仕事のミスで辞めた方がよい3つのサイン

よほど重大なミスをしなければ、会社が倒産するケースはないでしょう。

多少ミスが続いたとしても、「退職しなければならないのでは……」と思い悩む必要はありません。

とはいえ、ミスの性質がいずれかに該当するときは、退職も検討してください。

  1. 自分よりも会社側に原因がある
  2. 時間が経っても解決できない
  3. 精神や体力的に疲れている

それぞれ解説します。

1. 自分よりも会社側に原因がある

ミスの原因が自分ではなく会社側にあるケースでは、責任を背負う必要はありません。

会社のシステムや上司の指導方法および連絡ミスなどが原因で発生したミスは、あなたには責任がないからです。

原因が会社にある以上、自分が努力をしたくらいではどうしようもできません。無理をせずに退職するのをおすすめします。

2. 時間が経っても解決できない

時間が経っても解決できないのであれば、退職をした方がよいでしょう。

例えば、自分の適性に合っていない仕事を続けても、なかなかミスは減りません。

なぜなら、仕事の合う・合わないは本人の努力ではどうしようもできず、時間が経っても解決できないからです。

間違っても上司の「努力がまだ足りない」「長く続けなければ合わないかどうかわからない」のような発言に耳を貸しすぎないようにしてください。

3. 精神や体力的に疲れている

今の仕事で精神あるいは体力的にひどく疲れているときは、我慢し続けないでください。ストレスがかかる仕事を続けても、仕事ができるようになるわけではありません。

むしろ、精神的に不安定になり余計にミスが増えるようになります。

特に以下のような状況で働いているときは、一刻も早く退職しましょう。

  • 長時間労働が慢性化している
  • 上司のパワハラやセクハラが横行している

我慢して働き続ければ、症状が重くなり、転職さえも難しくなります。ちょっとした身体の不調でも、すでに症状が重くなっている可能性もあるので注意してください。

精神的につらい状態や対処法については「精神的な理由で仕事を休みたいのは甘えではない!つらいときは遠慮なく休もう」で解説していますのでご覧ください。

あわせて読みたい
精神的な理由で仕事を休みたいのは甘えではない!つらいときは遠慮なく休もう 「精神的につらくて仕事行きたくない」 「身体の不調はないのに休んで良いの?」 「精神的な理由で仕事を休むなんて甘えてるの?」 精神的につらいときは、遠慮なく休ん...

会社を辞めづらいなら退職代行がおすすめ

このまま仕事を続けてもミスが改善できない、辞めたいと感じているのであれば、退職を検討しましょう。

とはいえ、上司に退職の意思を伝える勇気がなかなか持てないかもしれません。

自分で退職の意思を伝えづらい場合は、退職代行を利用してみてはどうでしょうか?

退職代行を利用すれば、100%確実に辞められるだけでなく、有給休暇を消化した上での退職も可能です。

即日で辞められるケースもあるため、二度と会社に行く必要はありません。

退職代行会社では、LINEや電話などで、悩みは自分の思いについて相談できます。退職しようか悩んでいるのであれば、まずは一度相談してみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる