仕事のミスが多くて辞めたいときの対処法8選!考え方や 原因も解説

仕事で重大なミスをしてもう辞めたい……
同じミスばかりで自分が情けなくて嫌になってきた
などと悩みではありませんか?

仕事をしている以上、ミスはつきものです。ミスがなかなか減らなければ、もう辞めて楽になりたいと考えるのも無理はありません。

ただ、仕事を辞める場合でも「なぜミスが起きるのか」「どうしたらミスを防げるのか」などを知っておく必要があります。

ミスの原因がわからなければ、転職したとしても同じことを繰り返すからです。

この記事では、

  • 仕事のミスが多くて辞めたいときに考える6つのこと
  • 仕事でミスをする代表的な6つの原因
  • 仕事のミスを減らすためにやるべき対処法8選
  • 仕事のミスで辞めたいときに行う気持ちの変え方4選
  • 仕事のミスで辞めたい気持ちが限界なときの3つの対処法

について詳しく解説します。

この記事を読めば、仕事のミスをどう減らせばいいのか、このまま働き続けた方がよいのかわかります。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

仕事でミスが多くて辞めたいときに考える6つのこと

仕事で何度も同じミスを繰り返したり、重大なミスをしたりすると辞めたくなってしまいますよね。

仕事でミスをして会社を辞めれば一時的には楽になりますが、他の会社で同じことを繰り返してしまう恐れがあります。

仕事でミスをして辞めたいと思ったら、行動する前に一度ゆっくり考えてみましょう。

ここでは、仕事でミスが多くて辞めたいときに考えることを6つ紹介します。

  1. ミスが多い原因を特定し改善できるのか
  2. 会社を辞めればミスがなくなるのか
  3. 会社の教育に問題ないか
  4. 体調を崩していないか
  5. 仕事が自分に合ってないか
  6. 仕事量が過剰ではないか

仕事のミスで辞めたい気持ちが高まっている方は、この章を参考に考えてみてください。

1.ミスが多い原因を特定し改善できるのか

まずは、ミスをした原因が何か特定します。原因がわからないと改善できないからです。

ミスをする原因は確認不足や不注意だけでなく、仕事のシステムが原因のこともあります。

仕事のシステムが原因なら、自分だけでなく他の人もミスをするかもしれません。システムを変えない限り、ミスが減ることはないです。

人間は間違える生き物ですから、ミスをしにくい環境を作ることが改善への1番の近道です。ミスをした原因を特定し、改善できるかを考えて次に活かしましょう。

自分には改善できないと感じるなら、会社を辞めるのもひとつの選択肢です。得意なことを活かせる仕事に転職すると良いでしょう。

2.会社を辞めればミスがなくなるのか

仕事で大失態をして損害を出してしまったり、同じミスを連発して会社に居づらくなったりすると、辞めたくなってしまいますよね。

しかし、そのまま辞めてしまうと、次の会社でまた同じことを繰り返してしまうリスクがあります。ミスの原因が自分にあるなら、改善しなければ何も変わらないからです。

しかし、どんな対策をしてもいつも同じミスをするなら、その仕事が向いていない可能性があります。自分が苦手なことをやらないのも対策のひとつです。苦手な仕事がない会社に転職すると良いでしょう。

3.会社の教育に問題ないか

ミスをする原因は、会社の教育に問題があるからかもしれません。

マニュアルがなかったり教える人が複数人いたりすると、人によって言ってることが違う場合があります。得られる結果が同じでも、仕事の仕方が違うことで起こるためです。

人によって言ってることが違うと、混乱してしまいミスを誘発しやすくなります。

マニュアル通りにやったのにミスしてしまった場合は、古すぎてやり方が変わっているからかもしれません。いずれにしても、マニュアルを整えるなどの対策が必要です。

なかなか状況が変わらない場合は、会社を辞めても良いでしょう。このままだとストレスがたまってしまうので、教育体制がしっかり整った会社に転職すると良いです。

4.体調を崩していないか

仕事のミスでひどく悩んでしまうと、体調が悪くなることがあります。注意した方が良い体調の変化は、以下のとおりです。

  • 夜寝られない
  • 食欲がない
  • 出社前に起こる頭痛や腹痛
  • 楽しいことでも笑えない
  • 意味もなく涙が出る

特に、休みの日は調子良いのに出社する前に体調が悪くなるのは、会社に行けないほど思い悩んでいる可能性があります。体調不良があったら、病院で原因を探してもらいましょう。

ストレスが原因なら、無理して出社する必要はありません。診断書をもらって休職したり、会社を辞めて体を休めたりする選択をしても良いでしょう。

5.仕事が自分に合っていないか

人には向き不向きがあります。好きなことが向いているとは限りません。自分に向いていると思っていても、実際に働いてみると違うかもと感じることもあります。

苦手な仕事でも好きで続けたいと思えるなら続けられますし、得意に変わるかもしれません。しかし、自分に合っていないと感じて嫌になってくると、続けていくことは困難です。

「自分に合わない」「嫌だ」と思いながら仕事をすると、ミスに繋がります。やる気がなくなってきていると感じたら、自分に合った仕事に転職するのがおすすめです。

6.仕事量が過剰ではないか

仕事量が自分のキャパを超えると、ミスが増えます最初は軽微なものでも、そのうち取り返しのつかない大きなミスをするかもしれません。

しっかり終わるから大丈夫と思っていても、さらに仕事が増えたときに対応できなくなってしまいます。

仕事はできるだけ分散して同僚や部下に振った方が効率が上がりますが、なかなか難しいことも。仕事量が過剰で周りに仕事を振れない状況なら、もう少しゆっくり仕事ができる会社に転職すると良いでしょう。

仕事量が減ることでミスが減り、心にも余裕ができます。

仕事でミスをする代表的な6つの原因

誰しもミスをしたくてしているわけではありません。ミスが多いときは、あなたが意識していない何かしらの原因があります。

ここでは、仕事でミスをする原因について紹介します。

  1. 仕事に集中できない
  2. 仕事内容が自分に合っていない
  3. 確認不足である
  4. 改善の仕方がわからない
  5. 指導してくれる上司や同僚との相性が悪い
  6. 仕事量が多すぎる

詳しく見ていきましょう。

1. 仕事に集中できない

仕事に集中できない人は、職場が整理整頓されていない可能性があります。

例えば机の上が書類や商品で一杯になっている状況を思い浮かべてみてください。大事な書類が他のものと混じっていれば、探すのに多くの時間がかかります。

また、自分の周りに物が多ければ、仕事に集中できません。私たちの潜在意識は、知らず知らずのうちに視界に入ったものの情報を処理し続けているからです。

自分の職場が整理整頓されていないと感じた方は、片付けることから始めましょう。

資料が整理されれば見つけやすくなり、机が片付けば仕事に集中できます。結果的にミスが誘発しにくい環境になりますので、試してみてください。

2. 仕事内容が自分に合っていない

会社員は仕事内容を自分で選べるわけではありません。運悪く自分の適性に合ってない業務をやる羽目になるケースが多くあります。

  • コミュニケーションが苦手なのに営業や接客の業務をしている
  • クリエイティブな仕事をしたいのに工場内で作業をしている
  • 細かい作業は苦手なのに事務作業や経理などをしている

合わない仕事を続けているとモチベーションや集中力が低下するため、ミスをする可能性が高くなります。

何年続けても仕事内容が合っていないと感じるのであれば、別の業務への配置転換をお願いするか転職した方がよいかもしれません

なお入社してすぐのタイミングは、まだ仕事に慣れていないためミスをするのは仕方がないこと。

ミスをしたからといって、すぐに業務内容が向いてないと判断しないように注意してください。

3. 確認不足である

仕事でよくあるミスが確認不足です。 確認不足はかんたんなミスなので、あまりに頻発すると評価が下がってしまいます。

特に数字やメールの宛先など細かい部分のミスが多い場合は、チェックを徹底してください。面倒に感じるかもしれませんが、 チェックの時間を設ければ大幅にミスを減らせます。

また、チェック方法にも問題があるかもしれませんので、これを機会に見直すと良いでしょう。

4.改善の仕方がわからない

ミスは誰にでもあること。しかし、ミスを何度も起こす人とそうではない人には雲泥の差があります。

改善点が分からない人はミスを繰り返す傾向があります。ミスが多い人は、何が原因なのかしっかり考えて改善策を検討してください。

何をどう改善すれば良いかわからない人は、上司や同僚に相談しましょう。過去に同じミスをしていて、良い対策案を知っているかもしれません。

仕事は個人ではなくチームでするもの。きちんとコミュニケーションをとって丁寧に仕事をすることを心がけましょう。

5.指導してくれる上司や同僚との相性が悪い

ミスが増えるのは必ずしも自分だけの責任ではありません。

上司や同僚の教え方が上手くなかったり、雑な教え方をされたりすれば、仕事内容が理解できません。

上司や同僚によって指導内容が違う際も、誰を信じればよいのかわからず必然的にミスが増加するでしょう。

指導者との相性が悪ければ、感情的になったりやる気が起きなかったりします。その結果ミスを誘発してしまいます。

可能であれば、指導者を変更してもらうよう会社に相談してみると良いです。

ただし、全てを人のせいにするのではなく、自分にも改善できるところがないか探してみてください。

6.仕事量が多すぎる

仕事量が多すぎると、軽微なミスが増えてきます。自分では確認したつもりでも、後に控えている仕事が多くて焦ってしまい、しっかり確認できていないことがあるからです。

業務時間内に終わらせるのが難しい程の仕事量がある場合は、上司に相談して仕事を減らしてもらうようにしましょう。

残業が増えると、疲れからくる集中力の低下によりミスが増えやすくなります。

精神的に追い込まれやすくなるので注意する必要があります。

仕事のミスを減らすためにやるべき対処法8選

仕事で重大なミスをしてしまうと、辞めたくなるのも無理はありません。とはいえ、仕事で大事なのは2度と同じミスをしないことです。

そこで、仕事のミスを減らす対処方法について解説します。

  1. 机の上など 業務を行う場所を整理する
  2. わからないことはすぐに聞く
  3. チェックリストを作って確認する仕組みを作る
  4. メモをきちんと取る
  5. 一人で抱え込まずに上司や同僚に相談する
  6. 仕事に優先順位をつける
  7. 睡眠時間を確保する
  8. 仕事を休む

それぞれ詳しくみていきましょう。

1. 机の上など業務を行う場所を整理する

机の上など業務をする場所が物であふれているときは、キレイにすると良いでしょう。

業務を行う場所を整理すれば、余計な情報が頭に入ってこないので、集中して仕事ができます。

加えて、必要な書類を探すのに時間がかかりにくくなるため、業務効率もアップします。

整理整頓をする際は、 不要な物から捨てるのが重要です。必要な物と不要な物を振り分けないと全然片付きません。

必要最低限のものだけにすると、スッキリして気分がよくなります。

2. わからないことはすぐに聞く

仕事内容を正確に理解していなければ、ミスは発生し続けます。業務でわからないことがあったら、すぐに上司や同僚に聞くようにしましょう。

わからないことを放置していると、いつまでたってもミスが減りません。何か月も同じミスをし続ければ、上司や同僚に聞きづらくなります。

わからないことがある際は、なるべく早い段階で解決しましょう。

3. チェックリストを作って確認する仕組みを作る

同じミスを何度もするときは確認不足が原因の可能性があります。チェックリストがあると確認しやすくなるのでおすすです。

筆者もチェックリストを使って最終確認をするようにしたところ、大幅にミスが減った経験があります。

古典的な方法ですが効果はあるので、ちょっとしたミスが多い人はぜひ試してみてください。

4.メモをきちんと取る

仕事を早く覚えるためには、メモを取るのが良いでしょう。なぜなら書くことで仕事内容の理解度が進み、忘れたときにいつでも確認できるからです。

人間は一度覚えたことの70%を24時間以内に忘れてしまいます。言われたことをすべて覚えておくことは不可能です。

しっかりメモを取っておけば、いつでも確認できるので繰り返し指導者に聞く必要がありません。業務内容の復習が簡単に行えるので、理解度が進み覚えるのが早くなります。

仕事ができる人は、よくメモを取ります。上司や同僚と円満につきあうためにも、メモをする習慣はつけておきましょう。

5. 一人で抱え込まずに上司や同僚に相談する

仕事でミスをしても一人で抱え込まずに上司や同僚に相談しましょう。

どう対処したら良いかわからないときに、一人で抱え込んでも事態は良くなりません。むしろミスをして上司への報告が遅れた場合、余計に状況が悪化する可能性もあります。

失敗する前に上司や同僚に相談すれば、ミスを防ぐためのアドバイスがもらえます失敗してしまった後でも、きちんと相談すればその後の対応を教えてくれるはずです。

きちんと話せば精神的に楽になるので、ストレスも減るでしょう。

6.仕事に優先順位をつける

どうしても多くの仕事をする必要がある場合は、優先順位をつけて行うと良いでしょう。

たくさん仕事を抱えてしまうと、何から手をつけたら良いかわからず焦ってしまいますよね。

優先順位をつければ、次に何をするべきか正確に把握できて焦りや不安がなくなるので、ミスを誘発しにくくなります。仕事が終わる目処もつきやすくなるため、不安が減って集中しやすくなるでしょう。

筆者も仕事を抱えすぎて不安になった経験があります。しかし、1つずつ優先順位をつけたことで、落ち着いて仕事ができるようになりました。

自分が1日にどのぐらいの仕事ができるかも把握しやすくなるので、優先順位をつける習慣を身につけると良いでしょう。

7.睡眠時間を確保する

何度も同じミスを繰り返すのは、疲れが取れていないことが原因かもしれません。

仕事が忙しいからといって寝る時間を削ってしまうと、疲れが取れなくなります。結果的に、仕事に集中できずミスが増えてしまうことも。

睡眠時間を削って仕事をしたくなる気持ちはわかりますが、削りすぎには注意です。最低でも6〜7時間程度は確保すると良いでしょう。また、どうしても睡眠時間を削る必要がある場合は、睡眠の質を大事にしてください。短い睡眠時間でも、質が良ければ疲れが取れてスッキリするでしょう。

8.仕事を休む

睡眠だけでは疲れが取れずにミスが減らない場合は、思い切って仕事を休むのが良いです。

家でゆっくり休んで、しっかり疲れを取りましょう。疲れが取れてきて少し気分が良くなってきたら、外に出て散歩すると良いです。家の中にいるより活動的になれます。

また、趣味に時間を使うのもおすすめです。好きなことに没頭できるので、ストレス発散になります。

いずれにせよ、一旦仕事から離れて気持ちを切り替えてみるのが良いでしょう。

仕事のミスで辞めたいときに行う気持ちの変え方4選

仕事のミスで会社を辞めたいと感じたら、仕事に集中できなくなってしまいますよね。実際に辞める場合、少なくとも1ヶ月は働くことになります。

会社に退職届を提出してから退職するまで仕事をするには、気持ちを切り替えることが大切です。

ここでは、仕事のミスで辞めたいときに行う気持ちの変え方を紹介します。

  1. ミスをしたことで経験できたことがあると考える
  2. 趣味の時間を作ってリフレッシュする
  3. 信頼できる上司に相談する
  4. 身近な人に相談する

ひとつひとつみていきましょう。

1.ミスをしたことで経験できたことがあると考える

ミスすることは誰にでもあります。1度もミスしたことがない完璧な人間は恐らくいません。失敗してもそこから改善策を考えて行動することで、経験になり成長できます。

大事なのは、ミスをした後にどう対応するかです。

自分がしてしまったことを素直に認めて謝罪し、上司の指示を仰ぎます。同じミスを繰り返さないための改善策を考えることも忘れてはいけません。

いつまでもクヨクヨ悩まず、前向きに考えて先に進みましょう。

2.趣味の時間を作ってリフレッシュする

どうしても気持ちが落ち込んでいる場合は、就業後や休日に趣味に没頭すると良いです。

仕事のことを考えずに趣味に打ち込むことで、気分転換になります。ストレスも解消されるので、スッキリするでしょう。

趣味がないという人は、公園を散歩するだけでも全然違います。外の空気を吸ってゆっくりすると、ずっと家の中にいるより気持ちが晴れますよ。

3.信頼できる上司に相談する

仕事のミスが多くて辞めたくなってしまったときは、信頼できる上司の話を聞くのが良いです。

上司が今までどのように乗り越えてきたのかを聞くと、参考になります。自分にも行動できることがあれば、すぐに行うことが大切です。

また、上司に話を聞いてもらうと、気持ちが楽になります。物事によっては、部署異動など対策をしてくれるかもしれません。

仕事を辞めたくなったときは、信頼できる上司に相談して気持ちの整理をしましょう。

4.身近な人に相談する

会社に信頼できる上司や相談できる上司がいない場合は、親や兄弟、友人などに相談すると良いです。

仕事と関わりがない人の方が、相談しやすいこともあります。解決策が出なくても、話を聞いてもらうだけで心が軽くなるでしょう。

また、余裕があれば同じような経験をしていないか聞いてみると良いでしょう。自分だけじゃないと思えたら、少し気持ちが楽になるかもしれません。

心が許せる身近な人に話を聞いてもらったり聞いたりして、心を落ち着かせると良いでしょう。

仕事のミスで辞めたい気持ちが限界なときの3つの対処法

よほど重大なミスをしなければ、会社が倒産するケースはないでしょう。多少ミスが続いたとしても「退職しなければならないのでは……」と思い悩む必要はありません。

とはいえ、どうしても自分を責めてしまって気持ちが限界を迎えてしまうことも。辞めたい気持ちが大きくなってしまったら、部署異動を申し出たり転職活動したりすると良いでしょう。

ここでは、仕事のミスで辞めたい気持ちが限界なときの対処法を3つ紹介します。

  1. 部署異動を申し出る
  2. 転職をする
  3. 休職をする

順番にみていきましょう。

1. 部署異動を申し出る

原因を特定して改善策を考えても、気持ちを切り替えてもうまくいかない場合は、部署異動を申し出てみると良いでしょう。

何をしてもミスが減らないなら、仕事内容が合っていないのかもしれません。部署が変われば働く人も内容も変わるため、うまく気持ちが切り替わることも。

自分に合った仕事がある部署に、異動できる可能性もあります。

実際に異動が難しくても、意思表示をすることが大事です。

2. 転職をする

今の仕事が合っていないと感じ部署異動が難しい人は、転職するのが良いでしょう。

転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーに相談のがおすすめです。自分がやりたい仕事や興味があること、得意なことや苦手なことを伝えれば、自分に合った仕事を紹介してもらえます。

一人で探すより効率が良く、無料で転職活動のサポートもしてくれます。

3. 休職する

どうしても辞めたい気持ちが限界で会社に行けない場合は、休職も考えてみると良いでしょう。

一人で悩んでいても、気持ちが沈む一方です。会社に行けなくなるほどの悩みを抱えているなら、専門家に話を聞いてもらうのが一番良いでしょう。

休職するには、医師の診断書が必要です。精神科や心療内科を受診したら、診断書を書いてもらってください。

精神的につらい状態や対処法については「精神的な理由で仕事を休みたいのは甘えではない!つらいときは遠慮なく休もう」で解説していますのでご覧ください。

あわせて読みたい
精神的な理由で仕事を休みたいのは甘えではない!つらいときは遠慮なく休もう 「精神的につらくて仕事行きたくない」 「身体の不調はないのに休んで良いの?」 「精神的な理由で仕事を休むなんて甘えてるの?」 精神的につらいときは、遠慮なく休ん...

会社を辞めづらいなら退職代行がおすすめ

このまま仕事を続けてもミスが改善できない、辞めたいと感じているのであれば、退職を検討しましょう。無理な環境で働き続ける必要はありません。

部署異動が難しく転職活動期間中も会社に行きたくないと感じる人や、精神的に限界で今すぐにでも辞めたいと感じる人は、退職代行を利用してみてはどうでしょうか?

退職代行を利用すれば即日退職が可能なので、二度と会社に行く必要がありません。また、100%確実に辞められるだけでなく、有給休暇を消化した上での退職も可能です。

LINEや電話などで悩みや自分の思いについて相談できます。すぐにでも退職したいと悩んでいて、会社に伝えづらい場合は、ぜひ一度相談してみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる