サラリーマンがつまらない5つの理由! 今の環境を抜け出す方法を解説

サラリーマンの仕事がつまらない
なんとかつまらない仕事から逃れたい
とあなたは悩んでいませんか?

サラリーマンは決められた仕事をこなしたり、嫌な上司や取引先と付き合ったりしなければならないケースも珍しくありません。

仕事がつまらなければ、自分の大切な時間を浪費している気分になるのではないでしょうか?

この記事では、

  • サラリーマンの仕事がつまらないと感じる理由
  • つまらない仕事にやりがいを持つ方法
  • つまらない仕事から脱却する方法

について詳しく解説します。

この記事を読めば、つまらない仕事からどのように逃げればよいのかわかるようになります。

つまらない仕事を永遠に続けていても、人生を充実させるのは不可能です。まずはこの記事を読んで、仕事がつまらない現状から脱却しましょう。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(25,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

サラリーマンの仕事がつまらないと感じる5つの理由

サラリーマンの仕事がつまらなくて辞めたいと思っている方がいるかもしれません。

なかには希望を持って入社したにもかかわらず、なぜつまらないと感じるようになったのか、疑問に感じている方もいるのではないでしょうか?

まずは仕事がつまらなくなった原因を探す必要があります。

仕事がつまらないと感じる主な理由は以下の5つ。

  1. 時間を長く拘束される
  2. やりたくない仕事もやらなければならない
  3. 成果に見合った報酬がもらえない
  4. 仕事がルーティン化してしまう
  5. 嫌な人とも働かなくてはならない

順番に見ていきましょう。

1.長時間拘束される

サラリーマンの仕事がつまらないと感じる理由の一つが長時間拘束されること。

サラリーマンは、最低でも一日10時間前後、ブラック企業であればさらに長い時間拘束されます。

仕事によっては同じ場所でずっと働く必要があるので、つまらなくなるのも無理はないでしょう。

筆者も、サービス業や飲食業関係のサラリーマンをやっていた際、拘束時間の長さに嫌気がさしていました。

プライベートの時間や睡眠時間も減ってしまうので、苦痛に感じていました。

今振り返ると、なんだか人生の時間を無駄にしたような感覚です。

2.やりたくない仕事もやらなければならない

サラリーマンはやりたい仕事ばかりできるわけではありません。時にはやりたくない取引先との接待や上司に無理やり押し付けられた仕事もやる必要があります。

そしていまだに日本では、長く勤めないとやりたい仕事に就けない会社が多く存在します。

上司にやりたい仕事があると主張しても「新人や若手はやりたくない仕事でも続けて成果を出さなければ、人気のあるポジションには就けない」と伝えられる会社が大半です。

そのため、同じ会社に勤務し続けると、本当にやりたい仕事がほとんどできない方も多くいるのが現状です。

3.成果に見合った報酬がもらえない

いくら頑張っても成果に見合った報酬がもらえなければ「何のために頑張ったのか」「報酬がアップしないのではやる気が出ない」といった感情を抱いても無理はありません。

実は仕事のやる気と報酬は密接に関わっており、給料が下がれば社員はやる気を失います。反対に給料が上がれば社員のやる気もアップするでしょう。

筆者が新卒で入社した会社ではボーナスが支給されていました。

とはいえボーナスを支給されている同僚や他の会社の友人と比較すると、あまりにも金額が少なすぎて、モチベーションを失った経験があります。

成果に見合った報酬がもらえなければ、もっと給料やボーナスがたくさんもらえる会社に転職しようと考えるようになるでしょう。

4.仕事がルーティン化してしまう

サラリーマンは出社してから退社するまで、おおむね仕事の流れが決まっています。

  • アポを取って取引先に向かい同じ商品を売る
  • 工場で製品を製造する
  • 飲食店で顧客に対して接客をする
  • 運送業者で毎日車を運転して商品を届けている

入社した頃は新しいことばかりで希望に満ちていた方も、毎日同じ仕事ばかりしていればモチベーションを失ってしまうでしょう。

そうなれば集中力も低下し、ミスをする原因にもなります。

とはいえ、ほとんどの仕事はルーティン化されているため、何かしらの対策が必要になるでしょう。

5.嫌な人とも働かなくてはならない

サラリーマンとして働いている場合、自分の働く部署や上司、取引先を選べません。

会社から命令されるまま部署に配属され、嫌な上司を変えてもらうのは難しいでしょう。

また自社よりも立場が上の取引先とつきあうケースもあります。その際、相手の担当者が嫌な人であっても、頭を下げたり、接待をしたりしなければなりません。

サラリーマンである以上、嫌な人と働くのは避けられないでしょう。

つまらない仕事でもやりがいを持つ4つの方法

サラリーマンがつまらないとはいえ、かんたんに辞められるわけではありません。頻繁に転職をしようとすれば、勤続年数が短いのを理由に選考に通らないケースがほとんどです。

したがって、長く働き続けるためにはつまらない仕事でもやりがいを持つ方法を知っておく必要があります。

  1. 小さな仕事にもやりがいを持つ
  2. 目標を持って仕事に取り組む
  3. 異動を求める
  4. 友人など社外の人と会ってみる

詳しく解説します。

1.小さな仕事にもやりがいを持つ

まだ入社して年数が経っていない方が与えられる仕事の大半は小さな仕事ばかりです。

「もっと売上が大きな仕事をしたい」「小さな仕事ばかりではやりがいを感じられない」といった考えを持つ方もいるでしょう。

しかし、誰でもできそうな仕事であっても「もっと効率よくできないか」「この仕事をすればどの部分で会社の役に立てるのか」を考えながらやれば、やりがいを感じられます。

小さな仕事でもやりがいを持ってやれば、そんなあなたの頑張りを上司が見ているかもしれません。

まずはどんなに小さな仕事であっても、精一杯頑張ってみましょう。

2.目標を持って仕事に取り組む

いつも同じような考えで同じやり方で仕事をやっても飽きるのが普通です。つまらない仕事でも長く続けるためには目標を持って仕事に取り組みましょう。

大きな目標を持つ必要はありません。短い間隔で達成感を得られるようにできるだけ小さな目標を何個も用意してください。

目標を持つことで、どうすればできるのか具体的に考えられます。

目標を達成し続ければ、自分の承認欲求が満たされ、仕事に対するモチベーションも保てるようになります。

3.異動を求める

「どうしても上司が嫌」「今の仕事に飽きてきてモチベーションが下がっている」からと、転職をするのはおすすめできません。

よい転職先を見つけられなければ、再度仕事がつまらないとなりかねないからです。

転職を考える前に、社内で異動ができないかどうか人事や総務に問い合わせてみましょう。

転職のように年収が下がるリスクも高くなく、環境を変えることでモチベーションが上がるかもしれません。

4.友人など社外の人と会ってみる

今いる会社から転職できない場合は、友人など社外の人と会うのも一つの手です。会社で1日のほとんどの時間を過ごしていると、ストレスを抱えている可能性があります。

友人やコミュニティなど社外の人とも関係を持っていれば、ストレスから一時的に解放されます。

つまらない仕事のモチベーションを上げるためのアドバイスをもらえたり転職先が見つかったりするかもしれません。

サラリーマンがつまらない仕事から脱却する方法

今いる会社の仕事がつまらなくて、異動も叶わなければ、思い切って環境を変える準備をする必要があります。

なぜなら、何もしなければ年数ばかりが経っていくので、思い切ったことに挑戦できなくなるからです。

そこで、つまらない仕事から脱却するために何をすればよいのか解説します。

転職活動を検討する

今のつまらない仕事から脱却するための手っ取り早い方法が転職です。とはいえいきなり会社を辞めるわけではありません。

まずは転職活動を検討するだけで十分。転職エージェントに相談したり今の自分の年齢や業務内容で見つかる求人をチェックしてみましょう。

一番よいのは、サラリーマンとして働きながら、空いた時間に転職活動を進めること。

そうすれば退職してもすぐに別の会社で働けるので、収入が減るリスクもありません。

転職活動をする際は一人で抱え込むのではなく、転職エージェントや友人など社外の人に相談しつつ進めてください。

副業を始める

今いる会社からすぐに転職できそうにないのであれば、副業を始めてはどうでしょうか?

副業なら今いる会社で働きながら収入も増やせます。サラリーマンの収入を副業収入が上回れば、独立も夢ではありません。

ただし、ほとんどの会社は就業規則で副業を禁止しています。給与収入が発生するアルバイトは会社にバレる可能性が高いので、在宅でできる仕事をしましょう。

サラリーマンがつまらないからといきなり独立するのはNG!

「サラリーマンがつまらないから」「夢を叶えるために」と、いきなり独立する方も多くいます。

ただ、以下の理由もあり、退職後すぐに独立するのはおすすめできません。

  • 収入が安定しない
  • 取引先が今後も付き合ってくれるとは限らない
  • 初期費用が多くかかる

まず独立には、事務所の費用や運営コストなど多くの費用がかかります。

加えて、サラリーマンのように毎月安定した収入が入ってくるわけではありません。最悪のケースでは、独立して数か月間は収入なしで暮らすことも想定する必要があります。

なかには、付き合いのある取引先をあてにして独立した人もいるでしょう。しかし、独立した瞬間、冷たい態度を取られるケースも珍しくありません。

独立はリスクの高い行動なので、よほどの勝算がない限りはおすすめできません。

会社をなかなか辞められない人が退職代行を利用すべき3つの理由

今いる環境がつまらないため転職したいと考えている方もいるでしょう。

しかし「働いてる会社の上司が退職を認めてくれない」「上司に退職の意思を伝える勇気がない」などの理由でなかなか辞められない人も多くいます。

会社を退職したい場合は退職代行がおすすめです。その理由は以下の3つ。

  1. 確実に退職できる
  2. 残業代や有給消化の条件交渉も可能
  3. 退職代行の担当者が相談に乗ってくれる

順番に解説します。

1.確実に退職できる

退職代行を使うと確実に退職ができます。なぜなら民法第627条により、労働者には自由に退職する権利があるからです。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法第627条|e-Gov

そのため、労働者が退職の意思を伝えれば、会社が強制的に引き止めるのは不可能です。

また退職代行を使うと、担当者が会社に対して退職したい旨を伝えてくれます。退職の意思を伝えるストレスからも解放されるでしょう。

2.残業代や有給消化の条件交渉も可能

労働組合や弁護士事務所が運営している退職代行を利用した場合、退職できるだけでなくさまざまな条件について交渉が可能です。

  • 残業代や未払い賃金の請求
  • 退職日の決定
  • 有給休暇の取得

また引き継ぎや社内の備品の返却などについても、会社と交渉してくれるので、指示通りに手続きを進めるだけで退職ができます。

退職代行を使っても有給は消化できる理由については「【利用前に確認】退職代行でも有給は使える!有給が残っていない場合はどうなる?」で解説していますのでご覧ください。

あわせて読みたい
【利用前に確認】退職代行でも有給は使える!有給が残っていない場合はどうなる? 「退職代行を使っても、有給休暇は消化できるのかな?」 「有給が残っていない場合は、会社を辞められないの?」 「失敗しないための退職代行サービスの選び方を知りた...

3.退職代行の担当者が相談に乗ってくれる

退職をしたい気持ちがあっても上司や会社への申し訳なさから決断ができない人もいるかもしれません。

退職代行会社では、LINEや電話など無料で相談ができます。自分一人で抱え込まずに相談することで、気持ちも楽になります。

もちろん相談をしてから、退職をするかどうか決めても問題ありません。

退職代行SARABAなら労働組合が運営しているので、即日退職や会社との交渉も可能です。まずは、気軽に相談してみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる