20代でも「仕事を辞めてゆっくりしたい」は実現可能!ポイントやお金を工面する方法を伝授

「退職してゆっくりしたいけど、色々と心配…」
「ブランクが転職に響いたらどうしよう」
「ゆっくりしている間のお金が不安」

会社員として頑張っていても、辛いことがあると「もう辞めてゆっくりしたい」と思う時がありますよね。しかしその先の人生設計や金銭面を考えると、なかなか退職に踏み切れないケースも。

結論から言うと、仕事を辞めてゆっくりするのは悪い判断ではありません。20代という若いうちだからこそ、後戻りできなくなる年齢になる前に思い切って行動することをおすすめします。

この記事では、仕事を辞めてゆっくりしたいけれど、迷いや不安がある20代のために次の内容を解説していきます。

  • 20代が仕事を辞めて休むメリット
  • 20代のうちにゆっくりすべき理由
  • 仕事を辞めてゆっくりしたい時のポイント
  • お金のことが心配な時の対処法

仕事を辞めても生活は案外どうにかなるので、疲れた時にはゆっくりと休むことも検討してくださいね。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

【ゆっくりしたい】20代が仕事を辞めて休む3つのメリット

親世代や上司世代から、20代で仕事を辞めてゆっくりすることをタブー視されるケースがよくあります。しかし世間からのマイナスな印象以上に、仕事を辞めてゆっくりするメリットのほうが大きいことが現実です。

  1. 時間に余裕が生まれる
  2. 仕事のストレスから解放される
  3. 自分と向き合える

仕事を辞めることで、自分が目指す生活を手に入れられるか確認しておきましょう。

1.時間に余裕が生まれる

仕事を辞めると、もちろんですが時間の余裕や自由さが生まれます。

ひたすら働いてばかりで、家には寝に帰るといった生活をしている20代は少なくありません。友達と会うのも好きだったゲームも「最後にしたのはいつだっけ?」と思い出せない方も多いのではないでしょうか。

仕事を辞めると時間的な余裕を肌で感じながら、働きながらでは難しかった次のような生活を送れるようになります。

  • 丁寧に自炊する
  • きちんと朝ごはんを食べる
  • ゆっくりと湯船に浸かる
  • 家族との時間を作る

特に健康面や家族と過ごす時間は、定年後にまとめて取り返すなんてことはできません。意図的に時間を作らなければ実現できないことはたくさんあります。

2.仕事のストレスから解放される

働いていると当たり前だったストレスが、仕事を辞めることでなくなります。

毎朝のように満員電車ですし詰めになったり、上司の機嫌をうかがったり。社会人をしていると、逃げられないストレス源がたくさんあるでしょう。

退職してしまえば仕事関係のストレス源がなくなり、スッキリした毎日を過ごせます。

特に仕事で鬱っぽくなっていた方は、ゆっくりと過ごせる日々を早めに手に入れることが大切です。

3.自分と向き合える

「自分はどんなことをしたかったのか」など、忙しく働いていると、いつの間にか忘れてしまうことがたくさんありますよね。仕事を辞めれば、ゆっくりと考え直す時間を作れます。

転職活動の方針に落とし込んだり、休暇期間中の過ごし方を考えたりして、自分と向き合った結果を活用していきましょう。

仕事を辞めてゆっくりしたいなら20代のうちがおすすめである3つの理由

20代のうちに行動を起こすべき理由は、次の3つです。

  1. 休んでからでも転職しやすいから
  2. スキルアップしやすい年代だから
  3. 独身なら自分の気持ちを優先して辞められるから

若いうちだからこそ、思い切ってゆっくりと休むことがプラスにはたらきます。1つずつ確認していきましょう。

1.休んでからでも転職しやすいから

何年にもわたる長期間のブランクでなければ、若ければ若いほど転職しやすいです。

例えば学校を卒業してから2年なら、半年程度ゆっくりしてもまだ第二新卒の立場で転職できます。一部の求人は、年齢制限を超えると応募すらできないことも。

就業経験が浅いまま転職するのも考えものですが、ゆっくりする時期を作るなら30代・40代になる前の早い段階で検討しましょう。

2.スキルアップしやすい年代だから

20代はまだ若く、色々なことを吸収できる世代です。若い頃の方が新しいことをサクサク勉強でき、大きな伸び代があります。

資格を取って専門的な職についたり、学校に入って学び直したりするなら、頭が柔らかいうちにチャレンジするのが1番

ゆっくりしている期間中にスキルアップした結果、フリーランスになることだってできます。

気になっていること、昔からの夢だったことがあるのなら、20代のうちにゆっくり時間をとって挑戦してみましょう。

3.独身なら自分の気持ちを優先して辞められるから

20代では、まだ養うべき家族を持っていない人が多いです。家族ができてからよりも、自分1人の判断のほうがゆっくりする時期を作りやすいでしょう。

仕事を辞めて貯金を切り崩しても、扶養する人数が少ないほうがお金には困りません。

30代・40代になって家族が増えてからでは

  • 働いていない配偶者なんて世間体が悪い
  • 子供の学費のために仕事を辞めるわけにはいかない
  • 大黒柱の収入が途絶えたら家族全員が路頭に迷う

このような問題で「仕事を辞めてゆっくりする」という決断はなかなかできません。

20代が仕事を辞めてゆっくりしたい時のポイント

「仕事を辞めてゆっくりしよう!」とせっかく大きな決断をしても、その後ダラダラと過ごすことはおすすめしません。仕事をしていない休暇期間は人生で何度も手に入るものではないからです。

次のポイントを意識して、退職後の期間を有意義なものにしていきましょう。

  1. 期限を決めてゆっくりする
  2. 生活リズムを崩さない
  3. 転職でアピールできそうなエピソードを作っておく

それぞれ紹介するので、行動に取り入れてみてください!

1.期限を決めてゆっくりする

ゆっくりする期間のゴールを決めておきましょう。無期限でゆっくりすることを許すと、社会に復帰するタイミングを逃し、後戻りできない年齢になってしまう可能性があるからです。

まだ正社員採用での再就職を十分に望めるはずなのに、ダラダラとしすぎてニートやフリーターになってしまってはもったいないです。

  • ◯月までに資格を取って再就職する
  • ゆっくりするのは貯金が◯万円を切るまでにする

など、常に意識できるように期限は具体的に決めることをおすすめします。

2.生活リズムを崩さない

仕事を辞めてからといって、生活リズムを崩すことは危険です。一度生活リズムが乱れると、簡単には元に戻せません。

休暇期間を終えて再就職する際、早起きすることや体力面で大変な思いをする可能性があります。

20代では、仕事がなくなるとつい夜ふかしをしがちです。しかし夜型のライフスタイルにメリットはほぼないので、睡眠や食事の時間を固定し、規則正しく生活することを心がけましょう。

3.転職でアピールできそうなエピソードを作っておく

仕事を辞めた後は文字通り「ゆっくり過ごす」のではなく、転職活動を視野に入れたエピソード作りをしていきましょう。

せっかくの休暇期間を実りのないものにしてはもったいないですし、休んでいる間「何もしていなかった」では転職活動で良い印象を残せません。

得に資格取得やアルバイト経験は、良いアピールポイントになりますよ。

お金のことが心配で仕事を辞められない時の対処法4選

「仕事を辞めてゆっくりしたい」とは思っても、お金のことを考えるとなかなか行動を起こせないですよね。そこでここからは、仕事を辞めてから金銭面で困らないようにする対処法を解説していきます。

  1. 失業手当を受給する
  2. 退職前に固定費を見直す
  3. 退職金が出るまで働く
  4. 実家に帰る

ご自身の状況で使える手段はないか、チェックしてみてください。

1.失業手当を受給する

働いていた期間がある程度長ければ、仕事を辞めた後に失業手当を受給できます。失業手当は、雇用保険を納めていた人を対象に、ハローワークから支給されるお金です。

具体的には、次の条件満たすことで賃金の50〜80%程度を原則1年間受け取れます。

  • 退職前の2年間のうち雇用保険を12ヶ月以上納めていたこと
  • ハローワークで休職の手続きをしていること
  • 失業状態であること

「失業状態」という条件は、再就職して働く意志や能力があることを指します。そのため「無期限でゆっくりしようと考えている」「フリーランスになるための準備をしている」などの状態では、失業手当を受給できないので注意しましょう。

2.退職前に固定費を見直す

退職後の生活を見据えて、仕事を辞める前に固定費を見直しておきましょう。仕事を辞めてからでは契約ごとがスムーズに進まないことが考えられるので、事前に手をつけることをおすすめします。

  • 家賃の安い物件に引っ越す
  • 電力会社のアンペア数を引き下げる
  • 格安SIMに乗り換える
  • 不必要なサブスクリプションを解約する

などの方法で、月々かかるお金を節約できます。退職してお金や社会的な信用がなくなってからでは手続きできないこともあるので、早めに行動してくださいね。

3.退職金が出るまで働く

退職金は、定年まで働かなくても受け取れるケースがあります。

早ければ勤続年数3年以上で受け取れるので「後少しで退職金が出る」というタイミングでは、もう少しだけ働くことも検討しましょう。

ただし退職金の支給に関して、法律で統一されているわけではありません。

企業によっては退職金制度そのものが存在しなかったり、わずかな金額しかもらえなかったりする場合があるので注意してください。

退職金については就業規則に書かれています。「仕事を辞めてゆっくりしたい」と感じたら、早い段階で調べておきましょう。

4.実家に帰る

お金の心配を減らすには、実家に帰ることも手段の1つです。

固定費の中でも大きな金額を占める家賃や食事が優遇され、金銭的な助けとなります。

実家に帰る場合は、引越し費用のことや、地元で再就職する意志はあるのかなどを考えておいてくださいね。

サクッと辞めてゆっくりしたい時は退職代行に依頼しよう

職場環境や精神的な問題で「すぐにでも仕事を辞めてゆっくりしたい」と悩んでいる方は、退職代行の利用を検討しましょう。

退職代行とは、あなたの代わりに仕事を辞めるまでの手続きを代行してくれるサービスのこと。上司から無理な引き止めにあったり、有給の消化を拒否されたりするトラブルを防げます。

もちろん20代で代行を依頼しても問題ありません。

最短でその日から仕事に行かなくていいよう手配できる可能性もあるので、スピード感を求める場合はぜひ退職代行へ相談してみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる