【心配しないで】仕事を辞めてもなんとかなる!退職後の選択肢は主に5つ

「仕事を辞めたいけど、その後の生活は大丈夫かな?」
「案外なんとかなるって聞くけど本当?」
「困らないように何をすればいい?」

退職を考えていても、その後のことで心配を抱えていませんか?

「仕事を辞めてもなんとかなる!」と頭では分かっていても、万全に対策しなければ不安ですよね。勢いだけで辞めて転職や生活費で苦労するのは避けたいところ。

そこでこの記事では、仕事を辞めてもなんとかやっていけるかと検討中の方に向けて、次の内容を解説していきます。

  • 仕事を辞めてもなんとかなる根拠
  • 肯定派・否定派の意見
  • 退職後の選択肢
  • 辞める前にできる対策

仕事を辞めても、生きていくことには案外困りません。雇用形態に縛られない多様な働き方が広まっていますし、支援制度を活用すれば金銭的な心配は減らせるためです。

今後のことを心配してなかなか退職できずにいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

仕事を辞めてもなんとかなる3つの根拠

仕事を辞めても、次の3つの理由により金銭的なリスクは減らせます。

  1. 失業手当をもらえるから
  2. 職業訓練を受けられるから
  3. 最悪、生活保護があるから

退職後もなんとかなるので、どうしても辛い職場なら辞めることを優先しましょう。今後のことは退職してから考えても遅くはありません。

1.失業手当をもらえるから

失業手当とは、在職中に加入していた雇用保険による給付金です。給料から天引きされる形で、直近2年間のうちに雇用保険を12か月以上納めていると、手当が給付されます。

在職中に受け取っていた賃金の50〜80%程度、原則として1年間、手当が支払われる仕組み。この失業手当があれば、当面の間の生活費には困りません。

また、雇用保険を支払っていたなら、正社員以外の働き方だった人でも手当を受け取れます。

細かな受給要件は、地域のハローワーク(公共職業安定所)で確認してみましょう。

2.職業訓練を受けられるから

次の仕事に就けるか心配でも、職業訓練で転職に向けて準備できます。職業訓練は、就職で役立つスキルを無料で学べる学校のようなシステム。

働く意志を持つ人なら、失業手当の有無に限らず誰でも訓練を受けられます。無料で学べることもメリットですが、訓練期間中には金銭的なサポートがあることも大きな魅力。

雇用保険による手当か、月額10万円の「職業訓練受講給付金」が、訓練期間中の生活を支えてくれるのです。

資格やスキルがないと、転職が上手くいくか不安になることもありますよね。しかしスキル0で仕事を辞めても、職業訓練でスキルアップすればIT分野やWeb業界に転職するチャンスをつかめます。

3.最悪、生活保護があるから

万が一失業手当の受給条件を満たせなかったり、職業訓練後の転職が上手くいかなかったりしても、生活保護があります。

生活保護というとネガティブなイメージを持つ人も。しかし、憲法で定められた権利であり、受給は悪いことでも恥ずかしいことでもありません。

生活保護に頼らないことが1番ですが、仕事を辞めて困ってもセーフティネットがあると知っておけば、心配の気持ちは軽くなるはずです。今後のことが不安で退職を決め切れない方は、最後には生活保護でなんとかなることを頭の隅に入れておいてくださいね。

【辞めてもなんとかなる!】退職に肯定派の意見

「仕事を辞めてもなんとかなるよ」と、退職を優先することに肯定的な意見を紹介します。

今の仕事に無理にこだわると、人生のチャンスを潰してしまうという考え方です。

一度きりの人生を、居心地の悪い会社に捧げて終わるのはもったいないですよね。転職するにも独立するにも、若い世代のうちに動いて損はありません。

むしろ仕事を辞めて自分を追い込んでからのほうがガムシャラに行動できる人も。

失業手当などで当面の生活はなんとかなるので、やりたいことへの挑戦をぜひ検討してみてください。

【慎重になって!】「なんとかなる」思考に否定派の意見

「なんとかなる」思考に警告する、否定的な意見もあります。

否定派の意見で多いのは、次のような根拠です。

  • スキルがない人は結局どこに行っても同じ
  • 勢いだけで夢を追っても上手くはいかない
  • 「辞めること」がゴールに置き換わるのは危険

会社を辞めることを否定するというのではなく、後先を考えない勢い重視での退職に注意を促しているのです。たしかに、今後の見通しが立たないまま退職に踏み切ると、万が一生活が成り立たない危険もあります。

「なんとかなる」の思考が100%悪い訳ではありませんが、その場の感情に任せず、できれば計画を立てた上での退職が望ましいですね。

仕事を辞めてもなんとかするための選択肢5選

仕事を辞めてもなんとかなるとはいえ、事前に計画を立てておくことが重要。失業手当や貯金がある期間中に、これからの生き方を安定させるためです。

仕事を辞めてからの主な選択肢は次の5つ。

  1. 転職する
  2. フリーターになる
  3. 派遣で働く
  4. フリーランスになる
  5. ワーホリに行く

自分が目指すべき姿を見つけ、どのような行動が必要なのか逆算してみてください。

1.転職する

仕事を辞めてから、多くの人が転職しています。退職前に内定獲得のために動いたり、失業手当を受給しながら転職活動したりすることが一般的。

なんとか生き抜くだけなら、人手を必要としている業界はたくさんあります。まずは求人サイトで募集情報を集め、自分に合った会社がないかチェックしてみましょう。

直近の住処をなんとかするためには、寮付きの仕事がおすすめです。

ただし会社選びで妥協し、急いで転職を済ませてしまうと、短期間で再び退職に悩むことになります。転職が上手くいかなければアルバイトでなんとかする選択肢もあるので、慎重に行動することが大切です。

転職活動で自信がない方は、エージェントサービスの利用も検討してみてください。

2.フリーターになる

フリーターは、正社員以外の雇用形態で働く若者のこと。主にアルバイトで生計を立てる人たちを指す言葉です。

正社員としてやりたいことが見つからないときには、一時的にフリーターとなって生活費を稼ぐ道があります。

正社員として働く意志があれば、社員登用制度がある職場を探すことがおすすめ。最初はアルバイトとして入社し、条件を満たすことで正規雇用に切り替えてもらえる仕組みです。

全ての会社で社員登用を行っているわけではないので、求人要項で確認したり、面接時に質問したりして認識の間違いを防ぎましょう。

なお、複数の収入源があると、フリーターでも確定申告をする必要があります。

3.派遣で働く

派遣会社に雇われて、就職先とは他の企業(派遣先)へ足を運んで働く雇用形態です。

フリーターよりも責任のある仕事を任せてもらえて、その分時給も高い傾向にあることがメリット派遣先を決定するには一般の転職のように面談などがありますが、派遣会社の担当者が付いて活動をサポートしてくれます。

雇用形態の安定を目指す場合は、紹介予定派遣の制度を活用しましょう。紹介予定派遣は、派遣先への直接雇用を前提とした、試用期間のような働き方です。最大6か月の派遣期間をスムーズに終えれば、正社員として雇ってもらえます。

派遣社員になる際に気をつけたいのは、同じ職場で3年以上働けない「3年ルール」です。3年を超えて働く場合、他の派遣先に異動することになります。途中で直接雇用に切り替えてもらえる可能性もありますが、どんなに良い環境でも1つの派遣先で長く働くのは難しいと認識しておきましょう。

4.フリーランスになる

「会社で雇われる」という立場をやめ、独立する選択肢です。会社のルールにとらわれず、時間も場所も自分の好きなように決めてお金を稼げます。

会社員・アルバイトとの大きな違いは、上限なく収入を上げられること。基本給は決まっていないので、その人の頑張りや工夫次第で稼ぎを大きく伸ばせます。

一方でフリーランスになると、今までのように会社に守ってもらうことはできません。病気や怪我で働けなくても福利厚生によるカバーがなかったり、取引先とのトラブルがあっても自分で責任を取ったりするのです。

フリーランスとして稼ぐ方法の例は以下の通り。

  • Webライター
  • Webデザイナー
  • 動画編集者
  • 物販(せどり)

フリーランスが気になっていたら、貯金や退職金があるうちにぜひチャレンジしてみてください。

5.ワーホリに行く

ワーホリ(ワーキング・ホリデー)は、日本と協定を結んだ国に滞在し、休暇を過ごせるプログラムです。1〜2年間、外国で学んだり働いたりする権利を得られます。

仕事を辞めて貯金がなくても現地で収入を作れるので、ワーホリ期間中の生活はなんとかなります。

ワーホリ制度を使えるのは、原則として18〜30歳の若者のみ。「外国で働きながらゆっくり過ごす」という選択は一生のうちで何度もできることではありません。

仕事を辞めることをきっかけに、海外で新たな生活をしてみるのもおすすめです

仕事を辞めてもなんとかなるよう事前に対策しよう

ここからは、仕事を辞めても後悔しないよう、今後をなんとかするための具体的な行動案を紹介していきます。

  1. セーフティネットを調べる
  2. 退職後の計画を立てる
  3. 就業規則を確認する
  4. 副業をしておく

記事を読んですぐにできることもあります。確認して少しずつ準備していきましょう。

1.セーフティネットを調べる

セーフティネッとは、生活が困った時に頼れる社会保障制度のこと。「退職直後はどのような制度で支えてもらえるのか」を把握しておき、制度をフル活用しましょう。

今まで給料から天引きされていた「雇用保険」からの助けや、自治体からの支援を受けられるのです。

曖昧な知識では、制度を利用するための条件を満たせなかったり、知らないうちに決まりを破ってしまったりして損をするリスクがあります。

仕事を辞めてから頼れるのは、次のような制度です。

  • 失業手当
  • 求職者支援制度(失業手当を受給できない人)
  • 労災補償制度(仕事が原因で病気や怪我を患った人)
  • 生活保護制度(必要最低限の収入を下回った人)

特に制度の利用条件や、申請方法を調べておくと安心です。

2.退職後の計画を立てる

仕事を辞めてから時間や行動の無駄を生まないよう、計画を立てることも大切です。

  • 退職したらどのような道に進むのか?
  • 次の行動が上手くいくまでにお金は足りるのか?
  • 家族にはどのように説明するのか?

など、退職後に起こりうる問題に対して、事前に対策方法を考えておくのです。行動の流れをあらかじめ決めておけば、仕事を辞めてからもスムーズに生活を立て直せます。

転職活動や、独立のためのスキルアップなど、事前にできることは退職前から積極的に取り組んでくださいね。

3.就業規則を確認する

仕事を辞めてもなんとかなりますが、会社の決まりを破って無理に退職するのはNGです。社内の残った人に迷惑がかかってしまいます。

円満退社できないと、重大なトラブルとして訴訟を起こされたり、退職後も確認の電話がかかってきたりとやっかいなことになる可能性も。

  • いつまでに退職の意思表示をするのか?
  • 有休を消化するにはどうすれば良いのか?
  • どのような流れで手続きするのか?

就業規則でこのような内容を確認し、スムーズに辞められるよう準備してくださいね。不明点を上司に聞くのに抵抗があったら、人事部などに問い合わせることをおすすめします。

根拠のない厳しい就業規則が原因で辞められない時には、退職代行の力を借りましょう。退職代行とは、仕事を辞めるまでの手続きを代行してくれて、スムーズな退職をサポートしてくれる存在です。

退職代行について詳しく知りたい方は、関連記事「【まるわかり】退職代行とは?サービス内容やメリットデメリットを完全解説」をぜひご確認ください!

あわせて読みたい
【まるわかり】退職代行とは?サービス内容やメリットデメリットを完全解説 会社をやめたい人の味方になる退職代行。依頼者に変わって、退職に関する処理を行ってくれるサービスです。 メディアで取り上げられる機会も増え、耳にしたことがある方...

4.副業をしておく

副業収入があれば、辞めてからの生活はなんとかなるでしょう。

転職活動が長引いたり、フリーターとして収入が安定しなかったりしても、副業収入が助けになるからです。また、副業での活動を本格化すれば、フリーランスになる選択も視野に入れられます。

働いている頃から先を見据えて副業することで、金銭的にも気持ちの面でも安心感を得られます。ただし行動を起こすときは、就業規則で「副業禁止」の決まりがないかチェックしておきましょう。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる