転職後1週間で辞めたいときはどう伝えればいい? 注意点やスムーズに辞めるポイント

「転職して1週間経ったけどもう辞めたい」
「1週間しか経っていないのに辞めても再就職に問題はない? 」

自分の性格にマッチしない会社に転職した方のなかには、1週間経たないうちに辞めたくなる方もいます。

入社から1週間で辞めた場合、印象が悪くなるので、再就職でも苦労するリスクがあります。しかし、我慢して働き続ければ、ストレスもかかります。

実は、1週間ほどで退職をしても、再就職は十分可能です。

この記事では、

  • 転職1週間で会社を辞める方法
  • 会社を辞めたくなる3つの理由
  • スムーズに退職するためのポイント

について詳しく解説します。

1週間で退職する際の注意点も解説するので、再就職に失敗するリスクも減らせます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

【3ステップ】転職1週間で会社を辞める方法

転職したもののわずか1週間で入社を後悔していませんか?転職してから1週間で会社を辞めるのは可能ですが、手続き上の違いがないか気になる方もいるかもしれません。

会社を辞めたい場合、以下の手順で手続きを進めれば退職可能です。

  1. 上司に退職の意思を伝える
  2. 退職届を提出する
  3. 退職日以降、備品の返却や書類を受け取る

順番に解説します。

1.上司に退職の意思を伝える

退職をする場合、上司に退職の意思を伝えなければなりません。なお、退職の伝え方は、口頭に限らず、メールやLINEなどどのような方法でも問題ありません。

ただし、口頭以外の伝え方は悪い印象を与えるため、できれば避けた方がよいでしょう。

退職の意思を伝える際は、上司に連絡して2人きりで話せる時間を作ってもらいます。

退職の意思をメールで伝える方法については「退職相談をメールで伝えるのは可能? 上司への伝え方を状況別に解説」にて解説しています。事情がありメールで伝えたい方は、参考にしてみてください!

あわせて読みたい
退職相談をメールで伝えるのは可能? 上司への伝え方を状況別に解説 「退職相談をメールでしてもいいの? 」 「退職を伝えるメールの書き方がわからない」 とあなたは悩んでいませんか? 一般的に退職の意思は口頭で伝えますが、どうして...

2.退職届けを提出する

上司に退職の意思を伝えたら、退職届の提出を指示されます。会社に退職を認めてもらうためには、退職届を提出しなければなりません。

退職届には、以下の情報を記載する必要があります。

  • 退職する旨
  • 退職日
  • 退職理由(特に理由がなければ一身上の都合)
  • 会社名と宛先
  • 自分の名前と実印

退職届は必ずしも会社に持っていく必要はなく、郵送で提出しても問題ありません。なお、パワハラが原因で退職をする際は退職届の書き方もやや変わります。

パワハラを受けたときの退職届の書き方については「パワハラでやめるときの退職届の書き方とは? 会社都合で退職すべき理由も解説!」にて解説しています。パワハラが原因で退職する方は、参考にしてみてください!

あわせて読みたい
パワハラでやめるときの退職届の書き方とは? 会社都合で退職すべき理由も解説! 「上司からパワハラを受けているので、すぐにでも退職したい」 「退職届の書き方について調べておきたい」 と悩んでいませんか? 厚生労働省が発表した「職場のハラスメ...

3.退職日以降、備品の返却や書類を受け取る

退職届を提出したら退職日まで待ちます。同僚にはお世話になった期間が短くても、退職する旨をきちんと伝えましょう。

退職日当日になったら、会社から借りた備品は返却し、自分の私物は持ち帰るようにしてください。

なお、勤務期間が1週間前後の場合、引き継ぎはほとんど必要ありません。

転職1週間で会社を辞めたいときの3つの退職理由

転職してから1週間しか経っていないのに辞めたい場合、以下の理由による退職が考えられます。

  1. 社風が合わないとき
  2. 人間関係が原因で辞めたいとき
  3. 仕事が合わないとき

具体的にどのような状況なのか見ていきましょう。

1.社風が合わないとき

社風が合わず退職を決意する方は少なくありません。具体的には以下のような事例があります。

  • 上司や先輩の言うことは絶対
  • 仕事の進め方が遅い
  • 飲み会の誘いが多い
  • 出世するためには上司に媚びを売らなければならない
  • セクハラが常態化している
  • 顧客の利益よりも売上を優先している

「仕事の進め方が遅い」「飲み会の誘いが多い」については、必ずしも悪いこととは限りません。

しかし、社風が合わない会社で我慢して働き続けると、ストレスが溜まりやすくなるので注意が必要です。

また社風は、入社しなければ気づけないケースも多いため、1週間で後悔するのも無理はないといえます。

2.人間関係が原因で辞めたいとき

せっかく転職をしたのに、 相性が悪い上司や同僚がいると、出勤さえしたくなくなるのではないでしょうか?

マイナビの転職動向調査2020年版(2019年)でも、転職活動をはじめた理由(単一回答)として「職場の人間関係が悪かった(12.4%)」と回答した人の割合がもっとも多い結果でした。

上司や同僚との相性が悪ければ、仕事の進め方でストレスを感じたり、パワハラを受けたりするケースも珍しくありません。

とはいえ、人間関係で退職をする場合は、自分に原因があるケースも考えられるので注意が必要です。まだ入社から間もないため、上司や同僚のことを正確に把握できていない場合もあります。

また、退職をしても同じく人間関係で悩みが発生するケースもあり、よく検討する必要があるでしょう。

3.仕事が合わないとき

仕事が合わないと考えて転職を考える方も多くいます。マイナビの転職動向調査2020年版(2019年)にある転職活動をはじめた理由を見てみましょう。

単一回答の場合は7.2%の方が理由として挙げている一方で、複数回答になるとその割合は30.6%まで上がります。

仕事内容に不満がある状態ではモチベーションが上がらないため、成果が出にくくなるでしょう。

ただし、たった1週間で「仕事が合わない」と判断してよいのかどうかは難しい部分です。

転職から1週間で会社を辞める際の注意点3つ

転職から1週間で会社を辞める際は、一般的な退職よりも慎重に検討しなければなりません。

注意点は以下の3つ。

  1. ばっくれは絶対にしない
  2. 収入がしばらく入ってこない
  3. 再就職に苦労する可能性が高い

これらの点を把握せずに退職をすれば、後悔する可能性もあるので注意してください。

1.ばっくれは絶対にしない

パワハラやセクハラなど、どんなにひどい目に遭っても、ばっくれだけはやめてください。

ばっくれをすると、上司や同僚からの印象は悪くなります。

そして、会社の上司から鬼のように電話がかかってくるだけでなく、家族にも伝えられます。その結果、行方不明により警察にも通報され、多大な迷惑がかかりかねません。

会社をばっくれた場合のリスクについては「会社をばっくれたら損害賠償される!? 給料や転職への影響も解説」にて解説しています。ばっくれたいと考えている方は、参考にしてみてください!

あわせて読みたい
会社をばっくれたら損害賠償される!? 給料や転職への影響も解説 「会社をばっくれたいけど、損害賠償されないか不安……」 「ばっくれて辞めた場合も働いた分の給料は支払ってくれるのだろうか」 などの悩みをお持ちではありませんか? ...

2.収入がしばらく入ってこない

転職後わずか1週間で退職すると、収入がしばらく入ってこないので注意が必要です。長く働いた社員のように有給休暇も付与されないので、収入が激減します。

しばらく仕事をしなくても生活していけるくらいの貯金がない状態での転職はあまりおすすめできません。

3.再就職に苦労する可能性が高い

転職をして1週間しか経っていないのに退職をすると、再度新しい仕事を見つけるのに時間が長くかかります。なぜなら、企業の人事担当者は採用してもまたすぐに退職するのでは? と考えるからです。

そのため、面接どころか書類選考で落とされるケースも増えます。さらに転職期間中は会社に雇用されていないので、社会保険を脱退し、国民健康保険に加入しなくてはなりません。

国民健康保険に加入した場合、社会保険よりも保険料の支払いが多くなるので、生活にも影響が出ます。

スムーズに退職するための4つのポイント

転職から1週間しか経っていなくても退職は可能です。しかし、辞めた後は収入も減るため、すぐに別の会社へ転職しなければなりません。

そこで、転職をしたい方は、スムーズに退職するためのポイントを抑えておきましょう。

  1. 退職する理由を整理しておく
  2. 転職エージェントを利用する
  3. 企業研究を丁寧に行う
  4. 自分が転職したい企業の軸を明らかにする

順番に解説します。

1.退職する理由を整理しておく

スムーズに転職するためには、退職理由を整理しておく必要があります。なぜなら、履歴書や面接などの選考において、企業側は1週間で退職したあなたを採用しても問題ないのか判断したいからです。

退職理由を明確に伝えられれば、そこまで大きなマイナス評価にならないケースもあります。

加えて、退職理由を整理しておかなければ、再度嫌になり転職するかもしれません。短期間での転職が複数回あると、書類選考さえ通らなくなるおそれがあるので注意しましょう。

2.転職エージェントを利用する

短期間での退職をする原因の1つとして、企業との相性を見極められなかったことが考えられます。

どんなに優秀な方でも、自分の能力を発揮できない会社に転職すると、すぐに退職せざるを得なくなります。

二度と失敗しないための方法として、転職エージェントを利用してみてください。転職エージェントを利用するメリットは4つ。

  • 非公開求人を多く扱っている
  • 自分と相性のよい企業に絞って紹介してもらえる
  • 選考対策をしてくれる
  • 転職の悩みに乗ってもらえる

自分の性格とマッチする企業を選ばなければ、転職は成功しません。転職エージェントのコンサルタントは、過去に何人もの求職者を見てきているので、専門的な視点から相性の良い求人を紹介してもらえるでしょう。

他にも履歴書や面接などの選考対策もしてもらえるので、短期間での退職に不安がある方にもおすすめです。

3.企業研究を丁寧に行う

転職先を見つけるにあたり、企業研究は丁寧に行いましょう。求人票だけでなく、転職エージェントに相談したりインターネット上の口コミを確認したり、さまざまな方法があります。

丁寧に企業研究を行えば、相性の悪い会社に入社して後悔する確率は低くなるでしょう。さらに、不安な点やインターネットになかった情報については、面接の際に聞くことをおすすめします。

4.自分が転職したい企業の軸を明らかにする

転職をするに当たり、自分が転職したい企業の軸は明確にしてください。転職の軸がはっきりしなければ、どのような企業を選べばよいのかわからず、自分とマッチする転職先を見つけにくくなります。

転職したい企業像がイメージできない方は、 逆に転職したくない企業のイメージから考えるとよいでしょう。

また、退職したい理由にもヒントがあります。たとえば、売上至上主義の社風が嫌で辞めたい方は、1人1人の顧客と向き合える働き方ができる企業を選ぶとよいです。

1人で考えても分からない場合は、転職エージェントの担当者に話して一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

退職の意思を伝える勇気がない方に退職代行をおすすめする理由

転職から1週間で退職の意思を伝えるのは勇気が必要です。なぜなら、誰に相談をしてもほぼ100%反対されるからです。

退職後の転職活動に不安があり、退職自体を思いとどまる方もいるかもしれません。

上司に退職の意思を伝えるのが難しい場合は、 退職代行がおすすめです。退職代行をおすすめする理由は以下の3つ。

  1. 確実に退職ができる
  2. 辞める前にLINEや電話などで相談ができる
  3. 一部の退職代行なら転職サポートがついている

順番にそれぞれの理由について解説します。

1.確実に退職ができる

退職代行を利用した場合、確実に退職ができます。なぜなら、労働者は意思を伝えれば自由に退職ができると民法により定められているからです。

したがって、そもそも退職代行を使って失敗するケースはほとんどありません。

早朝に依頼をすれば、午前中には退職が決定するなどスピード感もあります。退職の意思を伝えにくい職場で働いている方には、特におすすめのサービスです。

2.辞める前にLINEや電話などで相談ができる

退職代行はまだまだ認知度が高いとはいえないサービスです。

「どの退職代行を使えばよいのか」「悪徳業者でないか」不安を感じる方もいるでしょう。

しかし、各退職代行では、LINEや電話、メールなどで相談ができます。そのため、対応を確認して信用できるか判断ができます。また、退職前に相談することで、落ち着いて決断できるでしょう。

依頼決定後も自分の要望を伝えられます。悩んでいる方は、まず相談をしてみてください。

3.一部の退職代行なら転職サポートがついている

一部の退職代行では、提携している人材会社や転職エージェントを紹介してもらえます。そのため、自分にマッチする求人も探せるでしょう。

提携している人材紹介会社から紹介された会社に転職を決めると、数万円のキャッシュバックをもらえる退職代行もあります。

なお、会社と交渉ができる労働組合や弁護士が運営する退職代行を選ぶようにしましょう。

どの退職代行を利用すればよいのかわからない方は、以下の記事でおすすめの退職代行会社を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる