転職に失敗して辞めたい!5つの対処法やおすすめの退職方法を徹底解説

「転職に失敗したので、すぐに退職したい」
「転職してから期間が短くても退職はできるの?」

転職をして入社した会社が自分に合っていない場合、すぐに辞めたくなるのではないでしょうか?

とはいえ、短期間での退職は、あまりよい印象を持たれません。また退職をしても、自分と相性の合う会社に転職できる保証はなく、不安を感じる方もいるでしょう。

この記事では、

  • 転職が失敗して辞めたくなる5つの理由
  • すぐに退職したい時にできる5つのこと
  • 次の転職で失敗しないためのポイント

についてくわしく解説します。

短期間での転職に不安を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

転職が失敗して辞めたくなる5つの理由

転職をしてまだ日が経っていないのに辞めたくなる方もいます。転職直後に辞めたくなる代表的な理由は5つ。

  1. 入社前に考えていた業務と違う
  2. 上司や同僚との相性が悪い
  3. 社風が合わない
  4. 自分の能力の低さに嫌気がさした
  5. 労働環境がひどい

それぞれの理由についてくわしく解説します。

1.入社前に考えていた業務と違う

おおまかな業務内容は、入社前の面接でわかるでしょう。ところが、入社後の業務が入社前に説明されたものと異なるケースもあります。

たとえば、事務職のつもりで入社を決めたのに、入ってみると営業を任せられた事例もあります。

キャリアバイブルが行った「入社後に悪い意味で想像と違ったこと」についてのアンケートによると、「勤務条件や仕事内容が違った」と回答した人の割合は13.3%でした。

入社前の説明と違った業務をさせられるケースは意外にも多くあるようです。もし、入社後の業務が納得いかないものであれば、転職理由になるでしょう。

2.上司や同僚との相性が悪い

上司や同僚との相性など人間関係が原因で退職する方は多くいます。

日本労働調査組合が行った「仕事の退職動機に関するアンケート」でも、仕事を辞めたい理由の第1位として職場の人間関係を挙げている方が38.6%もいます。

仕事である以上、嫌いな方と週5~6回も会わなければなりません。また、人事に異動希望を出しても、パワハラやセクハラなど正当な理由がない限り通らないでしょう。

我慢して相性の悪い方と働き続ければ、ストレスを抱えて、仕事へのモチベーションも下がります。辞めたくなるのも無理はありません。

3.社風が合わない

転職先が社風の合わない会社だった場合、出勤するだけでもつらくなるでしょう。たとえば以下のようなケースです。

  • お酒が飲めないのに、飲み会ばかり開かれる
  • マイペースな性格なのに厳しいノルマを課される
  • 仕事をテキパキ済ませたいのに、なかなか稟議が通らない

部署全体がほぼ同じ社風の会社も多いため、異動しても悩みは消えません。また、入社前に社風を見抜くのは簡単ではありません。

4.自分の能力の低さに嫌気がさした

辞めたくなる理由のすべてが会社に責任があるとは限りません。運悪く自分に合っていない仕事を行った結果、能力の低さに嫌気がさして辞めたくなるケースもあります。

同僚や上司に相談をしても「慣れれば誰でもできるようになる」と説得されて渋々働き続ける方もいるでしょう。

しかし、働き続けても成果がでなければ、何のために我慢して働き続けたのかわかりません。

現在の仕事で成果が出せないときは、自分の能力を活かせる職場に転職するのも1つの手段です。

5.労働環境がひどい

ここまで紹介してきた理由は、いずれも100%会社側が悪いとはいえない理由でした。しかし、以下のような労働環境がひどいケースでは、会社側に非があります。

  • 長時間の残業や休日出勤が当たり前
  • 上司や先輩によるパワハラやセクハラが常態化している
  • タイムカードを切らされた後も残業を強いられる

労働環境がひどい会社で働いている場合は、我慢する必要はありません。すぐに退職して次の会社を探しましょう。

退職の相談をした結果「今辞めたらどこの会社も雇ってくれない」「みんなも我慢して働いている」などといわれて引き留められるでしょう。

しかし、我慢して働き続けて体調を崩せば、長期入院で退職せざるを得ない状況まで追い込まれる場合もあります。

なんとしても転職をしましょう。

転職先をすぐに退社したい時にできる5つのこと

転職先を退社したくなった際、必ずしも辞めるのが正解とは限りません。まずは以下の5つの順番で検討してみてください。

  1. 上司に相談する
  2. 家族に相談する
  3. 再度転職先を探す
  4. 現状の問題を解決する
  5. 退職する

それぞれ見ていきましょう。

1.上司に相談する

転職先をすぐに辞めたくなったら、まずは直属の上司に相談してください。転職直後は、まだ同僚や先輩との距離も遠く、もっとも客観的な立場で相談にのってくれるのが上司だからです。

多くの従業員を見てきただけでなく、悩み相談にのった経験がある上司もいるでしょう。冷静なアドバイスを受けられるので、参考にしてみてください。

2.家族に相談する

上司に相談しても辞めたい想いが解消されなかったり上司に問題があったりする場合は、家族に相談することをおすすめします。

上司や同僚は会社に所属している以上、あなたのことを100%理解しているわけではありません。また、退職を警戒されて引き留めに遭う恐れもあります。

しかし、家族はあなたのことをもっとも理解してくれるはずです。客観的な立場からアドバイスをもらえるので、悩みが解消する可能性が高くなるでしょう。

3.再度転職先を探す

上司や家族に相談をしても転職の意思が強い場合は、再度転職先を探してください。 すぐに検索したければ早めに転職活動をするべきです。

求人サイトや転職エージェントなどを活用して、転職先を探しましょう。

4.現状の問題を解決する

あなたが辞めたくなる問題について、必ずしも会社側に100%責任があるわけではありません。

仕事のやり方を変えたり考え方を改めたりすれば、問題が解決する場合もあります。転職せずに問題が解決できるのであれば、収入が減ったりストレスが増えたりするリスクを心配する必要はありません。

辞めたいからすぐ退職するのではなく、転職をせずに問題が解決できるかどうか考えてみましょう。

5.退職する

自分で問題を解決しようとしたり誰かに相談をしたりしても、辞めたい気持ちが変わらない場合は退職をしましょう。

辞めたいにもかかわらず、いつまでも同じ会社で働きすぎると、ストレスにより体調を崩すおそれがあります。無理をして働いてもよいことはないので、すぐに退職をしましょう!

会社がどうしても退職を認めてくれない場合は、退職代行の利用も検討してみてください。退職代行を使えば、100%退職ができます。

上司に退職の意思を伝える勇気がない方やなかなか退職が認められずに困っている方は、ぜひ利用を検討してみてください。

転職後すぐに辞めてもいい? 短期間で退職した場合のリスク

転職後すぐに辞めるのは問題ありません。上司に辞めたい旨を伝えて退職届を出せば、辞められます。

しかし、短期間で退職をすると、採用してもすぐに辞める印象を与えかねません。特に短期間で何度も転職を繰り返している場合は、書類選考の段階で落とされるケースが増加します。

一方で、第二新卒や短期間での退職が一度しかない場合は、必ずしも選考に不利になるとは限りません。

短期間で転職をする際の伝え方については「転職後1週間で辞めたいときはどう伝えればいい? 注意点やスムーズに辞めるポイント」でくわしく解説しています。

短期間で転職したい方は、参考にしてみてください!

次の転職先でも失敗しないためのポイント5つ

今の会社を退職するのは難しくありません。むしろ重要な点は、次の転職先で同じ失敗を繰り返さないこと。

そこで次の転職先にも失敗しないためのポイントを5つ紹介します。

  1. 転職理由を明確にする
  2. 情報収集をしっかり行う
  3. 転職エージェントに相談する
  4. 自身の市場価値を見直す
  5. 今回の転職活動失敗の原因を探る

どのポイントも重要なので、後悔しないためにも把握しておきましょう。

1.転職理由を明確にする

単になんとなく辞めた場合、逃げることが目的になります。そのため、面接で転職理由を聞かれてもうまく答えられません。

仮に面接がうまくいっても、よく考えずに転職先を決めることになり、また辞めたくなるでしょう。

次の転職先では後悔しないためにもなぜ転職したいのか理由を明確にしておきましょう。理由を明確にすれば、自分が本当に働きたい会社を見つけやすくなります。

2.情報収集をしっかり行う

転職後にすぐに辞めたくなる原因の一つは、情報収集が十分にできていなかったからです。

したがって、転職活動中に、以下の情報をしっかり収集しておきましょう。

  • 求める社員像
  • 社風
  • 福利厚生
  • 労働条件
  • 業務内容
  • 評価制度
  • 教育体制や研修
  • 仕事の進め方

求人票に載っていない情報については、公式サイトや社長および社員のインタビューなども確認しましょう。

情報収集をしっかり行っておけば、自分とマッチしない会社を避けられます。

3.転職エージェントに相談する

ネットの情報だけでは、自分とマッチする会社を見つけるのは苦労するでしょう。また、自分で集める情報だけでは具体性に欠けるため、客観的な判断が難しくなります。

自力での転職が不安な場合は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントであれば無料で、自分に合った会社の選び方や業界の動向などを相談できます。

また多くの会社と取引があるため、転職したい会社情報に詳しい社員から情報を聞けるケースもあります。

たとえば、筆者が転職エージェントを使った際は、自分が志望する会社からエージェント会社に転職した方と話ができ、求人票ではわからない社風や働き方について理解できました。

4.自身の市場価値を見直す

転職活動で失敗しないためには自分が転職先で貢献できる点を理解する必要があります。たとえば「営業で1番だった」「クライアントの問題を解決した」など具体的な実績があれば、企業側もあなたが会社で活躍するイメージを持ちやすくなります。

ただし、自分だけで考えても正確な市場価値を把握するのは難しいでしょう。そこで、ほかの会社で働く友人や転職エージェントなどに相談をして、自分の市場価値を把握する必要があります。

市場価値がわかれば、より自分と相性がマッチする会社を選びやすくなるでしょう。

5.今回の転職活動失敗の原因を探る

そもそも、今あなたが辞めたいと感じているのは転職活動に失敗したからです。そして、同じ失敗を繰り返さないためにも、その原因が何なのか探る必要があります。

たとえば求人票の給料や労働条件だけを見て失敗したのであれば、社風やそこで働く社員などの情報も積極的に集めれば、転職活動が成功しやすくなります。

自分で原因がわからない場合は、転職エージェントに前回の転職活動の状況を話せば、判明するでしょう。

退職の意思を伝えにくいときに退職代行を利用するメリット

転職を決意しても、いざ退職の意思を上司に伝えるのは勇気が必要です。勇気を出して退職の意思を伝えようとしても、上司に突っぱねられることも少なくありません。

転職したくても、現在の会社を辞められない方は、退職代行の利用をおすすめします。

退職代行とは、あなたの代わりに退職の意思を伝えてくれるサービスで、3つのメリットがあります。

  1. 退職の意思を伝える際の心理的負担を減らせる
  2. 確実に退職ができる
  3. 退職日の調整や残業代の請求などの交渉ができる

それぞれのメリットについてくわしく見ていきましょう。

1.退職の意思を伝える際の心理的負担を減らせる

退職代行を利用すれば、あなたの代わりに担当者が退職の意思を伝えてくれます。自分で上司にわざわざ伝える必要がないので、心理的負担もかかりません。

辞める勇気がない方にもおすすめの方法です。

2.確実に退職ができる

退職代行を使えば確実に退職ができます。なぜなら民法第627条にもあるように、労働者はいつでも退職の申し入れができるからです。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:e-Gov

会社側は労働者から退職の申し入れがあった場合、断るのは不可能です。また本人だけでなく誰が伝えても退職は認められます。

退職代行を使っても反発する会社もありますが、いつでも退職できる旨が法律で決まっているので、失敗するケースはほとんどありません。

ただし悪質な業者のなかには、依頼を受けたにもかかわらず、途中で業務を投げ出す退職代行もあり注意が必要です。

3.退職日の調整や残業代の請求などの交渉ができる

労働組合や弁護士が運営して退職代行を使った場合、退職の調整や残業代の請求の交渉ができます。

すでに次の転職先の入社日が決まっているなら、事前に伝えておけば会社側と交渉をしてもらえます。

また、支払ってももらえていない残業代についても交渉が可能です。

ただし、労働組合や弁護士が運営していない退職代行は、会社との交渉ができません。そのため、労働組合や弁護士が運営している退職代行かどうか、事前に確認しておきましょう。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる