【必見】早く仕事を辞めたいなら早急に退職しよう!3つの理由と行うべき行動

「毎日しんどいから早く仕事を辞めたい…」
「仕事を早く辞めたいけど収入面が不安…」
「辞めた途端に不況や世界恐慌にならないだろうか」

こういった悩みを抱えていませんか?

やりたくない仕事を続けるのはしんどくて、早く辞めたいと思っているはずです。ただ辞めようと思っても、お金や経済の面で不安がある方もいるでしょう。

仕事を辞める前から転職活動をしておくと、退職した後の心配も無用です。強いストレスを感じる仕事を無理に続けると体を壊す可能性もあるので、体調を崩す前に退職することをおすすめします。

この記事では早く仕事を辞めたい方のために、以下の内容を解説します。

  • 早く仕事を辞めた方がいいパターン
  • 早急に退職すべき理由
  • 仕事を辞めるときに行うべきこと
  • 理由の伝え方

最後まで読むと仕事を辞める決心がつき、スムーズに次の行動に移れるはずです。充実したビジネスライフを送るためにも、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

早く仕事を辞めたい場合でも2週間は必要になる

早く仕事を辞めたいと思っていても、民法によって定められているため最低2週間は必要です。これを裏返すと、2週間前に会社側に伝えていれば何を言われても退職可能ということ。

企業によっては仕事を辞めたい意思を伝えると、会社のルールがあるからといって退職を受け入れてくれないケースがあります。

仕事を辞める際は、一般的に1〜3ヶ月に申し出た方が良しとされています。前もって伝えていた方が、会社側での手続きや引き継ぎをスムーズに行えるためです。

ただ急に体調が悪くなったり、我慢していたものが一気に爆発したりすることもあるでしょう。そういった場合は、2週間前に伝えておけば法律上は退職できます。

2週間も待てない方は、お金は必要になりますが退職代行サービスを使うと即日退職も可能です。「【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説 「もう限界、明日にでも仕事を辞めたい…」 「退職代行を使えばすぐに会社を辞められるのかな?」 「会社の規約では、1ヶ月前に退職の意向を伝えないと辞められないけど...

早く仕事を辞めた方がいいパターン5選

早く仕事を辞めたいと思っていても、今の職場を離れるべきか迷っている方もいるのではないでしょうか?ここでは早く仕事を辞めた方がいいパターンを紹介しているので、当てはまっている場合は退職を検討するのがおすすめです。

  1. ハラスメントが横行している
  2. 人間関係が悪い
  3. 給料が見合っていない
  4. 精神的に限界である
  5. やりたい仕事がない

順番に解説していきます。

1.ハラスメントが横行している

パワハラやセクハラなど、ハラスメントが横行している仕事は早めに辞めた方がいいでしょう。今自分が受けているのが、ハラスメントなのかいじりなのか悩んでいる方もいると思います。

厚生労働省によると、ハラスメントには以下のようなものが当てはまります。

  • 殴る蹴るなどの暴力
  • 精神的な攻撃
  • 嫌がらせで仕事を与えない
  • 執拗な食事への誘い
  • 性的な質問をされる

ハラスメントがエスカレートするといじめにつながる可能性もあるので、早めに対策をとるべきです。パワハラを受けているときの対処法は「【危険】退職すべきパワハラの事例5選!安全・最速で会社を辞める方法を紹介」をご覧ください。

あわせて読みたい
【危険】退職すべきパワハラの事例5選!安全・最速で会社を辞める方法を紹介 「上司からのパワハラに悩んでいる…」「パワハラを理由に退職はできるの?」「1日でも早く退職できる方法を知りたい!」このようなお悩みを抱えていませんか? 上司から...

2.人間関係が悪い

悪口を言い合っていたり仲が悪かったりする、人間関係が悪い職場も早めに辞めた方がいいです。

仕事においてコミュニケーションは大切であり、人間関係が悪いと業績も悪化する可能性もあります。それに、仕事をしていて楽しくないはず。

人によって合わない場合もあるので、職場での人間関係に苦しむ方は「仕事の人間関係がめんどくさい時の対処法6選!辛いときは異動・転職もおすすめ」も参考になるはずです。

あわせて読みたい
仕事の人間関係がめんどくさい時の対処法6選!辛いときは異動・転職もおすすめ 「職場で合わない人がいる」「人間関係が煩わしい」「めんどくさい人との付き合いに悩んでいる」 このように、仕事の人間関係で悩んでいませんか?「大人だから」「仕事...

3.給料が見合っていない

給料が低いだけで辞めるべきではないですが、見合っていない場合は別。残業や一定の成果を上げても給料が変わらない場合は、辞めた方がいいでしょう。

車・家のローンや子どもの教育費など、生活していく中で多くのお金が必要になります。給料が見合っていないと体だけが疲弊し、生活が困窮する可能性もあります。

残業代が支払われない・一定の成果を上げたのに昇給しない場合はまず相談をしましょう。それでも改善されないようなら、退職を検討してみてはいかがでしょうか。

4.精神的に限界である

ストレスが溜まり、精神的に限界なときも早く仕事を辞めるべきです。精神的に限界といっても、理由はそれぞれでしょう。

  • 上司に詰められた
  • 仕事で成果が上げられない
  • 人間関係に苦しんでいる

上記が原因で眠れない日や体調が悪い日が続く場合は、精神が限界を感じているサインです。限界を超えると、最悪の場合うつ病などの精神疾患になる可能性もあります。

仕事をしていて精神的に限界を感じる方は「精神的に限界なら仕事を辞めてOK!退職の切り出し方や即日で辞められる方法を解説」を読むと、少しは気が楽になるはずです。

あわせて読みたい
精神的に限界なら仕事を辞めてOK!退職の切り出し方や即日で辞められる方法を解説 「精神的な限界が来て仕事を辞めたい」「仕事を辞めたいけど退職を切り出す気力もない」「上司にあわずに仕事を辞められる方法はないかな?」このようなお悩みを抱えて...

5.やりたい仕事がない

早く仕事を辞めるべきパターンは、やりたい仕事がない場合です。人生の大半は仕事に時間を費やすので、やりたくないなら生活の幸福度も下がります。

ただ会社によっては教育のためにあえて希望以外の部署に配属し、時間が経過したら戻してくれる場合もあります。その他にも、自分で勉強したりその部署の人とコミュニケーションを取れば、配属してくれる可能性は高まるはずです。

移動できる可能性があるなら別ですが、そもそもやりたい仕事の部署がない場合は早めに辞めて、違う会社に移った方がスキルアップもしやすいでしょう。

早く仕事を辞めたいなら早急に退職すべき3つの理由

早く仕事を辞めたいけど、不安要素があり退職を迷っている方もいるはずです。ここでは、早急に退職すべき3つの理由を紹介します。

  1. 体を壊す可能性がある
  2. 転職できる可能性が低下する
  3. スキルアップできない

1つずつ詳しくみていきましょう。

1.体を壊す可能性がある

早く仕事を辞めたいと思っていても退職をしなかったら、体を壊す可能性があります。辞めたいと思っている仕事を続けることはストレスを溜める原因になり、精神的・肉体的に強い負荷がかかります。

食欲がわかなかったり涙が出たりするようなら要注意。早めに退職を検討し、次の行動へ移れるように準備を始めるべきでしょう。
 

2.転職できる可能性が低下する

転職できる可能性が低下することも、辞めたい仕事を早急に退職すべき理由です。

求人・転職サービスを提供するdodaの調査によると、転職成功者の平均年齢は31.7歳とわかりました。また、転職成功者の年齢は30代以下が過半数を占めています。

この結果から、早めに行動しないと次のキャリアに進めないことがわかります。転職を成功させるためにも、辞めたい仕事は早急に退職しましょう。 

3.スキルアップできない

早く辞めたい仕事を早急に退職すべき理由は、スキルアップできないからです。やりたくない仕事を続けても、モチベーションが上がらないはず。やる気が起きなければ向上心もないので、スキルアップができません。

スキルアップができないと転職の際に不利になりますし、給料も上がりにくいです。今は「個の時代」といわれるほどスキルが重要視されるので、スキルアップをしておく必要があります。

早く仕事を辞めたいときに行うべき行動

早く仕事を辞めたい気持ちはわかりますが、転職に失敗したり給料が下がったりする可能性があることも理解しておきましょう。このような状態にならないために、仕事を辞める前からしっかり行動する必要があります。

具体的には、以下4つの行動を行いましょう。

  1. 問題点を書き出す
  2. 転職活動を開始する
  3. 貯金をする
  4. 退職の流れを理解する

1つ1つ解説していきます。

1.問題点を書き出す

仕事を辞める際には、問題点を書き出しましょう。問題を解決しないと、仕事を辞められたとしても同じ状況になるかもしれないためです。

  • なぜ辞めたいのか
  • 辞めたいと思った原因の出来事は何か
  • どう行動すればよかったのか

上記などの項目を、具体的に書き出します。

問題点を書き出して目に見えるようにすると思考を整理しやすくなるので、ぜひ行ってみてください。 

2.転職活動を開始する

転職活動は、仕事を辞める前から行っておきましょう。

仕事を辞めて時間ができたときにやろうと考える方もいるでしょうが、収入がないことが不安になり、ストレスが溜まる原因になります。

給料があるうちから転職活動を始めておくと、退職した後も収入が途切れないので安心です。 

3.貯金をする

仕事を辞める前には貯金もしておきましょう。

転職活動がスムーズにいかなかったり、退職後に収入がなくなったりする可能性もあるからです。ある程度の貯金があると収入がなくても不安がないので、安心して転職活動を行えるはず。

貯金はいきなりできるものではないので、日々コツコツ行っていきましょう。 

3.退職の流れを理解する

スムーズに仕事を辞めるためには、退職の流れを理解しておく必要があります。

大まかな流れは、以下の通りです。

  1. 上司に話す
  2. 退職届を提出する
  3. 退職日を決める
  4. 引継書を作成する
  5. お世話になった方に挨拶する
  6. 退職する

退職する際は、お世話になった方に挨拶しておきましょう。転職して別の職場でその人に会ったときでも、悪い印象は持たれないはずです。

詳しい会社の辞め方は「【裏技あり】すぐ退職!会社の辞め方5ステップと即日で辞める方法」で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【裏技あり】すぐ退職!会社の辞め方5ステップと即日で辞める方法 「仕事が辛くてすぐに会社をやめたい」「明日にでも退職したいけど、どう辞めたらいいの?」「早く仕事をやめたいけど、できるだけ早く辞める方法はないかな?」 仕事が...

【嘘はNG】早く仕事を辞めたいときは素直な気持ちを伝えよう

早く仕事を辞めたいけど、どういう理由にしようか迷っている方もいるのではないでしょうか。結論を言うと、仕事を辞めたいときは素直な気持ちを伝えた方がいいです。

下手に嘘をつくと過剰に心配されたり、バレたときに気まずくなったりする可能性があります。今の職場では乗り切れても、転職先で遭遇し嘘がバレたら信頼を失うでしょう。

ただどうしても理由を言いたくない場合は「一身上の都合」と伝えれば大丈夫です。会社は退職理由を聞く権利はないからです。

退職理由の例文や引き止めを防ぐ方法を「会社から引き止められない退職理由7選!引き止めを未然に防ぐ方法もあわせて紹介」で解説しています。スムーズに退職したい方は、ぜひご一読ください。

あわせて読みたい
会社から引き止められない退職理由7選!引き止めを未然に防ぐ方法もあわせて紹介 「退職のことを会社に伝えようと思うけど引き止められそう…」「引き止められた時の対策には何があるかな?」「そもそも、引き止められない退職理由を知りたい!」 退職...

【最短即日】早く仕事を辞めたいなら退職代行がおすすめ

早く仕事を辞めたいなら、早急に退職すべきです。特にハラスメントが横行していたり、人間関係が悪い職場であったりすれば迷う必要はありません。

ただ退職した後に収入がなくなる可能性もあるので、貯金や転職といった行動をしておきましょう。

仕事を辞めたいけれど面と向かって伝える勇気はないし、理由も考えられないという方は退職代行がおすすめです。退職代行を使うと最短即日で退職できますし、業者の方が手続きを行なってくれます。

引き止められるのが嫌な方やスムーズに仕事を辞めたい方は、以下で退職代行サービス15社を比較しているので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる