【激ヤバ】残業が前提である会社はおかしい!辞めるべき5つの理由と抜け出す方法を紹介

「残業が前提である仕事量を割り振られる。」
「残業や休日出勤が毎日のように続くけど当たり前なの?」
「定時に帰ろうとしたら白い目で見られる」

上記のような悩みをお持ちではないでしょうか?

多くの仕事量が割り振られ、残業や休日出勤を強いられるのはしんどいですよね。かといって仕事を終わらせて早く帰ろうとすると、周りから白い目で見られることもあるのではないでしょうか。

残業が前提である会社に勤務し続けるとそれが当たり前になり、定時で帰ることに罪悪感を抱いている方も多いはずです。

そこでこの記事では、残業が前提である会社に勤めている人の悩みを解決するために、以下の内容を解説します。

  • 残業が前提である会社を辞めるべき理由
  • 定時に帰る方法
  • 状況から脱却する方法

最後まで読むと、残業が前提である会社に勤めることがいかに危険かが理解できるはずです。仕事の満足度を高めて充実した生活を送りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

【大前提】残業が前提である会社はおかしい

大前提ですが、残業が前提である仕事量が降ってきたり、当たり前のように休日出勤を強いる会社はおかしいです。

厚生労働省によると、就労時間は原則として1日に8時間、週に40時間と決められています。大きなプロジェクトが近いなどの繁忙期に残業することは致し方ない部分もありますが、毎日残業を強いられるのはおかしい状況といえます。

残業が前提である会社に勤めていると、定時に帰る人を見ると嫌悪感を抱くこともあるはず。違う職場に行くと、定時に帰るのが当たり前な場合もあります。今後のためにも、残業が前提なのはおかしいことだと認識しておきましょう。

残業が当たり前な会社はおかしい!定時に帰る3つのメリットと4つの対処法を徹底解説」を読むと残業が当たり前ではないことがより理解できるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【必見】残業が当たり前な会社はおかしい!働き続ける危険性と7つの対処法を解説 「毎日残業するのが当たり前って、おかしくない?」「必要がなくてもみんな定時で帰らないから仕事を切り上げられない」「残業したくないといったら甘えだといわれた…」...

【要チェック】残業が前提である会社を辞めるべき5つの理由

残業が前提である会社はできるだけ早く辞めるべきです。その理由を下記で5つ紹介します。

  1. 将来性がない
  2. 体を壊す恐れがある
  3. 作業の効率が悪い
  4. 仕事のモチベーションが下がる
  5. 定時で帰りにくい

上記の理由を理解しないと生活に支障が出る場合もあるので、しっかりと理解しておきましょう。 

1.将来性がない

残業が前提である会社には将来性がありません。なぜなら、残業が前提だと辞める人が増えて、経営が成り立たなくなるからです。

その他にも社員が勉強する暇がなく、教育したり新しい挑戦をしたりする時間もないのでスキルアップができません。社員がスキルアップしないと会社の商品のレベルは上がらないので、競合他社とは遠い存在になってしまいます。

上記からもわかるように、残業が前提であると会社だけでなく自分の成長も止まってしまいます。

自分にも会社にも将来性がないので、残業が前提である会社は辞めるべきでしょう。
 

2.体を壊す恐れがある

残業が前提だと労働時間が長くなるので、体を壊す可能性もあります。

残業が前提にあるのは、社員よりも会社のことを優先していることの裏返しです。無理に残業を続けると精神を病んだり、一生物の病気になったりするかもしれません。

またストレスも多く、プライベートのときも仕事のことを考えるようになり、うつ病を発症するリスクもあります。

一生を共にする体なので、守るためにも残業が前提である会社は辞めるべきでしょう。

3.作業の効率が低い

残業を前提にしているのは、作業を効率化していないとも受け取れます。今はITツールも発達しているので、作業を効率化すれば残業はなくなるはずです。

作業の効率が悪いと残業を強いられるだけでなく、会社のサービスの質にもつながります。最新のサービスやツールを利用して作業を効率化しない会社は、事業を拡大するのは難しいでしょう。

4.仕事のモチベーションが下がる

残業が前提だとモチベーションも下がるはずです。なぜなら、どれだけ早く仕事を終わらせても次の仕事が増えてくるためです。

人間は楽をする生き物なので、どうせ残業しないといけないなら手を抜いてしまうはず。そうするとスキルアップができないですし、楽をする習慣がつくようになります。

もし今の会社を辞められたとしても、転職先で給料のアップも見込めず信頼も得られにくいでしょう。

仕事に対するモチベーションが下がると自己成長につながらないので、残業が前提である会社は早めに辞めることをおすすめします。

5.定時で帰りにくい

定時で帰りにくいことも、残業が前提であるおかしい会社を辞めるべき理由の1つです。

残業が前提である会社で働いてきた社員はそれが当たり前なので、定時に帰ろうとすると嫌悪感を抱くでしょう。また上司からの評価も下がる場合が多いです。

世間一般的には定時で仕事を終わらせるのは優秀な証です。プライベートあっての仕事なので、定時で帰りにくい雰囲気のあるおかしい会社は早めに辞めた方が良いでしょう。

残業が前提なおかしい会社でも定時に帰る方法はある

いずれは辞めるにしても、用事があったり疲れたりと定時に帰りたいときもありますよね。残業が前提である会社では定時に帰れないと考えるかもしれませんが、帰宅する方法はあります。

  1. 効率的に仕事を行う
  2. 理由のレパートリーを作る
  3. 自分を貫く

どれもそこまで大変ではないので、明日からでも取り組んでみてください。

1.効率的に仕事を行う

残業が前提である会社でも定時に帰るためには、1日のスケジュールをうまく組んだり優先順位を決めたりと効率的に業務を行いましょう。頭の冴えている午前中に、集中する仕事を片付けるのがおすすめです。

またポロモードテクニックという25分作業して5分休憩するという方法を使えば、作業効率が向上する可能性もあります。

上記の方法は人によっては合わない場合もあるので、自分に適した効率的に作業を行えるコツを掴んでみてください。

とはいえ、早く仕事を終わらせると別のタスクを振られる可能性もあるので注意してください。

2.理由のレパートリーを作る

理由のレパートリーをたくさん作っておくと、残業が前提であるおかしい会社であっても定時に帰ることができるでしょう。

具体例を挙げると、以下のような理由が有効的です。

  • 体調が悪い
  • 子どもの迎えに行く
  • 親の介護をする
  • 公的な手続き
  • 結婚記念日である


なるべく本当のことを言うべきですが、嘘であっても構いません。ただ嘘がバレると信頼を失う可能性があるので、注意が必要です。

特に体調不良や病院の付き添いなど、生命に関わることは会社の人も気になると思うので、心配をかけすぎないように意識しましょう。

3.自分を貫く

これは一番勇気の必要なことですが、自分を貫くことも残業をせずに定時で帰る方法の1つです。周りの人がいくら残業をしていても、自分は定時に帰ると決めておきましょう。

本来残業はしなくても良いものですが、周りから白い目で見られたり帰りにくかったりするでしょう。ただ周りに合わせてばかりだと自分を見失い、体を壊す恐れもあります。

定時上がりが原因で職場いじめに合う場合は「【我慢しないで】職場でのいじめを乗り越える7つの方法!3つの事例も紹介」を読むと対処法がわかるはずです。

あわせて読みたい
【我慢しないで】職場でのいじめを乗り越える7つの方法!3つの事例も紹介 「職場でいじめられている...」「職場のいじめを乗り越える方法を知りたい!」 こういった悩みを抱えていませんか。 日々の大半は仕事をしている人も多いはずなので、職...

残業が前提であるおかしい状況から抜け出す方法3選

残業が前提である会社はおかしいので、下記の方法で抜け出した方が良いでしょう。

  1. 部署を移動する
  2. 退職する
  3. 転職する

順番に解説していきます。

1.部署を移動する

残業が前提である状況から抜け出すためには、部署の移動を検討しましょう。

勤めている会社は仕事を強いることはないが、所属する部署が残業前提である可能性もあります。そういった場合は、部署を移動すると残業をしなくて良くなるはずです。

部署移動を行う場合は残業に対する不満を言うのではなく、やりたいことがあると言うようにしましょう。残業が理由で部署移動をお願いされるのは印象が良くありませんし、周りから反感を買う可能性もあるためです。

ポジティブな内容を述べることで拒否される可能性が低くなり、熱意のある人だと感じてもらえて丁寧に仕事を教えてもらえるでしょう。 

2.退職する

残業が前提であるおかしい会社から抜け出すためには、退職をするのがおすすめです。

退職の大まかな手順は以下の通りです。

  1. 上司に意思を伝える
  2. 雇用契約書を確認する
  3. 業務の引き継ぎを行う
  4. お世話になった人に挨拶する
  5. 退職届を提出する

周りの人を混乱させないためにも、退職の意思は上司に伝えるようにしましょう。また後からトラブルを起こさないように、雇用契約書も確認しておいてくださいね。

いきなり仕事を辞めるのは不安かもしれませんが、思い詰める必要はなく選択肢は数多くあります。「【心配しないで】仕事を辞めてもなんとかなる!退職後の選択肢は主に5つ」では会社を辞めた後の5つの選択肢を紹介しているので、自分に合った道を歩みましょう。

あわせて読みたい
【朗報】仕事を辞めてもなんとかなる!退職後の選択肢は主に5つ 「仕事を辞めたいけど、その後の生活は大丈夫かな?」「案外なんとかなるって聞くけど本当?」「困らないように何をすればよい?」 退職を考えていても、その後のことで...

3.転職する

残業が前提でない会社に転職するのもおすすめです。

好きな仕事ができる会社に転職するとモチベーションも上がりますし、居心地の良い環境で人生の満足度も向上するはずです。

残業が前提ではない会社なら給料が向上したり、残業代をきちんともらえたりする可能性が高いはず。残業せずに充実した生活を送るためにも、会社の情報をしっかりとキャッチして転職をしましょう。

退職代行を利用して残業が前提なおかしい会社から逃げよう

厚生労働省によると労働時間は1日8時間、週40時間と決められています。繁忙期を除き、それ以上の残業を前提にし、労働を強いる会社はおかしいといえます。

残業が前提である会社には将来性がありませんし、体を壊す恐れもあるので勤め続けるのはリスクがあるでしょう。

そういった場合は転職や退職をして、今の会社から離れるのがおすすめ。とはいえ、自分で退職の意思を伝えることに不安を抱く方もいるはずです。

退職代行サービスを利用すれば上司に直接意思を伝える必要はなく、未払いの給料や有給も取得できます。退職代行サービスの退職率は100%に近いので、確実に仕事を辞めたい方はぜひ活用してみてください。

以下ではおすすめ退職代行サービスをランキング形式で紹介しています。業者選びで間違わないためにも、ぜひご覧ください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる