退職を切り出す勇気が出ない人必見!辞められない理由5つと対処法を徹底解説

「転職先が決まっていないのに、退職をするのは不安」
「上司に怒鳴られるんじゃないかと、退職の旨を伝える勇気が出ない」
「私が辞めたら、同僚に迷惑をかけてしまう」
と退職を切り出す勇気がなかなか出ない人も多いのではないでしょうか。

退職を切り出すのは確かに勇気が必要です。ただ、今の労働環境を変えたいから仕事を辞める決意をしたんですよね。

退職をする過程で1番大変な作業が、上司に伝えることです。ここを超えれば、あとは退職日までに引き継ぎを済ませるだけ。

とは言っても、勇気が出せなくて一歩を踏み出せない人が多いのも事実です。

そこで、この記事では

  • 退職切り出せない理由
  • 勇気を出す方法
  • 退職代行を使うのも1つ

などを詳しく解説します。

1人で悩まず、諦めないでくださいね。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

退職を切り出す勇気が出ない理由5つ

退職を切り出す勇気が出ない主な理由は、5つです。

  1. 上司が怖くて切り出せない
  2. 上司が忙しくて退職を伝えられない
  3. 周囲の人に迷惑をかけることへの罪悪感
  4. 嫌われたくない
  5. 退職が悪いことだと思っている

それぞれ順番に詳しく確認していきましょう。

【理由1】上司が怖くて切り出せない

  • 上司に怒鳴られるんじゃないか
  • 激しい引き止めにあうのではないか
  • 無視されて退職自体がないことになるのでは…

と、上司が怖くて退職する旨を伝えられない人がいます。

辞めると決意したものの、強く押し切られてしまい有耶無耶になってしまうことも。

ただし、直属の上司が怖いからと言って他の人に退職を伝えるのは避けましょう失礼にあたり、最終出勤日まで会社に通うのが余計辛くなってしまいます。また、上司の評価を下げてしまうこともあるので、注意しましょう。

怖くて切り出せないのであれば、メールでアポをまず取るのがおすすめです。台本をしっかり用意しておけば、落ち着いて伝えられます。

また、怖いと思っている上司でも退職の話を親身になって聞いてくれることも。現実より、想像の方が恐怖を倍増させてしまうので嫌なことはサクッと終わらせましょう。

【理由2】上司が忙しくて退職を伝えられない

上司が忙しくてなかなか会えず、退職を伝えられない人もいます。上司に直接仕事を辞めることを伝えるのが、マナーです。

ただ、忙しい人に退職の旨を伝えようとアポ無しで話しかけたら後回しにされることもあります。

後回しにされないためにも、事前に時間を作ってもらうよう連絡をしましょう

「お話ししたいことがあるので、20分ほど時間を作っていただけないでしょうか」とメールや電話でアポを取るのがおすすめです。

【理由3】周囲の人に迷惑をかけることへの罪悪感

周囲の人に迷惑をかけることに、罪悪感を感じる人もいます。たしかに、1人が抜けると残った人がカバーしなけらばいけないので大変です。

しかし、辞める人の穴を埋めるのはあなたの仕事ではありません。会社の仕事です。

辞める前に引き継ぎを行える人物を用意してくれていれば、周囲の人に迷惑がかかることはありません。

罪悪感で、会社を辞められないのはもったいないです。退職したい意思がはっきりしているのであれば、周りのことは気にせず決行しましょう。

【理由4】嫌われたくない

職場の人に退職をすると言ったら嫌われるのでは、と不安になりますよね。嫌われるか、嫌われるかはそのときになってみないと分かりません。

同僚に悪く思われるのは、辛いです。しかし、退職するだけで関係が悪くなる職場環境であれば、なにか問題が発生したときに嫌われる可能性があります。

今後も付き合える人たちか分かる良いチャンスだと考えるようにしましょう。

【理由5】退職が悪いことだと思っている

退職することが悪いことだと考えていませんか。退職するのは自由です。

昔は、入社してから定年するまで同じ会社に在籍するのが当たり前だったかもしれません。しかし、現在は違います。

転職エージェントdodaによると、社会人の約52.5%の人が転職経験があります。2人に1人が転職を経験しているのです。

また、2019年にトヨタ自動車株式会社の豊田章男社長が「終身雇用の維持は難しい」と発言しました。今の会社に居続けても、ずっと働き続けられる保証はありません。

自分とってより良い労働環境で働けるのであれば、退職するのが悪いことだと思わずチャンスを掴んでください。

【マインド編】退職を切り出す勇気を出す5つの方法

退職を切り出す勇気を出すためには、マインドを変える必要があります。その方法を、5つ紹介します。ただ、長期間持続しないので勇気が出た瞬間に行動に移しましょう!

  1. 1番嫌な作業が「退職を伝えること」
  2. 自分が辞めても会社は回る
  3. 退職したらこの会社との関わりはなくなると切り離す
  4. 退職することは逃げではない
  5. 名言を読む

順番に、説明します。

【方法1】1番嫌な作業が「退職を伝えること」

退職する流れの中で、1番嫌な作業は「退職を伝えること」です。何を言われるんだろう、引き止めにあったらどうしよう、とネガティブな想像が膨らみます。

ただ、あなたが想像しているよりも、あっさりと退職を受け入れてもらえる可能性も。

1番つらい退職する旨を伝え、受理されればあとは最終出勤日を待つだけです。

【方法2】自分が辞めても会社は回る

真面目な人ほど、自分が会社を辞めたら迷惑がかかる、業務が進まないと悩みがちです。残酷な言い方ですが、あなたが辞めても会社は回ります。

以前にも退職をした人はいるはずです。その人たちが辞めても、会社は回っていますよね。

むしろあなた1人が辞めただけで倒産してしまうような会社は、会社自体に問題があります。

退職しても、会社は今まで通りに続くと考えてください。

【方法3】退職したらこの会社との関わりは無くなると切り離す

退職をしたら、現在働いている会社との関わりは無くなると切り離しましょう

  • 同僚に迷惑がかかる
  • 会社の人たちから嫌われるかもしれない
  • 上司に嫌味を言われるかもしれない

など、心配なことは多いと思います。しかし、辞めたら職場の人と関係を続けていくかはあなた次第です。

一切関わりを持たないことも可能です。

周りの人は気にせず、あなたがしたいことを優先させましょう。

【方法4】退職することは逃げではない

退職することは、決して逃げではありません

今の職場にいるのが辛いと感じているのであれば、辞めても良いです。頑張る必要はありません。

限界まで追い込んで、心身ともに壊れてしまったら回復までに長い時間を要します。

自分を守れるのは、あなただけです。無理だと思ったら、転職先が決まっていなくても退職しましょう。

急に退職をしても、退職金や失業保険などがあります。

退職することは逃げることで悪いことだ、と思い込まず辞めても良いと考えてください。

【方法5】名言を読む

退職する勇気が出ない人におすすめなのが、名言を読むことです。効果がないと思われるかもしれませんが、やる気を奮い立たせるのに効果的です。

たとえば、

  • 自分はできると信じなさい。そうすれば、目的の半分は達成されている(アメリカ第26代大統領セオドア・ルーベルト)
  • お前の道を進め、人には勝手なことを言わせておけ(ダンテ)
  • あなたの時間は限られている。だから、誰かの人生を生きて無駄にしてはいけない(スティーブ・ジョブス)
  • 人生の中の仕事であって、仕事の中の人生ではない。(原田泳幸)
  • 自分の居場所なんて自分で決めればいいんだよ(坂本龍一)

など、多くの名言があります。 

退職をする勇気が欲しい人は「退職 勇気 名言」などで検索してみてください。少しの勇気を出せれば、退職を切り出せます。

【実践】勇気を出して退職を切り出す方法5選

こちらでは実際に、退職を切り出す方法を5つ紹介します。

  1. 1ヶ月以上前に退職を伝える
  2. 上司に時間を作ってもらう
  3. 周りに相談する
  4. 転職先を決めておく
  5. 繁忙期を避ける

順番に説明します。

【方法1】1ヶ月以上前に退職を伝える

可能であれば、1ヶ月以上前に退職を伝えるようにしましょう引き継ぎなどを考えて、最終出勤日までに余裕を持って行動するため。

法律上は2週間前に退職の旨を伝えれば、会社を辞めることは可能です。しかし、会社にはそれぞれ就業規則があるので、それに則って準備をした方が円満退職しやすいです。

まずは、就業規則を確認してみてください。

ただし、もう限界で今すぐ辞めたいという人は1ヶ月以上前に退職を伝える必要はありません。無理は禁物です。

【方法2】上司に時間を作ってもらう

直属の上司にメールなどで連絡をして、時間を作ってもらいましょう。

特に、忙しい上司だと事前にアポをとらないと後回しにされてしまう可能性があります。

アポと併せてお願いすれば個室など他の場所で、上司と2人きりで話せます。

また、退職を伝える日が分かっていれば心の準備もしやすいです。

【方法3】周りに相談する

後押しをしてもらうためにも、周りの人に相談をしましょう選ぶときのポイントは、退職を応援してくれる人ことです。

逆に、引き止めそうな人を選ぶのはおすすめしません。退職するかどうか、迷ってしまうからです。また、仕事を辞めた後の生活が不安になってしまうことも。

そうならないためにも、退職したい気持ちを後押ししてくれそうな人に相談しましょう。

辞める意思が決まっているので、相談と言っても意見を求めているわけではないですよね。

大雑把でも良いから応援してくれる人を選んで、相談しましょう。

【方法4】転職先を決めておく

転職先を先に決めておくのも、退職をする勇気を出すのに有効です。転職先が決まっていたら、周りに何を言われても辞めざるを得ません。

転職先への出社日が決まっていたら、それより前に必ず辞めなくてはいけなくなります。

上司のことや周りのことが気になってどうしても勇気が出ない人は、絶対に退職しないといけないと思えるように追い込むのも大事です。

【方法5】繁忙期を避ける

繁忙期を避けるようにしましょう。忙しい時は、誰しも心に余裕がありません。

その中で退職を伝えると、上司に責められたり後回しにされたりする可能性が上がります。繁忙期で業務が忙しいのに、後任者を探したり退職手続きをしたりするのは大変です。

あなたも、通常業務を行いながら引き継ぎをするのは大変ですよね。

お互いが余裕を持って話せるように、繁忙期を避けるようにしましょう。

【どうしても勇気が出ない】退職代行を使おう

ここまで記事を読んでも、どうしても勇気が出ない人もいるでしょう。正直、勇気を出せなくても会社は辞められます。

その方法は、退職代行サービスの利用です。耳馴染みのない人もいるかもしれませんが、最近では退職代行サービスを使って退職する人も増えています。

第三者が間に入ることで辞めやすくなります。さらに労働組合が運営元であれば、会社との交渉ができるので有給休暇の取得も可能です。

「自分で辞めることを伝えずに、退職代行を使うなんて良くない」と思うかもしれません。しかし、退職したいことを伝えられない労働環境にいるなら、使うのも1つの手段です。

勇気が出ないけど会社を辞めたいと感じているのであれば、退職代行を使ってスムーズに退職をしましょう。

勇気を出して退職を切り出そう

職場環境が良くても悪くても、退職を切り出すには勇気が必要です。伝える前は、怒られたり引き止められたりしたらどうしようと、心臓がバクバクしてしまうことも。

ただ、退職を伝えるのが1番嫌な作業です。ここさえ乗り切れば、あとはあっという間です。

勇気がどうしても出ない人も、退職を諦める必要はありません。退職代行を使えば、嫌な作業を行ってくれます。しっかりとした退職代行サービスを利用すれば、トラブルに発展することもありません。

今まで頑張った自分へのご褒美として、退職代行を使っても良いでしょう。

勇気が出なくて会社を辞められないからと言って、より良い環境で働くチャンスを諦めないでくださいね。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる