仕事に疲れた・辞めたいと感じる原因5選!対処法やできるだけ早く会社を辞める方法を紹介

「仕事に疲れて、もう辞めてしまいたい」
「仕事に疲れたり、辞めたいと思ったりするときは、どうしたらいいの?」
「できるだけ早く会社を辞める方法を知りたい!」
このようなお悩みを抱えていませんか?

深夜まで続く残業、上司からの理不尽な説教など、仕事に疲れたと感じる方は多いはず。「いっそのこと会社を辞めてしまいたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、仕事に疲れた・辞めたいと考えている方に向けて、

  • 原因
  • 改善策
  • 注意点

などを解説します。

できるだけ早く、かつ安全に退職する方法も紹介するので、ぜひご一読ください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

仕事に疲れた・辞めたいと感じる5つの原因

仕事に疲れた・辞めたいと感じるには、主に以下5つの原因が考えられます。

  1. 休みが取れない
  2. 人間関係に悩みを抱えている
  3. 疲れがたまっている
  4. 業務量が多すぎる
  5. 仕事でミスが続い

原因を明確にすることで、対処法が分かるようになるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

1.休みが取れない

仕事に疲れた・辞めたいと感じる原因として、休みが取れていない可能性が挙げられます。

例えば、残業時間が長期化していたり、有給休暇を使えなかったりする状態です。忙しい時期が続くと、誰でも「疲れた」「辞めたい」と感じるもの。

休みが取れない状況に置かれている場合は、繁忙期によるものか、慢性的に起こっているものなのかを確認しましょう。

繁忙期のよるものなら、時期によっては早く帰れたり、休みがとれたりする可能性があります。一方、慢性的に起こっている場合は、勤務先の労働環境が整っていない危険性が考えられます。

2.人間関係に悩みを抱えている

人間関係の悩みは、心の大きな負担となります。あまりにもストレスが大きいと「疲れた」「辞めたい」と感じてしまいます。

人間関係の悩みは、主に以下の通りです。

  • 上司からパワハラを受けている
  • 先輩から無視をされている
  • 同僚と馬が合わない

このような状況下では、精神的な負担が大きくなってしまいますコミュニケーションが取れないなど、業務に悪影響を及ぼすリスクも考えられます。

3.疲れがたまっている

疲れが溜まっていることで「疲れた」「辞めたい」と感じる場合があります。体が悲鳴を上げているサインといえるでしょう。

疲れの原因は、

  • 十分な睡眠時間が取れていない
  • 食生活が乱れている
  • 仕事が繁忙期に差しかかっている

などが挙げられます。

疲労が溜まっており体に限界を感じれば、リフレッシュのために休みましょうさらに、規則正しい生活習慣も併せて意識してみてください。

4.業務量が多すぎる

仕事量があまりにも多いと、会社へ行きたくないと感じる原因となります。残業や休日出勤をしなければならないケースも多く、疲労が溜まったり、ストレスを感じたりします。

仕事量が多すぎる場合は、上司に減らしてもらえないか相談してみましょう。業務に支障をきたしていることを伝えれば、改善が見込めるかもしれません。

5.仕事でミスが続いている

仕事に疲れた・辞めたいと関る原因として、仕事でミスが続いている可能性が挙げられます。

ミスが続くと、仕事へのモチベーションが低くなってしまいますよね。「また失敗をするのではないか」と感じ、出勤することが怖いと感じる方もいるでしょう。

ミスが続く原因は、仕事自体に慣れていない可能性があります。特に就職・転職したてでは新しい業務を覚えることになるため、失敗が多くなるのは自然なことです。最初から完璧な人間はいないので、まずは指摘されたミスを繰り返さないように意識してみてください。

仕事に疲れた・辞めたいと感じるときの改善策5選

仕事に疲れた・辞めたいと感じる際には、以下5つの方法を試してみてください。

  1. 信頼できる人に相談する
  2. 鬱の状態を確認する
  3. 仕事を休む
  4. 転職する
  5. 会社を退職する

これらの方法を実践することで、状況が改善に向かう可能性があります。順番にみていきましょう。

1.信頼できる人に相談する

仕事に疲れた・辞めたいと感じる際には、家族や友人などの信頼できる人に相談してみましょう。話しを聞いてもらうことで、気分がスッキリすることがあるためです。

家族や友人が同じ悩みを抱えていた場合、参考になるアドバイスをもらえる場合もあります。実践することで、問題が解決する可能性もあるでしょう。

仕事で悩みを抱えていれば、信頼できる人に相談するのがおすすめです。

2.鬱の状態を確認する

「疲れた」「仕事を辞めたい」と強く感じる場合は、鬱の症状を確認しましょう。心と体が悲鳴を上げているサインかもしれません。

鬱は、自分では気が付きにくい心の病です。疲労が溜まった結果、日常生活に支障をきたす場合もあるので、一度症状を確認してみましょう。

鬱の症状があるかどうかは、以下の項目をチェックしてみてください。

  • 体がだるく疲れやすい
  • 騒音が気になる
  • 気持ちが沈んだり、気分が重くなったりする
  • 眠れないで朝早く目覚めることがある
  • 食事か進まず、味を感じない
  • 息がつまって胸苦しくなる
  • 人勢がつまらなく感じる

3~5個か当てはまった場合は、病院での診察を検討しましょう。

3.仕事を休む

仕事に疲れた・辞めたいと感じる際と感じた際は、思い切って会社を休んでみましょう。休むことでリフレッシュになり、仕事に前向きに取り組める可能性があります。

強い疲れを感じた際には、有給休暇を使用して会社を休んでみてください。映画を見たりリラクゼーション施設に行ったりするなどして、心と体をリフレッシュさせるのがおすすめです。

なお、精神的な限界が来ている場合は、休職を検討してみてください。

有給を使うよりも、長い期間会社を休めるため、心と体をゆっくりと休められます。休職期間の目安は、3ヶ月~1年間です。

ただし、休職中は、給料が支払われない可能性があります。会社によって取り決めが異なるため、就業規則を確認しておきましょう。

4.転職する

仕事に疲れた・辞めたい場合は、転職するのもひとつの改善策です。人間関係や仕事内容が原因の場合、会社を変えることで状況が改善することがあります。

例えば、給料が上がったり、きちんと定時で帰れたりすることで、悩みが解決する場合もあるでしょう。

環境が変われば、仕事が楽しいと感じるかもしれません。職場の 人間関係や仕事内容 に悩みを抱えている場合は、転職を検討してみましょう。

5.会社を退職する

人によっては、仕事があまりにも忙しくて会社を休めなかったり、転職をする時間がなかったりする場合もあるかもしれません。そんなときは、会社を退職することを検討してみてください。

心と体が限界を向かえている状態で必要なのは、休息です。最悪の場合、日常生活に支障をきたす可能性もあるため、早めに仕事から離れることが大切です。

仕事に疲れた・辞めたいと感じても無断欠勤は避けよう

仕事に疲れた・辞めたいと感じても、無断欠勤することは避けましょう。こちらでは、無断欠勤による以下2つのデメリットを紹介します。

  1. 懲戒解雇になる可能性がある
  2. 給料が減額される

順番にみていきましょう。

1.懲戒解雇になる可能性がある

無断欠勤のデメリットは、懲戒解雇になる可能性があることです。

懲戒解雇は、簡単に説明すると「クビ」の状態。会社が労働者に課す処分で最も重いものです。

2週間以上の無断欠勤が続くと、懲戒解雇になる可能性があります。

懲戒解雇処分が下されると、転職時に不利になったり、退職金をもらえなかったりします。そのため、仕事に疲れた・辞めたいと感じても、無断欠勤は辞めましょう。

2.給料が減額される

無断欠勤すると、本来もらえるはずだった給料が減額される可能性があります。欠勤は有給に充てられるケースは少なく、休んだ分だけ給料が減ってしまうためです。

どうしても会社に行きたくない場合でも、無断欠勤は避けましょう。出勤したくないときは、会社に連絡を入れて、有給を使用し休むことをおすすめします。

毎日「仕事に疲れた・辞めたい」と感じるなら退職代行サービスの利用がおすすめ

毎日「仕事に疲れた・辞めたい」と感じるのは、体と心が限界を向かえている可能性があります。仕事を休んでも状況が変わらなかった場合は、今後改善が期待できないケースが多いため、退職を視野に入れましょう。

会社をできるだけ安全に、素早く辞めたいなら、退職代行サービスの利用がおすすめです。退職代行とは、依頼者の代わりに退職の意志を会社へ伝えてくれるサービスです。

こちらでは、退職代行サービスのメリットを3つ紹介します。

  1. 最短即日で辞められる
  2. 上司と顔をあわさずに辞められる
  3. 有給休暇を消化できる可能性が高い

それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

1.最短即日で辞められる

退職代行サービスを使えば、辞めたい日からサクッと退職できます。

普通に辞めようとすると、引継ぎなどもあり1ヶ月ほどは出社しなければなりませんいますぐにでも退職したい方にとっては、憂鬱ですよね。

代行業者によって異なりますが、24時間対応のサービスであれば当日に辞めることも可能です。例えば、深夜3時に依頼して、そのまま会社に行かずに退職できます。

いますぐにでも会社を辞めたい方は、関連記事「【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説」をチェックしてみてください。

あわせて読みたい
【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説 「もう限界、明日にでも仕事を辞めたい…」「退職代行を使えば、もう2度出社しないで辞められる?」「会社の規約では、1ヶ月前に退職の意向を伝えないと辞められないけど...

2.上司と顔をあわさずに辞められる

退職代行サービスのメリットは、上司と顔をあわさず退職できることです。また直接やり取りをする必要もありません。

上司が怖くてなかなか退職を言い出せない方にもおすすめのサービスです。

なお、退職代行を利用すれば、上司だけでなく職場の人間とはもう会わないで済みます。そのため、さまざま人から退職理由を聞かれたり、退職日まで気まずい思いをしたりする必要はありません。

3.有給休暇を消化できる可能性が高い

普通に辞めると、有給休暇を使いきれずに退職してしまう場合があります。

本来であれば消化しきるのが一般的です。しかし、会社がブラックだと「辞める身分で有給は使うのか?」と難癖つけられることも。ちなみにこれは法律違反なので、あなたが有給休暇を消化するのは当たり前です。

退職代行であれば、有給休暇を使いたいことを勤務先へ伝えてくれますしかし、有給は取れない可能性もありますので、事前に注意しておきましょう。

下記の記事では、退職代行のおすすめランキングを紹介しています。当メディアがリサーチした30社の中から本当におすすめできる15社を厳選していますので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる