仕事から逃げたいならやめていい!仕事から逃げて良い理由と対処法7選

仕事から逃げたい
人間関係がしんどい
この仕事に向いているだろうか

仕事が辛いとき、逃げ出してしまいたいと思うことがありますよね。しかし、「実際は逃げられない」「仕事から逃げるなんて甘えだ」と、逃げることを諦めてしまっている人もいるでしょう。

結論から言うと、仕事から逃げるのは甘えではありません逃げても大丈夫です。このまま我慢して働き続けていると、体調が悪くなったり、精神的な病気にかかったりしてしまいます。社会復帰が難しくなると、生活できなくなってしまいますよね。

この記事では、仕事から逃げて良い理由と対処法について解説します。仕事から逃げたくても逃げられないと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事から逃げて良い2つの理由

仕事から逃げたいと感じているあなたは、既に追い込まれている状態です。無理して働き続けていたら、病気になってしまうかもしれません。仕事から逃げることは、自分自身を守るための手段のひとつです。

ここでは、仕事から逃げて良い理由を2つ紹介します。

  1. 病気になると社会復帰が難しい
  2. 会社は人生の責任を負ってくれない

ひとつひとつみていきましょう。

1.病気になると社会復帰が難しい

仕事から逃げたいと感じている時点で、あなたは限界を超えています。

このまま無理して働き続けることは、体にも心にも悪いです。疲れがとれなくなったり、風邪をひきやすくなったり、めまいや頭痛が出てくるかもしれません。精神的に負担がかかり、ご飯を食べ過ぎてしまったり、食べられなくなったりすることもあります。

うつ病にかかってしまうと、休職を余儀なくされ社会復帰が難しくなります

2.会社は人生の責任を負ってくれない

会社には安全配慮義務があります。身体的な健康や安全、精神的な健康や安全を確保しつつ労働ができるよう配慮するというものです。これは、労働契約法第五条で定められています。会社での業務が原因だと認められれば労災が認定され、従業員はうつ病で労災請求ができます。場合によっては損害賠償請求もできるでしょう。

労災請求や損害賠償請求ができるのは、うつ病にかかった場合です。

うつ病になれば社会復帰は難しくなります。こちらとしては、うつ病にかかる前になんとかしたいですよね。会社にお金を請求できるかもしれませんが、あなたの今後の人生を手助けをしてくれるわけではありません会社にできることには限界があります。

仕事から逃げたい10の理由とその対処法

会社から逃げたいと感じる原因はさまざま。それぞれ対処法が異なります。あなたがなぜ逃げたいと思っているのか原因をしっかり分析しておくことで、適切な対処法がわかります。

ここでは、仕事から逃げたい10の理由とその対処法をそれぞれ紹介します。

  1. 人間関係がつらい
  2. ハラスメントに遭っている
  3. ミスを繰り返す
  4. 周りと自分を比較してしまう
  5. 仕事量が多い
  6. 忙しくて休めない
  7. プレッシャーに耐えられない
  8. 人事評価に不満がある
  9. ストレスによる体調不良
  10. 他にやりたいことがある

仕事から逃げたいけど具体的な理由が分析できていない人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.人間関係がつらい

職場で人間関係が悪いのは死活問題。家族よりも接する機会が多い職場の人とうまくいっていないと、仕事をするのがつらくなります。

  • 同僚と価値観や考え方が異なり、うまくコミュニケーションがとれない
  • いじめに遭っている
  • 後輩が言うことを聞いてくれない
  • 上司からのあたりが強い
  • 上司が意見を聞いてくれない
  • よく悪口や陰口を言われる

これらのことが原因で逃げたいなら、転職か退職をするのが良いでしょう。人の考え方や価値観は、そう簡単に変わるものではありません。同僚との間のことなら上司に相談するのも良いですが、すぐに改善されるとは考えにくいです。

我慢の限界なら、職場から逃げるのが一番です。転職や退職については後ほど解説します。

2.ハラスメントに遭っている

上司や部下からのパワハラやセクハラ、モラハラ等のハラスメントに遭っているなら、逃げたいと思うのは当然のこと。

相談しにくい難しい問題ですが、あなたは悪くないのに「自分が悪いから仕方ない」と思い込んでしまうこともあります。ひとりで悩まず、誰かに相談する勇気を持ちましょう。

話しやすい同僚や上司に相談してみると良いです。会社の相談窓口があるならそこに相談してみるのも良いでしょう。

職場の人に相談しづらい場合は厚生労働省で相談窓口が設置されていますので、そちらを利用してみてください。

3.ミスを繰り返す

仕事でミスするのは、誰にでもあります。しかし、同じ失敗が何度も続いてしまったり、立て続けに失敗してしまったりすると、自信がなくなってしまいます。

「次もまたミスしたらどうしよう……」と不安がどんどん大きくなっていくことに。さらに上司や同僚から怒られてしまうので、精神的に追い詰められていきます。

仕事のミスを減らすには、「なぜミスしてしまったのか」「どうすれば失敗しなくて済むのか」を自分でしっかり考えることが大切です。改善策が見つかったらそれを実行し、見つからなかった場合は、同僚や上司に相談し一緒に考えてもらうと良いでしょう。

4.周りと自分を比較してしまう

同期がいると、わからないことを気軽に聞けたり情報交換できたりして心強いです。一方で、自分と比較してしまうというデメリットも。

同期は働く仲間であり、ライバルでもあります。周りと比較して自分だけ仕事の出来が悪かったり、周りだけが褒められていたりすると、「自分はダメかもしれない」「この仕事に向いてないのかもしれない」と自己嫌悪に陥ることがあるでしょう。どんどん追い込まれ、ストレスが溜まっていきます。

人のことは気にせず、自分のペースで仕事をしましょう。覚えるスピードや、こなすペースは人それぞれです。早い人もいれば遅い人もいます。どうしても比較してしまう場合は、仕事ができる同期に「どうしたらそうなれるのか」聞いてみると良いでしょう。

5.仕事量が多い

個人がこなせる仕事量は人によって異なりますが、限界があります。悩んでいる人の理由もさまざまです。

早くてミスの少ない人に仕事が集中したり、人手不足で一人当たりの仕事量が多くなったり、仕事を押し付けられたり……。最初は大丈夫と思っていても、いずれは体力的にも精神的にも限界を迎えます。

仕事ができると思われている人は、本人が辛く苦しい思いをしていても、周りに気づいてもらえないことが多いのではないでしょうか。

自分自身を守るために、勇気を出して上司に相談してみましょう。仕事があなたに偏っているなら、他の人に振ってくれるかもしれません。「人手不足で対処のしようがない」と言われてしまったら、転職や退職を考えた方が良いです。このままでは、壊れてしまいます。

6.忙しくて休めない

「忙しくて休んでいる暇がない」「人手不足で休ませてもらえない」「休日出勤が多い」と忙しくて休めない理由はさまざまです。休まず働き続けていると、あなたは肉体的にも精神的にも壊れてしまい、働けなくなる可能性があります。

無理して働き続けることをせず、上司に相談して休ませてもらいましょうとりあえず1日休むだけでも全然違います。会社に遠慮する必要はないのです。

上司に相談しても休ませてもらえないなら、そこにいるべきではありません。その職場から逃げることを考えましょう。

7.プレッシャーに耐えられない

役職者になると、今までとは違った責任がのしかかります。人によってはかなりプレッシャーに感じる方もいるでしょう。誰にも相談せずにいると、どんどん悪い方に考えてしまって精神的に追い詰められていきます。ストレスによって体調を崩すこともあるかもしれません。

ひとりで悩まず、同僚や上司に相談すると良いでしょう。話をするだけでも心が軽くなります。何か解決策が見つかるかもしれません。ひとりで抱え込まずに、職場の人と協力して仕事をすることが大切です。

8.人事評価に不満がある

「仕事で結果を出しているのに」「周りと比較しても仕事できる方なのに」正当な評価をされないと、仕事から逃げ出したいと感じてしまいます。

自分だけひどく怒られたり、周りと比べられたりするとモチベーションが下がりますよね。周りからは仕事ができると評価されているのに、いつまで経っても役職が上がらない、昇給もない、この状態で働き続けることは難しいと言えます。

あなたを正当に評価してくれる会社は他にあるはず。転職や退職を検討するのが良いでしょう。

9.ストレスによる体調不良

ストレスを抱えすぎると体に異変が出てきます。症状には以下のものがあります。

  • 毎朝吐き気・嘔吐する
  • めまいがする
  • 頭痛がする
  • 夜眠れない
  • 朝起きられない
  • 食べすぎてしまう
  • 食べられなくなってしまう

このような症状はうつ病の前兆かもしれません。厚生労働省のサイトに「5分でできる職場のストレスセルフチェック」があります。もしかしたらと思ったら、ストレスチェックを受けてみましょう。

10.他にやりたいことがある

他にやりたいことができると、一刻も早くこの仕事から解放されたいと思うことでしょう。

今の仕事から逃げる前に、やりたいことに必要なスキルや経験があるかリサーチしておくと良いです。必要なスキルや経験があるなら、今すぐ転職活動ができます。それがないなら、転職活動をする前に取得しなければなりません。

退職してから取得するやり方もありますが、働きながら次の仕事で必要なスキルを身につけるのが良いでしょう。

仕事から逃げたいときの対処法7選

仕事から逃げたいとひとりで悩んでいても、解決できないことがほとんど。勇気を出して誰かに相談することから始めてみましょう。

ここでは、仕事から逃げたいときの対処法を7つ紹介します。

  1. 同僚・上司に相談する
  2. 家族や友人、相談窓口で話を聞いてもらう
  3. 有給休暇をとる
  4. 部署異動をお願いする
  5. 休職をする
  6. 転職をする
  7. 退職をする

仕事から逃げたくてどうしたら良いかわからない人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.同僚・上司に相談する

仕事から逃げたいと感じるほど辛くなってしまったら、最初に同僚や上司に相談すると良いでしょう。

何が原因でそうなってしまったのか、話し合うことが大切です。ひとりで解決できないことも、相談すると解決策が見つかることもしばしば。勇気を出して相談してみましょう。

2.家族や友人、相談窓口で話を聞いてもらう

同僚や上司に相談しづらい場合は、家族や友人に相談すると良いでしょう。自分のことをわかってくれている人たちですから、親身になって話を聞いてくれます。

自分を知っている人に話しづらいときは、厚生労働省の相談窓口で話を聞いてもらうのが良いです。仕事から逃げたいと感じているあなたは、すでに限界を迎えています。

ひとりで悩まず、勇気を出して誰かに相談しましょう。

3.有給休暇をとる

仕事がつらくてどうしようもない場合は、上司と相談して有給休暇を取得しましょう。心と体をゆっくり休ませると良いです。

とりあえず1日だけ休んでゆっくりするのも良し、連休をもらって出かけてみるのも良し。自分がリフレッシュできる環境にすることが大切です。

4.部署異動をお願いする

休暇をもらっても症状が改善しない場合は、部署異動を願い出るのも手段のひとつです。

働く部署が変われば、仕事の環境が変わります。仕事内容や仕事量、人間関係が今より良好になるかもしれません。気持ちが前向きになり、仕事が続けられるなんてことも。まずは上司に相談し、部署異動ができないかお願いしてみましょう。

5.休職をする

休暇をとり、部署異動をしても仕事から逃げたい場合は、休職するのが良いでしょう。

ただし、休職するには診断書が必要です。自分が休職したいと思っていても、診断書がなければ休職できません。精神科や心療内科を受診し、医師による診察を受けてください。

うつ病と診断され、しばらく休職が必要だと判断されれば、診断書を書いてもらえます。詳しくは心療内科・精神科クリニックの記事を参考にしてみてください。

6.転職をする

「休職から元の職場に復帰しても再発してしまう」「休職後の復帰先を元の職場にしたくない」場合は、転職を考えます。転職活動をするなら、転職エージェントに相談することがおすすめです。しっかりカウンセリングをし、自分に合った職場を紹介してもらえます。ただし、転職エージェントにも会社によって、それぞれ得意不得意があります。どんな仕事につきたいか、高収入のところが良いのか、対象の年代は自分に当てはまっているかなど、しっかり考えた上で登録する必要があります。どこに登録したら良いかわからない人は、転職エージェントを比較したサイトを参考にしてみてください。

7.退職をする

「休職から元の職場に復帰しても働けなくなってしまう」「休職から復帰が難しい」「仕事から今すぐ逃げ出したい」場合は、退職を考えてみるのも手段のひとつです。

自分で退職手続きをするのが難しい方は、退職代行を利用するのがおすすめです。退職代行を利用すれば、自分で退職を伝える必要がなく、スムーズに手続きが進みます。即日退職もできるので、無理して会社に行く必要がありません。

しかし、退職代行業者はたくさんあり、業者選びで失敗すると痛い目に合うケースも。業者選びに失敗しないための選び方を「【追加料金無し】安い退職代行10選!サービス選びのポイントも徹底解説」で解説していますのでご覧ください。

【追加料金無し】安い退職代行10選!サービス選びのポイントも徹底解説

仕事から逃げたくても辞めない方が良い場合

仕事から逃げたいと感じていても今すぐに辞めない方が良い場合があります。主に以下の3つです。

  1. 仕事を辞める明確な理由がない
  2. 仕事にやりがいを感じている
  3. デメリットよりメリットの方が大きい

最終的に辞めることになっても、一度考えてみることが大事です。ひとつひとつみていきましょう。

1. 仕事を辞める明確な理由がない

仕事から逃げるのは甘えではありませんが、中にはもう少し頑張ってみても良いケースがあります。

  • 「めんどくさい」「やりたくない」などが理由でやる気が出ない
  • 仕事したくないので、すぐ誰かに仕事を押し付けてしまう
  • 不平不満ばかり口にする

このまま転職や退職をしてもすぐ逃げたいと思うようになり、根本的な解決になりませんもう少し頑張ってみて、それでも逃げたいと思うようなら逃げましょう。今の仕事が向いていないのかもしれません。

2. 仕事にやりがいを感じている

あなたが仕事にやりがいを感じそれを求めているなら、一旦考えたほうが良いです。

仕事で辛いことがあり転職や退職をしたとしても、次の職場でやりがいを感じられる保証はありません「収入は上がるけど仕事の質が下がった」「仕事が楽になることでやりがいを感じられなくなる」というケースも。あなたが仕事に求めることは何かもう一度よく考え、それでも逃げたいという結論が出たらすぐに逃げましょう。

3. デメリットよりメリットの方が大きい

仕事がつらくて逃げたいけれど、デメリットよりメリットの方が大きいと感じているなら、一旦考えてみましょう。

自分にとって何がデメリットで、何がメリットなのか。何を優先して仕事がしたいのか。転職しても、メリットばかりという訳ではありません転職で失敗しないためにも、今後どうするかしっかり考えていきましょう。

今すぐ仕事から逃げるべきサイン

肉体的にも精神的にも追い詰められ、今すぐ仕事から逃げた方が良い場合があります。以下のサインが出ていないか、確認してみましょう。

  • すぐにイライラする
  • 暴飲暴食をするようになった
  • 夜眠れない
  • 疲れが取れない
  • 短期間で体重が増えたor減った
  • わけもなく涙が出ることがある
  • 動悸がする、息苦しくなる

これらのサインはうつ病の前兆です。当てはまるものがある場合、放っておくとうつ病になってしまう危険性があります。我慢しすぎて社会復帰できなくなる前に、自分の体を第一に考えて対処しましょう。

逃げたくなったら逃げて良い!退職代行を利用してストレスなく辞めよう

仕事から逃げたいと感じているあなたは、非常に追い込まれていると言えます。仕事から逃げるのは甘えではありません。あなた自身を守るための手段です。

今すぐ仕事から逃げたいと思っているなら、退職代行を利用すると良いでしょう。退職代行なら、自分で退職を伝える必要がなく、即日退職もできます。

詳しくは「【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説」で説明していますので、ご覧ください。

【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説

退職代行といっても業者はたくさんあります。どの業者にしたら良いかわからない方もいるでしょう。具体的にどんな退職代行を選べば良いかわからない方は、下記の退職代行おすすめランキングを参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら