【逃げても大丈夫】仕事に疲れたときは休もう!休むべき2つの理由と対処法を解説

「仕事に疲れたときは休んでも大丈夫なのかな?」
「心も体も限界が来ていて辛い…対処法はある?」
「仕事を休んでも問題が解決しないときはどうしたらいいの?」

このようなお悩みを抱えていませんか?

長時間残業の慢性化や上司のパワハラ、取引先からのクレームなどで、心身ともに疲れている方も多いのではないでしょうか。中には限界を感じている方もいると思います。

仕事を休みたいと考えるものの、本当に休んで大丈夫なのか、他の人に迷惑をかけないか心配になりますよね。休んでいる間に、何か文句を言われないか不安です。

結論からお伝えすると、疲れを感じているときは遠慮なく休むべきです。自分の心や体を第一に考えてください。

この記事では、

  • 仕事に疲れたときに休むべき理由
  • 休んでも問題を解決できない場合の対処法

などを解説します。

仕事を休もうかどうか悩んでいる方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

仕事に疲れて休みたいときは遠慮なく休むべき2つの理由

冒頭でもお伝えした通り、疲れを感じているときは、遠慮なく休みましょう。

主な理由は、以下2点です。

  1. 仕事を休むことでリフレッシュになるから
  2. 病気が悪化するかもしれないから

それぞれの項目について、順番に解説します。

1.仕事を休むことでリフレッシュになるから

仕事を休むべき理由は、休息を取ることでリフレッシュになるためです。

疲れを感じているのは、心や体が悲鳴を上げているサインかもしれません。休むことでリフレッシュになり、仕事に前向きに取り組める場合もあります。

疲れを感じた際には、有給休暇を使用して会社を休みましょう映画を見たりリラクゼーション施設に行ったりするなどして、心と体をリフレッシュさせるのがおすすめです。

2.病気が悪化するかもしれないから

慢性的に疲れを感じているときは、心や体に何かの病気を患っている可能性があります。放置しておくと、症状が悪化する場合も。

体調に異常を感じた際は、無理に出勤せず病院で診てもらいましょう原因が明らかになれば、症状が改善するかもしれません。

仕事を休んでも根本的な解決にはならないこともある

疲れを感じた際には、ときには休息を取ることが大切です。

ただし、仕事を休んでも、根本的な解決に至らない場合もあります。出勤した日には、休んだ分の仕事をすることになるためです。

例えば、営業の場合は、休んでもノルマが減ることはありません反対に、出勤しなかった分、ノルマ達成のために余計に仕事をする必要があります。

結果、精神的な負担が増えたり、残業が重なったりすることも。疲れを感じたから休んだものの、余計に疲労が溜まる場合が考えられます。

このように、仕事を休んでも根本的な解決には至らないこともあります。慢性的に疲労を感じている場合は、その原因を対処しなければならないでしょう。

仕事を休んでも問題を解決できないときの対処法4選

休んだ当日はリフレッシュできても、出勤し続けたら同じように疲れを感じる場合もあります。こちらでは、仕事を休んでも問題を解決できないときの対処法を紹介します。

主に、以下4点です。

  1. 信頼できる人に相談する
  2. 部署異動を申請する
  3. 休職する
  4. 仕事を辞める

それぞれの対処法について、詳しく解説します。

1.信頼できる人に相談する

仕事を休んでも問題が解決したい場合は、家族や友人などに悩みを相談してみましょう。話しを聞いてもらうことで、気分がスッキリすることがあるためです。

家族や友人が同じ悩みを抱えていた場合、的確なアドバイスをもらえる場合もあります。実践することで、問題が解決する可能性もあるでしょう。

仕事で悩みを抱えていれば、信頼できる人に相談するのがおすすめです。

2.部署異動を申請する

仕事の問題が解決しない場合、部署異動を申請してみましょう。

休みたいと感じる原因は、部署の人間関係が悪い、仕事内容が辛いことなどが考えられます。上司や業務が変わることで、環境が改善する可能性もあります。

ただし、部署異動ができる保証はありません。時期や人数によっては、異動できない可能性があるためです。加えて、部署が変わったとしても、新たな問題が生まれる可能性もあります。

3.休職する

精神的な限界が来ている場合は、休職することをおすすめします。

有給を使うよりも、長い期間会社を休めるためです。休職期間の目安は、だいたい3ヶ月~1年間です。

ただし、休職中は、給料が支払われない可能性があります。会社によって取り決めが異なるため、就業規則を確認しておきましょう。

4.仕事を辞める

部署異動の申請が通らなかったり、求職しても復帰はできないと感じたりしたら、仕事を辞めることを検討しましょう。解決する見込みがないと、仕事を休みたいという気持ちは変わりません

なお勤務先を辞める際には、バックレることだけは避けてください転職する際に不利になったり、退職金が支払われなかったりするためです。

会社を辞めるときは、安全に辞めるため上司に退職の意向を伝えましょう。

辞めにくいなら「退職代行サービス」の利用を!利用するメリット5選

仕事を休んでも問題が解決しない場合、退職を検討するのも対処法のひとつです。しかし「上司が怖い」「人手不足で引き止められそう」と、勤務先を辞めにくいと思っている方も多いのではないでしょうか。

会社を辞めにくいと感じる場合は、退職代行サービスの利用を検討してみてください。退職代行とは、依頼者に代わりに退職の意志を伝えてくれるサービスです。

こちらでは、退職代行サービスを使って会社を辞めるメリットを紹介します。主に、以下5点です。

  1. 安全に退職できる
  2. 自分の代わりに退職の意志を伝えてくれる
  3. 最短で依頼した当日に退職できる
  4. 上司と顔を合わさずに辞められる
  5. 有給が使える可能性がある

各メリットについて、順番に解説します。

なお退職代行について詳しく知りたい方は「【体験談あり】退職代行業者とは?サービス概要と利用するメリット・デメリットを解説」のコラムをチェックしてみてください。

1.安全に退職できる

会社を辞めにくいと感じていれば、バックレを考えている方もいると思います。しかし、バックレることで、損害賠償を請求されたり、懲戒解雇処分が下されたりすることも。

一方、退職代行を使うことは、違法行為ではありません。そのため、バックレるよりも安全に辞められます

トラブルなく退職したいなら、代行業者の利用がおすすめです。

2.自分の代わりに退職の意志を伝えてくれる

退職代行サービスのメリットは、自分の代わりに退職の意志を伝えてくれることです。そのため、気持ちの面で安心できます。

怖い上司に退職の意志を伝えると、説教されそうな気がしますよね。また引き止めに遭い、結局会社を辞められない可能性もあります。

退職代行業者に依頼すれば、そもそも上司と話す必要はありませんストレスを感じずに会社を辞められます。

3.最短で依頼した当日に退職できる

退職代行に依頼することで、最短で当日に会社を辞められます例えば、深夜にサービスの依頼をすることで、朝出社せずに退職できるケースも。

自力で辞める場合、退職の意志を伝えても、1~3ヶ月は出社するように求められる場合もあります。今すぐでも辞めたいなら、退職代行業者への依頼をおすすめします。

即日退職については「【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説」にて解説しています。

4.上司と顔を合わさずに辞められる

退職代行を利用すれば、上司と顔を合わせずに辞められます。代行業者が間に入り、勤務先と直接やり取りをしなくて良いためです。

また、退職代行を実行した当日から出勤する必要もありません会社の備品を持っている場合は、郵送で返却できます。

5.有給が使える可能性がある

退職代行サービスは、有給を使いたいことを会社に伝えてくれますそのため、有給を消化して辞められる可能性があります。

ただし、サービスを利用しても消化できない場合も。有給を使いたい場合は、会社への交渉権が認められている、労働組合か弁護士が運営している代行業者を選びましょう。

退職代行サービスの流れを6ステップで解説

退職代行サービスを利用し、どのように会社を辞められるのかイメージが沸かない方も多いのではないでしょうか。こちらでは、実際の流れを紹介します。

退職代行サービスの流れは、主に以下の6ステップです。

  1. 退職代行業者へ問い合わせする
  2. 退職代行業者に費用を支払う
  3. 担当者と打ち合わせを行う
  4. 退職代行の実行
  5. 退職届を提出する
  6. 会社の備品などを返却する

順番に解説します。

退職代行の流れは「退職代行の流れを8ステップで解説!依頼前に確認しておきたい5つのポイントとは?」にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

STEP1.退職代行業者へ問い合わせする

まずは退職代行サービスに問い合わせします。連絡手段は電話やメール、LINEなど、代行業者によって異なります。

退職代行業者に問い合わせする際は、費用はかからないことがほとんどです。依頼する前に、不安なことはとことん質問しましょう。

STEP2.退職代行業者に費用を支払う

契約内容に納得できれば、代行業者に費用を支払います。

なお代行サービスによって、料金や支払方法が異なります。主な支払方法は、銀行振込かクレジットカードです。

STEP3.担当者と打ち合わせを行う

費用の支払いが終われば、担当者との打ち合わせを行います。退職日や有給使用の有無などの希望を伝えましょう。

なお、退職代行業者でヒアリングフォーマットを用意している場合もあります。そのため、基本的には質問に答えるだけで問題ありません。

STEP4.退職代行の実行

担当者とのすり合わせが終われば、退職代行の実行です。

打ち合わせ決めた日に、退職代行業者から勤務先へ連絡が入りますなお、当日は出勤する必要はありません。

STEP5.退職届を提出する

退職の旨を伝えてもらったら、退職代行業者からあなたへ連絡が入ります。

代行サービスから退職届を勤務先へ郵送するように指示があるので、すみやかに提出しましょう。退職届を会社が受け取れば、退職が成立します。

STEP6.会社の備品などを返却する

最後に、会社の備品を返却します。返却が遅れると勤務先から催促される場合もあるので、できるだけ早く対応しましょう

主な返却物は、以下の通りです。

  • 社員証
  • 保険証
  • パソコン・スマートフォン
  • 制服

なお返却物を郵送すれば、出社する必要はありません。

退職代行業者選びは慎重に!

退職代行と一言でまとめても、様々な業者があります。サービス内容や料金などが異なるので、利用前にはよく確認しましょう。

おすすめなのは、弁護士や労働組合が運営する退職代行サービスです。会社への交渉権が認められていて、有給消化や未払いの残業代請求を行えます。なお当メディアを運営している、退職代行SARABAも労働組合が運営しています。

どの退職代行サービスを選べばいいか分からない方は、以下のコラムをチェックしてみてください。当メディアがリサーチした30社の中から、本当におすすめできる15社を厳選しています。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら