【6500人が実践!】派遣エンジニアが任期前に会社を即日辞めた方法

派遣エンジニアで、辞めたくても辞められない…

 

と悩んでいる人へ朗報です。

 

今日会社を辞めて、明日から会社に

行かなくても良くなる方法をお伝えします。

 

この方法により、エンジニアの方に限らず、

また派遣や正社員、アルバイトを問わず

6500人以上がほぼ100%の確率で

退職ができています。

 

その中でも、派遣エンジニアの方で

 

「辞めたい…毎日が憂鬱だ…」

 

と思っている方って実は多いんです。

 

なぜ派遣エンジニアにはうつ病が多いのか?

 

何故エンジニアに多いかと言うと…

パソコンが立ち並んでいる

環境では人は「電磁波過敏症」など

ストレスを抱える傾向にあります。

 

これはあくまでも思い込み

だとも言われていますが、

「電磁波過敏症」によるストレスなどの症状は

スウェーデンやスペインなど、一部の国では

立派な障害だと認められています。

 

つまり、上司の方含め皆

ストレスに晒されているがゆえに、

エンジニアは職場の雰囲気が

悪いところが多いのです。

 

だからこそ、皆自然と性格が悪く

なってしまいパワハラが多いことに加え、

ストレスがかかりやすい人は

なおさらストレスを感じやすい

状況とも言えます。

 

 

未経験の人にロクに教えてくれなかったり、

チクチク嫌味を言ってくる人が多いのも、

そんな環境だからという理由もあります。

 

だからこそ、エンジニアの方は

うつになりやすいとも言われているのです…

 

そんな状況なので、あなたももしからしたら

今すぐ辞めたいと考えているかもしれません。

 

しかし、辞めたくても辞められないと

考えている人が多いのも事実です。

 

派遣エンジニアの方で辞めたくても

辞められない原因としては、

 

「親に連絡がいくんじゃないか…親に迷惑をかけたくない」

「契約期間前だから、辞めたら研修費を請求すると言われて辞められない」

「損害賠償を請求すると言われた」

「辞めると言うと色々言い返されて辞められない…」

「まだ次の仕事が決まっていなくて不安」

 

などが多いです。

 

しかし、こういった不安は実は

問題なく解決できます。

 

契約期間前でも辞められる理由

 

まず、

 

「研修費を請求する」

「損害賠償を請求する」

 

などで契約期間が過ぎるまで辞められない

と考えてしまう場合が多いですが、

 

実は法律上、契約期間前に辞めたからと言って

研修費を請求したり、損害賠償を請求する事は

法律上は無効と考えられています。

 

なので、そもそもそんな請求を会社は

あなたに対してできないという事を

覚えておいてください。

 

というのも、労働基準法では

 

「労働契約の不履行についての違約金の定めや損害賠償の予定」は禁止(労働基準法16条)

 

とされています。

 

そのため、社員都合での退職だからといって

違約金や損害賠償の請求をするようなことは、

雇用契約で定める事はできず、

法律上禁止されているのです。

 

また、労働基準法ではさらに

 

「労働者の退職の自由を奪うような研修費等の返還請求」は原則認めない

 

とされているので、社員の研修費用を

会社が立て替えたからといって、

その費用を退職時に請求する契約を定める事は、

その社員の退職の自由を奪う形になるので、

労働基準法16条に違反する可能性が高いのです。

 

特に、

 

・研修を受ける・受けないの選択を社員が選べない

・研修が業務の一環である

・研修終了後の拘束期間の定めがない

 

等の場合は、たとえ雇用契約で後から

研修費を請求することが決まっていたとしても、

認められないケースが多いです。

 

参考:『労働相談実践マニュアル Vol.7』216頁

 

会社を辞める事は労働者としての当然の権利です。

 

その権利を奪う事は法律が認めないので、

会社が社員を辞めさせないなど

本来できるわけがないのです。

 

ですので、上司がなんと言ってこようとも

会社を辞める事は確実にできます。

 

とはいえ、上司などに自分からは言いづらかったり、

辞めると言ってから辞めるまで出勤する

期間にどんな対応を受けるか怖い…

といった不安もあるかと思います。

 

そういった不安に加え、

 

「親に連絡が行くのではないか」

「次の就職先が決まっていなくて心配」

 

といった不安もあり、辞めたくても

なかなか辞められなかったりします。

 

 

もしもあなたがそのような状況であれば朗報です。

それら全てを解消する画期的な方法があります。

 

・会社に連絡したくない

・即日辞めたい

・親に連絡が行かないようにしたい

・次の就職先が決まっていなくて不安

 

これらの要望全てに応えられる方法とは…

 

全ての要望に応える解決策

 

それは、「退職代行会社SARABAに依頼すること」です。

 

 

退職代行会社とは、

 

自分からでは言い出しづらい

「退職願いの連絡」

を代わりに行ってくれる会社です。

 

この方法により、多くの派遣エンジニアの方が辞める事でき、

エンジニアの方を問わず、6500人以上の方がSARABAを使って

会社を辞めることに成功しています。

 

さらにSARABAでは、無料の転職サポートもついているので、

次の就職先が見つかっていない場合も安心です。

 

そんなSARABAでの退職代行の事例を見てみましょう。

 

退職代行の事例

システムエンジニア 男性38歳

 

私は年齢が38歳の男性システムエンジニアです。4年生の大卒で、東京都港区に住んでおり、渋谷区のシステム開発会社に2年間勤務していましたが、2年前に退職しました。

給料は月額約40万円で、ピークのときの月の労働時間が300時間に達しました。このときの残業時間は160時間です。

仕事でつらかったこと

残業を積み重ねても他の社員がつくったソースコードを修正することができず、バグを解消することができなかったことです。このため帰宅せず机の上で仮眠することもあり、体調を崩しました。

退職代行を依頼した理由

私が退職した直接の理由は、長時間にわたる労働によって体調を崩してしまい、うつ病を発症してしまったことにあります。

ある朝突然、目覚まし時計がなっても頭が重く、まったく起き上がれなくなったのです。それから5日間、毎朝同じ状態が続き、毎朝ベッドのなかから携帯電話で会社に電話をし、会社を休ませてもらいました。

そして、家族の勧めで神経内科に行って診察を受けたところ、うつ病との診断を受け医師からは休職をすることを勧められました。

そこで、会社の社長に電話をして休職を要望したところ「当社は小規模の会社のため休職者を抱え込む余裕がない。」と言われ、数日後に復帰しました。

しかしそれからは仕事がさらに辛くて仕方なくなったのですが、会社は人手不足で辞められない状況。

それでもどうしても辞めたいと考え、退職代行を依頼しました。

依頼をしてからは会社へ連絡を取る必要もなくなり、会社から電話はありましたがすべて無視しました。

さらに有給消化の交渉も行ってくれたので、すぐに辞めても多少の給料が入り助かったことに加え、転職サポートもしてくれたので、次の仕事も無事見つかりました。

当時は本気で死にたくて仕方なかったので、あのまま続けていたら壊れていたかもしれません。本当に退職代行を依頼してよかったと思っています。

 

【派遣社員 男性24歳】

勤めて半年でしたが職場の人間関係に嫌気が差し、会社を辞めようと思いました。しかし退職の話をすると無視をされ、都合が悪いと電話を切られてしまう。

退職届の書き方もわからないし、この状況からの退職の方法がわからない。
このままだとやめられないと思い、退職代行を利用しました。

 

代行内容

SARABAでは行政書士が監修した退職届を無料でプレゼントしてくれるということで、退職までの手続きはとてもスムーズに行えました。

代行会社の方から会社に連絡してくれた際には「退職届けを送られても拒否します。」と会社側は反抗的な対応だったようですが、退職届を送ったところ、返送されることはありませんでした。

 

代行を使ってみて

どうすれば辞められるのかわからない状態だったので、辞められてホッとしています。また、嫌な会社なら辞めればいいという安心感ができたので、今ではすごく気軽に働けています。

八方塞がりの状況から脱け出せて、退職代行を依頼して心底良かったと感じます。

 

 

ブラックな会社だと辞めさせてくれない

といった事態は多々あるかと思いますが、

会社を辞める事は労働者としての当然の権利です。

 

それを侵害することこそ、

その会社は不当労働行為にあたります。

 

自分からは言い出しづらかったり、

その日のうちに辞めたかったり、

次の就職先が見つかるか心配といった

お悩みもあるかと思いますが、

 

そういったお悩みも退職代行に

頼むことで解決できます。

 

では、退職代行会社に頼むとどのような

ステップで退職できるか見てみましょう。

 

退職代行会社に依頼した時のステップ

代行会社に依頼した時のステップとしては、

ステップ1.電話かメール、LINEにて相談

・即日退職したい
・会社と連絡を取りたくない

・家族にバレずに退職したい

・離職票を送ってもらいたい

・有給休暇を消化できるように伝えてほしい

などの希望があれば、この時に伝えます。
申し込みは電話、メール、LINEから申し込めます。

 

ステップ2.相談後に正式に申し込み

相談後、料金を支払い正式に申し込み完了です。

 

ステップ3.担当者との打ち合わせ

申し込みの確認が取れ次第対応いたします。
あなたとの打ち合わせの後に会社へご連絡します。

 

ステップ4.担当者が会社へ連絡

SARABAがあなたに代わって退職に必要な連絡を代行します。
退職が完了するまで、電話・LINE・メールにて、回数無制限で相談に乗ります。また、転職のサポートも無料で行っております。

 

 

ただし…

退職代行会社に依頼する際は、

注意しなければならない点も存在します。

いくつか注意点を紹介しましょう。

 

退職代行会社によってできる事とできない事がある

退職代行業者によってできること、

できない事がある事も頭に入れておきましょう。

 

第三者が会社に連絡する場合、

「連絡を代わりに伝える事」

これはできます。

 

しかしそれ以上の会社との有給消化の調整や

会社との交渉はできません。

 

というのも、会社との交渉などの

弁護士でしかできないことをすると


「非弁行為」にあたるのです。

 

ですので、会社側が

「退職代行は認めません」

「損害賠償を請求するぞ」

「弁護士を通してください」

などと言われれば、普通の業者は

何もできなくなってしまいます。

 

ブラックな会社が多い派遣エンジニアであれば、

契約期間前の退職に対して「損害賠償を請求する」


こうした事を言ってくる会社も多いです。

 

これがSARABAであれば労働組合なので、

労働組合からの交渉を会社側が無視すれば


不当労働行為にあたります。

 

そのため、会社側はSARABAからの

交渉を無視できません。

 

料金について

 

正式に申し込む際に料金などの

確認は必ず行いましょう。

 

訴訟などを考えるのであれば最初から

弁護士に頼んだ方が良いですが、

弁護士に頼む場合、やはり

どうしても料金がかかってしまいます。

 

じゃあ安い業者に頼もうと思っても、

「業界最安値10,000円!」などと

うたっている格安業者は注意が必要です。

 

退職代行会社によっては「電話対応+1万円」や

「深夜料金+2万円」などで追加料金がかかり、

最安値と言いながらもなんだかんだで

料金が高くなってしまうのです。

 

これがSARABAでは、アルバイト・派遣・正社員問わず、

全ての作業が一律29,800円となっています。

 

追加料金は一切かかりません。

 

本当に即日退職できるか

現在多くの代行業者が

「24時間対応」となっていますが、

中には24時間と言いながら夜中に


問い合わせて返ってくるのが朝、

 

といったように、日中の時間しか

対応してくれなかったり、

夜中に問い合わせると

深夜料金を取る所も存在します。

 

これがSARABAでは24時間

交代制で対応しているので、

夜中に問い合わせてもすぐに対応します。

 

料金は一律29,800円なので追加料金もありません。

 

さらに今なら2大特典付き

現在、SARABAでは特典として

特典1.行政書士が監修した退職届を無料プレゼント

退職する際に、「退職届の書き方がわからない」といったご相談をよく受けます。

そこで、即日の退職や有給消化など、お客様の状況に応じた行政書士監修の退職届を今なら無料でプレゼントさせていただきます。

特典2.成功率98%の業界トップクラスの有給消化サポート

いきなり辞める場合、辞める事を伝える事すら言いづらいのに、有給消化の交渉などとても言えないと思います。

しかし、半年以上勤めていれば有給は当然の権利として行使することが本来はできるのです。SARABAでは6500件以上の退職実績から生み出された業界トップクラスのノウハウにより、98%の有給消化に成功しています。

今ならそのサポートも追加料金なしでお受けすることができます。

 

さらに…

SARABAでは、これまで6500件以上の

退職実績による自信があるからこそ、

「全額返金保障」を付けています。

 

これまで退職に失敗した事例はありませんが、

仮に退職に失敗した場合、

料金は全額返金致します。

 

つまり、あなたは万が一のリスクもなく

会社を辞める事ができるのです。

 

まとめ

 

派遣エンジニアのようにブラックな企業が多い場所だと、

人手不足もあってなかなか辞めさせてもらえず、

どんどん精神が病んで病気になってしまい、

結果的に仕事ができなくなってしまう人も多くいます。

 

会社とあなたは赤の他人です。

 

そんな他人のために身を削る必要は全くありません。

 

たとえ任期前であろうと、

辞めると告げる2週間前であろうと、

会社が認めれば何の問題もなく辞める事ができます。

 

特に労働組合などの第三者が介入した場合、

会社も面倒を避けて訴えるようなこともなく

辞めさせることがほとんどです。

 

もしも会社側が変に訴訟を起こせば不当訴訟で

逆に訴えられてしまうケースも多いので、

会社側も変に引き留めることができないのです。

 

会社は会社側の都合であなたを使いまわしてきます。

あなたもあなたの都合で会社を辞めてしまいましょう。