【必見】派遣を即日で辞める2つの方法!7つの退職理由と注意点を解説

「派遣は契約途中でも辞められるのだろうか」
「派遣を即日で辞める方法を知りたい」
「派遣を辞めたら損害賠償を請求される?」

上記のような悩みをお持ちではないでしょうか?

派遣は契約期間が定められているので、仕事を辞められないのではないかと不安ですよね。

結論から言うと、派遣あっても即日辞めることは可能ですが、やむを得ない理由がないと厳しいのも事実です。とはいえ「できれば派遣を辞めたい」「即日で辞める方法を知りたい」という方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、下記の内容について解説します。

  • 派遣が即日辞めるための条件
  • 即日で辞めるための退職理由
  • 即日退職の方法
  • 退職代行のメリット

派遣の仕事を即日辞めたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

なお本記事は派遣社員向けの内容ですが、即日退職については「【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説」で詳しく解説しています。失敗しない退職代行サービスの選び方についても触れているため、ぜひご一読ください。

あわせて読みたい
【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説 「もう限界、明日にでも仕事を辞めたい…」「退職代行を使えば、もう2度出社しないで辞められる?」「会社の規約では、1ヶ月前に退職の意向を伝えないと辞められないけど...
退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

派遣契約は2種類ある!即日辞めるための条件を確認

実は派遣契約には以下の2種類があります。

  1. 無期雇用契約
  2. 有期雇用契約

契約内容によって即日辞めるための条件は変わってくるので、理解しておきましょう。

無期雇用契約なら即日退職できる

無期雇用契約は派遣社員ではありますが契約期間が定められていませんので、正社員やアルバイトのように即日退職が可能です。

民法627条によって定められているので、職場の方が引き止めてきても辞めることができます。

精神的に辛いようなら、有給や欠勤を利用して即日退職できるように申請してみるのがおすすめです。労働基準法第39条により、派遣社員といえど有給の利用は認められています。

有期雇用契約は条件付きで即日退職できる

有期雇用契約は契約期間が定められているので、即日退職が難しい傾向にあります。しかし、有期雇用契約であっても即日退職できる条件が2つあります。

  • やむを得ない事情がある
  • 勤務期間が1年間を超えている

やむを得ない事情というのは病気になったり、親の介護が必要になったりした場合です。無理して辛い仕事を続けると精神を病む恐れもあるので、まずは病院へ行って診断してもらいましょう。

なお労働基準法第137条によると、勤務期間が1年を越えれば労働者の申し込みによりいつでも退職可能とされています。

とはいえ、職場によって上記に当てはまっていたとしても、即日退職は難しいケースもあります。

上記の理由から、即日で退職したい場合は退職代行サービスの利用を検討してみてください。「仕事を辞めたい」という意志を、業者が代わりに伝えてくれます

退職代行サービスの中でもおすすめはSARABA。労働組合が運営しているので有給や未払いの給料など、退職条件の交渉も可能。

退職率はほぼ100%、退職実績は6,000件を超えているので、安心してお任せください。

>>退職代行SARABAを見てみる

派遣は場合によって即日退職可能!辞めるための7つの理由を紹介

こちらでは、派遣でも即日退職が認められる理由を解説していきます。以下の理由であれば即日退職がしやすくなるので、参考にしてみてください。

  1. 契約時の業務内容と違う
  2. 体調不良で働けない
  3. 精神の病気になった
  4. 家族の介護・看護をすることになった
  5. 社内でパワハラやセクハラがある
  6. 社内の人間関係が良くない
  7. ライフスタイルが変わった

1つずつ見ていきましょう。

1. 契約時の業務内容と違う

派遣を即日で辞める理由として、契約時の業務内容と違うことがあげられます。契約時の作業内容と大きく異なる場合は、違反になるため申し出れば退職可能

例えば、事務作業を行う予定なのに営業をさせられたり、定時に上がる条件なのに頻繁に残業があったりです。

元々聞いていた業務と違う場合は、相違点を明確にして派遣会社へ申し出るようにしましょう。

その際に辞めたいからといって、事実と異なることを伝えても辞めさせてもらえません。しっかり正しい情報を伝えることで、即日で辞められます。

2. 体調不良で働けない

体調不良で働けないのは、やむを得ない理由ですので辞められます。体調不良の方を無理に働かせるのは悪質です。

例えば入院が必要な病気にかかったり、動けないほど体が痛かったりなどがあります。

会社によっては診断書の提出を要求される可能性が考えられます。診察のときに診断書をもらうと、スムーズに退職手続きに入れるでしょう。

また体調不良が治ってから復帰するように、要求されるケースも考えられます。その際は体調不良で働けないこと、辞める意思が固まっていることを申し出ると辞められるでしょう。

3. 精神の病気になった

精神の病気も体調不良と同じく、やむを得ない理由になります。精神の病気には例えば、うつ病や対人恐怖症などがあります。

精神の病気の場合、自分ではどうすることもできないので、無理に働くと悪化する可能性があるでしょう。

また精神の病気は見た目からはわかりづらいため、医師に相談すると診断書を書いてもらえる可能性が高いです。

精神的な理由で退職したい方は「【徹底解説】うつ病で退職する際に診断書が必要な理由とは!やるべき5つのことも紹介」をご覧ください!診断書が必要な理由や、やるべきことを解説しています。

あわせて読みたい
【徹底解説】うつ病で退職する際に診断書が必要な理由とは!やるべき5つのことも紹介 「うつ病でもうつらい。すぐに退職したいけど難しそう・・・・・・」 「できるだけ会社のみんなに迷惑をかけずに退職したい」 と感じていませんか? うつ病と診断された...

4. 家族の介護・看護をすることになった

派遣を即日で辞める理由には、家族の介護・看護が必要になるのもあげられます。

例えば、家族が重い病気になったので看病が必要になったり、認知症で介護が必要になったりするケースです。

介護・看護はやむを得ない理由であり、放っておくと家族に迷惑をかけることになります。家族のためにも会社へ状況を説明して、退職を申し出るようにしましょう。

5. 社内でパワハラやセクハラがある

パワハラ・セクハラがある会社は、派遣だとしてもきっちり辞められます。社会問題になっており、実際に行われている場合は企業体質の問題です。

例えば、上司が部下に対して必要以上に叱っていたり、不快に感じる性的な発言があったりする状態を指します。

相手が上司だと言いづらいですし、派遣社員だとさらに言いづらいですよね。また職場の雰囲気も悪くなりやすく、働きづらくなります。

社内でセクハラやパワハラがある際は、派遣会社に連絡して辞めるようにしましょう。

6. 社内の人間関係が良くない

社内の人間関係が良くないと、周囲に気を使ってしまい業務に集中できなくなります。嫌がらせを行なっていたり、社員同士が頻繁に喧嘩をしていたりなど。

人間関係は自分だけではどうすることもできない問題です。無理に戦おうとせず、派遣会社に連絡して辞めるようにしたほうがいいです。

人間関係が悪い場合は、すぐに派遣会社に連絡して辞めるようにしましょう。

7. ライフスタイルが変わった

ライフスタイルの変更に伴い「今までのように出勤できなくなった」ような場合も、やむを得ない理由として認められます。一例として、

  • 結婚したことで職場から遠くなってしまい、通勤できなくなった
  • パートナーが遠方に転勤になったのでついていくことになった

といった理由であれば、出勤が困難であることから退職が認められやすくなります。 ライフスタイルの変更に伴い出勤が難しくなりそうな場合は、早めに派遣元の企業に相談しましょう。

派遣を即日で辞める2つの方法

派遣を即日で辞める理由を紹介しましたが、退職する方法が気になる方もいるのではないでしょうか。

派遣を即日で辞める方法は2種類です。

  1. 派遣会社に連絡する
  2. 退職代行サービスを利用する

自分に合った方法で辞めるようにしましょう。

1. 派遣会社に連絡する

派遣社員は契約上では、派遣会社に雇われています。そのため辞めるときは、派遣会社に連絡しなければいけません派遣先に辞める連絡をしても、対応してくれないので注意が必要です。

担当者と話す際は直接会うことが望ましいですが、忙しくて会えない場合は電話やメールで連絡するようにしましょう。

メールだと自分の意思がうまく伝わらないこともあるので、可能であれば直接会話すると誤解なく辞められます。

職場環境について色々聞かれるでしょうが、理由を明確に答えられるように準備しておいてくださいね。

2. 退職代行サービスを利用する

派遣会社に連絡しても、引き止められて辞められないケースもあります。そのような場合は、退職代行サービスの利用がおすすめです。

退職代行サービスは退職のプロです。お客様に代わって、会社に辞める連絡をします。自分で会社に連絡する必要がなく、高い確率で辞められます

ただし、退職代行サービスを利用すると、職場の方と良好な関係を継続するのが難しいです。そのため、どうしても辞められないときに利用するようにしましょう。

退職代行のサービス内容を詳しく知りたい方は「【まるわかり】退職代行とは?サービス内容やメリットデメリットを完全解説」をご覧ください!

あわせて読みたい
【まるわかり】退職代行とは?サービス内容やメリットデメリットを完全解説 会社をやめたい人の味方になる退職代行。依頼者に変わって、退職に関する処理を行ってくれるサービスです。 メディアで取り上げられる機会も増え、耳にしたことがある方...

派遣を即日で辞める際に退職代行サービスを利用する3つのメリット

こちらでは、退職代行サービスを利用するメリットを解説していきます。

  1. 上司に直接連絡をする必要がない
  2. 辞めた後のトラブルがない
  3. スムーズに退職できる

1つひとつ解説していきますので、参考にしてみてください。

1. 上司に直接連絡をする必要がない

退職代行サービスは、依頼者の代わりに会社との退職のやり取りを行います。そのため、自分で上司に直接連絡する必要がありません

辞めるときの連絡は、誰しも緊張して言いづらいものです。「引き止められたどうしよう」「怒られたらどうしよう」など不安になりますよね。

退職代行サービスでは、退職を伝える際の不安を感じることがありません。依頼者は安心して派遣会社を辞められるでしょう。

2. 辞めた後のトラブルがない

自分で退職の意思を伝えると、トラブルに発展する可能性が考えられます。会社に不満を感じて辞めたいと考えている方は、それなりに思っていることがありますよね。

例えば仕事や人間関係に対しての不満などです。

そのような状態で話し合いをすると、つい感情的になってしまい会社とトラブルを起こしてしまう可能性があるでしょう。

退職代行サービスでは、依頼者と会社の間に入ります。会社と直接話さないので感情的になることはなく、トラブルを防げます。

会社とのトラブルを避けたい方には、退職代行サービスがおすすめです。

3. スムーズに退職できる

退職代行サービスであれば、最短即日で退職可能です。退職をしたいということは、それなりの理由があるかと思います。可能であれば1日でも早く辞めたい方もいるでしょう。

自分で退職の希望を出しても引き止められてしまい、すぐに辞められる可能性は低いです。

退職代行サービスであれば、即日対応可能。会社によっては24時間365日対応しているところもあり、依頼した当日に辞められることもあります。

即日退職したい方は「【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説」ご覧ください!即日で辞めるために必要なことを解説しています。

あわせて読みたい
【朗報】退職代行なら即日退職が可能!失敗しないサービスの3つの選び方も徹底解説 「もう限界、明日にでも仕事を辞めたい…」「退職代行を使えば、もう2度出社しないで辞められる?」「会社の規約では、1ヶ月前に退職の意向を伝えないと辞められないけど...

退職代行会社に依頼した時に仕事を辞めるステップ

退職代行会社に依頼した際は、以下4すのステップで進みます。

  1. 電話かメール、LINEにて相談
  2. 相談後に正式に申し込み
  3. 担当者との打ち合わせ
  4. 担当者が会社へ連絡

初めに電話かメールで依頼をします。会社によってはLINEで相談をできる場合もあるので、依頼する前に確認しましょう。

相談するときは以下のポイントを伝えるようにしてください。

  • 即日退職したいか
  • 会社と連絡を取りたくないか
  • 退職を家族にバレたくないか
  • 離職票を送ってもらいたいか
  • 残りの有給休暇を消化したいか

上記の希望を伝えることで、スムーズに進みます。

相談してみて依頼したいと感じたら、料金を支払って正式に申し込みましょう。申し込みの後は担当者と打ち合わせをすることになり、希望内容を確認していきます。

退職代行の流れについては「退職代行の流れを8ステップで解説!依頼前に確認しておきたい5つのポイントとは?」にて具体的に解説しています。気になる方はぜひご一読ください。

あわせて読みたい
退職代行の流れを8ステップで解説!依頼前に確認しておきたい5つのポイントとは? 「退職代行ってどんな風に手続きを進めてくれるのだろう?」 「利用してトラブルにはならないか心配…」 「退職代行ってどこに依頼すればいいのかな?」 退職代行を使お...

退職代行サービスを利用して即日で辞められた派遣社員の口コミ

弊サービスの「SARABA」では数多くの退職相談を受けますが、実際に即日退職を実現した例もあります。以下の記事はアルバイトの方の事例ですが、体調不良により勤務が困難になってしまったことで、弊社へ退職の相談に来ました。

あわせて読みたい
【退職代行事例】持病の症状が悪化してきたため、本日中にでも退職したい 【依頼者】 女性 20代 アルバイト  6か月   【依頼内容】 精神障害の持病が悪化していくばかりのため、接客業はできなくなり 会社の人とやり取りせずにそのま...

以下はTwitterであった口コミです。派遣であっても退職代行を利用して、即日辞められたそうです。

上記からわかるように、派遣の仕事でもやむを得ない理由であれば十分に即日退職を実現できます。 派遣の仕事を辞めたい方でも「やむを得ない理由に該当するかな…」とお悩みの方も、一度ご相談ください。退職できる方法を一緒に模索いたします。

>>退職代行SARABSに相談する

派遣を即日で辞める際の7つの注意点

派遣を即日で辞める際は、以下7つの注意点を押さえるようにしましょう。

  1. 派遣先の所有物を返却する
  2. 健康保険・厚生年金は月額を天引きされる
  3. 無断欠勤は避ける
  4. 辞めた後の生活費を考える
  5. 同じ派遣会社が別の仕事を紹介してくれる可能性は低い
  6. 次の仕事先を見つけておく
  7. 失業保険をもらえない可能性がある

注意点を押さえないまま退職してしまうと、退職後もトラブルにより元の勤務先と関わることになる恐れがあります。順番に見ていきましょう。

1. 派遣先の所有物を返却する

派遣先から、社員証や業務に必要な備品を支給される場合があります。支給されているものがあれば、退職時に返却するようにしましょう。

返却しない場合、派遣会社の担当者が自宅まで取りに来るケースもあります。身の回りを確認してみて、返却忘れがないようにしましょう。

2. 健康保険・厚生年金は月額を天引きされる

派遣当日から社会保険に加入している方は、健康保険・厚生年金を月額で支払う必要があります。月の途中で辞めた場合、給与よりも健康保険・厚生年金の金額が超えてしまいマイナスになる可能性もあります。

ただし契約してから1ヶ月間(初回契約1ヶ月)であれば、社会保険を未加入にすることが可能です。月の途中で辞めても、給与から天引きされないようにしましょう。

3. 無断欠勤は避ける

派遣でなくても無断欠勤して、そのまま会社を辞めることは良くありません。派遣先の会社と派遣元の会社どちらにも迷惑をかけてしまうからです。

会社としては後任への引き継ぎを行いたいので、無断欠勤はしないようにしましょう。

また連絡が取れない場合、心配した会社が捜索願を出すケースも少なからずあるので、連絡を取るようにしてください。

4. 辞めた後の生活費を考える

会社を退職した後は、何かと生活費がかかります。貯金がない状態で転職先を見つけず、退職してしまうと生活できないこともあるでしょう。

また転職活動をしても、すぐに良い会社が見つかる保証はありません。辞めた後の生活費を考えてから、退職するようにしましょう。

5. 同じ派遣会社が別の仕事を紹介してくれる可能性は低い

退職代行で派遣の仕事を退職した場合は、その派遣会社からは案件を紹介してもらえないものと考えてください。 退職代行で退職してしまうと、派遣会社側からすれば「また同じように辞められるのではないか」と懸念されてしまうからです。

派遣会社としては労働者と契約期間を明確に決めている以上、ちゃんとした人に働いてほしいと考えるものです。派遣会社から見ると、退職代行により辞めた人の雇用ほど、リスクが高いことはありません。

退職後も派遣の仕事をしたい場合は、別の派遣会社を当たるようにしましょう。

6. 次の仕事先を見つけておく

退職代行を使って派遣の仕事を辞めるときは、次の仕事先を見つけておくようにしましょう。転職先が見つかっていると精神的な負担なく仕事を辞められます。

なお先述しましたが、同じ派遣会社から仕事を紹介してもらえない可能性もあります。まずは正社員か派遣かを決めて、違う派遣会社や転職エージェントに登録して行動を開始しましょう。

7. 失業保険をもらえない可能性がある

派遣社員の場合は、失業保険をもらえない可能性がある点に注意してください。

派遣社員が失業保険をもらうための条件は、以下の3つです。

  1. 雇用保険に加入している
  2. 働く意思があるが転職できていない
  3. 離職の以前2年間に被保険者期間が通算で1年以上ある

なお雇用保険への加入は、31日以上の雇用見込みがあり1週間の所定労働時間が20時間以上であることが条件です。

上記3つの条件に当てはまっていない場合は、失業保険はもらえません。

派遣を即日で辞める際によくある3つの質問

派遣を即日で辞めるのは他の労働形態よりもハードルが高いため、疑問を感じることが多いはずです。そこでここからは、派遣の即日退職について、よくある質問をまとめてみました。

  • 入社して1ヶ月でも辞められる?
  • 即日退職によって損害賠償を請求されるリスクはある?
  • 「次の転職先が見つかった」という理由で退職できる?

ではそれぞれ解説します。

1. 入社して1ヶ月でも辞められる?

派遣の仕事を始めて1ヶ月どころか、1日だとしても辞められる可能性は十分にあります。ただし派遣を辞める際は、やむを得ない正当な理由が必要です。

短期間の勤務でやむを得ない理由を見つけられるのであれば構いません。 しかし「パートナーの転勤」などライフスタイル的な事情の場合は、最初から把握できなかったのか、ということになってしまいます。

短期間だったとしても派遣の仕事は辞められますが、理由については十分に考えておく必要があるでしょう。

2. 即日退職によって損害賠償を請求されるリスクはある?

派遣とはいえ即日退職を理由に、企業側から損害賠償を請求されるリスクはほぼありません。 損害賠償の請求のために訴訟を起こすことはハードルが高く、企業側としては多大な費用と労力を要してしまうからです。

ただし在職中に大きな損失を会社に与えてしまっていた場合は、訴訟を起こされるリスクがあります。もし訴訟を起こされた場合は、ご自身で弁護士に相談しましょう。

3. 「次の転職先が見つかった」という理由で退職できる?

「転職先が見つかった」ではやむを得ない理由として認められにくいため、退職は難しいと考えられます。転職にあたって一番無難な方法は、入社日を派遣期間の満了後に設定することです。

どうしても契約期間中に退職したい場合は、転職とは別の理由を口実にしたほうがいいでしょう。 やむを得ない理由がない限りは、派遣の契約満了日より後に転職先の入社日を設定するようにしましょう。

派遣社員であっても条件を満たせば即日辞められる

派遣社員には以下2種類の契約方法があり、条件を満たせば即日退職も可能です。

契約 内容 即日退職の可否
無期雇用契約 契約期間の定めがない 可能
有期雇用契約 契約期間が定められている 条件付きで可能
【条件】
・病むを得ない事情がある
・勤務期間が1年間を超えている

ご自身がどちらの契約方法なのかを確認してみてください。

なお会社によっては上記の条件を満たしていたとしても、即日辞めることができない可能性もあります。引き止められたり退職を拒否されたりした場合は、退職代行の利用がおすすめです。

退職代行を利用すればほぼ100%近く退職が可能であり、直接意思を伝える必要もありません。以下でおすすめの退職代行サービスを紹介しているので、ぜひ目を通してみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる