ブラック企業をやめられない理由

 

あなたはブラック企業で仕事をしたいでしょうか?

ブラック企業を好きな人は居ませんが、ブラック企業を辞めれない人はたくさん居ます。何故ブラック企業だと自覚していながらもその会社を辞めることができないのかを考えていきましょう。

これに該当したらブラック確定!? ブラック企業の特徴

まずブラック企業の特徴としては、

  • 給料が低い
  • 給料が上がらない
  • 残業代が出ない

といった賃金問題

さらには

  • みんなが社長や上司を怖がっている、経営者または上司がテーブルをたたいて怒る
  • 暴言、暴力、セクハラなどのハラスメント系
  • 長時間労働のため、寝ることしかできず、自分の時間が一切ない

などがあります。

 

上司からは理不尽な事で怒鳴られ、残業代はでない低賃金で長時間働かされる、肉体的にも精神的にも疲弊し、自分の時間などなく家に帰って寝るだけの毎日・・・

そのような事は誰でも嫌なはずなのに、なぜブラック会社を辞めようとしないのでしょうか?

簡単に辞めてしまえば良いのにと思いますよね。

ブラック企業を辞められない理由の一例

職を失うことが怖い

例えば、やっと非正規雇用から正社員になれたんだからという理由で戸惑っている方もいるでしょう。

ボーナスもらえるし、休んでも給料もらえるし、ローンだって組めるようになったし、次の職場で正社員で雇ってもらえるかわからない。。。

正社員だからこそのメリットを捨てるのにも覚悟が必要です。

 

上司に切り出しづらい

  • 周りのやつに嫌なことを押し付けて自分は逃げる気か?
  • お前みたいなやつを雇ってやれるのは俺ぐらいだ!
  • せっかく雇ってやったのに恩はないのか。
  • 退職したら損害賠償を請求する!!

 

など、上司からの圧力で洗脳されてしまい、辞めたいのに、会社を辞めると自分は死んでしまう、上司から殺されてしまう、と追い詰められて身動きができない方も多いです。

 

自分が抜けたら同僚に申し訳ない

良い人ほど自分が辞めることによって責任を感じてしまい退職を切り出しづらくなります。

苦しいのは自分だけじゃない、みんなも同じ、、、、

そのため退職の旨を切り出すことのできない人は大勢いらっしゃいます。

 

弊社は、退職代行SARABAを運営しておりますが、

依頼者は、こういった事情から抜け出せない方が多いです。

ブラック企業だと思ったら疲弊する前に辞めてしまおう

ブラック企業は、すぐにでも辞めるべきです。

ブラック企業では、あなたを会社へ利益をもたらすだけの存在としてムチャクチャな労働を貸し、辞めさせないように洗脳してきます。洗脳されているため、自分はここで働かないといけないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

そもそも、憲法で職業選択の自由(22条)奴隷的拘束の禁止(18条)が保障されています。

また、日本の法律上、雇用期間に定めがなければ退職届を出して2週間経てば辞めることはできるのです。(民法627条)さらにその間も欠勤すれば会社に行かなくても良いのです。

それほど労働者は手厚く守られているのですから、スパッと辞めてしまえばよいのです。

 

辞めたら親からがっかりされる、と思われるかもしれませんが、自分の体がおかしくなるまで働き続けることを親は強制しません。親はあなたの幸せを一番望んでいるのです。

疲弊して心身に異常が出る前にSARABAを是非ご利用ください。

SARABAでおさらばしませんか?