怒られると泣いてしまうのはHSPかも?試すべき対処法や向いている仕事を解説

「仕事で怒られるとすぐに泣いてしまうんだけど、自分はおかしいのだろうか?」
「泣いてしまう私は社会人失格なのかな?」
「怒られて泣くのをやめたい」

仕事で怒られると、申し訳なさや不甲斐なさから涙を流してしまう方もいます。周りの人たちが歯を食いしばって頑張っているのに、自分ばかりが泣いてしまう状況を変えたいと思っている方もいるのではないでしょうか?

もしかしたら、怒られると泣いてしまうのはあなたの特性が関係しているのかもしれません。もしHSPの性質を持つならば、その特性にあった職場を選ぶことであなたのストレスが減る可能性があります。

しかし、今の仕事を変えたくないという方もいるでしょう。そこで、この記事では以下の内容について解説します。

  • すぐに泣いてしまうのを避けるためにできる対処法
  • 怒られると泣いてしまうHSPの特徴
  • HSPに向いている仕事

この記事を読むことで、また職場で泣いてしまったらどうしようという不安が晴れることでしょう。さらに、自分に向いている仕事が見つかる可能性もあります。

すぐ泣いてしまうのをどうにかしたいと悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

怒られると泣いてしまうのはストレスへの自然な反応

そもそも、怒られて泣いてしまうのは悪いことというわけではありません涙が出るのはストレスに対する自然な反応だからです。

泣くことには以下のようなメリットがあります。

  • ストレスホルモンを低下させる
  • 副交感神経優位になりリラックスできる
  • 寝つきをよくする

涙を流すことで、ストレスホルモンであるコルチゾールを低下させることができます。ストレスを発散しないと、心身に不調が出てきてしまうので、泣くのはある種の防衛本能です。

さらに、体をリラックスさせ、寝つきをよくする効果も見込めます。外部の刺激により交感神経が昂った状態からリラックスモードに変えられるのもメリットです。

このように、泣くことにはさまざまな効果が見込め、涙を流すのが悪いというわけではありません。まずは、泣いてしまう自分を責めないようにしましょう。

怒られて泣いてしまう人が試すべきの3つの対処法

泣くことは体にいいと言っても、職場で急に涙を流すのは避けたいもの。同僚に気を遣わせてしまい、その後の業務にも影響が出るからです。

そこで、職場で泣きたい気持ちをコントロールするための対処法を3つ紹介します。

  1. 深呼吸をする
  2. 人のいないところで思いっきり泣く
  3. 気持ちを書き出してみる

できるものからぜひ取り入れてみてください。

1. 深呼吸をする

涙が込み上げたときに、まずはゆっくりと深呼吸をしてみてください。呼吸に集中することで、気持ちが少し落ち着き、泣くのを避けられます。

深呼吸のコツは、まずしっかりと息を吐き切ること。これ以上吐けないところまで息を出し切ったら、鼻から大きくお腹に息を吸い込みます。

4〜5回くらい呼吸に意識を向けると、徐々に気持ちのたかぶりが収まってきます。どこでもできて即効性もあるので、ぜひ試してみてください。

2. 人のいないところで思いっきり泣く

どうしても泣きたいときは、人のいないところを探して思いっきり発散しましょう。家まで我慢できない場合は、職場のトイレまでまずは耐えてみてください。

先にも説明した通り、涙を流すことでストレスを発散したり脳をリラックスさせたりする効果が見込めます。そのため、ストレスを感じ始めたときに泣くことでリフレッシュできます。

おすすめは、家で「涙活」をすること。仕事のことに限らず、感動的なドラマやドキュメンタリー映画を見て涙を流し、スッキリすると良いでしょう。涙活をしておくと日頃のストレスを発散できるので、いざというときに職場で泣くのも予防できます。

3. 気持ちを書き出してみる

涙が出るのは、複雑な気持ちが絡んでいるからかもしれません。モヤモヤとした気持ちが続くなら、それをすべて紙に書き出してみましょう。

書いているうちに気持ちが整理されるので、心が落ち着いてきます。

怒られると泣いてしまうのはHSPかも?4つの特徴

人に比べてすぐ泣いてしまうという方は、HSPの可能性があります。

HSPは、「Highly Sensitive Person」の略称で、視覚や聴覚といった感覚が敏感で刺激を受けやすい性質を生まれつき持っている人のこと。5人に1人は当てはまると言われています。

HSPには以下のような特徴があります。

  1. 感受性が高い
  2. 五感が敏感である
  3. 物事を深く考える
  4. 他人の言動に反応しやすい

これらの影響によって、人より心が刺激を受けやすくなっているのです。

それぞれさらに詳しく解説するので、当てはまるものを探しながら読み進めてみてください。

1. 感受性が高い

HSPの人は、感受性が高いのが特徴です。周りの人の感情を読み取るのが得意で、共感するのが得意な反面、人の気持ちを察しすぎて疲れてしまうこともあります。

  • 人の感情を読み取るのが得意
  • ドラマや漫画でも登場人物に感情移入して泣いてしまう
  • 周りの人が怒られていると自分も苦しくなる

などの特徴がある場合、HSPの可能性があります。

2. 五感が敏感である

HSPの方は、五感からの刺激に敏感です。以下のような特徴があります。

  • 人ごみに疲れてしまう
  • 眩しい光が苦手
  • 周りの生活音も気になる
  • 人の匂いや香水の香りで気分が悪くなる
  • 服のタグや素材が気になり、着るものを選ぶ

人より敏感な分、刺激への反応が強く出てきます。

3. 物事を深く考える

HSPの人は、じっくりと物事を考える傾向があります。他の人が簡単に結論を出すことであっても、さまざまな可能性を考えてゆっくりと判断する方が得意です。

  • 調べ物をすると止まらず、物知りである
  • 一つのことを掘り下げて考えるのが得意
  • 考え込んでしまい、物事を始めるまでに時間がかかる
  • 生き方や価値観、哲学などの本質的な話に興味がある

といった特徴に当てはまる場合、HSPなのかもしれません。

一つのことを追求できる反面、考えすぎてしまって疲れる傾向もあります。

4. 他人の言動に反応しやすい

HSPの人は敏感であるため、他人の言動にも反応しやすい特性を持っています。気のしれた友人だったとしても、長時間一緒にいると気疲れしてしまうこともあるでしょう。

  • 些細な言葉に傷ついてしまう
  • 人から言われたことがずっと忘れられない
  • 相手の気分に引きずられてしまう

と言った内容に心当たりがあれば、HSPの可能性があります。

HSPで怒られると泣いてしまう人に向いている仕事

HSPはあくまで特性であり、良い悪いというものではありません。刺激に敏感であり、察する能力が高い特徴を生かせば、周りの人より活躍できる可能性があります。

一方で、素早く判断するなど苦手なことを求められると、疲れてしまいがち。HSPの特性を活かせる仕事を選ぶことが重要です。

ここでは、HSPの特性を活かせる仕事を5種類紹介します。

  1. 正確さが求められる仕事
  2. 共感力を生かせる仕事
  3. クリエイティブな仕事
  4. 静かな環境で働ける仕事
  5. 人との関わりが少ない仕事

もし仕事を変えようと思っているならば、ぜひ参考にしてください。

1. 正確さが求められる仕事

HSPの人はじっくり考えて一つ一つの仕事を丁寧に進めます。さらに細部まで気を配れるため、正確さが求められる仕事が得意です。

  • 経理
  • データ入力
  • 校正・校閲
  • 検査・分析

など、間違いなく業務を進めることが重視される職種はとても向いています。

2. 共感力を生かせる仕事

人の気持ちに共感するのが得意で、周囲の痛みにも反応しやすいため、共感力が活かせる仕事も得意です。

  • カウンセラー
  • セラピスト
  • エステティシャン
  • 看護師
  • 介護士

など、目の前の人に寄り添って手助けをする仕事が向いています。また、動物の変化やサインにも敏感に気付けるため、ペットシッターやトリマーなど、動物と関わる仕事もおすすめです。

3. クリエイティブな仕事

感受性が豊かで物事をじっくり考えることができるので、クリエイティブな仕事も向いています。感覚に優れているため、感性を生かせる環境で活躍できるでしょう。

  • カメラマン
  • デザイナー
  • 作家
  • イラストレーター

などが代表例です。制作物を作っている間は一人で作業を多く、周りを気にせず集中しやすい点も、これらの仕事の魅力でしょう。

4. 静かな環境で働ける仕事

騒々しい環境や大きな音が苦手なHSPの方は、静かな環境で働ける仕事もおすすめ。

  • Webライター
  • エンジニア
  • デバッカー
  • 動画編集者
  • 図書館司書
  • 農家

といった仕事ならば、外部の音による影響が少なく、集中して仕事に取り組めるでしょう。

5. 人との関わりが少ない仕事

HSPは共感性が高い分、人と関わり続けると疲れてしまう方も少なくありません。そのため、そもそも人との関わりが少ない仕事を選ぶとストレスなく働けるでしょう。

  • 清掃員
  • 倉庫作業員
  • ドライバー
  • 学芸員
  • 警備員

といった仕事ならば、疲れを感じにくいはずです。在宅ワークを検討しても良いでしょう。

怒られなくても泣いてしまう状態が続くなら要注意!休息を取るべきサイン

怒られるなどのきっかけがないのに泣いてしまう場合は、かなり精神的な負担が強い状態です。このまま無理してしまうとうつや適応障害に陥ってしまうリスクもあるでしょう。

涙がコントロールできないのは、心に余裕がないサイン。この状態を放置してしまい、長引いてしまうと、うつ病などの精神疾患を患う可能性があります。

一度精神を患えば、寛解までに数年要することも少なくありません。涙がなぜか出てしまうならば、まずはゆっくり休むことをおすすめします。

もし、ストレスをどの程度受けているのか知りたい場合は、厚生労働省が提供しているストレスチェックも活用してみましょう。「5分でできる職場のストレスセルフチェック」のサイトでは、名前のとおり5分程度で終わる質問に答えるだけで、今のストレス状況や原因について分析できます。

ストレスの強さだけでなく、何が原因で精神的な負担がかかっているかを把握できるので、ぜひ試してみてください。

怒られて泣いてしまう機会が増えたなら退職代行も検討しよう

怒られると泣いてしまうのは、あなたの特性の可能性もあり、一概に悪いことではありません。ただし、泣いてしまう自分にストレスを感じてしまったり、怒られていない時も涙が出たりするならば、精神的に限界を迎えてしまうかもしれません。

涙が出る日が続くなら、まずは仕事の休みをとってみましょう業務から離れてリフレッシュする時間が必要です。

休息をとっても状況が改善しないならば、退職を検討することをおすすめします。仕事の数は多くありますし、無理して今の職場で働く必要はありません。むしろ環境に問題があるならば、退職することで精神的に回復する可能性があります。

退職をしたいけれども自分から言い出せない方は、退職代行を使うのもおすすめです。

依頼をしてからはすべての会社とのやり取りを代行してくれるため、家で待つだけで退職ができてしまいます。

退職代行を使うと、以下のようなメリットがあります。

  1. 上司に顔を合わせずに退職できる
  2. 即日すぐに出社しなくて良い
  3. 損害賠償請求や懲戒解雇に怯えなくてすむ

上司と顔を合わせて気まずい思いをすることはありません。さらに、有給を使うことで即日すぐに出社しなくていいように手続きを進めてくれます。

すぐにやめたいならば、ぜひ退職代行を利用してみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる