【必見】職場の人間関係で孤立する原因13選!対処法や考え方も詳しく解説

「職場で孤立してしまった…どうすれば良いの?」
「どうして孤立してしまったんだろう?」
「孤立してもうまくやっていく方法が知りたい」

そんなお悩みにお答えします。

会社の基本は週5日勤務で、1日の拘束時間も8時間と長いです。

ちょっとしたことが原因で孤立してしまったら、一種の苦行を味あわなくてはなりません。

なるべくストレスなく、快適に仕事に勤しみたいところですよね。

この記事では、職場の人間関係で

  • 孤立したときの対処法
  • 孤立する人の原因13選
  • 孤立する会社の問題
  • 孤立しても上手に働ける考え方

を解説します。ぜひこの記事を参考に、明日からの出勤に役立ててみてください!

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

職場の人間関係で孤立したときに行う5つの対処法

職場で孤立してしまうと人間関係がうまくいかず、仕事がしづらくなったり会社に居づらくなったりしますよね。

ここでは、そんな状況を少しでも改善するための対処法を5つ紹介します

  1. 原因を特定して改善する
  2. しっかり挨拶をする
  3. 信頼を得られるように仕事をする
  4. 家族や友人に相談する
  5. 上司や産業医に相談する

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.原因を特定して改善する

職場で孤立してしまったら、まずは原因を特定します。

自分の仕事に対する姿勢やコミュニケーションの仕方が適切だったかを考え、落ち度がないか探してみてください。

心当たりがあるようなら、次に改善する方法を考えます。

例えば、

  • 愛想がない → 笑顔で自分からあいさつしてみる
  • ミスが多い → 少しでもミスを減らせるよう意識して行動する
  • 清潔感がない → 朝30分早起きして身だしなみを整える時間を作る

など、1つの問題点に対して1以上の対策を考えると良いでしょう。

とはいえ、客観的な目線で自分を見つめ直すのは非常に難しいですよね。

そんなあなたは次の章で紹介する「職場の人間関係で孤立する原因13選」を参考に、職場での振る舞い方を見つめ直してみてください。

2.しっかり挨拶をする

職場で孤立しないためには、積極的に挨拶することを心がけると良いです。

例え孤立してしまっても、挨拶することは心がけてください。

職場の人間関係で孤立してしまう原因として、「話しかけづらくてどんな人かわからない」と思われているだけかもしれません。

孤立しているからといって誰とも話さなくなってしまうと、余計に孤立してどんどん居づらくなっていきます。やり方がわからず、仕事ができないことも増えてくるでしょう。

孤立してしまっても最低限のコミュニケーションである挨拶をすることで、少しづつ話せるようになるケースもあります。怖がらずに行動することが、今の状況を改善する鍵です。

3.信頼を得られるように仕事をする

孤立してしまっても、仕事は責任感を持ってしっかり取り組むことが大事です。

逆に、無駄な人間関係がなくなるので仕事に集中できると考えれば、やりやすくなります。

職場の上司や同僚に「〜の仕事は〇〇さんに任せておけば安心」と思われれば、いつの間にか孤立しなくなることも。

上司や同僚からの信頼を得られると、自然と人間関係がうまくいきます。周囲から信頼を得られる仕事の仕方を心がけましょう。

4.家族や友人に相談する

職場の人間関係で孤立してしまったら、親身になってくれる家族や友人に相談するのがおすすめです。

仕事内容や職場環境を知らない人のほうが、相談しやすいことがほとんど。解決策が見つからなくても、悩みを打ち明けるだけで気持ちが楽になります。

思考を整理する意味でも、自分の置かれた状況を言葉にして伝えてみましょう。

5.上司や産業医に相談する

人のために行動できるような信頼できる上司がいる場合は、相談の場を設けてもらいましょうきっと親身になって相談に乗ってくれます。

上司が忙しそうだからと遠慮する必要はありません。部下が力を発揮できる環境を整えるのは上司の務めなので、必ず時間を作ってくれます。

とはいえ、上司にハラスメントの気があり頼りにならない場合も。無理して上司に話す必要はないので、会社のハラスメント相談窓口に問い合わせてみましょう。

産業医や心理カウンセラーを置いている会社が増えているので、ハラスメント相談窓口に問い合わせてみると解決策が見つかるかもしれません。

職場の人間関係で孤立する原因13選

職場で孤立してしまった場合は、あなた自身に原因がないか考えるのが大事です。

ここでは、職場の人間関係で孤立する原因を13個紹介します。

  1. 周囲から嫉妬される
  2. 真面目すぎる
  3. 空気が読めない
  4. 人見知りの傾向が強い
  5. 文句や愚痴が多い
  6. マイナス思考である
  7. 協調性がない
  8. 感謝や謝罪ができない
  9. 仕事で失敗が多い
  10. 清潔感がない
  11. 自分で判断ができない
  12. 責任感がない
  13. 態度が悪い

それぞれ詳しく確認してみましょう。

1.周囲から嫉妬される

何の心当たりもなく孤立してしまうのは、相手のコンプレックスによるものかもしれません。

いきなり成果を出したり、重要なプロジェクトを任されたりすると、同僚から嫉妬心を抱かれることも。

どう頑張っても相手の気持ちはコントロールできません。必要以上に関わらないよう意識して、仕事に集中するのがおすすめです。

批判や嫌がらせが届かなくなるくらい圧倒的な成果を残すのが、状況改善の近道になるでしょう。見ている人は見ているので、あなたを評価してくれます。

2.真面目すぎる

真面目すぎる性格の人は、同僚から嫌われてしまうことも。

ルールから外れていたりいつもと違うことがあったりすると、許容範囲内でも指摘してしまうことが多いからです。

一般的に、自分がやった仕事を細かく指摘されると、あまりいい印象を受けない人が多いです。

違う部分があると指摘したくなる気持ちもわかりますが、許容できるところは指摘しないよう心がけるようにすると良いでしょう。

仕事内容によっては、必ずしもマニュアル通りにしなくて良いものもあります。少し適当なくらいがちょうど良いことがあるかもしれません。

3.空気が読めない

日本人が気にする「空気」という文化。無理して読むものではありませんが、周りを見るように意識すると多少変わってきます。

もちろん、あえて空気を読まずに自分の意見をまっすぐ主張することが、大事な場面もあります。

しかし、周りの話を聞かず自分のやりたいことを優先していては、職場で孤立するのも無理はありません。

基本的には他の人の意見を尊重し、みんなで協力しながら仕事をするよう心がけた方がうまくいきます。

4.人見知りの傾向が強い

人見知りの傾向が強い人は、初対面のときに無愛想になりがち。自覚なく相手を不快にさせてしまっている恐れがあります。

第一印象の持つ力は非常に大きく、今後の人間関係に響きます。

人見知りでもできるだけ笑顔で対応することが大切です。実際に社会心理学でも初頭効果(第一印象は記憶に残りやすく、その後の評価にも多大な影響を与える)という理論で説明ができます。

初対面で緊張するのは、人見知りに限らず誰しも同じこと。話題が見つからなくても、笑顔で対応するだけで印象が全然違います。

5.文句や愚痴が多い

文句や愚痴が多いと、知らず知らずのうちにどんどん人が離れていきます。

その人と一緒にいても気分が悪くなるばかりか、陰口を叩く仲間として周りからの評判が悪くなるからです。

いつでも人が集まるところには、前向きな性格の人がいます。

ネガティブな発言は極力避けて、周りに気を使わせないようにしましょう。

6.マイナス思考である

極端にマイナス思考でいつも文句ばかりで行動しない人は、避けられてしまいがちです。

マイナスの話を聞いていると、嫌な気持ちになります。人が寄り付かなくなるので、注意しましょう。

以下のような傾向がある方は要注意です。

  • できない理由を探してしまう
  • 行動が遅いと言われる
  • 失敗を引きずってくよくよ悩んでしまう
  • アドバイスに「でも」「だって」と反論してしまう

「これ自分のことかも」と感じたら、まずは相手の話を聞き、受け入れることから始めてみましょう。

7.協調性がない

「我が道を行く」「マイペース」な人は、自分の主張がはっきりしている一方で「自分勝手」というレッテルをはられてしまうことも。

会社にはさまざまなタイプの人間が所属しています。そのため、周囲にも気を配って業務を行うことが必要不可欠です。

自分の仕事に没頭しすぎず、周りを見渡す余裕があると「仕事ができる人」という印象になって良いでしょう。

8.感謝や謝罪ができない

会社員生活では、感謝や謝罪の場面が多く訪れます。

自己評価が高すぎる人は「すみません」「ありがとうございます」を言うことに慣れていない場合が多く、周りから距離を置かれてしまいがちです。

自分では言っているつもりでも、形式張ったあいさつだけでは意思表明が伝わらないこともしばしば。

「〇〇をしてくださり、ありがとうございます」「〇〇をしてしまい、申し訳ありません。今後は△△のようにいたします」のように、何についての感謝や謝罪なのかを明確にすると良いでしょう。

9.仕事で失敗が多い

仕事で簡単なミスを繰り返していると、はじめはフォローしてくれた人も次第に離れていってしまいます。

あなたへの手助けは、同僚の善意からくるもの。その気持ちに応えるためには、同じ過ちを何度も繰り返さないことが重要です。

指摘されたことには必ずメモを取り後で確認するなど、仕事に対する向き合い方を改めるようにしましょう。

10.清潔感がない

毎日同じ人としか会わないからといって、身だしなみをおろそかにするのは社会人として良くないので気をつけましょう

ボサボサの髪やヨレヨレの服はだらしなく見えてしまいます。身だしなみを整えるのも仕事のうち。

少し意識して整えるだけで、あなたに対する印象がガラッと変わります。

朝30分早く起きる習慣をつけ、身だしなみを整えるようにしましょう。

11.自分で判断ができない

仕事で迷ったときに判断できない人には、誰も聞いて来なくなります。

「どうしよう」「わからない」などと言いながら決断の時期を先延ばしにしがちなので、中には、ずっとそのままにして知らんぷりしてしまう人も。

自分で判断できない場合は速やかに上司に相談し、指示を仰ぎましょう。「そんなことも判断できないのか」と思われたくなくても、決められなければ聞くしかありません。

「この場合はどう判断すべきなのか」も一緒に聞いておくと、今後に活かせます。

最初から全てを判断できる人はいないので、少しずつ積み重ねていきましょう。

12.責任感がない

仕事でトラブルがあったとき、すぐに人や物のせいにする人は嫌われやすいので注意しましょう。

同僚と相談して決めたのに、全ての責任を同僚に押し付ける行為は絶対にやめた方が良いです。

「私は〇〇さんに言われただけなので」や「〇〇さんがそうしようと言ったので」などと口にすると、すぐに責任転嫁していることがバレます。

13.態度が悪い

仕事中無愛想だったり嫌味な言い方をしたりしていると、孤立しやすくなります

態度が悪く話しかけると嫌な思いをして、少しずつ話しかけなくなっていくためです。

仕事が接客業だった場合は仕事の上司や同僚から嫌われるだけでなく、会社のイメージが悪くなってしまいます。

もし、あなたに心当たりがあるのなら、今すぐ態度を改めましょう

不満なことがあったり忙しかったりしても、笑顔で対応するように心がけると良いです。最初はストレスになりますが、徐々に自然とできるようになっていきます。

職場の人間関係で孤立する会社の問題

職場の人間関係で孤立する原因は、会社にもあります。

自分自身に孤立するほどの欠点や原因が見つからない場合は、会社側に問題がある可能性が高いです。

ここでは、職場の人間関係で孤立する会社の問題について3つ紹介します。

  1. 上司や同僚のパワハラ
  2. いじめや集団無視
  3. グループや派閥争い

順番にみていきましょう。

1.上司や同僚のパワハラ

仕事で何度も同じミスを繰り返していると、必要以上に上司に怒られることがあります。

仕事ができないとレッテルを貼られ、「どうせお前には何もできないだろう」と他の仕事も任せてくれなくなるのです。

他の上司や同僚は、自分が標的になるのが怖く関わりたくないと感じているため、助けてくれません。

上司に認めてもらうために努力してミスを無くしても、今度は他にできないことを無理矢理探したりできることを妬まれたりして、自分に対する態度が変わらないことがあります。

2.いじめや集団無視

会社で同僚によるいじめや集団無視が行われることがあるので注意しましょう。

仕事ができる人には、仕事を振らずに陰で「あの人はいつも暇そうにしている。他に仕事がないか探せば良いのに」などと言いふらして孤立させます。

逆に仕事ができない人には、処理しきれない多くの仕事を押し付けて「仕事が遅いしできない。ミスが多くて困るのでもっと丁寧にやってほしい」などと言い、集団で排除しようとします。

また、特に理由はないのに気に入らないからと、他の同僚を巻き込んで無視する人がいるので気をつけましょう。

3.グループや派閥争い

職場に仲良しグループや派閥がいくつかあると、どこにも属さなかった場合に孤立することがあります

仕事のやりとりや情報共有も基本的にはグループ内で行われるため、無所属だとそれがわかりません。

「知らず知らずに孤立していた」なんてことがあるので、積極的にコミニュケーションを取るようにしましょう。

グループや派閥内で自分だけが周りと意見が違った場合、仲間ではないと認識され排除しようとしてくることもあるので、接し方には注意しましょう。

職場の人間関係で孤立しても上手に働ける4つの考え方

職場で孤立してしまっても、考え方を変えれば働きやすいと感じることがあります。

自分が働く環境を少しでも良くするために、考え方を変えて仕事に集中してみましょう。

ここでは、孤立しても上手に働ける考え方を4つ紹介します。

  1. 職場では割り切って仕事をする
  2. コミュニケーションは最低限にする
  3. 趣味やスキルアップの時間を確保できる
  4. 部署異動や転職を視野に入れて仕事をする

ひとつひとつ順番にみていきましょう。

1.職場では割り切って仕事をする

職場で孤立してしまったら、割り切って仕事をすると良いです。

会社は仕事をする場所であり、無理に人間関係を良好にする必要はありません

無駄な人間関係が排除され仕事に集中できると割り切ることで、職場でうまくやっていけるようになります。

とはいえ、会社で行う仕事はチームプレイであることが多く、最低限のコミュニケーションは必要です。

必要なときだけ上司や同僚と話すようにすると、精神的負担がだいぶ減ります

2.コミュニケーションは最低限にする

職場で孤立してしまったら、コミュニケーションは最低限にして仕事に集中しましょう。

上司や同僚から好かれる必要はありませんが、嫌われてしまうと仕事が一気にやりづらくなります。これは、孤立してもしなくても言えることです。

孤立しているからといって、職場の全員から嫌われている訳ではないこともあります。

挨拶や仕事で必要なやりとりはしっかりしつつ、必要以上には関わらないことが大切です。

3.趣味やスキルアップの時間を確保できる

職場で孤立すると、昼休みや就業後の時間を自分のために使えます

人間関係を良好にしようとすると、上司や同僚と一緒に昼食をとったり、就業後に飲みに行ったりすることが多くなるでしょう。会社のレクリエーションも参加必須です。

しかし、孤立してしまったら無理して上司や同僚と仲良くする必要がないため、昼休みや就業後の時間は好きなことができます。

ゆっくり休んだり趣味に時間を使ったりできるので、メリットであると考えられれば楽になります。

将来のための自己投資や、スキルアップのための勉強などに使うと、有意義に過ごせるでしょう。

4.部署異動や転職を視野に入れて仕事をする

考え方を変えて割り切っても仕事がしづらい場合は、部署異動を申し出てみると良いでしょう。

部署異動できれば、仕事のやりづらさからは解放されます。最悪部署が変わらなくても、意思表示をすることでその部署の問題点が浮き彫りになることも。会社が何らかの対応をしてくれる可能性もあります。

部署異動が難しい場合は、転職活動をしてみると良いです。

実際に転職するとなると、少なくとも1ヶ月は今の部署にいることになります。しかし、ずっと今の職場にいなくて良くなると思えば、耐えられることもあるでしょう。

職場における人間関係の孤立が耐えられなければ退職も検討

改善につながるさまざまな行動を起こしてみても状況が良くならない場合は、退職を検討してみてください。

1日の大半を過ごす会社での孤立は、精神的に大きなダメージを負うことも珍しくありません。場合によってはうつ病を発症してしまい、社会復帰が困難になることも。

そうなってしまうと、今後の人生に影響を及ぼしてしまいます。自分の人生を大事にして、早めに退職を決断するのがおすすめです。

自分で退職を伝えにくいという方は、退職代行を利用すると良いでしょう即日退職も可能なため、今すぐにでも辞められます。近年利用者が増えているので、気になった方はチェックしてみてください。

以下の記事で、退職代行サービスのランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる