【もう悩まない】職場の人間関係で孤立してしまったら!原因・特徴・対処法を詳しく解説

「職場で孤立してしまった…」
「どんなところに原因があったのか知りたい」
「対処法があれば教えて」

そんなお悩みにお答えしていきます。

会社の基本は週5日勤務。1日の拘束時間も長いので、ちょっとしたことが原因で孤立してしまったら、一種の苦行を味あわなくてはなりません。

できれば、ストレスなく快適に仕事に勤しみたいところでしょう。

そこで、この記事では

  • 職場の人間関係で孤立してしまう原因
  • 孤立する人の特徴10選
  • あえて孤立する3つのメリット
  • 職場の人間関係で孤立した時の対処法

と、会社の人間関係を良好に保つ方法について徹底的に解説していきます。

ぜひこの記事を参考に、明日からの出勤に役立ててみてください!

職場の人間関係で孤立する原因とは

そもそもどうして孤立する事態に陥るのでしょうか。

こちらでは、考えられる原因を3つ紹介していきます。

  1. 会社に原因がある
  2. 同僚に原因がある
  3. 自分自身に原因がある

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.会社に原因がある

従業員が働きやすい環境を整えるのは、会社の責任。もし、職場がパワハラ・セクハラが横行するような劣悪な環境だとしたら、あなたに罪は無いでしょう。

見て見ぬ振りをする上司や、告発しても改善しない労務部がいる会社からはすぐに離れたほうが賢明です。

2.同僚に原因がある

小学校・中学校のようにいじめをしてくる同僚がいる場合もあります。

成果に対する嫉妬心や新しくコミュニティに入ってきた人への敵対心からそのような行動を起こす人も少なくありません。

仕事の順序を工夫したり、部署の異動を願い出たりして、なるべく関わらないで済む方法を探りましょう。

3.自分自身に原因がある

孤立してしまうのは自分自身に問題があるケースもあります。

コミュニケーション不足で、知らず知らずのうちに相手を不快にさせてしまっているのかも知れません。

1つひとつ行動や発言を洗って、職場に馴染めるように改善していく必要があるでしょう。

職場の人間関係で孤立してしまう人の特徴10選

職場で孤立してしまうのは、もしかしたらあなたに原因があるからなのかも知れません。

こちらでは、現状を把握するためのチェックポイントを10個紹介していきます。

  1. 周りから目立っている
  2. 真面目すぎる
  3. 空気が読めない
  4. 人見知りの傾向が強い
  5. 文句や愚痴が多い
  6. マイナス思考である
  7. 協調性がない
  8. 感謝や謝罪ができない
  9. 仕事で失敗ばかりしている
  10. 清潔感がない

それぞれ詳しく確認してみましょう。

1.周りから目立っている

直接なにかしたわけではないのに孤立してしまうのは、相手のコンプレックスによるものなのかも知れません。

いきなり成果を出したり、重要なプロジェクトを任されたりすると、同僚から嫉妬心を抱かれることも。

「出る杭は打たれる」ということわざの通り、良い意味でも悪い意味でも目立ってしまうと、周りから距離を置かれてしまうことになるでしょう。

このケースはあまり気にしすぎる必要はありません。足を引っ張ろうとする人に良い顔をしても、メリットはほとんどないからです。

批判や嫌がらせが届かなくなるくらい圧倒的な成果を残すことに集中しましょう必ずあなたの良き理解者が現れるはずです。

2.真面目すぎる

真面目すぎる性格の人は、同僚から煙たがられることもあります。自分がやった仕事に細かく指摘を受けると、あまりいい印象を抱かない人が多いからです。

とはいえ、仕事で結果を残すには真面目さは強力な武器になることも確か。

嫌われるのは意見を曲げない頑固さや、プライベートにおいても細かさを発揮してしまうところにある点を覚えておきましょう。

3.空気が読めない

日本人が気にする「空気」という文化。なかなか読めずに困っている人も多いのではないでしょうか。

もちろん、自分の意見を包み隠さずまっすぐ主張できることは、仕事上メリットになることもあります。

しかし、周りの話を聞かず自分のやりたいことを優先していては、職場で浮いてしまうのも無理はありません。主張と傾聴のバランスを考えてみると良いでしょう。

4.人見知りの傾向が強い

人間関係において、第一印象の持つ力は非常に大きいです。実際に社会心理学でも初頭効果(第一印象は記憶に残りやすく、その後の評価にも多大な影響を与える)という理論で説明ができます。

そのため、初めて会った人に人見知りを発揮してしまう人は要注意。自覚がないうちに、相手に不快感を持たれてしまうことがあります。

初対面で緊張するのは誰しも同じこと。話題が見つからなくても、とにかく笑顔は絶やさないようにしましょう。

5.文句や愚痴が多い

不平不満が多い人は敬遠されがちです。その人と一緒にいても気分が悪くなるばかりか、陰口を叩いている仲間として周りからの評判が悪くなってしまうからです。

いつでも人が集まるところには、前向きな性格の人がいます。ネガティブな発言は極力避けて、周りに気を使わせないようにしましょう。

6.マイナス思考である

マイナス思考の方の話は、親身になって聞くと気分が落ち込んでしまいます。結果として、人が寄り付かなくなってしまうでしょう。

以下のような傾向がある方は要注意です。

  • できない理由を探してしまう
  • 行動が遅いと言われる
  • 失敗を引きずってくよくよ悩んでしまう
  • アドバイスに「でも」「だって」と反論してしまう

心当たりがある人は、まず相手の話を聞き、受け入れることから始めてみましょう。

7.協調性がない

会社にはさまざまなタイプの人間が所属しています。そのため、周囲にも気を配って業務を行うことが必要不可欠です。

「我が道を行く」「マイペース」な人は自分の主張がはっきりしている一方で「自分勝手」というレッテルをはられてしまうことも。

自分の仕事に没頭するのもいいですが、時折周りを見渡す余裕があると良いですね。

8.感謝や謝罪ができない

会社員生活では、感謝・謝罪の場面が多く訪れます。自己評価が高すぎる人は「すみません」「ありがとうございます」を言うことに慣れていない場合が多く、周りから距離を置かれてしまうことも。

自分では言っているつもりでも、形式張ったあいさつだけでは、意思表明が伝わらないこともしばしば。

「〇〇をしてしまい、すみません。今後は△△のようにいたします」「〇〇をしてくださり、ありがとうございます」のように、何についての謝罪・感謝なのかを明確にすると良いでしょう。

9.仕事で失敗ばかりしている

仕事で簡単なミスを繰り返していると、はじめはフォローしてくれた人たちも次第に離れていってしまうかも知れません。

あなたへの手助けは、同僚の善意からくるもの。その気持ちに応えるためには、同じ過ちを何度も繰り返さないことが重要です。

指摘されたことには必ずメモを取るなど、仕事に対する向き合い方を改めるべきでしょう。

10.清潔感がない

毎日同じ人としか顔を合わせないからといって、身だしなみをおろそかにするのはアウト。

ボサボサの髪の毛やヨレヨレの服はだらしなく見えてしまいます。

特に嫌がられるのはにおい。口臭や腋臭症がきついと、物理的に近寄りにくくなってしまうので注意しましょう。

あえて職場の人間関係で孤立する3つのメリット

強がりではなく、あえて孤立する選択をする方もいます。

こちらでは、好んで人とつるまないメリットについて紹介します。

  1. 仕事に集中できる
  2. 好かれる努力をしなくても良い
  3. 趣味やスキルアップの時間を確保できる

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.仕事に集中できる

仕事に集中したい時期は、わざと孤立するのがおすすめ。たとえば早朝に出社すれば、電話やメールに邪魔されず黙々と業務を進められます。

会社がフリーアドレス制ならいつもと違う場所で仕事するのも良いでしょう。

集中モードと公言して、周りからの理解を得ておくと人間関係を崩さずに済みますよ。

2.好かれる努力をしなくても良い

「嫌われないようにしよう」という心掛けは重荷になることがほとんどです。なぜなら、自分をよく見せようと仮面をつけることになるから。

八方美人に疲れた人は、少しずつ素の性格を出していくと良いでしょう。

逆に割り切ったほうが、ウマが合う人とより親密な関係を築きやすいということもありますよ。

3.趣味やスキルアップの時間を確保できる

人間関係を良くする手段として用いられるのが、飲み会や社内レクリエーション。孤立したくなければ、誘いに乗るほか選択肢がなくなってしまうでしょう。

ここで断る覚悟を決めれば、自分のリソースを有効に活用できるようになります。

自分が使える時間やお金は有限なので、自己実現のために使えると、なお良いでしょう。

職場の人間関係で孤立した時の対処法

好き好んで孤立しているわけでなければ、今すぐ状況を改善したいと願っているはず。

こちらでは、具体的な対処法を3つ紹介していきます。

  1. 良くない点を改善する
  2. 家族や友人に相談する
  3. 上司や産業医に相談する

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.良くない点を改善する

どうして孤立しているのか原因を特定し、改善にあたりましょう。

  • 無愛想 → 笑顔で自分からあいさつしてみる
  • ナルシスト → 謙虚な発言を心がける
  • 不潔 → 朝30分早起きして身だしなみを整える時間を作る

など、1つの問題点に対して1以上の対策を考えると良いでしょう。

とはいえ、客観的な目線が持てておらず、なぜ孤立しているのかわからないという方も少なくないはず。

そういう場合は、この記事で紹介した「職場の人間関係で孤立してしまう人の特徴10選」を参考に、自分のウィークポイントを洗ってみてください。

2.家族や友人に相談する

仕事内容や職場環境のことを知らない人のほうが、フラットな意見を望めるというもの。特に、親身になってくれる家族・友人に相談するのがおすすめです。

悩みを打ち明けることで気持ちが楽になるということも。

思考を整理する意味でも、自分の置かれた状況を言葉にして伝えてみましょう。

3.上司や産業医に相談する

信頼できる上司がいる場合は、相談の場を設けてもらうのも良いでしょう。部下が力を発揮できる環境を整えるのは、上司の勤めだからです。

とはいえ、上司にハラスメントの気があり、頼りにならない場合も。

職場環境整備の一環として、産業医や心理カウンセラーを置いている会社も増えているので、窓口に問い合わせてみるのも1つの手ですよ。

職場における人間関係の孤立が耐えられなければ退職も検討

1日の大半を過ごす会社での孤立は、精神的に大きなダメージを負うことも珍しくありません。

さまざまな改善につながるアクションを起こしてみて、状況が好転しないのであれば、退職という選択をするのも良いでしょう。

特に若いうちなら何度でもやり直しがきくので「私は人間関係が下手」「別の場所でもうまく行かないかも」などと、自分を責めないようにしましょう。

また、自分で退職を伝えにくいという方は退職代行の利用もおすすめ。新しい人生に一歩踏み出したい若い世代を中心に、利用者が増加しています。

以下の記事で、退職代行サービスのランキングを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら