【体験談】退職代行を使ってみた感想まとめ!利用を検討している人は4割超え?

退職代行を使ってみたいけど、やっぱり不安。そんな方は、実際に使ってみた方の体験談が知りたいはず。生の声がわかれば、自分が利用するイメージも湧きやすいですよね。

そこでこの記事では、退職代行を使ってみた方の体験談を紹介。また、後悔しない退職代行を選ぶポイントも合わせて説明しています。

退職代行を使うかどうか悩んでいる方は必見です。

目次

退職代行を使ってみた方の体験談

まずは、退職代行を使ってみた方の体験談をSNSから集めました!良い声も悪い声もまとめてお届けします。

退職代行の良い評判

まずは良い評判を紹介します!

問題なく退職できた

問題なくすんなり退職できたという声が多く見られました。会社とやり取りせず、あっという間にやめられた人も多そうです。

ストレスの元だった会社をトラブルなくやめられるのは便利ですよね。

https://twitter.com/4Pnng4etMKdxSD4/status/1395519599030902784 https://twitter.com/bbb047fall/status/1378953941040431104

心が軽くなった

退職代行を使って逃げてよかったという声も数多くありました。問題のある環境の場合は、退職代行を使ってでも早く離れる方が良さそうです。

今回探した範囲では、やめた事自体を後悔しているという声はありませんでした。

https://twitter.com/muta0724/status/1396441353974734848 https://twitter.com/tenten0_0netnet/status/1382709155979415552

https://twitter.com/reento4545/status/1392916731283136513

有給を使ってやめられた

退職代行を使った結果、しっかり有給を消化できた方も多いです。

悪い体験談

数は少ないものの、悪い体験談も見つかりました。

せっかく退職代行を使ったのに、会社から嫌がらせを受けてしまうケースもあるようです。

https://twitter.com/muta0724/status/1396409440060862466

退職代行を使ってみた人は多い

ここまで体験談を読んでも、「退職代行を使っている人なんてまだまだ少ないんでしょ?利用したら浮いちゃうかも」と心配している方もいるかもしれません。

しかし、退職代行は急速に普及してきています。日本労働調査組合によれば、退職代行を自分で利用したことがある方は17.7%。知人が利用しているケースも含めると3割を越えています。

(参考;退職代行サービスに関するアンケート

さらに、利用を検討している人は44.7%。退職代行を使うのは、もはや珍しいことではありません。周りの目を気にして利用を躊躇する必要はありませんよ。

退職代行SARABAを使ってみた方の感想

当メディアを運営している退職代行SARABAでも、多くの方を退職に導いてきました。実際に頂いた声をまとめましたので、参考にしてください。

12年勤めたこともあり、引き止めにあってなかなかやめさせてもらえませんでした。何度もしつこく退職を伝えていたので、だんだんいいづらい状態に。最終的に退職代行を依頼しました。

SARABAから連絡すると、有給休暇を利用した退職をあっさりと認めてもらえ、退職金ももらえました。長く勤めているとなかなかやめさせてもらえないイメージがありますが、しっかり退職できました。

(29歳 大手IT企業勤務)

 

飲食店でアルバイトをしていましたが、身内の不幸があり精神的に疲れてしまいました。お店への迷惑などを考えると退職をどうしても言い出せず、退職代行SARABAに依頼しました。

特に問題もなく退職を受け入れていただけたので、気持ちが楽になりました。

(10代 アルバイト)

 

上司のパワハラがひどく、どんどん従業員がやめてしまいました。日に日にパワハラが悪化しているため、どうにかやめられないかとSARABAに相談。

退職を伝えてもらっても、何度も電話をされたり家を探されたりして辞めるのは大変でした。ただ、最終的に辞めるところまで話をつけてもらえたので、依頼してよかったです。

自力で退職するのが難しかったので、感謝しています。

(40歳 営業職)

このように、SARABAではさまざまな年代や職種の方の退職を成功させています。

気になる方には無料相談も用意していますので、遠慮なくお問い合わせください。

>>退職代行SARABAを利用してみる

【7ステップ】退職代行を利用する手順を解説

退職代行を利用するまでの手順は以下の通り。

  1. 退職代行業者へ問い合わせする
  2. 退職代行業者に費用を支払う
  3. 担当者と打ち合わせをおこなう
  4. 退職代行の実行
  5. 退職届を提出する
  6. 会社の備品などを返却する
  7. 退職時に必要な書類を受け取る

ここでは簡単に解説します。

さらに詳しい流れが知りたい方は「退職代行の流れを8ステップで解説!依頼前に確認しておきたい5つのポイントとは?」をご覧ください!

あわせて読みたい
退職代行の流れを8ステップで解説!依頼前に確認しておきたい5つのポイントとは? 「退職代行ってどんな風に手続きを進めてくれるのだろう?」 「利用してトラブルにはならないか心配…」 「退職代行ってどこに依頼すればいいのかな?」 退職代行を使お...

1. 退職代行業者へ問い合わせする

まずは、退職代行業者へ問い合わせましょう。連絡手段は電話やメールなど、代行サービスによって異なります。

連絡するだけなら費用はかかりませんわからないところは、とことん質問して不安をなくしましょう。イメージがワカない方は過去の事例なども聞いてみても良いですね。

退職代行業者によって、受付時間が限られている場合があるので注意が必要です。なお退職代行SARABAは、24時間ご連絡を受け付けております。LINEでのお問い合わせも可能なので、お気軽にご相談ください。

2. 退職代行業者に費用を支払う

不安なことが解消し、サービス内容に納得できれば、退職代行業者へ費用を支払います。代行業者によって料金や支払方法が異なるので、事前に確認しておきましょう。

主な支払方法は、

  • 銀行振込
  • クレジットカード

があります。クレジットカードなら、手元にお金がないときでもすぐに依頼できるのでおすすめです。

3. 担当者と打ち合わせをおこなう

費用の支払いがおわれば、担当者との打ち合わせをおこないます。

具体的には、退職日、有給使用の有無などの希望のすり合わせです。例えば「自宅には連絡が来てほしくない」といった要望も伝えられます。

退職代行がヒアリング内容のフォーマットを用意しているところも。そのため、基本的には代行業者から聞かれた質問に答えるだけで問題ありません。

4. 退職代行の実行

打ち合わせで決めた日に、退職代行サービスから勤務先へ連絡が入ります。当日は会社に行かず、自宅にいて問題ありません。

退職の旨を伝えてもらったら、代行業者から連絡がありますそのため、スマートフォンは肌身離さず持っておきましょう。

5. 退職届を提出する

退職代行が実際されれば、退職届を提出します。代行業者から指示があるので、すみやかに郵送しましょう。

送る際には、レターパック(赤)を使うのがおすすめです。早めに届くうえに、追跡ができるためです。郵便局や一部のコンビニで買えます。

退職届を会社が受け取れば、退職が成立!これで会社を辞められます。

6. 会社の備品などを返却する

トラブルを避けるため、会社の備品を返却しましょう。なるべく早めに送ることをおすすめします。

例えば

  • 社員証
  • 保険証
  • 制服

といった返却物です。

郵送すれば、出社する必要はありませんよ。

7. 退職時に必要な書類を受け取る

退職が完了したら、勤務先から退職時に必要な書類を受け取りましょう。

例えば、以下のものが送られてきます。

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

転職の際に必要になるため、きちんと受け取るようにしましょう。

まれにですが、勤務先が必要な書類を郵送してくれないトラブルが発生することも。退職後のサポートもおこなっている退職代行業者であれば、あなたの代わりに連絡してくれるので安心できます。

後悔しない退職代行を選ぶ7つのポイント

  1. 運営元
  2. 料金
  3. 対応範囲
  4. 口コミ評価
  5. 専門の監修の有無
  6. 対応の速さ
  7. サポートの内容

どんな退職代行サービスを選べばいいかわからないという方は「【2021年版】退職代行おすすめランキング15選!30社リサーチした結果と見るべきポイントも解説」をご覧ください!退職代行サービスのおすすめランキングや、選び方を解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【2021年版】退職代行おすすめランキング15選!30社リサーチした結果と見るべきポイントも解説 会社をやめたいと言い出せなかったり、引き止めにあって困ったりしている方の救世主、退職代行サービス。最短即日で退職できるので苦しいときには頼みの綱になる反面、...

1. 運営元

退職代行を依頼する際には、運営元が労働組合か弁護士のサービスがおすすめ。会社への交渉が法律で認められているからです。

一般企業が運営する代行サービスは、あなたの「会社を辞めたい」という意向しか伝えられません。そのため、以下の項目は法律で禁止されています。

  • 有給休暇の消化
  • 残業代の請求
  • 未払い給料の請求

これらができるのは、労働組合か弁護士のサービスだけ。つまり、一般的な企業が運営する退職代行サービスよりもおこなえることが多いということです。

トラブルなく安心して会社を辞めたいなら、運営元が労働組合か弁護士のサービスを選びましょう。なお、退職代行が違法になるかどうかは「内部リンク(※公開前なので、これアップ時に違法の記事にリンク入れてください)」で解説しています。

2. 料金

料金はいくらか、何に追加料金がかかるのかしっかり確認しましょう。

退職代行の料金の相場は3万〜5万円くらいです。エージェントにより2万円台のところもあります。相場に対して安すぎる場合は、追加料金がかからないか必ず確認しましょう。

弁護士が直接対応するところでは、5万ほどが相場。別途、退職金や未払金の請求は出来高報酬になっていることが多いです。報酬割合は問い合わせしてから開示されるところもあるので、依頼前にしっかりヒアリングしてください。

3. 対応範囲

サービスの対応範囲も確認しましょう。業者によっては、深夜対応はオプション料金がかかるケースもお願いしたのに、対応範囲が狭くて困ったときに動いてもらえないのは考えものです。

事前に対応範囲を確認し、できれば追加オプションのないところを選ぶと良いでしょう。

4. 口コミ評価

申し込み前にSNSなどで口コミを確認するのもおすすめ。エージェントにより口コミの内容は様々です。

うまく退職できた、親身に対応してもらえたという声が多いエージェントなら信頼しておまかせできますよね。サービスが増えてきているからこそ、利用者の声が集まっているところを選ぶのが良いでしょう。

5. 専門の監修の有無

弁護士以外の退職代行を使う場合は、専門家の監修があるかどうかもしっかり確認しましょう。

一切監修を入れていないところでは、意図せず法に触れる行為をしている可能性が否めません。退職代行によるトラブルを避けるためにも、最低限監修をつけているところを選ぶのが安心です。

退職代行のトラブル事例9選!安心できるエージェントを見極める6つのポイントも合わせて解説」では、実際にあったトラブルや、安心なエージェントの見極め方を解説しているので、不安な方はご覧ください。

あわせて読みたい
退職代行のトラブル事例9選!安心できるエージェントを見極める6つのポイントも合わせて解説 会社をやめたい人の味方になる退職代行。メディアで取り上げられる機会も多く、認知している人も増えてきた一方、トラブルに関する噂が跡を絶ちません。 「詐欺にあって...

6. 対応の速さ

本依頼の前に、無料相談を用意しているところも多いです。速く依頼して会社から離れたい気持ちはわかりますが、事前にやり取りをして見ることも大切。

  • そもそも退職できるのか
  • リスクはないのか
  • 退職金はもらえるのか

など、気になることは事前に話しましょう。親身に回答してくれるかどうか見たほうが、実際の依頼も安心です。

連絡したときの応対を見たり、疑問点を確認したりしながら、この人たちなら信頼できるなと思えるエージェントを選ぶと失敗しませんよ!

7. サポートの内容

退職代行業者を選ぶなら、サポートの手厚さも重要視したいところ。

たとえば、退職後に会社から離職票などの必要書類が届かないといったケースも十分考えられます。

代行業者によっては、退職が成立したらサービスが終了するケースも。もしサービス終了後に会社からの連絡があった場合、代行業者が間に入ってくれずに直接やり取りをするはめになるかもしれません。

退職代行を利用するなら、会社を辞めたあとのことも考えておくと安心できます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる