退職代行の利用に罪悪感を抱く必要はない!実際に使った人の声を紹介

「退職代行を使うのに罪悪感を抱いてしまう…」

「実際に退職代行を使った人ってどんな気持ちだったのかな?」

「退職代行の利用に罪悪感を抱かない方法ってあるの?」

引き留めにあったり、退職の意思が言い出せなかったりと、さまざま理由で退職代行の検討している方も多いと思います。しかし、一般的な辞め方ではないため罪悪感を抱く方もいるのではないでしょうか?

「自分の力で退職するのがベストではないのか」と不安になってしまいますよね。

結論からお伝えすると、退職代行の利用に罪悪感を抱く必要はありません

この記事を読むことで、退職代行の利用をポジティブに考えられます。使おうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

退職代行の利用に罪悪感を抱く必要はない2つの理由

冒頭でもお伝えしましたが、退職代行を利用するにあたって罪悪感を抱く必要はありません。理由は以下の2つです。

  1. 退職代行を使うことに問題はないから
  2. バックレるより安全だから

それぞれの理由について詳しく解説します。

1.退職代行を使うことに問題がないから

退職代行を使って辞めることにはなんの問題もありません。たしかに一般的な辞め方ではないかもしれません。

しかし、退職代行を使おうとした背景は、引き留めにあった、退職を言い出せなかったなどがあると思います。

本来なら自分1人で退職できたものを会社都合で辞めさせてくれなかったのです。

このような環境では、退職代行の利用は仕方のないものだったと納得できます。

また退職代行を使うのは、法律違反をしているわけではありません。立派な退職方法の1つなので、罪悪感を抱く必要はないのです。

2.バックレるより安全だから

退職代行を利用することは、会社をバックレるより安全です。バックレは懲戒解雇のリスクがあるため。

懲戒解雇とは、会社が従業員にくだす処分のなかで最も重いもの度この処分を受ければ、転職が不利になります。

会社をなかなか辞められない場合、バックレるという選択をとる方もいます。リスクも大きいですし、職場の人にも迷惑をかけてしまうので辞めましょう。

一方、退職代行を利用するだけなら懲戒解雇とはなりません会社にもきちんと退職の意思を伝えるので、迷惑をかけにくいです。

バックレるくらいなら退職代行を利用し、安全に会社を辞めましょう。

退職代行を使うことに罪悪感を抱きやすい人の特徴2選

退職代行を使うことに罪悪感を抱く必要はありません。

しかし、なかにはどうしても「申し訳ない」「こんな辞め方でいいのか」と感じてしまう方もいます。

こちらでは退職代行を使うことに罪悪感を抱きやすい人の特徴を解説します。具体的には、以下2点です。

  1. まじめで優しい人
  2. 責任感のある人

もしかしかたら、あなたにも当てはまる部分があるかもしれません。罪悪感を払拭しきれない人はぜひ参考にしてみてください。

1.まじめで優しい人

まじめで優しい人ほど、退職代行の利用に罪悪感を抱きやすいです。辞めるときまで会社のことを考えているため。 このような方は、

  • せっかく雇ってくれた会社だからな
  • 先輩の〇〇さんにはお世話になったからな

と情に熱いことも特徴です。

心優しい人は、引き留めにあいやすくなかなか会社を退職できません周りのことを考えるのはとても素敵で、誰でもできることではないです。

しかし、1番に考えないのはあなたの心と体の健康です。ボロボロの状態になって取り返しがつかなくなる前に、会社を辞めることをおすすめします。

2.責任感のある人

退職代行の利用に罪悪感を抱きやすい人には、責任感が強いことが挙げられます。「退職は自分の言葉で伝えるべき」という考えを持っているためです。

責任感が強い方は、退職後の引継ぎなどを考えなかなか退職に踏み出せないことも。

しかし、あなた1人が辞めたところで会社が破綻することはありません。

従業員がたった1人退職したことで崩壊するような企業は、将来性が低く早めに辞めた方が安全です。 責任

感があることは、他の会社でも活かせる大きな強みです。なかなか辞められない状況にあるからこそ、退職代行の利用を検討してみてください。

【罪悪感なし】退職代行を使った結果は?利用者の声を調査

退職代行を使った人はどんな気持ちだったのでしょうか?

こちらでは、Twitterから利用者のリアルな声をお届けします。

今回調査した限り、退職代行の利用に後悔している人や罪悪感を抱いている人はいませんでした。依頼したことで会社をスパッと辞められ、前向きな気持ちでいます。

退職代行SARABAを利用した方の声

当メディアを運営している退職代行SARABAは、多数のお客様にご依頼いただきました。

こちらでは、実際に退職代行SARABAを利用した方の声をお届けします。

職場の労働環境が悪く、持病が悪化したことをきっかけに退職を考えました。 入社歴が浅いこともあり「引き留めに合うのでは」と不安を感じ、退職代行SARABAに依頼。 心配していた引き留めに合うこともなく、すんなり退職できて満足です。 (20代 幼稚園教諭)

あまりにも激務で、これ以上働きつづけると体を壊すと考え辞めようと思いました。 人手不足もあいまって、普通に辞めることを伝えても退職できないと思い、SARABAに依頼したんです。 退職の意向をなかなか認めてくれずひやひやしましたが、なんとか辞められました。 SARABAのおかげで私はなんの苦労もなく退職でき、本当に感謝しています。 (30代 サービス業)

上司のパワハラがひどく、退職を決意。 直接は退職の意向を伝えることで、パワハラがより悪化しそうだと考えSARABAさんに相談させてもらいました。 なかなかしつこくストーカーまがいのこともされましたが、SARABAさんが間に入ってくれたおかげで無事に辞められました。 自分1人の力では、退職はできなかったと思います。 (40代 営業職)

このように無事に会社を退職できたことで、罪悪感を抱いている方はほとんどいません。

なお退職代行SARABAでは、LINEにて無料の相談も受けています。不明なことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

>>退職代行SARABAを利用してみる

退職代行を利用して罪悪感を抱きにくい2つの方法

退職代行の利用には罪悪感を抱く必要はありませんが、少々後ろめたさも感じますよね。

そこでこちらでは、罪悪感を抱きにくくするための方法を紹介します。 主に以下2点です。

  1. 引継ぎ資料を用意しておく
  2. 会社の備品は速やかに返却する

順番に解説します。トラブルを避けることにもつながるので、ぜひチェックしてみてください。

1.引継ぎ資料を用意しておく

退職代行を利用する際には、引継ぎ資料を作成することをおすすめします。

引継ぎ内容がわかるものがあれば、退職したあとの業務も円滑にまわりやすいためです。

退職代行を使うとなると、急に会社に行かないことになります。そこで企業側が困るのが引継ぎです。

例えば業務に内容を知っているのがあなただけだった場合、会社は引継ぎをするよう出社を命令することも。

このような協議を持ちかけられたら、退職代行業者ではどうしようもできません。退職代行を使ったのに、出社しなければならないトラブルにも発展する可能性もあります。

このような問題を起こさないためにも、引継ぎ資料の作成は重要です。 引継ぎをしないで退職代行を使う危険性は「【利用前に必読】引継ぎせずに退職代行の利用はリスクもある!安全に辞める4つの方法を徹底解説」にて紹介しています。

具体的な対処法も解説しているので、ぜひご覧ください。

【利用前に必読】引継ぎせずに退職代行の利用はリスクもある!安全に辞める4つの方法を徹底解説

2.会社の備品は速やかに返却する

退職代行を利用したあとは、会社の備品を速やかに返却しましょう。すぐに返すことで、職場に迷惑をかけにくいためです。 例えば、

  • 会社支給のパソコン
  • 保険証
  • 社員証
  • 制服

などは滞りなく返却します。 もし返すのが遅くなった場合、会社から催促の連絡がくる可能性も。

職場に手間をかけさせていることになるため、できるだけ早めに返却します。

返す際には、迅速に送れて追跡もできるレターパックを利用しましょう。 加えて、私物の整理もしておくのもおすすめします。

会社が郵送する手間も省けるので、必要なものは持ち帰っておくと良いでしょう。反対に、不要なものは処分しておきます。

【トラブルなし】退職代行サービスの選ぶポイント4選

退職代行サービスを選ぶ際には、以下4つのポイントをチェックします。

  1. 運営元の情報
  2. 料金体系
  3. 口コミ
  4. 対応時間

この項目を抑えることで、退職代行での失敗を避けられます。サービス選定の参考にしてみてくださいね。

1.運営元の情報

退職代行サービスを選ぶときは、運営元の情報を確認しましょう。

代行業者とひとことでまとめても、さまざまなところが運営しているためです。 代表的な運営元は以下の3つ。

  • 労働組合
  • 弁護士
  • 一般企業

安全に退職するなら、労働組合や弁護士が運営しているサービスがおすすめです。

この2つは会社への交渉権が認められており、一般企業のサービスよりできることが多いため。

例えば有給を消化して退職したい場合で比較します。一般企業の代行サービスでは「有給を使い切りたい」ということを伝えるしかできません。

そのため、会社から拒否されれば有給は消化できないのです。

一方、労働組合や弁護士のサービスは、有給消化の交渉が可能。会社から拒否されても、さらに交渉できます。

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。有給の消化や未払いの残業代請求などもおまかせください。

2.料金体系

料金体系も退職代行サービス選びで抑えたいポイントです。代行業者ごとに依頼費用が異なるため。

例えば、サービスによっては正社員とアルバイトで料金が違うこともあります。その他には、即日対応がオプション扱いになっていることも。

退職代行に依頼する際は、実際どれぐらいの費用がかかるのかを確認しておきましょう。

また追加料金なしで対応してくれる業者だと安心です。

3.口コミ

退職代行業者を選ぶ際には、サービスごとの口コミを確認します。信頼できる業者か見極められるためです。

退職代行業者の公式サイトでは、利用してもらうために良いことしか書きません

そのためマイナスな面がわからず、利用してから後悔するケースも。

口コミは、利用者の声をチェックできます。TwitterなどのSNSを使うと、よりリアルなクチコミがわかるのでおすすめです。

退職代行を使った方の感想は「【体験談】退職代行を使ってみた感想まとめ!利用を検討している人は4割超え?」にてより詳しく紹介しています。

【体験談】退職代行を使ってみた感想まとめ!利用を検討している人は4割超え?

4.対応時間

代行業者を選定するときは、対応時間にも目を向けましょう。サービスごとに受け付けている時間が異なるためです。

業者によっては日中しか対応していないこともあります。深夜まで残業がある方は、なかなか問い合わせしにくいですよね。

退職代を選ぶなら、24時間対応している業者がおすすめです。明日にでも辞めたい場合は、すぐに依頼できます。

どの退職代行業者を選べばいいか迷っている方は、以下の記事をご覧ください。代行業者30社を徹底リサーチし、本当におすすめできるサービスだけをピックアップしています。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら