【利用前に必見】退職代行に潜む4つのデメリット!メリットや利用の注意も併せて解説

会社をやめたい人に変わって、退職に関する処理を行ってくれる退職代行。悩んでいた会社をパッとやめられるのは魅力的な反面、本当に使って大丈夫かなという不安もあるでしょう。まだまだ新しいサービスなので、しっかりデメリットを理解してから使いたいという気持ちもわかります。

そこでこの記事では、退職代行のメリット・デメリットを徹底的に解説します。

  • 退職代行のメリット
  • デメリット
  • 選び方のコツ
  • 使うのがおすすめな人

をまるっと解説するので、ぜひご覧ください。

退職代行サービスの概要をサクッと解説

退職代行は、依頼者に変わって退職したいという意思を会社に伝えてくれるサービスです。

会社をやめたいのに、上司に引き止められたり嫌がらせにあったりしてはぐらかされている方もいるでしょう。なかなか承諾がもらえず、苦労している方もいるかもしれません。勇気を持って退職したいことを伝えたのに、ますます風当たりが強くなってしまっては元も子もありませんよね。

そんなときに、「会社に辞めたい」という意思を代わりに伝えてくれるのが退職代行サービスです。このとき現場にいる必要はなく、家で待つだけで退職が完了します。

退職代行はバックレとは異なります。会社を無断欠勤し続けた場合、懲戒解雇になったり、有給消化ができなくなったりするリスクも。経歴に傷が付き、再就職が難しくなるでしょう。
退職代行を使って即日退職した場合は、これらのリスクがかなり小さくなります。

そのため、会社にもう行けない、行きたくない人にとって、退職代行は大きな味方になるサービスです。

退職代行の4つのデメリット

会社で悩む人の味方となる退職代行。しかし、はじめに知っておくべきデメリットも4つあります。

  1. サービス選びが難しい
  2. 会社に交渉ができない
  3. 料金がまちまち
  4. 退職後は会社や同僚に対してきまずい

それぞれ解説します。

1. サービス選びが難しい

退職代行サービスを使うなら、エージェント選びはとても大切。せっかく退職代行を使ったのに退職できず、会社とこじれてしまったケースもあるようです。

退職代行サービスは労働法を始めとする法律を理解し、ルールの範囲内で業務をおこなう必要があります。しかし、最近のブームからたくさんの企業が退職代行サービスに乗り出したことで、理解が十分でないまま運営している業者も存在します。実際に悪徳業者によるトラブルもあるようです。

退職代行を何度も連続して使う人は少ないため、比較もしにくいのが正直なところ。最低限、依頼しようとしているエージェントの口コミを確認しておくと良いでしょう。

退職代行を使ったことによるトラブルは「退職代行のトラブル事例9選!安心できるエージェントを見極める6つのポイントも合わせて解説」にまとめています。不安が残る方はこちらもご覧ください!

退職代行のトラブル事例9選!安心できるエージェントを見極める6つのポイントも合わせて解説

2. 会社に交渉ができない

未払いの給料や残業代の請求は、退職代行サービスではできません。また、会社に退職を拒否されてしまった場合、それ以上の交渉も不可。行ってしまうと、非弁行為となり違法です。
対応できるのは、弁護士もしくは労働組合が運営しているサービスだけ。

そのため、会社側に何かしらの支払い交渉をしたい場合は要注意。難しいなと思った方は、弁護士・労働組合どちらかが運営しているサービスを選べば安心です。

3. 料金がまちまち

退職代行を使うのには費用がかかります。もちろん自分で退職を切り出せれば無料なので、もったいないと感じる方もいるでしょう。

さらに、エージェントによって料金体系が大きく異なるところにも要注意。格安だと思って申し込んだら、オプション料金がかさんでしまうケースもあります。

しっかりと調べないと想定外の出費につながる点もデメリットでしょう。不安な方は、追加料金無しのパッケージになっているプランがおすすめです。

4. 退職後は会社や同僚に対してきまずい

退職代行を使うのは悪いことではありません。しかし、まだまだ認知が低く、「あいさつもなく会社をやめたの?」と悪い印象を持つ人がいるのも事実。職場の人間とは気まずくなることを覚悟しておきましょう。

退職代行を使ってやめたという噂が流れるのは防ぐことはできません。特定の上司だけに問題がある場合は、後悔する可能性もあります。

職場全体の雰囲気が悪く、一刻も早く抜け出したい場合は気にしなくていいデメリットですが、頭に入れておきましょう。

退職代行の9つのメリット

悪い面を述べてきましたが、もちろん退職代行サービスを使うメリットはたっぷりあります。具体的には以下の9つ。

  1. 自分で退職を伝えなくていい
  2. 会社に行く必要がない
  3. 引き止められる心配がない
  4. 退職理由も必要ない
  5. 最短なら即日退職できる
  6. 有給が使える可能性もある
  7. 会社から訴えられない
  8. 弁護士に依頼するより安い
  9. 転職サポートがついているところもある

こちらもチェックしていきましょう。

1. 自分で退職を伝えなくていい

退職代行サービスを申し込めば、それ以降会社の人とやり取りする必要はありません。退職の申し出から、退職手続きの進め方まですべてエージェントが手続きを進めてくれるからです。

見るだけで憂鬱になってしまう上司に悩んでいる方もいるのではないでしょうか?顔を見たら怖くて上手く離せないケースでも、そもそも直接話をする必要がないので安心です。

2. 会社に行く必要がない

退職の手続き後も、基本的に会社に行く必要はありません退職届の提出や、貸与品の返却は郵送で対応できるからです。

人事とのやり取りに会社に行ったら、職場の人にあってしまったなんて失敗もありません。

3. 引き止められる心配がない

退職代行ならば、引き止めの心配がありません。

自分で退職しようと上司に話をして引き止められてしまった方も多いのではないでしょうか?退職を申し出たら脅されてしまって困っている方もいるでしょう。

退職代行を使えば、引き止めにあってズルズル仕事をする必要はありません今まで退職時期を有耶無耶にされてやめられなかった方も、退職代行におまかせすれば安心です。

4. 退職理由も必要ない

職場が気まずい、上司が怖いなどの理由は伝えにくいもの。理由を問い詰められて上手く応えられず、「もう少し考えてごらん」と言われてしまった方もいるのではないでしょうか?

退職代行を利用する場合、退職の理由は必要なしやめたいとエージェントに伝えるだけで手続きが進むので、ストレスが大幅に減らせます。

5. 最短なら即日退職できる

退職代行を利用すれば、最短当日で会社をやめられます。

24時間対応のサービスもあるので、会社のことを考えると深夜に苦しくなってしまった方も安心です。また、寝付けないまま朝をむかえた場合でも、もう会社に出勤する必要はありません。

サービスを申し込めばその日から会社に行かなくていいのは、大きなメリットですよね。

6. 有給が使える可能性もある

退職代行を使うと、有給を使いたいという希望も伝えてくれます自分から期限を決めて退職する場合、有給の希望を伝えられない方も多いはず。その点、代わりに伝達してもらえるのはうれしいですよね。

ただし、有給に関しては確実にとれるとは限りません。あくまで可能性があるというところは理解しておきましょう。

7. 会社から訴えられない

どうせ会社に行かないなら、バックレてしまえばいいやと思っているかもしれません。しかし、バックレと退職代行の利用はまったく異なるもの。退職代行を使うことで、会社から訴えられずに済みます。

会社をバックレて無断欠勤し続けた場合、懲戒解雇になったり、有給消化ができなくなったりするリスクも。経歴に傷が付き、再就職が難しくなるでしょう。
退職代行を使って即日退職した場合は、これらのリスクがかなり小さくなります。

8. 弁護士に依頼するより安い

弁護士をつけて、退職代行をしてもらうこともできます。しかし、全て弁護士におまかせする場合に比べ、退職代行サービスを利用すると安価になることが多いです。

民間の退職代行サービスの場合、相場は約3万円。弁護士に依頼する場合5万円〜となるので、コストを下げられます。

9. 転職サポートがついているところもある

今の会社が限界で退職したとしても、気になるのが再就職。仕事が見つからなかったらどうしようかという不安もあるでしょう。

退職代行サービスでは、転職サポートをつけているところもあります。やめたあとも次の仕事探しに向けて動けるので、転職先が決まっていなくても心置きなく退職できますね。

退職代行のデメリットはエージェント次第で払拭できる!選び方の3つのポイント

退職代行に関するデメリットは、エージェントの選び方次第で回避できます。依頼するときは、最低限以下の3つを確認しましょう。

  1. 運営主体はどこか
  2. サポート全込の料金を出しているか
  3. 実績はあるか

なお、評価の良いサービスを比較して選びたいという方に向けて「【2021年版】退職代行おすすめランキング15選!30社リサーチした結果と見るべきポイントも解説」では、退職代行サービスのおすすめランキングや、選び方を解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

【2021年版】退職代行おすすめランキング15選!30社リサーチした結果と見るべきポイントも解説

1. 運営主体はどこか

運営主体を確認しましょう。弁護士か労働組合運営の会社を選んでおけば安心です。退職代行を使う上でのトラブルに合うリスクを下げられます。

退職代行を使うなら「非弁行為」を理解しなければいけません。

非弁行為とは、弁護士以外の人が法律事務をおこなって報酬を得ること。たとえば、以下のような行為が挙げられます。

  • 法律上のアドバイス
  • 退職金の交渉
  • 未払金の請求

一般の退職代行サービスがこのような行為を行うと、違法です。最近は会社側も非弁行為について理解を深めているので、法に触れる行為をした途端に退職を拒まれる可能性もあります。

退職代行サービスが非弁行為をしっかり理解して、法律の範囲内で業務を行っているか必ず確認しましょう。罰せられるのは退職代行ですが、それを理由に会社をやめられなかったら困りますよね。

なお、請求や交渉に当たる行為ができるのは、弁護士と労働組合が運営する退職代行サービスだけです。悩んだ場合はどちらかを選べば安心です。

2. サポート全込の料金を出しているか

料金はいくらか、何に追加料金がかかるのかしっかり確認しましょう。

退職代行の料金の相場は3万〜5万円くらいです。エージェントにより2万円台のところもあります。相場に対して安すぎる場合は、追加料金がかからないか必ず確認しましょう。
退職代行を初めて使う方は特に、サポート全込で追加オプションがないエージェントを選ぶのがおすすめです。

初期費用は安くても、最終的に料金が高くなってしまっては元も子もありませんよね。また、返金保証がある会社を選ぶのも、リスク回避になります。

3. 実績はあるか

退職代行サービスの実績も確認しておきましょう。過去に多くの事例を経験していたエージェントならば、安心してお任せできます。創業年数や事例件数をしっかり確認しておきましょう。

また、申し込み前にSNSなどで口コミを確認するのもおすすめ。うまく退職できたという声が多いエージェントなら安心しておまかせできますよね。

なお、実績のある退職代行を探しているのなら、退職代行SARABAがおすすめ。大手メディアからの取材実績が豊富で、もちろん多くの事例があります。安心しておまかせしたい方は、無料相談も用意しているのでぜひご利用ください。

>>退職代行SARABAを利用してみる

退職代行を使うのがおすすめな人

メリットデメリットを踏まえ、退職代行を使うのがおすすめなのは以下に当てはまる人です。

  • ブラック企業で退職が言えない人
  • 過去に退職を伝えたが断られた人
  • 一刻も早くやめたい人

退職を自力で伝えたけれども断られてしまった方にはピッタリ。また、そもそもやめたいと言わせてもらえない職場環境であれば、退職代行サービスがきっと役に立つはずです。

すぐやめたい方、心身ともに限界をむかえている方は、退職代行を使って今すぐ会社をやめてしまいましょう!

なお、退職代行SARABAなら企業との交渉はもちろん、退職後の無料転職サポートも行います。安心して退職に向かえますよ。

退職率はほぼ100%という対応力も魅力です。退職を考えている方はぜひご相談ください。

>>退職代行SARABAを利用してみる

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら