仕事をすぐに辞めることは甘えではない!辞めるべき人の特徴5つと続けるためのコツ3つを紹介

「仕事をすぐに辞めるのは甘えなの?」
「すぐに辞める人ってどんな人が多いんだろう?」
「本音を言うとすぐに辞めたくない、どうやったら長く続けられるのか知りたい!」

せっかく就職したのに仕事が合わなかったり、パワハラを受けたりなどの理由で、短期間で退職してしまう人は非常に多いです。「仕事をするなら3年」と言われているくらいなので、短期間で退職するとなると「甘えているのか」と不安になる人もいるでしょう。

そこでこの記事では、短期間で仕事を辞めることが「甘えか否か」について、以下の内容を解説しています。

  • すぐに仕事を辞める人の特徴
  • 仕事をすぐにでも辞めたほうがいい人の特徴
  • 仕事を少しでも長く続けるコツ

短期間で仕事を辞めることに後ろめたさを感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

仕事をすぐに辞めることは決して甘えではない!

結論から言うと、仕事をすぐに辞めることは決して甘えではありません。確かに仕事を長く続けたほうが大きな仕事を任せてもらえるようになり、成果を出しやすくなるでしょう。

とはいえ就職した企業が長時間労働だったり、パワハラ・セクハラが蔓延していたりすると、長く続けることは困難と言えます。働くのに適さない職場に無理して居続けたとしても体調を崩し、働けなくなってしまう恐れがあります。

自分にとって最善の選択をするために、短期間で辞めることも選択肢として持っておきましょう。

すぐに仕事を辞める人の特徴5選

短期間で仕事を辞めることは決して甘えではありません。しかし、すぐに仕事を辞める人には共通の特徴があります。

  • 飽き性である
  • 辛抱弱い
  • コミュニケーションが苦手
  • 失敗を過剰に恐れる
  • 理想が高い

上記に当てはまる人は、短期間での退職を繰り返してしまう恐れがあります。次の職場で長く働けるように、原因を理解しておきましょう。

1. 飽き性である

飽き性の人は仕事を一定期間こなしてしまうとモチベーションが上がらなくなり、短期間でも仕事を辞める傾向があります。労働環境に恵まれていても「もっと面白い仕事をしたい」と考えて、短期間であるにもかかわらず転職してしまいます。

飽き性の自覚がある人は、今取り組んでいる仕事に対して別の視点で見てみるといいでしょう。仕事の面白さを見いだせて、短期間で退職せずに済む可能性があります。

2. 辛抱弱い

辛抱弱い人もまた、すぐに転職する人の特徴として挙げられます。辛抱弱い人は成果が出るまでの期間に耐えられず「自分には向いていない」と見切りをつけてしまう傾向にあります。

また、仕事で怒られて立ち直れず、辞めてしまう人がいることも辛抱弱い人の特徴です。

辛抱弱いと自覚がある人は「○年以内に××までできなかったら辞める」という風に、具体的な期間と成果を決めるのがおすすめです。退職するのは自身が決めた目標を達成できなかった後でも、遅くはありません。

3. コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手な人も、短期間で仕事を辞めてしまう傾向にあります。コミュニケーションが苦手な人は、同僚とやり取りすることのストレスに耐えきれずに辞めてしまいます。

コミュニケーションに苦手意識がある人はメモや社内メールなど、テキストコミュニケーションの活用を検討しましょう。テキストコミュニケーションであれば対面でのやり取りを避けられることで、相手の感情を受け取らずに済みます。

結果として、コミュニケーションによるストレスを抑えられる可能性があります。

仕事が滞らない範囲で、あなたにとってストレスにならないコミュニケーション法を模索してみてください。

4. 失敗を過剰に恐れる

失敗を過剰に恐れる人も、すぐに退職してしまう人の特徴として挙げられます。失敗を過剰に恐れると挑戦できなくなってしまい、スキルアップに繋がりません。

最終的に仕事へのやりがいもキャリアも見いだせず、退職を選択することになってしまいます。

失敗を恐れていると自覚がある人は、念入りに準備をしてから挑むようにするといいでしょう。失敗を最小限に済ませられるだけでなく「これだけ取り組んでも失敗したなら仕方ない」と割り切れるようになります。

5. 理想が高い

会社に対して理想が高い人は、あらゆることを求めてしまうので、納得いかなかったらすぐに退職する傾向にあります。しかし、完璧な会社は1つもない以上は、どこかしらで妥協しないといけないものです。

理想の会社に就職できていないと感じる人は、自分にとって必要なことを考えてみてください。実際に紙に書き出してみると「実は過去の勤務先が満たしていた」なんてこともあるでしょう。

あれもこれもと求めていては、いつまで経っても納得のいく就職はできません。自分にとって本当に必要なものを把握して、妥協点を見つけるようにしましょう。

【甘えではない】仕事をすぐに辞めるのがおすすめな人の特徴5選

仕事をすぐに辞めることは決して甘えではないものの、今このタイミングでの退職が適切なのかわからない人は多いはずです。そこでここからは、仕事をすぐに辞めたほうがいい人の特徴を5つ紹介します。

  • 体が拒否反応を起こしている
  • 職場が合わない
  • セクハラ・パワハラを受けている
  • 入社前に聞いていた話と違う
  • キャリアアップの見込みが低い

順番に見ていきましょう。

1. 体が拒否反応を起こしている

体が拒否反応を起こしている場合は、一刻も早く退職してください。体が拒否反応を起こしている例を、以下にピックアップします。

  • 吐き気や胃もたれなど、体調に異常をきたしている
  • 憂鬱になる
  • 電話やメールに恐怖を感じる
  • 仕事のことを考えると涙が出る

体の拒否反応は「これ以上働いてはいけない」というシグナルです。無理して頑張ってしまうとうつ病などにより、長期間働けない体となってしまう恐れがあります。

体が拒否反応を起こしている状態については「仕事で拒否反応が出ても行くべき? 6つの原因や対処法を解説」の記事で詳しく解説しています。拒否反応が出たときの対処法もわかるようになっているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
仕事で拒否反応が出ても行くべき? 6つの原因や対処法を解説 「通勤前に仕事に行きたくなくなった」「仕事に対して拒否反応が出たけど我慢するしかないの?」とあなたは悩んでいませんか? 仕事で拒否反応が出るのは甘えではありま...

2. 職場が合わない

働いていて「職場が合わない…」と感じる人も、早めに退職したほうがいいでしょう。職場が合わないと感じる原因の一例を、以下にピックアップしてみました。

  • 仕事内容が苦手
  • 社風がストレスに感じる
  • 給料が上がらない
  • 人間関係に悩んでいる

合わない職場でどれだけ頑張っても、成果を出すことは難しいです。頑張った分だけ成果に繋がる職場は必ずあるので、ぜひ転職を検討してみてください。

職場が合わないことについては「職場が合わないなら退職しよう!6つの原因や4つのやるべきことも徹底解説」の記事で詳しく解説しています。対処法もわかるようになっているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
職場が合わないなら退職しよう!6つの原因や4つのやるべきことも徹底解説 「なんとなく職場が合わない気がする……」「職場が合わないけど、どうすればいいのかわからない」と感じていませんか? 職場が合わないと感じる原因は全部で6つあります...

3. セクハラ・パワハラを受けている

セクハラやパワハラを受けている人も、早急に退職しましょう。

セクハラやパワハラのある環境下では自分の力を存分に発揮できず、成果やスキルアップに繋がりにくいです。また、セクハラやパワハラが蔓延している職場で働き続けてしまうと、うつ病などで倒れてしまうリスクもあります。

パワハラについては「【危険】退職すべきパワハラの事例5選!安全・最速で会社を辞める方法を紹介」の記事で詳しく解説しています。パワハラ被害による退職方法がわかるようになっているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【危険】退職すべきパワハラの事例5選!安全・最速で会社を辞める方法を紹介 「上司からのパワハラに悩んでいる…」「パワハラを理由に退職はできるの?」「1日でも早く退職できる方法を知りたい!」このようなお悩みを抱えていませんか? 上司から...

4. 入社前に聞いていた話と違う

入社前に聞いていた話と違う条件で働いている場合も、勤務期間に関係なく退職を検討する余地があります。

普通は面接時に出された条件の合意を取った上で就職しているものです。しかし、入社前に聞いていた話と違う状況は、会社側が一方的に約束を破ったことになるので、わざわざ我慢して働く必要はありません。

なお、入社前に聞いていた話と違う原因の1つに、会社側が話していた内容を忘れている可能性があります。そのため、退職前に一度落ち着いて、条件面のすり合わせを行ってみるといいでしょう。

退職するのは条件面で折り合いが付けられなかった後でも遅くはありません。

入社前に聞いていた話と違うことについては「面接時と話が違う場合は退職しても問題なし!相違が起きやすい事例5つと転職時の対策を解説」の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【申し送り】
今月執筆した上記タイトルの記事の内部リンクを付けてから、本記事を公開していただきますようにお願いします。

5. キャリアアップの見込みが低いと感じている

キャリアアップの見込みが低いと感じている場合も、早めの退職を検討する余地があります。以下に当てはまる状況の場合は、今の会社でキャリアアップすることは難しいでしょう。

  • 頑張っているものの、職場内での評価がかなり低い
  • 昇給・昇格の見込みが低い
  • 他社へ行っても通用するスキルが身に着いていない

キャリアアップが見込めない職場でずっと頑張ったとしても、いざ転職活動を始めたときにアピールすることが少なく、苦戦を強いられます。今の会社に勤め続けても将来の見通しが立たないと感じたときは、早急に転職活動を行いましょう。

今の仕事を長続きさせるコツ3つ【甘えとは言わせない】

仕事を短期間で辞めることが甘えではないとはいえ、どうせなら長期に渡って勤め上げたいですよね。そこで、今の仕事を長続きさせるコツを紹介します。

  • 期限を設ける
  • 同僚とのコミュニケーションを心掛ける
  • 仕事にやりがいを見つけ出す

順番に見ていきましょう。

1. 期限を設ける

少しでも長く今の仕事を勤めるにあたって、いつまで働くのか期限を設けてみましょう。決めた期限までに、仕事のやりがいを見つけられる可能性があります。

ただし、期限を設けた際は「続けること」が目的にならないように注意が必要です。続けることが目的になると何も考えずに仕事をこなすようになり、キャリアアップに繋がらなくなります。

期限を設ける際は仕事上の目標を別途定めておくと、有意義に働けるでしょう。

2. 同僚とのコミュニケーションを心掛ける

同僚とのコミュニケーションを心がけることも、長く働く上で有効な方法です。同僚と良好にコミュニケーションを取れるようになると、仕事の質が上がり、結果的にやりがいに繋がります。

コミュニケーションに苦手意識を持っている人は、まずはあいさつから心がけましょう。「おはようございます」「お疲れ様でした」だけでなく、失敗したときは謝罪し、何かしてもらったときは誠意をもって感謝の言葉を口にします。

挨拶がしっかりできればあなたへの印象が良くなり、今まで以上にコミュニケーションを取りやすくなるはずです。

3. 仕事にやりがいを見つけ出す

仕事にやりがいを見つけ出す意識を持って取り組んでみましょう。どんな仕事でもやりがいは必ずあるものです。

とはいえ、仕事に合う合わないがある以上、どれだけ頑張ってもやりがいを見つけられないことはあります。先述の「期限を設ける」も取り入れて、やりがいを見つける期間を決めておけば、ダラダラと働く心配をせずに済みます。

仕事をすぐに辞めることは甘えではない!辞めたいと思ったら退職代行を検討しよう

就職・転職の世界ではまだまだ「長く続けることが正義」な風潮がありますが、仕事をすぐに辞めることは、決して甘えではありません。むしろ長く続けることが適さない会社はたくさんあるので、すぐにでも辞めたほうがいいケースは多々あります。

とはいえ、せっかく就職するなら長期間に渡って働きたいですよね。少しでも長く働くポイントは、以下の3つです。

  • 辞めるまでの期限を決める
  • 同僚と円満なコミュニケーションを努める
  • 仕事にやりがいを見つける

働く期間が長期に渡るほど大きな仕事を任せてもらえる可能性が高く、スキルアップおよびキャリアアップに繋がります。今後より良いキャリアを築くために、少しでも長く同じ職場で働けるように頑張ってみてください。

ただし、長く働くことが適さない会社があることも事実なので、すぐに退職することは選択肢として持っておきましょう。

「入社してすぐに辞めることに抵抗がある」という人は、退職代行がおすすめです。退職代行であれば利用料さえ支払えば、あなたに代わって退職の旨を上司に伝えてくれるので、ストレスなく辞められます。これからのキャリアを棒に振らないために、ぜひ退職代行を利用しましょう。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる