【あなたは悪くない】仕事が辛くて泣いてしまうのは危険!状況を変えるべき理由と3つの対処法を解説

「仕事が辛くて朝や夜に泣いてしまう…」
「仕事が辛いと感じるのは私だけなのかな?」
「仕事が辛くて泣いてしまうときはどうしたらいいの?」
など、お悩みを抱えていませんか?

上司からの理不尽な説教や長すぎる就業時間など、働いているとさまざまストレスがのしかかります。心と体ボロボロで「仕事が辛い、泣きたい」と感じている方も多いのではないでしょうか。

仕事が辛くて泣いてしまうのは、危険な状態です。放置しておくと、体調が悪くなったりうつ病を発症したりする危険性があります。

この記事では、仕事が辛くて泣いてしまう方に向けて、状況を変えるべき3つの理由と対処方法を解説します。最短当日で辞められる安全な退職方法も紹介するので「辛い仕事から解放されたい」と考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

仕事が辛くて泣いてしまうのはあなただけじゃない

仕事が辛くて泣いてしまうのは、あなただけではありません。こちらでは、Twitterからリアルな声を紹介します

https://twitter.com/choco_love_milk/status/1492900473426173954

このように、あなたと同じ思いを抱えている人はたくさんいます「仕事が辛い」と感じているのはあなただけではないので、安心してくださいね。

【当てはまったら注意】仕事が辛くて泣いてしまう5つの原因

仕事が辛くて泣いてしまうのは、以下5つの原因があると考えられます。

  1. 職場の人間関係が悪い
  2. 業務が忙しく休みが取れない
  3. 長時間働き過ぎている
  4. 業務内容が精神的負担となっている
  5. 思うような成果が出ない

これらの項目に1つでも当てはまったら注意です。状況を改善するよう、今すぐに行動しましょう

1.職場の人間関係が悪い

職場の人間関係が悪いと、心に大きな負担がかかってしまいます。あまりにもストレスが大きいと、辛くて泣いてしまうのも無理はありません。

人間関係の悩みは、主に以下の通りです。

  • 上司からパワハラを受けている
  • 先輩から無視をされている
  • 同僚と馬が合わない

このような状況下では、精神的な負担が大きくなってしまいますコミュニケーションが取れないなど、業務に悪影響を及ぼすリスクも考えられます。

2.業務が忙しく休みが取れない

仕事が辛くて泣いてしまう原因として、休みが取れていない可能性が挙げられます。

例えば、残業時間が長期化していたり、有給休暇を使えなかったりする状態です。忙しい時期が続くと、誰でも「辛い」「泣きたい」と感じるもの。

休みが取れない状況に置かれている場合は、繁忙期によるものか、慢性的に起こっているものなのかを確認しましょう。

繁忙期のよるものなら、時期によっては早く帰れたり、休みがとれたりする可能性があります。一方、慢性的に起こっている場合は、勤務先の労働環境が整っていない危険性が考えられます。

3.長時間働き過ぎている

早朝から深夜まで働くなど、長時間働き過ぎていると「仕事が辛い、泣きたい」と感じてしまいます。心も体も休まる時間がないためです。

このような状態が続くと、心身ともに限界が来てしまいます。

仕事量が多すぎる場合は、上司に減らしてもらえないか相談してみましょう。業務に支障をきたしていることを伝えれば、改善が見込めるかもしれません。

4.業務内容が精神的負担となっている

仕事が辛くて泣きたい原因として、業務内容が精神的負担となっていることが挙げられます。

例えば、営業の仕事で考えてみましょう。1日に何十件も飛び込みをさせられたり、ノルマを達成しないと上司から叱られたりすると、かなりの負担がかかってしまいます。結果、仕事のことを考えただけでも、涙があふれてくらい追い詰められてしまうのです。

業務内容が精神的に負担になっている場合は、部署を移動したり転職したりしてみましょう状況が変わるとことで「仕事が辛い、泣きたい」という思いが消える可能性があります。

5.思うような成果が出ない

仕事でミスが続いたり、目標を達成できなかったりするなど、思うような成果が出ないと「仕事が辛い、泣きたい」と感じてしまいます。このような状態が続くと、大きなストレスがかかってしまうためです。

特に、ミスが続くと、仕事へのモチベーションが低くなってしまいますよね。「また失敗をするのではないか」と感じ、出勤することが怖いと感じる方もいるでしょう。

思うような成果を出せないのは、仕事自体に慣れていない可能性があります。特に就職・転職したてでは新しい業務を覚えることになるため、失敗が多くなるのは自然なことです。最初から完璧な人間はいないので、まずは指摘されたミスを繰り返さないように意識してみてください。

泣くほど辛い仕事を続ける必要はない!3つの理由を解説

仕事が泣くほど辛いなら、無理して続ける必要はありません。主な理由は、以下の3点です。

  1. 体調が悪化する危険性があるから
  2. うつ病を発症する可能性があるから
  3. 自分の思うように働けないから

順番にみていきましょう。

1.体調が悪化する危険性があるから

仕事が辛くて泣いてしまう状況を放置するのは、体調が悪化する危険性があります。仕事が泣くほど辛いと感じているのは、肉体的・精神的に大きな負担がかかっているためです。

無理をして働き続けた結果、ストレスから蕁麻疹を発症したり、腰痛や頭痛などの悪影響を及ぼしたりする可能性があります。仕事よりもあなたの心と体の健康を第一に考えましょう。

2.うつ病を発症する可能性があるから

うつ病とは、いわゆる心の病気です。大きなストレスが継続的にかかり続けることで発症するといわれています。

厚生労働省は、日本人の100人に約6人が生涯のうちにうつ病を経験していると発表しています。「自分はかからないから」と考えていても、うつ病を発症する可能性は十分にあるということです。

うつの症状があるかどうかは、以下の項目を確認してみてください。

  • 体がだるく疲れやすい
  • 騒音が気になる
  • 気持ちが沈んだり、気分が重くなったりする
  • 眠れないで朝早く目覚めることがある
  • 食事か進まず、味を感じない
  • 息がつまって胸苦しくなる
  • 自分をせめてばかりいる

3~5個か当てはまった場合は、病院の診察を受けることをおすすめします。

3.自分の思うように働けないから

仕事が辛くて泣いてしまう状況を放置すると、自分の思うように働けなくなります。仕事が泣きたいほど辛いときは、働くモチベーションが下がっていることがほとんどだからです。

例えば「自分の意志を伝えたら上司に怒られるのではないか」「よかれと思った行動が実は迷惑になるのではないか」などと不安に感じてしまいます。

このような状態では、自分が思うように働けなくなります。結果、昇進やノルマ達成の機会を逃すことになり、長い目で見ても、あまり良い状況にあるとはいえないのです。

自分が自分らしく働くためにも、泣くほど辛い仕事を続ける必要はありません。

仕事が辛くて泣いてしまうときの対処法3選

仕事が辛くて泣いてしまうときは、以下3つの対処法があります。

  1. 仕事を休む
  2. 転職する
  3. 退職する

「今の状況からなんとか抜け出したい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.仕事を休む

仕事が辛くて泣いてしまうときは、思い切って会社を休んでみましょう。休むことでリフレッシュになり、仕事に前向きに取り組める可能性があります。

強い疲れを感じた際には、有給休暇を使用して会社を休んでみてください。映画を見たりリラクゼーション施設に行ったりするなどして、心と体をリフレッシュさせるのがおすすめです。

なお、精神的な限界が来ている場合は、休職を検討してみてください。

有給を使うよりも、長い期間会社を休めるため、心と体をゆっくりと休められます。休職期間の目安は、3ヶ月~1年間です。

ただし、休職中は、給料が支払われない可能性があります。会社によって取り決めが異なるため、就業規則を確認しておきましょう。

仕事を休む方法や注意点は、関連記事「仕事に疲れて休みたいなら休んでも良い!疲労を感じる3つの原因や6つの対処法を解説」にて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
仕事に疲れた・休みたい!疲労を感じる3つの原因や6つの対処法を解説 「仕事で疲れたと感じたら休んでもいいの?」「疲れたと感じる原因はなに?」「疲れて休みたいときの対処法を知りたい」と考えていませんか? 仕事をしていると、休みた...

2.転職する

仕事が辛くて泣いてしまう場合は、転職するのもひとつの改善策です。人間関係や業務内容が原因の場合、会社を変えることで状況が改善することがあります。

例えば、給料が上がったり、きちんと定時で帰れたりすることで、悩みが解決する場合もあるでしょう。

環境が変われば、仕事が楽しいと感じるかもしれません。職場の 人間関係や仕事内容 に悩みを抱えている場合は、転職を検討してみましょう。

3.退職する

人によっては、仕事があまりにも忙しくて会社を休めなかったり、転職をする時間がなかったりする場合もあるかもしれません。そんなときは、会社を退職することを検討してみてください。

心と体が限界を向かえている状態で必要なのは、休息です。最悪の場合、日常生活に支障をきたす可能性もあるため、早めに仕事から離れることが大切です。

仕事が泣くほど辛いなら退職代行サービスを利用しよう

仕事が泣くほど辛いのは、体と心が限界を向かえている可能性が高いです。自分自身を守るため、早めに退職することも検討してみてください。

とはいえ、心身共にボロボロの場合、自力で退職を言い出すのが難しい方も多いと思います。そんなときは、退職代行サービスの利用を検討してみてください。退職代行とは、依頼者の代わりに退職の意志を会社へ伝えてくれるサービスです。

仕事が泣くほど辛い状況で悩んでいるかたは、退職代行SARABAにご相談ください。勤務先への交渉権が認められている労働組合が運営しており、有給消化の交渉や未払い残業代の申請などが可能です。LINEによる無料相談も受け付けているので、疑問や不安があれば遠慮なくお問い合わせください。

なお、下記の記事では、退職代行のおすすめランキングを紹介しています。当メディアがリサーチした30社の中から本当におすすめできる15社を厳選していますので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる