仕事を休む前日に使える7つの理由!欠勤時の注意点や休みたくなる原因も解説

「最近調子が悪いから明日休みをとってゆっくり寝たい」
「緊急の用事で明日休みを取りたいけど、この理由は許されるのかな?」
「前日に休みを取りたくなった場合はどうしたらいい?」

やむを得ない事情や疲れなどで、前日に仕事を休みたくなることはあります。当日欠勤に比べて、仕事の代打を立てたりスケジュールを調整したりしやすいので、休みが必要になった時点で連絡するほうが親切です。

しかし、自分の理由は一般的に許されるものなのかという疑問もあるでしょう。また、心身の疲れから休みたいと思っている場合は、うまく認められる言い訳を用意しておきたいものです。

そこでこの記事では、以下の内容について解説します。

  • 仕事を休みたい日の前日に使える理由
  • 前日では認められにくい理由
  • 前日に欠勤を伝えるときの注意点

明日、休みを取りたくて困っている方は必見です。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

仕事を休む日の前日に使える7つの理由

仕事を明日休みたいと思っている場合、理由づくりに苦労する方もいるのではないでしょうか?また、自分の理由が一般的に認められるのか不安を持つ方もいるでしょう。

ここでは、前日に欠勤連絡するときによくある理由を7つ紹介します。

  1. 病院の受診
  2. 病院の付添
  3. 親族の危篤
  4. ライフラインの修理
  5. 紛失による各種手続き
  6. 車の修理
  7. ペットの体調不良

ぜひ参考にしてみてください。

1. 病院の受診

病院の受診は、前日に休む理由の1つとして使えます。たとえば「今日突然歯が痛くなってしまい、歯医者に行こうとしたら明日しか予約が取れませんでした。」と伝えると良いでしょう。

歯医者であれば、診断書の提出を求められることもありません。他の病院への受診でも、重病の可能性を示唆しなければ診断書を求められることも少ないはず。休み明けに診断内容をざっくり伝えるくらいで済みます。

また、高熱のような翌日まで不調が続くであろう場合も、病院の受診で休むかもしれないと伝えておくと良いでしょう。もし調子が戻ればそのまま出社すれば良いですし、戻らない場合は再度連絡を入れれば問題ありません。

2. 病院の付添

家族の怪我や病気により、病院への付添が必要になった場合も、欠勤の理由に使えます。

親の場合は、以下の場合などを理由として使えるでしょう。

  • 病院受診
  • 検査入院
  • 怪我

ただし、重症であると伝えると休み明けに色々と聞かれる可能性があります。その場合は、補助が必要であることを伝えると良いでしょう。

3. 親族の危篤

親族が危篤状態になり、急遽病院に駆けつける場合も前日連絡で休めます。ただし、この理由は周りに過度な心配を掛けてしまうため、嘘で使うのはおすすめしません。

本当に緊急の場合のみ使用するようにしましょう。

4. ライフラインの修理

ライフラインの修理や点検も休む理由として使えます。基本立ち合いが必要なため欠勤しやすいです。

特におすすめなのは、水のトラブル。突然壊れることが多く、またすぐに修理をしなければ生活に支障をきたすからです。

修理後に会社に来るように言われないためにも、修理業者が来る時間帯に幅を持たせると良いでしょう。

5. 紛失による各種手続き

紛失による各種手続きも、欠勤理由として使えます。前日だけでなく、当日に会社を休む場合にも使える手です。

財布をなくしてしまった場合は、警察への紛失届の提出やクレジットカードの再発行など、細々とした手続きが必要。不正利用のリスクもあり、緊急を要するので直前でも休みの許可がおりやすい理由です。

また、鍵の紛失により交換が必要な場合も、前日に欠勤を決める理由になりえます。

ただし、紛失による各種手続きで休む場合、自己管理ができていないと上司にマイナスな印象を与えてしまう可能性もあります。

6. 車の修理

車で出勤している場合、自家用車の故障も休む理由になります。特に電車やバスなどの公共交通機関が乏しい地域では、車がないと出社どころか生活もできません。

ただし、都心部で出社に車を使っていない場合は、休日に修理すれば良いと言われてしまう可能性もあります。受け入れられるかどうかは、居住地域による理由といえるでしょう。

7. ペットの体調不良

犬や猫などを飼っている方は、ペットの体調不良も前日に仕事を休む理由にできます。ペットも家族の一員なので、相手も休むことを否定しにくはずです。

「愛犬の体調が悪く明日病院へ連れて行こうと思います」と言えば、休めるでしょう。

事前にわかっている予定を使うのはNG!早めに有給申請しよう

前日に欠勤の相談をするのでは、なかなか許されない理由もあります。具体的には以下のようなものが挙げられます。

  • 法事
  • 結婚式
  • 免許更新
  • 定期検査による通院
  • 子どもの学校行事

これらの理由で休むこと自体は問題ありません。しかし、どれも事前に予定が立てられるものなので、ギリギリに欠勤の相談をするのはマナー違反です。

事前に休みを取りたい日がわかっている予定の場合は、決まった時点で有給申請をするようにしましょう。有給が残っておらず欠勤したい場合は、早めに上司に相談しておいてください。

直前に欠勤を決める場合、すでにあるスケジュールが動き周りの方に負担を掛けてしまいます。直前にわかったやむを得ない事情以外の場合は、早めに調整するようにしましょう。

前日に欠勤を伝えるときの注意点10選

休みを取りたい前日に欠勤を伝えるときには、おさえておくべき注意点が10個あります。

  1. 上司に連絡する
  2. 休んだ日にSNSを触らない
  3. 同じ理由ばかり使わない
  4. 無断欠勤しない
  5. 必要に応じて業務の引き継ぎをする
  6. 取引先との約束はリスケジュールする
  7. 欠勤した翌日はお礼を言う
  8. 休み明けばかりに休みを取らない
  9. 嘘でも言い切る
  10. 簡潔に伝える

事情があり、前日に休むこと自体は誰にでもありえるので、仕方ありません。お互い様だからと周りも理解を示してくれるでしょう。

しかし、欠勤前後の振る舞い次第で印象が悪くなってしまいます。ぜひこれらの注意点を意識してみてください。

1. 上司に連絡する

会社を休む場合に連絡する相手は、直属の上司です。上司が出張中だから同僚に伝えれば良いと自己判断するのは避けましょう。

上司には、部下を管理する責任があります。所在を把握する必要があるので、必ず部署の上司に連絡を入れるようにしてください。

前日に急遽休みが必要になった場合は、上司に直接伝えるか電話をするのがマナーです。ただし、急な親族の危篤のような理由で深夜に翌日休みたくなることもあるでしょう。

その場合は一報をメールで入れたうえで、返信が来なければ当日に電話を入れるようにすると丁寧です。

2. 休んだ日にSNSを触らない

無事に仕事を休めた場合、SNSの更新は控えるようにしましょう。仕事を休んだにもかかわらずSNSを更新してしまうと「理由があって休んだはずなのになぜ遊んでいるのだろう」と同僚が疑うきっかけを作ってしまいます。

思わぬ人が見ている可能性があるのが、SNSの怖いところです。そのため「誰も見てないから」と油断してSNSを更新すると、同僚に見られてしまう恐れがあります。

あらぬ噂を立てられないためにも、SNSの投稿は控えましょう。

3. 同じ理由ばかり使わない

同じ理由で欠勤を繰り返すと、嘘を疑われてしまいます。また、同じような欠勤理由が続くと、原因を根本から解決するように言われたり、対処できるまで重要なプロジェクトに入れてもらえなくなったりするリスクも出てくるでしょう。

似たような理由で休みを取り続けると信用は下がるばかり。短期間で繰り返し同じ理由を使うのは避けたほうが無難です。

4. 無断欠勤しない

どんなにつらくても、無断欠席はしないようにしましょう。同僚や上司が心配してしまいますし、社内の評価も下がります。

さらに、無断欠席が続くと懲戒解雇になる可能性も。懲戒解雇の場合、以下のようなリスクがあります。

  • 懲戒解雇日以降の賃金がもらえない
  • 再就職に悪影響を与える
  • 失業保険の給付までの期間や給付日数に影響する
  • 退職金がもらえない

その会社だけでなく、将来にも影響する可能性があるので、無断欠勤は避けてください。

必ず会社に一報を入れましょう。

5. 必要に応じて業務の引き継ぎをする

他部署との会議があるような、急ぎの仕事がある場合は業務を引き継ぎます電話で伝えきれない場合は、メールを活用しても問題ありません。

自分で代打を立てられない場合、急ぎの仕事は一覧にして上司に伝えれば良いでしょう。割り振り先を考えてもらえるはずです。

そのほか、一緒にプロジェクトを行っている仲間がいる場合は、もちろん同僚に伝えても問題ありません。

6. 取引先との約束はリスケジュールする

取引先との会議や約束がある場合、業務時間内に休むことがわかっている場合はすぐに連絡し予定を調整できないか依頼しましょう。先方はあなたのために時間を空けているので、調整は早いほうが良いです。

予定調整できない場合は、上司に相談して社内で代打をたてるなどの指示を仰ぎましょう。

7. 欠勤した翌日はお礼を言う

欠勤をすると、急ぎの仕事は周りがフォローすることになります。もし引き継ぐ仕事がなかったとしても、心配をかけてしまうことには代わりありません。

そのため、欠勤した翌日は休んだことに対するお詫びと、フォローしてもらったことに関する感謝を伝えるようにしましょう。マナーを守ることで、欠勤しても印象が下がらずに済みます。むしろ、助けてあげて良かったと思ってもらえる可能性もあります。

8. 休み明けばかりに休みを取らない

前日に仕事を休む際には、休み明けばかりにしないようにしましょう。

月曜日や祝日の後の出勤日は、休日とのギャップもあって憂鬱になりますよね。休み明けは仕事に行くたくないと誰もが少なからず感じるでしょう。

この休み明けで休みを繰り返すと、同僚や上司からずる休みを疑われます。結果として信頼を失い、仕事を振ってもらえなくなるケースもあるので注意してください。

9. 嘘でも言い切る

あまりおすすめはできませんが、前日に仕事を休む際に嘘の理由を使うこともあるでしょう。休む理由が嘘であったとしても、言い切るようにしてください。

「ちょっと車の調子が悪いみたいで…」「体調が悪く…」のように濁すと、嘘だと思われて休めません。または言いくるめられて、出勤せざるを得なくなるでしょう。

「車が壊れたので明日は休ませていただきます!」のように言い切ることで、信頼感も出てきて休める確率が上がります。

10. 簡潔に伝える

上司に仕事を休むことを伝える際は、簡潔に理由を述べてください。

上司も忙しく長々と理由を話されると時間がありませんし、面倒だと感じます。また、理由を細かく話すと辻褄が合わず嘘がバレるかもしれません。

相手の時間を奪わない、または自分の信頼を失わないためにも、休む理由は端的に伝えるようにしましょう。

前日に仕事を休みたくなる5つの理由と対処法

そもそも、どうして前日に仕事を休みたくなるのでしょうか?その原因を解明して、休み明けも晴れやかな気持ちで出勤したいですよね!

そこでこちらでは、前日に仕事を休みたくなる5つの原因とその対処法について解説します。

  1. 仕事でミスをした
  2. 人間関係が悪い
  3. 仕事にやりがいを感じない
  4. ハラスメントが横行している
  5. 体調が悪い

ではそれぞれ解説します。

1. 仕事でミスをした

仕事で大きなミスをしてしまったときは、次の日に休みたくなりますよね。また小さなミスを連発して「自分はダメな人間だ」と嘆いている方もいるでしょう。

ミスをするのは仕方ありません。どんなに完璧に見える方であっても、必ずミスを犯します。ただ、ミスをする確率を減らすことは可能です。

ミスを極力なくすためには、今やるべきことを把握し、丁寧に仕事をこなしましょう。時間がないと焦ってしまい、色々なことに手を出してしまいがち。そうすると判断能力が鈍り、ミスをしてしまいます。

また少しでもわからないことがあるのなら、すぐに質問しましょう。些細なことが重大なミスにつながるケースもあります。

2. 人間関係が悪い

職場の人間関係が悪い場合も、前日に仕事を休みたくなる理由の1つです。常に誰かの悪口を言っていたり、ギスギスした雰囲気だったりすると仕事をやりにくいでしょう。

退職理由のほとんどが人間関係です。人間関係は自分が努力しても周りが変わらなければどうにもなりません。

転職や異動を視野に入れ、今の環境から離れることをおすすめします。

3. 仕事にやりがいを感じない

つまらない仕事に従事していたり、やりがいを感じない業務をしていたりする場合も休みたくなるでしょう。時間を無駄にしていると感じ、モチベーションが上がらず成果も得られません。

やりがいを感じない場合は、小さくても良いので目標を持って行動するのがおすすめです。たとえば「タスクを1時間以内に終わらせる」「ここはこうしたほうが良いと改善案を出す」などが当てはまります。

目標を持って取り組むことで、モチベーションが向上します。またチームの課題を解決できたら裁量権のある仕事を与えられ、やりがいを感じられるかもしれません。

4. ハラスメントが横行している

セクハラやパワハラなどのハラスメントが横行していると、会社へ行きたくなくなるでしょう。

ハラスメントは周りに迷惑をかけたくなかったり、恥ずかしかったりして周りに相談しにくいかもしれません。しかし、ハラスメントを解決するには周りの協力が必要不可欠です。

上司や信頼できる人に相談して、異動または転職をしたほうが良いでしょう。

5. 体調が悪い

熱があったりお腹が痛かったりと、体調不良によって体がだるいと感じるときもあります。体がだるいと仕事に行く気が起こりませんよね。

たまたま具合が悪いだけなら問題ありませんが、慢性的に体調が優れないようなら要注意。

  • 眠れない
  • 仕事のことを考えると涙が出る
  • 食欲がない
  • プライベートが楽しめない
  • 疲れやすい

上記のような症状が2週間以上続くのであれば、うつ病である可能性があります。もしものことを考えて、早めに病院を受診するのがおすすめです。

辛いときは前日に仕事を休むことを決めても良い

この記事を読んでいる方のなかには、仕事が辛くてどうにか休みたいと思っている方もいるでしょう。仕事のことを考えると寝付けなかったり、夜中に何度も目覚めてしまったりする場合は、思い切って休みをとっても大丈夫です。

前日に休むと伝えることで、気持ちが安心してゆっくり休息をとれるかもしれません。前の日の夜から辛い気持ちが収まらず、苦しい日が続くなら、まずは一度仕事から離れましょう。

仕事のことを考えるほど、ますます不安が増長します。睡眠が不足すると幸せホルモンともいわれるセロトニンが不足し、憂鬱な状態から抜け出せなくなる可能性がありますし、寝不足では正常な判断もできません。

寝れない日々が続くならば、思い切って一日休みをとってみるのがおすすめです。一度ゆったりと睡眠をとって休息することで、心持ちが変わってくる可能性もあります。

欠勤したいほど辛い日が続くなら退職するのも一つの手

たまに会社を休みたいと思うのは誰しもあり得ること。しかし毎晩、次の日のことを考えて眠れなくなるならば、精神的な負担が大きい状態です。

欠勤したいほど辛い日が続くなら、退職を検討しても良いでしょう。そのまま無理をしていると心身の限界が来てしまいます。一度精神を病んでしまうと社会復帰には時間がかかるので、限界が来る前に環境を変えるのがおすすめです。

もし上司が高圧的で言いにくい場合や、退職の話をしてもはぐらかされてしまった場合は、退職代行を使うのも一つの手です。

退職代行は、会社を辞めたいことをあなたの代わりに伝えてくれるサービス。即日で辞められるケースもあるため、二度と会社に行く必要はありません。

下記ではおすすめの退職代行をランキング形式で紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる