【逃げてOK】「仕事を辞めたい…」疲れた時の対処法4選!しんどい8つの理由も解説

「疲れてしまって仕事を辞めたい」
「仕事を逃げ出してしまいたい」

肉体・精神の疲れが限界に達してしまうと、今すぐ仕事を辞めたいという考えが頭をよぎりますよね。しかし、その状態ですぐに仕事をやめるべきか、もう少し頑張るべきか悩んでいるのではないでしょうか?

結論から言うと、疲れてしまって仕事を辞めたいと思うほどになってしまう場合、退職を検討しても良いです。悩み続けるならば、早めに辞めてしまった方がメリットも多いからです。

とはいえ、こんな理由で仕事を辞めてもいいのかな?と疑問を持つ気持ちもわかります。

この記事では、

  • 仕事を疲れた・辞めたいと感じる理由
  • 対処法
  • しんどい時に早めに仕事をやめるメリット

をまとめました。

疲れが溜まっており、仕事をやめるか悩んでいる方はぜひ読んでみてくださいね!

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(25,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

仕事を疲れた・辞めたいと感じる8つの理由

仕事に疲れてしまって辞めてしまいたいと思っても、こんな理由で辞めていいのかなと思う方も多いでしょう。ここでは、実際に転職した方の声などを参考に、よくある理由を8つ紹介します。

  1. 人間関係がめんどくさい
  2. 上司のモラハラやパワハラ
  3. 頑張っても評価されない
  4. 残業が続いている
  5. 将来に不安がある
  6. 収入が低い
  7. 仕事が合わない
  8. 責任が重すぎる

これらの理由で転職活動を始めた方はたくさんいます。そのため、ここに当てはまる理由であれば、退職を検討しても良いでしょう。

1. 人間関係がめんどくさい

職場の人間関係が悪いと、巻き込まれるのがめんどくさくなって仕事を辞めたくなります。人の悪口ばかり聞いたり、派閥があったりすると、周りの目がどうしても気になります。直接嫌がらせに遭っていなくても、少しずつメンタルがすり減り、疲れを感じるでしょう。

職場の人間関係は、個人では解決しにくいものです。自分に被害はないからと思っていても、精神的なダメージを追っており、しんどくなってやめたくなる場面もあるでしょう。

2. 上司のモラハラやパワハラ

上司からのパワハラやセクハラがある場合も、出勤が苦痛になるでしょう。

行っている本人はパワハラ・セクハラを自覚していないかもしれません。しかし、受け手が不快に感じるならば十分問題です。

悪い人ではないけど当たりがキツい、悪気はないけどなんとなく気持ち悪く感じてしまうと言った場合、相手を否定したくない気持ちから自分を責めているかもしれません。しかし、愛想笑いをしながら耐えていると精神はすり減ってクタクタに。辞めてしまいたくなります。

3. 頑張っても評価されない

頑張っても評価されないと、やる気が落ちてきます。

残業を続けてやっとの思いで完成したプロジェクト。成果が出せたのに認められなければ何のために頑張ったのかとがっかりします。頑張っているとき以上に、それが評価されなかったタイミングで一気に疲れを感じる方もいるでしょう。

同僚より明らかに頑張っていたのに、周りが先に昇進した場合も、会社を辞めたくなります。

4. 残業が続いている

残業が続いていると、疲れも溜まって辞めたくなります。

会社にいる時間が多いとどうしても集中力も落ちますし、心から休める時間が減ってしまいますよね。寝不足が続くと思考力も落ち、さらに仕事に時間がかかって悪循環に陥ります。せっかくの休日も寝ていたら終わってしまって、楽しめなくなっている方もいるかもしれません。

激務な職場や、コンスタントに残業があるところではメリハリがつけられず、なんのために仕事をしているかわからなくなります。

5. 将来に不安がある

会社の将来性や業界の先行きが不安な方もいます。将来のことを考えると精神的に疲れてしまって、辞めたくなるでしょう。

実際に2020年にdodaが行ったアンケートでも、会社の将来性の不安、業界の先行きへの不安は転職理由の2位と3位多くの人が不安を抱えており、実際に仕事を辞めていることがわかります。

漠然とした不安を持っていると今の仕事にも集中できません。退職して新しい道を探したいと思うのも頷けます。

6. 収入が低い

収入が低いのは、辞めたくなる原因です。毎日の仕事で疲れているのに、それに見合った報酬を得られないと退職を検討したくなります。

少し古い調査にはなりますが、厚生労働省が平成24年に行った「21世紀成年者縦断調査」では、給与報酬の少なさを理由に転職した人が最も多いと言う結果も出ています。

疲れ果ててしまうほど頑張っているのに、報酬も見合わないとなると、なぜ仕事を続けているのか疑問も湧いてきます。

7. 仕事が合わない

合わない仕事をしていると疲れてしまいますよね。

  • 人見知りなのに外勤で多く人に会う
  • 細かい作業が苦手なのに神経を使うチェックが多い
  • 腰痛持ちなのに立ち仕事が多い

など、自分の適正にあっていない仕事や体質に合わない業務だと余計に疲れも溜まります。合わないことを続けるのは思っている以上にストレスが溜まるもの。だんだん会社に行きたくなくなります。

また、同じ仕事をサクサクとこなす同僚の姿を見て、気付かぬうちに比較してしまう方もいます。周りの方が仕事ができる状態を見続けるうちに、自己肯定感が下がることも少なくありません。自分ができないことを考えると体も気持ちも重くなり、疲れて会社を辞めたくなります。

8. 責任が重すぎる

業務量が多かったり、責任が重すぎたりすると、心身ともに疲れてしまいます。

多大な金額が動く判断を委ねられたり、昇進して周りの期待を一心に背負ったりしていると、プレッシャーを感じますよね。期待に応えようと頑張っているうちに疲れを感じて逃げ出したくなる方もいます。

仕事に疲れて辞めたいと感じたときの対処法

仕事に疲れてしまっていて辞めたい場合は早急に対処した方が良いです。そのままだと心身の限界が来てしまい、働けなくなるかもしれません。試してみるべき対処法は以下の4つです。

  1. 休みを取る
  2. 趣味を見つける
  3. 部署移動をする
  4. 転職する

体を壊してからでは、回復するのにも時間がかかります。無理せず、逃げる手段を検討してみてください。

1. 休みを取る

仕事に疲れているならば、あえて1日休みをとってみても良いでしょう。仕事から離れて一度休み、回復に努めましょう。

会社を辞めたいほど疲れている場合、心身的に限界です。しっかりと自分の時間をとることで改善するかもしれません。

仕事のことを常に考え続けていると、精神的にも疲れてしまうもの。1日忘れて、羽を伸ばしてみましょう。

2. 趣味を見つける

休みの日にストレスを軽減できる方法を持っておくのも良いでしょう。

仕事で頭が離れないかもしれませんが、あえて趣味の時間を取ることでリフレッシュできます。身体を動かせば睡眠の質も向上し、気持ちも前向きになるのでおすすめです。

3. 部署異動をする

残業が多すぎる部署にいたり、人間関係で疲れ果てていたりする場合は、部署異動を検討しても良いでしょう。

自分の部署だけ人間関係に問題がある場合、離れることで気持ちも前向きになれます。今の仕事が自分に向いていないと思う場合、内容を変えることで精神的な疲労が軽減するかもしれません。

希望が通るとは限りませんが、まずは上司に相談してみるのがおすすめ。興味がある分野の社内公募に応募してみるのも良いですね。

4. 転職する

自力で環境を変えるのが難しそうな場合は、転職も検討しましょう。

社内全体が慢性的な残業をしている場合や、部署を超えても仲が悪い場合、一人の力で改善するのは難しいものです。その場合は、周りが変わるのを待つよりも、自分の職場を変えてしまった方が早いです。

仕事に疲れて辞めたいと思い続けているならば、転職するのもおすすめです。

仕事に疲れたときに会社を辞める3つのメリット

仕事に疲れてしまったと感じ続けているならば、退職するのも良いでしょう。会社を早めにやめるメリットは以下の通りです。

  1. 体調を壊さずに済む
  2. より良い環境を早く探せる
  3. 若いほど選択肢が多くなる

今の仕事を続けるメリットと比較して、今後のことを考えてみてください。

1. 体調を壊さずに済む

疲れを感じたまま仕事を続けていると、体調を崩す原因になります。一度体調を崩してしまうと、回復するまで時間がかかります。

もし、適応障害やうつ病など精神のバランスを崩してしまった場合、寛解までに数年かかることも少なくありません。この状態まで追い込まれると、仕事を辞めても不調は続くことになります。

体調を崩してから仕事をやめるくらいなら、少しでも元気なうちに退職する方がメリットは大きいです。自分の気持ちに無理をせず、一度仕事から離れた方が早めに復帰できる可能性が高まります。

2. より良い環境を早く探せる

会社を辞めたいほど疲れている場合、仕事と並行して転職活動をするのは難しいかもしれません。しかし、ブラック企業でキツい仕事から逃れられないならば、働き続けているとどんどん疲弊します。その状態で時間が経っても疲れも仕事を辞めたい気持ちも改善しないでしょう。

しんどい状態が続くならば、仕事を辞めてしまった方がより良い環境を早く探せます会社はたくさんあり、業界にもよりますが現在は売り手市場。求人がある時期に転職を考えた方が、より良い環境に就職しやすいです。

3. 若いほど選択肢が多くなる

転職を考えるならば、若手のうちがおすすめ。会社の年次が低いほど、異業種の転職もしやすくなります。逆に、スキルが身に付かない環境で働き続けていくと、人材価値はどんどん下がるので注意が必要です。

今の会社でのステップアップも見込めず、疲れを感じてしんどいと思っているならば、早いうちに転職してしまうのがおすすめです。

疲れて仕事を辞めたいならば退職代行を使うのもおすすめ

疲れている状態で仕事を続けている状態が慢性的に続き、辞めたいと感じているのであれば、退職を検討しましょう。

とはいえ、上司に退職の意思を伝える勇気がなかなか持てないかもしれません。特に人間関係で悩んでいたり、上司と反りが合わない場合は伝えにくいものです。また、ブラック企業の場合は、退職の意思を伝えてもはぐらかされてしまうこともあります。

自分で退職の意思を伝えづらい場合は、退職代行を利用してみてはどうでしょうか?

退職代行を利用すれば、100%確実に辞められるだけでなく、有給休暇を消化した上での退職も可能です。

即日で辞められるケースもあるため、二度と会社に行く必要はありません。

退職代行会社では、LINEや電話などで、悩みは自分の思いについて相談できます。退職しようか悩んでいるのであれば、まずは一度相談してみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる