パートを辞めたいなら我慢しなくてOK!よくある退職理由と円満退社のコツ

「パートに行くのが億劫だなぁ…」
「職場が合わなくて辞めてしまいたい、でも簡単に辞めてもいいのかなぁ」
「もうパートに行きたくないけど、こんな理由で辞めるのはダメかな」

人間関係が悪かったり、思ったより仕事がキツかったりして、パートを辞めたくなる瞬間もありますよね。毎日行くのが憂鬱になる状態であれば、いつ辞めようか考え始めているかもしれません。

しかし、簡単にパートを辞めたら迷惑をかけるのではないか、こんな理由で辞めたらダメではないか、と悩むものです。そんな、パートが辛い方に向けて、この記事では以下の内容を解説します。

  • パートを辞めたい人によくある理由
  • 合わないパートを辞めるメリット・デメリット
  • 円満にパートを辞めるために使える理由

パートが合わなくて悩んでいる方、辞めたい方はぜひ参考にしてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

パートを辞めたいならば我慢しなくてOK

そもそも、大前提としてパートを辞めたいならば我慢しなくて大丈夫です。すでに長く働いている人に限らず、入ったばかりでも問題ありません。短期でパートを辞めるのはよくあることだからです。

バイトルの調査結果では、1ヶ月以内にパートを辞めたことがある人は、59%にのぼります。そのため、仕事内容が合わなくてすぐ辞めるのはよくあることだと言えます。また、すぐに辞めてしまう理由も様々です。

職場環境の問題だけでなく、個人の事情が変化して辞めている方も多くいるので、心配する必要はありません。パートを募集しているところは数多くあるので、我慢してストレスを溜め込むくらいなら、サッと次の職場を探してしまった方が良いでしょう。

辞めるときは、以下の内容だけ考えることをおすすめします。

  • パートに慣れれば解決しそうかどうか
  • 続けた方がメリットがあるかどうか

どちらにも当てはまらないならば、我慢せずに辞めてしまって良いでしょう。

【本音】パートを辞めたい人によくある理由

パートを辞めたくても、「こんな理由で辞めたいと思うのは自分の我慢が足りないのではないか」と悩んでいる方もいるでしょう。ここでは、パートを辞めたい人によくある理由を6つ紹介します。

  1. 仕事内容が合わない
  2. 人間関係がよくない
  3. 時給が低い
  4. 飽きてしまった
  5. 家庭環境を改善したい
  6. 子供に時間を割きたい
  7. シフトに融通が効かない

実際、このような理由でパートを辞める方は多くいます。そのため、ここに当てはまる理由で退職するのは普通のこと。あなたのせいだと責める必要はありません。

不安を感じる必要はないので、安心してくださいね。

1. 仕事内容が合わない

仕事を始めてみたら合わなかったり、そもそも聞いていたのと違う内容の仕事をやっていたりする場合、パートを辞めたくなります。

  • 立ち仕事をやってみたら腰痛が悪化した
  • 事務仕事が思ったより退屈で人と話したい

など、やってみたら自分と合わないことに気づくケースは多くあるものです。心身の不調の原因になるので、自分にあう仕事に切り替えた方が良いでしょう。

また、面接の時に聞いた仕事と違う内容の業務をさせられたり、慣れるにつれてどんどん新しい業務が割り当てられる職場もあるようです。今やっている仕事が長く続けたくないものであれば、十分退職理由になり得ます。

2. 人間関係がよくない

いざ仕事に入ってみたら、人間関係がよくなかったというケースもあります。また、社員の異動でそりが合わない人が職場に入ってくることもあるでしょう。

人間関係はなかなか個人で解決できるものではありません職場の雰囲気が原因でパートを辞める人は、実際多いです。

パート同士で悪口を言い合っていたり、上司からの理不尽な発言が目立ったりしている場合、仕事を辞めたいと思うのは普通のこと。無理してそこにい続けるとどんどんストレスが増すため、辞めてしまって良いでしょう。

同じ仕事内容でも、雰囲気の良い職場の方が気持ちよく働けるものです。

3. 時給が低い

仕事内容が時給に見合っていないというのも、パートを辞めたくなる原因です。

  • 長く働いても時給が上がらず仕事だけが増えている
  • 近隣にある他の店の方が時給が高い

などが具体的な内容として挙げられます。社員と似たような仕事まで任されていて、今の時給に納得がいかない方もいるでしょう。

主婦の方は、家事や育児も忙しく、効率的に生活費を稼ぎたいと思うことも多いはず。時給に満足できていないなら、退職を考えるのも納得です。

4. 飽きてしまった

同じ仕事を続けているうちに飽きてしまって辞めてしまった方もいます。

パートの場合、仕事が十分にこなせるようになっても、新たな仕事を任されないこともあります。そのような職場ではやりがいを感じられず、どんどん飽きてしまうかもしれません。

似たような仕事でマンネリしている場合は、パートを辞めて違う職場を探すタイミングになります。

5. 家庭環境を改善したい

思ったよりパートが忙しく、家事に時間が取れなくなった方もいます。

パート代を家計の足しにして満足度を上げるために始めたのに、気づけば家庭に時間を割くのが後回しに…。結果として、家族から不満が上がれば、仕事を辞めたくなるでしょう。

家庭とパートの優先順位を考え、うまく折り合いがつかなくて辞める方もいます。

6. 子供に時間を割きたい

子供にもっと時間を割くために辞めるのもよくある原因です。

  • 子供の習い事に付き添いたい
  • 受験の準備を一緒に進めたい

など、子供の成長に従って、今まで通りに時間が捻出できなくなることもあります。

その他、家族の介護が必要になった場合など、家庭環境が変化して家族にもっと時間が必要になるケースも。ライフスタイルが変化したことで、パートを辞めるのも納得の理由です。

7. シフトに融通が効かない

シフトに融通が効かないパートは辞めたくなります。

子どもの長期休暇中は学童を利用できず、家にいたいという方も少なくありません。また、運動会や学芸会はパートを休んで見に行きたいですよね。曜日固定で働いていて、休みを取りにくいパートは辞めたくなります。

また、希望している時間数入れないパートや、逆に人手不足で帰りたい時間に帰れない職場もあるでしょう。パートであるにもかかわらず、仕事の調整がしにくいならば、辞めたくなるのも当然です。

合わないパートをやめる3つのメリット

職場に不満のあるパートを辞めるのには、3つのメリットがあります。

  1. ストレスから解放される
  2. 家族に時間を割ける
  3. より良い条件のところを探せる

このメリットが魅力的に感じるならば、仕事を辞めても良いでしょう。

1. ストレスから解放される

職場環境や待遇に不満がある場合、ストレスから解放されるのは大きなメリットです。

合わない仕事を我慢して続けていると、イライラが募るもの。ついつい子どもにいつもより厳しく接してしまったり、疲れから冷たい態度をとってしまうこともあるでしょう。家族への当たりが強くなり後悔して、ますます自分を責めてしまっては、さらにストレスが貯まってしまいます。

パートを辞めてストレスから解放されれば、清々しい気持ちになるはずです。

2. 家族に時間を割ける

パートを辞めることで、家族により多くの時間を割けるようになります。子どもの成長をよりしっかりと感じられたり、夫婦の対話が増えたりするのもメリットの一つです。

より多くの時間を家族と過ごすことで、今より円満な家庭を築けるかもしれません。家族の時間が足りていないなと感じている方は、パートを辞めることを検討しても良いでしょう。

3. より良い条件のところを探せる

パートを辞めれば、より良い職場を探すチャンスが生まれます。仕事自体はやりたいけれど、今の時給や人間関係では働きたくないという方もいるでしょう。新しい職場は、今より働きやすく高待遇かもしれません。

不満を持ちながら仕事を続けて、新しいチャンスを逃すのはもったいないものです。正社員が転職するように、パートがより良い職場を探すのも普通のこと。合わない仕事ならば、サッと辞めて次を探しても良いでしょう。

合わないパートをやめる3つのデメリット

合わないと思っていても、パートを辞めるのにはもちろんデメリットもあります。

  1. 収入が減ってしまう
  2. 焦って仕事探しをする必要がある
  3. 近場の場合きまずい

これらのデメリットの方が大きいならば、もう少し続けても良いかもしれません。

1. 収入が減ってしまう

パートを辞めれば、その分収入は減ります。もともと生活費がギリギリで、パートの収入もなければ苦しい場合、辞めるのは得策ではありません。

パートを辞める前に、収入が減っても生活ができるのかよく検討する必要があります。節約すればやりくりできるはず、と見切り発車で仕事を辞めてしまった場合、意外とカツカツになったり赤字になったりしてしまって後悔するかもしれません。

特に、すぐに次の仕事を探さない場合は、退職後に生活は問題ないのかよく検討する必要があります。

2. 焦って仕事探しをする必要がある

パートありきで生活をしている場合、次の仕事がないと家計が苦しくなります。貯金も少ない場合は、焦って次の職場を探さなければいけません。

特に研修中の時給が下がる場合は、より早く仕事を決める必要があります。焦った結果、今より条件の悪いパートにつくのでは本末転倒です。

次の職場の目処がついたり、仕事探しをする間の貯金を用意してから辞めた方が、いい職場を見つけやすくなるでしょう。

3. 近場の場合きまずい

家から徒歩や自転車で通える範囲でパートをしている方も多いですよね。生活圏内で仕事をしている場合、辞めた後気まずくなるかもしれません。

パート自体をしなくなるならばそこまで気にする必要はありませんが、近くの他のところに転職する場合は、ばったり同僚や上司に会うことも。知り合いに出くわしたときに気まずくなるのは、ある程度覚悟しなければいけません。

円満にパートを辞める退職理由3選

もしパートを辞めるならば、退職理由はしっかり考えた方がいいです。職場の不満を伝えたり、人間関係を拗らせてしまったりした場合、その後気まずくなるからです。

そこで、円満にパートを辞められる理由を3つ紹介します。

  1. 家庭の事情
  2. 引っ越しなど物理的な事情
  3. 体調不良

ぜひこの理由を参考に、上司に退職を伝えてみましょう。

1. 家庭の事情

介護との両立ができない、子育てをかけたいため今まで通りに働けないなど、家庭の事情を理由にするのはおすすめです。

家庭の事情が理由ならば、職場からも理解が得やすく、角が立ちにくいからです。また、プライベートな内容なので、あまり詮索されにくいのもメリットでしょう。

2. 引っ越しなど物理的な事情

引っ越しや、2人目の子どもの保育園から遠くなって通いにくくなってしまったなどの物理的な理由を元に辞めるのも手です。パートの場合、基本的に勤務先を変えられないため、すんなりと受け入れてもらえます。

ただし、嘘をついてしまうとバレやすい理由でもあります。そのため、本当に物理的な事情がある場合に限り、用いるようにしましょう。

3. 体調不良

体力的にもたない、腰痛で立ち仕事がつらいなど、自分の体調不良を理由に辞めることも可能です。無理をして働かせられないので、引き止めに会いにくいでしょう。

ただし、近隣で別のパートをする場合、同じ職種を選ぶとバレてしまいます。こちらも本当の理由である場合に限り、用いるようにしましょう。

もし、退職を受け入れてもらえなかったり、どうしても理由が言い出せなかったりするならば、退職代行を使うのもおすすめです。

退職代行は、依頼者に代わって退職したいと伝えてくれるサービス。依頼した後は出社せず、手続きをお任せすることが可能です。エージェントによっては、パートでも依頼できるところもあるので探してみることをお勧めします。

退職代行SARABAならば、パートでも24,000円でサクッと辞められます。有給消化や転職フォローなどのサポートも充実しているので、細かいトラブルに悩まされることもありません。

気になる方は電話・メール・LINEのうち、お好きな連絡手段で問い合わせてみてください!24時間365日いつでも相談を受け付けていますよ!

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる