【辞められる】嘘の退職理由おすすめ9選!メリットやデメリット伝え方も解説

「職場の雰囲気が悪くて退職したいけど、辞めるときに理由を聞かれたらどうしよう」
「角が立たない嘘の退職理由はないかな?」
「そもそも退職理由は嘘をついてもいいの?」

退職を切り出すときに、理由を聞かれるケースは多いものです。会社や同僚に不満があって会社を辞めたい場合、本当の理由を話すのに抵抗がある方も多いのではないでしょうか?

また、引き止めに合いにくい退職理由を探している方もいるでしょう。

そこでこの記事では、使いやすい嘘の退職理由を9つ紹介しています。このなかから、自分の状況に近いものを選べば、きっと退職が近づきます。

うまく会社を辞めると言い出せなくて悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

退職理由は嘘をついても問題ない

そもそも、嘘の退職理由を伝えていいのか不安に思う方もいるでしょう。結論から言うと、嘘をついても問題ありません。なぜなら、会社を辞めるとき、具体的な理由を伝える必要はないからです。

会社を辞めるときのルールは民法によって定められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法627条1項(e-Gov法令検索)

簡単に言えば、労働者が退職したいと申し出た場合、二週間後に辞められるということです。ここでは、退職の理由の有無は求められていません。つまり、理由をそもそも言わなくても良いのです。

また、会社側はやめたい従業員を脅して働かせ続けることもできません。これは、労働基準法で決まっています。

第五条 使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。

引用:労働基準法第五条(e-Gov法令検索)

つまり、退職理由が納得いかないからと受理しないこともできません。

退職理由を特に聞かれなければ「一身上の都合」と伝えれば良いでしょう。しかし、会社を辞めたいと切り出したときに、理由を聞かれるケースは多いです。このときは、本音を伝える必要はなく、角が立たない退職理由を伝えれば良いでしょう。

会社に関する不満を伝えてしまうと、退職まで気まずくなったり引き止めにあったりする可能性もあります。そのため、スムーズに会社をやめたいならば、嘘の退職理由を使っても良いでしょう。嘘をついたらやめられないという罰則もないので、気にする必要はありません。

嘘の退職理由おすすめ9選

それでは、会社に受理されやすい嘘の退職理由を9つ紹介します。

  1. 家族の病気や介護
  2. 育児のため
  3. 引っ越しが必要になるため
  4. 結婚のため
  5. 妊娠・不妊治療のため
  6. 家業を継ぐため
  7. 学業・資格取得のため
  8. やりたいことを実現するため
  9. 転職先が決まったため

ポイントは、あくまで会社の不満が離職の理由ではなく、自分の都合であると認識してもらうこと。事例を紹介するので、自分が使いやすそうなものを探してみてください。

1. 家族の病気や介護

家族の体調不良や介護を理由に辞めるのは一つの手です。家族に時間を割くために、今まで通り勤務ができないと伝えれば良いでしょう。会社側が介入できないので、引き止められにくい理由です。

ただし、社員と家族の交流がある場合や、近場に多くの社員が住んでいる場合は、嘘がバレる可能性もあります。また、介護に関する知識がある人が周りにいる場合も、バレてしまうかもしれません。

既に身内に介護が必要な人がいる場合や、近隣で社内の人に会うリスクが低ければ、おすすめの理由です。

2. 育児のため

子供がいる場合、育児を理由にすることもできます。

  • 幼稚園や保育園に入れなかった
  • 受験に向けて親もフォローをしたい

などが具体的な内容にあたります。

この嘘をつく場合は、子どもの年齢に合わせた内容を選びましょう。また、今まで働けていたのに退職が必要になったのはなぜか疑問を持たれる可能性もあるので、設定を固めておく必要があります。

3. 引っ越しが必要になるため

家族の都合で引っ越しが必要になり、通いにくくなるというのもおすすめの退職理由です。こちらも会社側では対処しにくいため、引き止めに合いにくいでしょう。

ただし、引っ越し先に支社がある場合は転勤などの提案をされる場合もあります。また、引っ越し後に会社のそばで目撃されてしまうと嘘がバレることもあるので、注意が必要です。

4. 結婚のため

まだ独身の場合、結婚を理由にすることもできます。パートナーが転勤の多い仕事をしている場合もあるので、特に怪しまれずに退職できるでしょう。

ただし、まったく結婚の予定がない場合は、嘘を勘ぐられる可能性もあります。既に本当にお付き合いしている方がいれば、おすすめの理由です。

5. 妊娠・不妊治療のため

妊娠したり、不妊治療に当たったりしたいというのも退職理由になるでしょう。妊娠により体調を崩す方もいるので、これも引き止められる可能性は低めです。

また、不妊治療は時間がかかることも多く、定期的な通院も必要になるので、こちらも退職理由になり得ます。

ただし、もともと子どもを欲しがっていなかった場合は、疑われる可能性もあります。また、本当に妊娠していなかった場合、辞めるまでに子どもに関する話を振られてバレてしまうこともあるでしょう。

本当に子どもを欲しがっている方や妊娠している方であれば、差し支えありません。

6. 家業を継ぐため

親や親戚の仕事を継ぐというのも引き止めに合いにくい退職理由です。

ただし、具体的にどんな仕事をするのか、どこで働くのかなど、会社を辞めるまでに聞かれる可能性があります。同僚に質問されてもいいように、設定を固めておかないとバレてしまうかもしれません。

実際に注がないとしても、身内に事業を行っている人がいる場合は使いやすい理由です。

7. 学業・資格取得のため

学業や資格取得を理由にするのも良いでしょう。

  • 大学に通い直す
  • やりたかった仕事につくための資格勉強をする

などの理由であれば、それ以上聞かれる心配もほとんどありません。バレにくいおすすめの退職理由の一つです。

もし不安な場合は、学びたい内容について考えておくといいでしょう。退職を切り出す前から興味があると伝えていた分野であれば、特に違和感もなく受け入れられる可能性が高いです。

学生で、アルバイトしていた職場を辞める場合は、深く詮索されることもほぼないので使いやすいです。

8. やりたいことを実現するため

今までと違う仕事をやってみたい、留学したいなど、昔から考えていた夢を実現したいというのも退職理由になります。特に今の会社内では実現しにくい内容であれば、転職を考えたきっかけも想像しやすく、納得してもらいやすいでしょう。

この理由を伝えるときは、あくまで前向きな言い方にすることが大切です。「今の会社ではできないから」といったネガティブな伝え方をしないようにしましょう。

9. 転職先が決まったため

退職時期を交渉されたくない場合は、転職先が決まったと伝えるのも良いでしょう。すでに勤務開始日が決まっている場合は、調整が難しいため時期の希望も通りやすくなります。

しかし、そもそも転職を考えた理由を聞かれることもあるので、想定しておくといいでしょう。もともと興味がある分野だった、新しい業界に挑戦したいなどポジティブな理由を用意しておくと無難です。

また、具体的な社名や業界は伏せておく方が良いでしょう。万が一、名前を出した職場で働いている方が知人にいると嘘がバレる可能性があるからです。

退職理由で嘘をつく2つのメリット

嘘の退職理由を伝えることによるメリットは以下の2つです。

  1. 引き止めに合いにくくなる
  2. 職場の人との関係が悪化せずに済む

嘘をつこうか悩んでいる方は参考にして下さい。

1. 引き止めに合いにくくなる

退職を切り出した場合、引き止めにあう可能性があります。もし次の職場が決まっていないならばもう少し続けて考えて欲しい、部署異動をするから続けてほしいなどと言われて決心が揺らぐかもしれません。

そんなときに、辞めざるをえない理由を用意しておけば、引き止めに合いにくくなります。たとえば、転職先が決まっていれば、引き止めても無理だと諦める可能性が高いです。

過去に同僚が引き止めに合っていて交渉されそうな場合や、そもそも引き止めの話をされるのが億劫な場合は、嘘の退職理由を作った方がスムーズにやめられます。

2. 職場の人との関係が悪化せずに済む

会社や部署の雰囲気などの不満を伝えてしまうと、退職日までの期間気まずい思いをすることもあるでしょう。

最終的にやめられたとしても、できれば辞める日まで円満に気持ちよく過ごしたいものです。そのためには、会社の不満を伝えるのは得策ではありません。

嘘の退職理由を作ることにより、もともと持っていた不平不満に気づかれずにすむ可能性は上がります。退職日までのストレスを軽減するために、嘘をつくのもありでしょう。

退職理由で嘘をつくデメリット

退職理由に関する嘘をつくと、当然デメリットもあります。大きなものは以下の2点です。

  1. 退職日まで嘘をつき続けないといけない
  2. バレてしまった場合きまずい

メリットと比較して、嘘をつくかどうか決めましょう。

1. 退職日まで嘘をつき続けないといけない

退職理由を偽った場合、辞める日まで嘘をつき続けないといけません悪意はなく、退職に関する話題を同僚から振られたり、質問を受けたりすることもあるでしょう。

もし実情とかけ離れた退職理由を作ってしまった場合、嘘をつき続けるのは大変なものです。また、後ろめたさを感じる方もいるでしょう。

2. バレてしまった場合きまずい

嘘の退職理由がバレてしまうと、残りの期間がとても気まずくなります。「嘘をついてまで辞めようとしたヤツ」と悪評が立つ可能性もあります。

嘘をつく場合は、実情に近い理由を選ぶのがおすすめです。退職理由に関する質問を受けたり雑談されたりした時も、スムーズに答えられ、バレにくいからです。

絶対に嘘に気づかれないように留意する必要があります。

円満退職するための退職の伝え方

円満退職するためには、退職の伝え方にも気を配りましょう。具体的に気をつけることは以下の3つです。

  1. 退職日までに余裕を持たせる
  2. できれば繁忙期を避ける
  3. 会社を否定しない

それぞれ解説します。

1. 退職日までに余裕を持たせる

法律上、退職を相談してから2週間あれば会社はやめられます。しかし、業務内容によっては引き継ぎが終わらなかったり、次の人員確保の期間が足りなかったりすることもあります。

退職希望日までには余裕を持たせ、会社側に準備の時間を取ることも大切です。一般的には退職日の1〜3ヶ月前までに伝えるのが良いと言われています。

2. できれば繁忙期を避ける

可能であれば、繁忙期を避けて退職すると会社に喜ばれます。

繁忙期はメンバー全員がフル稼働しても残業が多くなる部署もあるでしょう。その中で急に退職してしまうと、快く思わない方も出てきます。

もちろん個人の事情で辞めざるを得ないこともありますが、できれば閑散期を狙って退職すると心証が良いです。

3. 会社を否定しない

退職するまで会社を否定する発言は避けましょう。直属の上司はもちろん、同僚にも愚痴をこぼさないように注意が必要です。

あなたが辞めても、他の人たちはその会社で働き続けます。周りを不快にさせないように、ネガティブな発言を避けましょう。

嘘の退職理由を考えるくらいなら退職代行も検討しよう

希望する時期にスムーズに辞めるために、嘘の退職理由を使うのは悪いことではありません。しかし、本音が言えない風土が会社にあり、嘘をつきたいと思っているのなら退職代行を検討しても良いでしょう。

退職代行は、依頼者に代わって退職したいと伝えてくれるサービス。依頼した後は出社せず、手続きをお任せすることが可能です。嘘をつかないと辞められないような会社は、サッと辞めてしまうのも良いでしょう。

退職代行SARABAなら業界最安値の24,000円でサクッと辞められます。有給消化や転職フォローなどのサポートも充実しているので、細かいトラブルに悩まされることもありません。

気になる方は電話・メール・LINEのうち、お好きな連絡手段で問い合わせてみてください!24時間365日いつでも相談を受け付けていますよ!

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる