会社を当日休むのに使える理由9選!当日欠勤の注意点も解説

「朝起きたら体がつらいけど、当日欠勤を認めてもらえる理由になるかな?」
「しんどいから会社を休みたいけど、当日でも許される理由が知りたい」
「仕事を休むのに嘘がバレない理由が知りたい」

朝起きて、会社に行けないと思うことは誰しもあること。つらいときは休んでも問題ありません。ただ、悩むのは会社を休む理由をどうすればいいのかということです。

うまい理由を伝えれば、すんなりと欠勤を認めてもらえます。逆に理由次第では、同僚や上司に不信感を与えてしまう可能性もあります。

そこでこの記事では、会社を当日休むのに使える理由を9つ紹介します。また、当日欠勤する場合に注意すべき点もまとめました。

今日会社に行きたくなくて悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

会社を当日休むのに使える理由9選

会社を当日の朝休むと伝えるときに使える理由を9つ厳選しました。時間がない方は、この中から使いやすそうなものを選んでみてください。

  1. 発熱
  2. 嘔吐
  3. 腹痛
  4. 頭痛
  5. 生理痛
  6. インフルエンザ
  7. 子供の体調不良
  8. 家族の体調不良
  9. 胃腸炎

当日欠勤の場合、基本的には体調不良を理由にするのが無難です。それぞれ詳しく解説します。

1. 発熱

発熱は説明しやすい理由の一つです。「現在38度熱があり、お休みをいただけないでしょうか?」と言われれば、止める人は少ないでしょう。具体的に体温を伝えることで、納得してもらいやすくなります。

一日休みが欲しい場合には、使いやすいでしょう。

2. 嘔吐

嘔吐をしている場合も、休みを取りやすいです。嘔吐している状態で出勤するのは難しく、集中して働けないので休むようにすすめる方も多いでしょう。

「朝嘔吐してしまったため、お休みをいただけないでしょうか?」と伝えれば大丈夫。こちらも、一日休みが欲しい場合に有効な理由です。

3. 腹痛

腹痛も休みを取りやすい理由の一つ。ひどい場合は動くのもはばかられるからです。腹痛は一日中続かないケースも多いため、回復したら出勤する提案をしても良いでしょう。

「朝から腹痛がひどいため、様子を見て落ち着いたら出勤してもよろしいでしょうか?」と伝えれば、止める人はいないはずです。治り次第出勤してもよし、回復しなければ一日休みをもらえないか改めて連絡をとるようにしましょう。

嘘の理由で使う場合には、半休を取りたいときにおすすめです。

4. 頭痛

頭痛を理由に休む人も多いです。ただし、頭痛の感じ方には差があり、薬で治まることもあるので、人によってはなかなか受け入れてもらえないケースもあります。

頭痛を理由にする場合は、「薬を飲んだが治らないので病院に行きたい」と症状がひどいことと、病院に行って直す姿勢があることを示すと良いでしょう。

5. 生理痛

生理痛は個人差が大きいため、仕事を休む理由になり得ます。生理休暇を設けている会社では伝えやすい理由となるでしょう。

ただし、生理に対する理解度や配慮にはかなり個人差があります理解の浅い人だと「生理で毎月休んでズルい」と思うこともあるようです。社内の理解が得られにくい場合は、腹痛など別の理由をつけて休むほうが良いかもしれません。

6. インフルエンザ

冬の時期であれば、インフルエンザは休む理由になります。ただし、嘘の理由で使うのはおすすめしません。インフルエンザの場合、診断書を求める会社もあるので、嘘がバレてしまいます。

また、感染症に当たるので、治るまで出社できません。1日だけ休みたい場合は、他の理由を選びましょう。

7. 子供の体調不良

子供の体調不良も、受け入れやすい理由となります。特に乳幼児のいる家庭では、子どもを一人きりにできないので理解されやすいでしょう。

突発的な休みがたびたび発生する可能性があるので、普段から子どもの話や、共働きなど家で子供を見る人がいないことを共有しておくと、すんなり受け入れてもらえます。

8. 家族の体調不良

親やパートナーの体調不良を理由にするのも良いです。自力で病院に行けないような状態であれば付添が必要だからです。

ただし、この理由も嘘で使うのには向きません。大人が付添を必要とするのは重症であるケースが多いので、後日心配されて同僚や上司から体調を質問される可能性も高いからです。その場合、嘘に嘘を重ねることになります。

実際に家族の体調が悪い場合のみ、この理由を使うのがおすすめです。

9. 胃腸炎

胃腸炎は完治するまでに3日ほどかかるので、数日休みを取りたいときにおすすめの理由です。感染リスクもあり、嘔吐と下痢を繰り返すので、出勤は難しいと理解されやすいでしょう。

胃腸炎の場合は著しく体力が落ちるので、あまりに元気な姿で出社すると嘘がバレます。本当に理由である場合は問題ありませんが、嘘を付く場合は、復帰後の振る舞いを気をつけることが必要です。

当日欠勤するときの注意点

当日欠勤をする場合は、いくつかの注意点があります。

  1. 電話で連絡する
  2. 上司に連絡する
  3. 休んだ日にSNSを触らない
  4. 必要に応じて業務の引き継ぎする
  5. 重病と嘘をつかない
  6. 休む理由は細かく説明しない
  7. 同じ理由ばかり使わない
  8. 無断欠勤しない
  9. 欠勤した翌日はお礼を言う

それぞれ意識した上で、角が立たないように休みを取りましょう。

1. 電話で連絡する

欠勤の連絡は電話で行いましょう。LINEやショートメールだと見逃してしまう可能性もあるからです。また、社会人のマナーとしても電話で伝えた方が良いとみなされています。上司に怒られるかもと緊張するかもしれませんが、電話で直接伝えてください。

電話であれば、業務内容の伝達などもスムーズに行えます。長い時間話すのが辛い場合は、休むことだけまず連絡して、追って業務の引き継ぎをメールで送る旨を伝えるのでも問題ありません。

ただし、会社によっては電話よりLINEやメールで伝えた方が良い場合もあります。特に、営業職などは早朝から商談が入っていることも。どの連絡方法が適しているか、判断してくださいね。

2. 上司に連絡する

会社を休む場合に連絡する相手は、直属の上司です。上司が出張中だから同僚に伝えれば良いなどと自己判断するのは避けましょう。

上司には、部下を管理する責任があります。所在を把握する必要があるので、必ず部署の上司に連絡を入れるようにしてください。

3. 休んだ日にSNSを触らない

休んでいるときに、SNSに投稿するのは避けましょう同僚と繋がっていると、思わぬところでトラブルになる可能性があります。

本当に体調不良で休んでいたとしても、SNSに書き込むことで仮病だと疑われてしまうかもしれません。意図せず信用を下げないためにも、欠勤するときは、SNSデトックスをする気持ちでSNSを避けると良いでしょう。あらぬ噂が立ってしまうと、今後会社に行きづらくなってしまいます。

4. 必要に応じて業務の引き継ぎする

休みを取る日に客先とのアポイントがある、他部署との会議があるなど、急ぎの仕事がある場合は引き継ぎます電話で伝えきれない場合は、メールを活用しても大丈夫です。

自分で代打が立てられない場合、急ぎの仕事は一覧にして上司に伝えれば問題ありません。割り振り先を考えてもらえるでしょう。

そのほか、一緒にプロジェクトを行っている仲間がいる場合は、もちろん同僚に伝えても問題ありません。

5. 重病と嘘をつかない

休んだことを正当化するために、重病と嘘を付くのはおすすめしません。同僚に必要以上の心配をかけるほか、病状について詳しく聞かれる可能性も出てきます。また、診断書を求められるケースもあり、トラブルの原因になります。

体調不良で休む場合は、話を盛らないようにしましょう。また、嘘をついて休むのであれば、病名などは言わず軽く症状を伝えるくらいにしておいたほうが安心です

6. 休む理由は細かく説明しない

もし、特に不調はないのに休みを取る場合、細かく休む理由を説明するのは避けましょう理由は、嘘がバレやすいからです。細かく設定を考え伝えてしまうと、自分で覚えきれないことも。また、矛盾が生じて思わぬところで怪しまれることもあります。

欠勤を上司に伝えるときに、細かく休む理由を説明する必要はありません。簡潔に、休む旨を伝えましょう。

7. 同じ理由ばかり使わない

何度も同じ理由で休むのは、控えましょう。嘘だと疑われやすくなるからです。また、欠勤理由が毎回同じであれば、原因を根本から解決するように言われることもあります。

たとえば、体調不良でよく休んでいたら、病院の診断書を求められることも。他にも、病弱なイメージがついてしまい大きなプロジェクトを任せてもらえない可能性もあります。

8. 無断欠勤しない

どんなにつらくても、無断欠席はしないようにしましょう。同僚や上司が心配してしまいますし、社内の評価も下がります。

さらに、無断欠席が続くと懲戒解雇になる可能性も。懲戒解雇の場合、以下のようなリスクがあります。

  • 懲戒解雇日以降の賃金がもらえない
  • 再就職に悪影響を与える
  • 失業保険の給付までの期間や給付日数に影響する
  • 退職金がもらえない

その会社だけでなく、将来にも影響する可能性があるので、無断欠勤は避けてください。

必ず会社に一報を入れましょう。

9. 欠勤した翌日はお礼を言う

当日欠勤をすると、急ぎの仕事は周りがフォローすることになります。もし引き継ぐ仕事がなかったとしても、心配をかけてしまうことには代わりありません。

そのため、欠勤した翌日は休んだことに対するお詫びと、フォローしてもらったことに関する感謝を伝えるようにしましょう。マナーを守ることで、欠勤しても印象が下がらずに済みます。むしろ、助けてあげてよかったと思ってもらえる可能性もあります。

精神的な理由で会社を当日に休んでもよい

当日欠勤を考えている人のなかには、精神的に辛いという方もいるでしょう。体に不調が出ていない場合でも、メンタル面の理由で仕事を休むのは悪いことではありません

心に無理をしてそのまま出勤を続けると、悪化していく可能性もあります。うつや適応障害になってからでは寛解に数年以上を要することも。働き続けるのも難しくなってしまうでしょう。そうなる前に休みをとってリフレッシュし、自分を守ってあげることも大切です。

精神的な理由で会社を休む場合の注意点を解説していきます。

  • 精神的に休みたい場合は体調不良にするのが無難
  • 会社周辺での外出は控える

なお、「精神的な理由で仕事を休むのは問題ない!欠勤するときのポイントや過ごし方を解説」ではメンタルを理由に休んだときの過ごし方についても解説しています。休むと決めた方は、ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
精神的な理由で仕事を休むのは問題ない!欠勤するときのポイントや過ごし方を解説 「精神的にどうしてもつらい…仕事を休みたい」「仕事を休むのは精神的な理由でもいいのかな」「精神的な理由で仕事を休むときの伝え方を知りたい」 気持ちが落ち込んで...

精神的に休みたい場合は体調不良にするのが無難

精神的な理由で1日だけ休みを取りたい場合、理由は体調不良にするのが無難です。メンタルを理由にしてしまうと、今の仕事の不満などをヒアリングされる可能性もあります。

少し休みたいけれども、精神的にしんどいことを周りに知られたくないのなら、「体調不良」で大丈夫です。

休む理由を聞かれる大きな理由は、復帰までにどれくらいかかるか知りたいから。怪我で病院に行くなら翌日には出社できるでしょうし、発熱であれば長引く可能性も考えなければいけません。急ぎの仕事を他の人に割り振り直すか判断するために、理由を確認しています。

そのため、「体調不良」と伝えて濁しても、差し支えありません。

会社周辺での外出は控える

メンタルをリフレッシュするために、外出すること自体はおすすめです。しかし、会社周辺を歩いていると同僚や取引先の人に偶然であってしまい、気まずい思いをする可能性があります。

そのため、会社周辺を出歩くのは避けたほうが無難です。また、万が一知り合いにあったときに「病院に行っていた」と濁せるように、華美な格好をするのも避けたほうが良いでしょう。

当日欠勤したいほど辛い日が続くなら退職するのも一つの手

精神的な理由で休みたくなることは誰しもあること。ミスをした次の日など、1日だけ休みたいと思うのは自然です。しかし、当日欠勤したいと頻繁に思うようならば、退職を検討しても良いでしょう。

毎日行きたくないと感じ、休むことまで考える状態は、平常とは言えません。そのまま無理して出勤しているうちに、心身の健康を損ねてしまう可能性もあります。身体が悲鳴をあげるまえに、思い切って環境を変えてみるのはいかがでしょうか?

退職したいけれども言い出せない方は、退職代行を使うのもおすすめです。

退職代行は、会社を辞めたいことをあなたの代わりに伝えてくれるサービス。即日で辞められるケースもあるため、二度と会社に行く必要はありません。

おすすめの退職代行をランキング形式で紹介している記事もあるので、気になる方はぜひご覧ください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる