試用期間中でも退職代行は使える!メリットと選ぶときのポイントを5つ徹底紹介

「試用期間中だけど、仕事を辞めたい…」
「入社したばかりだけど、退職代行を使えるの?」
「退職代行を使って、試用期間中に辞めるデメリットがあるなら知りたい」
と悩んでいませんか?

試用期間中だけど、仕事や職場環境が合わなくて辞めたいと感じる人もいます。しかし、入社したばかりなのに退職するのは勇気が必要ですよね。

特に、上司に直接退職の旨を伝えるのはかなりのハードルです。辞めさせてもらえず、嫌な雰囲気で働くことになったらと、不安になります。

試用期間中に会社を辞めたくなった人におすすめなのが、退職代行です。顔を合わせることなく、退職できます。

この記事では、

  • 試用期間中でも退職代行は使える
  • 退職代行を使って辞めるメリット
  • 試用期間中に退職をするデメリット
  • 退職代行を選ぶときのポイント

を詳しく解説します。ぜひ最後までご覧ください!

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(25,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

【結論】試用期間中でも退職代行は使える

結論から言うと、試用期間中でも退職代行は使えます

簡単に試用期間について説明すると、配属先を決める前に能力や適性見極めるための新人研修の期間です。使用期間の長さは、とくに法律で決まっていません。会社が自由に設定できます。

職種などによっても異なりますが、一般的に1ヶ月から半年で設けられることが多いです。

ただし、試用期間中だと言っても労働契約は成立しているので正社員と同様の退職手続きを行わなければいけません。また、労働基準法で定められている通り2週間前に退職の意思を伝えましょう。

しかし、退職代行を利用すればすぐ退職できます職場環境や人間関係に悩んでいる人は、試用期間中であっても退職代行を使えばストレスなく会社を辞められます。

気になった方は、まずLINE@などで退職代行サービスに連絡をとってみると良いでしょう。早い場合は、即日に退職できることもあります。

試用期間中に退職代行を使ってやめるメリット5選

試用期間中に退職代行を使って辞めるメリットを5つ紹介します。

  1. 無料で相談を受けられる
  2. 退職を自分で伝える必要がない
  3. 会社に出社することなく辞められる
  4. 退職に必要な書類も会社に要求してくれる
  5. 即日退職できる

それぞれ順番に確認しましょう。

【メリット1】無料で相談を受けられる

多くの退職代行業者では、LINE@などで相談を無料で受けられます初めて退職をする人も多いですよね。試用期間中の慣れない生活な上、退職について自分で調べて用意するのは不安です。ストレスも増えてしまいます。

退職代行を使った退職であれば、無料で相談や質問ができます。不安を解消してから仕事を辞められるので、安心ですね。

質問や相談に対する回答で納得できなかったら、他の退職代行に連絡を取ってみても良いでしょう。安心して任せられるサービスにお願いしてください。

【メリット2】退職を自分で伝える必要がない

辞めたくても言いたくないから退職できない、と悩んでいる人もいます。

退職代行を使う最大のメリットは、退職を自分で伝える必要がないことです。試用期間中に辞めるのは、なかなか難しいですよね。上司や担当者に、直接伝えることはストレスです。また、引き止めに合ってしまって辞められないことも。

退職代行を使えば、引き止めに合うこともありません。少しでも自分の負担を軽くしてあげましょう。

    【メリット3】会社に出社することなく辞められる

    退職代行を使って、退職すると会社に出社しないで済みます退職を伝えてから、会社に通うのは嫌ですよね。

    「入ったばかりでやめるなんて」と職場の人に悪口を言われるのでは、と不安になります。仕事内容も把握しきれていないのに、退職までの間放置されることも。

    8時間何もすることがないと、1日がとても長く感じてしまいます。

    その点、退職代行を使えば早ければ即日に退職でき、再び会社に出社する必要がありません。退職届を出してから、退職までの期間をどうやって過ごしたら良いのか考えずに済みます。

    【メリット4】退職に必要な書類も会社に要求してくれる

    退職代行を利用すれば、退職に必要な書類も会社に要求してくれます。

    たとえば、

    • 離職票
    • 源泉徴収票
    • 雇用保険被保険者証

    などが必要です。初めての退職だと、何が必要か分かりませんよね。自分で退職手続きを行うと、「この書類も必要だった…また会社に連絡しなきゃ」となってしまうことも。

    円滑に後腐れなく辞めるためにも、退職代行を使うのがおすすめです。

    【メリット5】即日退職できる

    退職代行を使用した場合、最短だと即日退職が可能ですほとんどの退職代行業者は、メールやLINEなどで24時間問い合わせを受け付けています。

    退職代行を使ってでも会社を辞めたいというのは、追い込まれている証拠です。せっかく苦労して入った会社かもしれませんが、心身が追い込まれるような環境にいるのであれば、転職して自分に合った職種や職場を探した方が良いです。

    試用期間中に自分で退職を伝えるのは難しいと思うので、まずは気軽に相談してみてください。返信の早さも、任せて良い業者か判断のポイントになります。

    一刻も早く辞めたいと考えている人は、退職代行を使うと良いでしょう。

    試用期間14日以内で即日退職については「【試用期間】14日以内でも即日退職は可能? 退職理由の事例や手順
    」にて解説しています。試用期間14日以内で今すぐ会社を辞めたい方は、参考にしてみてください!

    試用期間中に退職をするデメリット3選

    退職代行を使ったデメリットは、お金がかかることくらいです。しかし、試用期間中に退職するデメリットは3つあります。

    1. 転職活動中は試用期間で辞めた理由を求められる
    2. 収入が無くなる
    3. 失業保険がもらえない

    デメリットもきちんと理解した上で、仕事を辞めるかを考えてみてください。ただ、心身ともに健康であれば、転職先は見つかります。

    「次はないから、頑張らないと」と自分を追い込まないようにしてくださいね。

    【デメリット1】転職活動中は試用期間で辞めた理由を求められる

    試用期間は、通常1〜6ヶ月と半年以内に終わることが多いです。つまり、6ヶ月以下の短期間でなぜ辞めたのか、採用担当者に聞かれることがほとんどです。

    そのため、試用期間中に退職した場合は、採用担当者を納得させる退職理由が必要です。

    ただ、転職エージェントを使えば面接練習もしてくれます。そのため、そこまで心配する必要はないでしょう。

    試用期間で退職をしたら転職先が見つからないと、自分を追い込まないようにしてくださいね。

    【デメリット2】収入が無くなる

    退職をしたら当たり前ですが、収入が無くなります入社したばかりだと、何かと物入りですよね。また、自分でも短期間で退職をするとは想像もしていなかったはずです。

    試用期間で退職すると、会社に在籍していた分のお給料しかもらえないことも多いです。

    ある程度貯金がある人や、実家暮らしなど助けてくれる人がいる場合は、そこまでダメージを受けないかもしれません。しかし、少なからず金銭的な負担はあります。

    【デメリット3】失業保険がもらえない

    試用期間中に退職をすると、失業保険がもらえません失業保険は、特別な理由をのぞいて1年以上継続して働いている人しか受給資格がないからです。

    ただ、失業保険をもらうために1年間、苦痛だと思う職場環境で働くのはもったいないです。しかも、自分都合で退社した場合は、会社を辞めてから3ヶ月経たないと給付金をもらえません

    失業保険のために続けるか、辞めて再スタートを切るか、どちらをあなたが望んでいるか考えてみてください。

    【要チェック】退職代行を選ぶときのポイント5選

    いざ、退職代行サービスを利用するとなると、たくさんあってどれを選んだら良いか分からないことも。こちらでは、選ぶときのポイントを5つ紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

    1. 料金体系を確認
    2. クチコミをチェックする
    3. 対応時間
    4. 返信の早さ
    5. 実績があるかどうか

    それぞれ、詳しく確認していきましょう。

    【ポイント1】料金体系を確認

    退職代行業者を選ぶときの重要なポイントが、料金体系の確認です。試用期間で辞めるのであれば、なるべく価格の安い業者に頼みたいですよね。

    しかし、安く見えても実際は高かったとなることも。理由は、業者によってオプションの有無などが異なるためです。

    退職代行業者によっては、当日対応などはプラス料金がかかることもあります。

    ぱっと見の値段で決めずに、料金体系を確認しておくと良いでしょう。LINEやメールで無料相談を行っているので、オプションの有無を質問するようにしてください。

    【ポイント2】クチコミをチェックする

    SNSなどを利用して、利用したい退職代行サービスのクチコミを確認しましょう。

    公式サイトだと、当たり前ですが良い内容しか書かれていません。鵜呑みにするのは危険です。

    Twitterやブログなどであれば、利用者のリアルな評価をチェックできます。気になる業者のクチコミを確認して、評価の良い退職代行業者を選ぶのがおすすめです。

    【ポイント3】対応時間

    対応時間も大事です。対応時間が決まっているところだと、いざ退職の決心がついても、連絡がつかないこともあります。勢いがないと、会社を辞められない人もいますよね。

    退職代行を利用したい人におすすめなのが、24時間対応です。24時間対応しているならば、深夜に依頼して翌朝に退職代行を実施してもらえます。

    そのため、最短で退職ができます。

    【ポイント4】返信の早さ

    退職代行サービスを選ぶときは、返信の早さも要チェックポイントです。

    退職を考えて依頼しているのに、返信が遅いとソワソワしたり不安になったりします。迅速な対応を行ってくれるかも、いまいち信用できないですよね。

    返信が早い退職代行業者は、迅速な対応が期待できます。退職代行を依頼する前に、LINEなどの無料相談を利用してみてください。

    【ポイント5】実績があるかどうか

    しっかりと実績があるかどうかも、退職代行業者を選ぶときのポイントです。

    「退職率100%」と謳っていても、実績数が少なければ当たり前ですよね。100%と言われると信用しがちになりますが、対応件数をまずは確認しましょう。

    トラブルに巻き込まれないためにも、確実に退職をするためにも実績が多い業者を選ぶのがおすすめです。

    あなたの不安に対する答えも、経験を踏まえながら出してくれることが多いです。

    • 上司が家に来たらどうしよう
    • 緊急連絡先に連絡されることがあるのか
    • 出社を求められたときの対応は?

    など、疑問や不安に思っていることをどんどん質問してくださいね。同じような実例の有無も併せて聞いてみると良いでしょう。

    試用期間中だからこそ退職代行でスパッと退職しよう

    試用期間中でも、退職代行を使って退職はできます

    苦労して入った会社でも、職場環境が合わずつらいと感じているのであれば辞めるのも1つの手段です。特に、ブラック企業であるなら尚更自分を守るためにやめた方が良いです。

    しかし、試用期間中に退職したい旨を伝えるのは困難ですよね。「罵られたらどうしよう」や「強い引き止めにあって辞められなかった」など自分で退職手続きをする不安要素は多いです。

    退職代行を利用すれば、直接上司に伝える必要も会社に出社しないでも辞められます気になったら、まずは無料相談をしてみましょう。

    以下の記事で、おすすめの退職代行サービスについてランキング形式で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

    当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

    退職代行ランキングはこちら

    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる