会社が怖いなら無理はしなくて大丈夫!気持ちを和らげる方法や対処法を解説

「会社が怖くて行きたくないけど、これは自分が弱いからなのかな…」
「会社のことを考えると不安になってしまう」
「上司が怖くて萎縮してしまう」

会社や苦手な人のことを考えると不安感でいっぱい。心臓がバクバクしてしまって、耐えるたびに苦しい気持ちになる方もいるでしょう。

何を隠そう、筆者も前職に勤めていたときは、なんとなく仕事に行くのが怖いと思っていた一人です。周りの人たちが普通に働いているなか、会社が怖い自分は異常なのかなと思い悩んでいました。

しかし、その職場を退職した今わかるのは、「会社が怖い」と思うのは環境に問題があるからです。あなたが異常なわけではなく、原因さえ取り除ければ、不安を感じずに働けるのです。実際、苦しさの原因に対処した結果、今は楽しく働けています。

そこでこの記事では、

  • 会社が怖いと思う原因
  • なんとなく怖い気持ちを和らげる方法
  • 特定の人が怖い場合の対処法

をまとめました。原因を理解し、適切な対処をすれば、不安感は和らぎます。今、なんとも言えない恐怖感を感じている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(25,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

会社が怖いと思うなら逃げても良い

大前提として、怖いと思う職場なら逃げてしまっても大丈夫会社が怖いと思う状況は、普通ではありません。ただ、あなたのせいというわけでもないのです。

会社自体に問題があったり、業務が合わなかったりすると、不安感は増していきます。その原因から離れるために部署移動をしたり、やめてしまうのは決して悪いことではありません。

会社は数多くあります。あなたの職場が合わなかったとしても、他に生き生きと活躍できる場はいくらでも見つかります。

筆者も、会社が怖くて夜寝付けない時期を過ごした一人。しかし、仕事を変えた後は自分を評価してくれる方に囲まれ、楽しく過ごせています。

もし会社が怖いと思っていて萎縮してしまうくらいなら、逃げることを考えても良いのです。辛いことを我慢している時間はもったいないですし、そのままだと精神的に限界を迎えてしまうこともあります。

無理は禁物です。この記事では不安感を和らげるための方法を紹介しますが、それでも無理なら自分を責めすぎず、逃げることも考えてみてください。

会社が怖いと思ってしまう6つの原因

会社が怖いとなんとなく感じているのなら、原因をはっきりさせることが大切です。原因がわかれば、自ずと対処法も見つかってきます。

ここでは、会社が怖いと思ってしまう代表的な理由を6つまとめました。

  1. 職場の空気に馴染めない
  2. 仕事のミスを繰り返してしまう
  3. 責任が重すぎる
  4. 仕事量が多すぎる
  5. 仕事を過度に叱責する人がいる
  6. 仕事に自信がない

自分に合いそうなものがあるか探しながら、読み進めてみてください。

1. 職場の空気に馴染めない

職場の雰囲気が合わないと、周りの人たちが怖くなることもあります。悪口がはびこっていたり、足の引っ張り合いをしたりする環境であれば、「いつか自分も被害に遭うのではないか」と周りが怖くなってしまうのは当然です。

特定の悪い人がいなくても、空気が合わないこともあります。周りが体育会系の場合、独特のノリについていけないこともあるでしょう。逆に、和気藹々と仕事をしたい方ならば、会話がほぼない職場ではみんなが何を考えているのかわからず、怖いと感じるケースもあります。

2. 仕事のミスを繰り返してしまう

仕事のミスを繰り返していると、不安感が増してきます。

失敗を何度も怒られていると、周りの目が気になってきますよね。同僚は気にしていなかったとしても、「また同じミスをしてしまうのではないか」と自分を責める方もいます。

結果、仕事に集中できなくなり、さらにミスを繰り返すケースも。すると、さらに会社に行くのが怖いなと言う気持ちが増幅されてしまうのです。

3. 責任が重すぎる

責任が重すぎる仕事を受けると、何かあったときのことを考えて会社が怖くなることもあります。

大きな金額が動くプロジェクトを任されていたり、勝手がわからない新人ながら高い成果を求められたりするのは、常にプレッシャーがかかっている状態です。その状態で頑張っていると、ストレスが貯まっていきます。

期待に応えて責任を果たそうと考える真面目な人ほど、プレッシャーに押しつぶされてしまうのです。結果として、仕事自体に不安を感じる原因になります。

4. 仕事量が多すぎる

仕事量が多すぎると、やってもやっても残業が続きます。また、常に何かに追われているような感覚に陥る方もいるでしょう。明らかに終わらないタスクを振られていると疲れが取れず、家でも仕事のことを考えるようになることもあります。

そうなると、リフレッシュする場が取れません。結果として、会社に行くとまた仕事が増えるという不安感から、出社が怖くなります。

5. 仕事を過度に叱責する人がいる

職場にミスを厳しく怒る方がいる場合も危険です。自分が怒られなかったにせよ、怒鳴られている同僚の様子をみているうちに「自分も次は怒られるのでは」と不安を感じます。結果として萎縮してしまうのです。

また、接客関係の仕事や営業でお客さんに会うことが多い場合も、トラウマを持つ原因になることがあります。一度過度に責められてしまうと、同じ経験をしたくないという思いから恐怖心を覚えます

6. 仕事に自信がない

特に新しい仕事を任されたときは、自分のやり方であっているのか悩むこともあります。仕事に自信をもてないと、そのままやって良いのかと怖くなることも。周りの方が結果を出していると、ますます焦ってしまいますよね。

まだ新しい任務を与えられたばかりなら、経験を積めば解決することもあります。最初からうまくこなせないのは当たり前、と自分を責めすぎないことが大切です。

逆に、長年同じ業務に携わっているのに自信が持てない場合は、周りに相談してみるのも一つの手。自分の理想が高すぎるだけで期待に応えられていることが分かったり、もっと良いやり方を教えてもらえたりするかもしれません。

それでも解決しないなら、そもそも業務があっていない可能性もあります。部署異動を希望したり、もっと自分に合った仕事に転職したりする方が、解決に近づきます。

会社が怖い気持ちを和らげる5つの方法

会社が怖いと思いつつ、出社はしなければいけないと悩んでいる方も多いはず。ここでは、不安な気持ちを和らげる方法を5つ紹介します。

  1. 自分を責めすぎない
  2. 職場以外で仕事に関することは考えない
  3. プライベートの時間を確保する
  4. 無理に職場の人と交流しない
  5. 社外の人と話す

できるものから一つずつ、取り入れてみてください。

1. 自分を責めすぎない

会社が怖いと思ってしまう人の多くは、責任感が強いです。自分でどうにかしなければ、もっと役に立たなければ、と思っているうちに、仕事に対するストレスが溜まります。人間関係をうまく構築できない自分を責めて、仕事だからどうにかしなければと思っている方もいますよね。

すべて自分の責任だと抱え込まないように、意識してみてください。仕事は一人でやるものではありません。業務は全員で回せば良いものですし、合わない環境を作ってしまっている人たちにも責任があります。相手の気持ちを考えすぎる必要もありません。

まずは、すでに頑張っている自分のことを認めてあげましょう。

2. 職場以外で仕事に関することは考えない

プライベートな時間で、職場のことを考えないように意識してみてください。常に仕事に関することを考えていると、どんどん思考がネガティブになり、ますます不安感が増す原因になります。

明日もうまくいかないかも、次こそ挽回しなければ、と思考を巡らすと、ストレスを発散する場がありません。意識的に仕事に関する思考のスイッチを切ると気持ちが安定します。

3. プライベートの時間を確保する

家でも仕事の処理に追われている方や休日出勤が続いている方は、プライベートの時間をしっかり確保しましょう。心身ともにリフレッシュする時間も必要です。

仕事がつらくて休日は寝ていたら終わってしまうという方は、思い切って休暇をとってみるのもおすすめです。行くのが怖いと思っている職場に無理に通っているとメンタルがすり減ります。ぜひ、こまめに息抜きできるように、自分が楽しめる時間を確保してみてください。

4. 無理に職場の人と交流しない

職場の雰囲気が合わないならば、無理に交流する必要はありません決められた業務をこなしていれば、十分役に立てています。全員と仲良くする必要もないので、ストレスを感じてまで仲間に入る必要はないです。

人間関係は、職場以外でも構築できます。趣味や価値観の合う仲間は、外で探せば良いのです。「職場に馴染まねば」という思い込みを捨てて、最低限のコミュニケーションにとどめるのも一つの手段です。

5. 社外の人と話す

一人で溜め込まず、社外の人と話してみてください解決はしなくてもすっきりとした気持ちになるかもしれません。

会社が怖いのは、気づいていないだけで環境が悪い可能性もあります。気心知れた友人と話すことで、社内の異常さに気づけることもあるでしょう。そのほか、明らかにおかしいなと思う場合は、弁護士などの専門家に相談してみるのも良いです。

社内に心が落ち着く場がないならば、外の人と話してリフレッシュしましょう。

【原因別】職場の上司や特定の人が怖い場合の対処法

職場の中で上司など、特定の人が怖い場合もありますよね。この場合は、相手か自分が異動すれば解決する可能性が高いです。そのため、一時的にこの状況を凌ぎたいという方もいるのではないでしょうか?

特定の人が怖い場合の対処法は3つあります。

  1. 自分からコミュニケーションをとってみる
  2. 怖いと感じる原因を分析する
  3. 無理に話そうとしない

怖いと感じる原因により対処が異なるので、ぜひ確認してみてください。

1. 自分からコミュニケーションをとってみる

特に自分に対して嫌なことをされていないけど、なんとなく怖い人っていますよね。

  • 体が大きい
  • 声が大きくて威圧感がある
  • 寡黙で何を考えているかわからない

この場合は、相手を理解すれば解決するケースもあります。自分からコミュニケーションをとってみましょう。

自分から話しかけてみたり、食事に誘ってみたりするのも有効です。内面を知ることで、恐怖心がなくなり意外と親しみやすい人だと気づくこともあるでしょう。

しかし、怖いと思っている人に話しかけるのはストレスがかかるもの。無理のないペースで交流するようにしてみてください。

2. 怖いと感じる原因を分析する

なんとなく怖いと感じる人には、原因を分析してみるのも良い手段です。

  • 月末はピリピリしているから怖くなる
  • いつも周りに人がいるから嫌われたらまずいと思ってしまう

など、冷静に見つめてみることで、相手を苦手に思う原因が浮き彫りになることもあります。もし、特定の瞬間だけ怖いのならば、そのタイミングだけ近づかないようにすることで、ストレスを回避できます。

3. 無理に話そうとしない

中には、どうしても無理と感じてしまう相手もいるでしょう。心地よい人、苦手な人がいるのは当たり前のことです。学生時代、同じクラスにもなんとなく気の合わない人はいましたよね。

どうしても改善できないと思う相手なら、無理に仲良くなる必要もありません連絡はできるだけメールを活用するなど、話す回数を減らす工夫をしても良いです。

最低限のコミュニケーションにとどめて、自分を守るのは悪いことではありません。

会社が怖い原因を解決できないなら退職してもいい

ここまで会社が怖い原因や、緩和する方法を解説してきましたが、うまく解決できない方もいるでしょう。もし環境が変えられないならば、無理にその職場に留まらず、退職を検討してみることをおすすめします。

会社はいくらでもあるので、その中には自分に合うところももちろんあります。1日の大半を過ごす会社を怖いと思ってしまうのは強いストレスがかかっている状態。無理に耐え忍ぶ必要もありません。

しかし、中には「会社が怖くて思ったことを言えない」「上司がパワハラで、退職を仄かしたらもっとひどくなりそう」と悩む方もいますよね。そんな方は退職代行を使うのも検討してみてください。

退職代行を使えば、会社に直接辞めたいと伝えずにサクッと仕事を辞められます。即日退職もできるのでおすすめです。

退職代行といっても業者はたくさんあります。どの業者にしたら良いかわからない方もいるでしょう。具体的にどんな退職代行を選べば良いかわからない方は、下記の退職代行おすすめランキングを参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる