【あなただけじゃない】働きたくない病は身近な病気!5つの原因と改善策を解説

「どうしても働きたくない…」
「働きたくないと感じることは病気なの?」
「働きたくない病になったときは、どうやって改善したらいい?」
このようなお悩みを抱えていませんか?

一度「働きたくない」と感じてしまうと、仕事にやる気がでなかったり、出勤が億劫になったりしますよね。「自分は働きたくない病にかかっているのか?」と不安に感じる方が多いのではないでしょうか。

働きたくない病は、誰でもかかる可能性のある身近な病気です。あなたの心の弱さや仕事への取り組み方が問題ではないので、安心してくださいね。

この記事では、働きたくない病について

  • 主な原因
  • 抜け出すための改善策

などを解説します。

「今の状況を変えたい」と悩んでいる方は、ぜひ当コラムを参考にしてみてください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(25,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

働きたくない病は誰でもかかる可能性がある

働きたくない病は、誰でもかかる可能性のある病気です。そのため「私っておかしいのかな?」など、不安に思う必要はありません

実際に、Twitterではたくさんのユーザーが仕事について言及しています。

このことから、様々な人が働きたくないと感じていることが分かります。あなたと同じ思いを抱えている人はたくさんいるので、安心してくださいね。

働きたくない病になる5つの原因

働きたくない病にかかるのは、主に以下5つの原因が考えられます。

  1. 仕事そのものにやりがいを感じていない
  2. 就業時間が長く休みが取れない
  3. 職場の人間関係に悩みを抱えている
  4. 生活リズムを合わせられない
  5. 働く意味を見いだせない

原因が明らかになることで、解決策が見いだせる可能性があります。自分に当てはまっていないか、ぜひ確認してみてください。

1.仕事そのものにやりがいを感じていない

仕事そのものにやりがいを感じていないと、人は「働きたくない」と感じてしまいます。

  • 主な要因は、以下の通りです。
  • 元々やりたい業務ではない

自分の成果をまともに評価されない

このような状態だと、何のために働いているのか疑問に感じてしまうケースもあります。その結果、働きたくない病にかかってしまうのです。

2.就業時間が長く休みが取れない

残業時間が長期化していたり、有給休暇を使えなかったりすることで、働きたくない病にかかってしまうことがあります。忙しい時期が続くと、誰でも「働きたくない」と感じてしまうものです。

就業時間が長く休みが取れない状況に置かれている場合は、繁忙期によるものか、慢性的に起こっているものなのかを確認しましょう。

繁忙期のよるものなら、時期によっては早く帰れたり、休みがとれたりする可能性があります。しかし、慢性的に起こっている場合は、勤務先の労働環境が整っていない危険性が考えられます。

3.職場の人間関係に悩みを抱えている

人間関係の悩みは、心の大きな負担となります。あまりにもストレスが大きいと、働きたくない病にかかってしまうでしょう。

例えば、

  • 上司からパワハラを受けている
  • 先輩から無視をされている

などが挙げられます。

このような状況下では、精神的な負担が大きくなってしまいますそのため、自然と「働きたくない」と感じてしまうのです。

4.生活リズムを合わせられない

生活リズムが仕事を合わせられないのも、働きたくない病にかかってしまう原因です。

例えば、夜勤がある仕事だと、なかなか睡眠時間が取れない場合があります。最初の内はなんとか就業時間に合わせるものの、だんだんとストレスや疲労が溜まってしまうでしょう。

生活リズムがどうしても合わせられないのであれば、上司と相談してみるのも1つの方法です。アドバイスをくれたり、勤務時間の変更などの改善策を提示してくれたりする可能性があります。

5.働く意味を見いだせない

働きたくない病にかかる原因として、そもそも働く意味を見出せないことが挙げられます。

例えば、働くことに対して、以下のような疑問を抱いている方もいるでしょう。

  • 生活保護を受けることで楽してお金を得られるのではないか
  • 会社で働くことは経営者にこき使われることでなはいのか

働く際にこのような気持ちでいると、仕事に対するやる気は自然となくなってしまいます。

働きたくない病から抜け出すための改善策5選

働きたくない病から抜け出すためには、以下5つの改善策があります。

  1. 信頼できる人に相談する
  2. 鬱の状態を確認する
  3. 仕事を休む
  4. 転職する
  5. 会社を退職する

それぞれの方法について、順番に解説します。「今の状況が辛くて仕方ない」と感じる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.信頼できる人に相談する

働きたくない病にかかっていると感じたときは、信頼できる人に相談してみましょう。誰かに悩みを打ち明けることで、心が軽くなる場合があります。

また、誰しもが「働きたくない」と感じた経験をしているもの。そのため、相談することで、解決策を提案してくれる可能性があります。

仕事で悩みを抱えていれば、信頼できる人に相談するころをおすすめします。

2.鬱の状態を確認する

「働きたくない」と慢性的に感じている場合は、鬱状態の可能性があります。

鬱は心の病であり、なかなか自覚しにくいもの。精神的な疲労が溜まった結果、日常生活に支障をきたす場合もあります。

鬱の判断基準として、以下のチェック項目が挙げられます。

  • 体がだるく疲れやすい
  • 騒音が気になる
  • 気持ちが沈んだり、気分が重くなったりする
  • 眠れないで朝早く目覚めることがある
  • 食事か進まず、味を感じない
  • 息がつまって胸苦しくなる
  • 人勢がつまらなく感じる

3~5個当てはまった場合は、病院での診察を受けることを検討してみてください。

3.仕事を休む

働きたくない病にかかってしまっているときは、思い切って仕事を休んでみましょう。休息日を設けることで気分がリフレッシュし、仕事に対して前向きに考えられる可能性があるためです。

1~2日での休暇で対処できない場合は、求職を視野に入れることをおすすめします。有給を使うよりも、長い期間会社を休めるためです。休職期間の目安は、だいたい3ヶ月~1年間とされています。

ただし、休職中は、給料が支払われない可能性があります。会社によって取り決めが異なるため、就業規則を確認しておきましょう。

仕事を休もうか悩んでいる方は、関連記事「仕事に疲れて休みたいなら休んでも良い!疲労を感じる3つの原因や6つの対処法を解説」をご覧ください。休みやすい理由や注意点などを解説しています。

あわせて読みたい
仕事に疲れて休みたいなら休んでも良い!疲労を感じる3つの原因や6つの対処法を解説 「仕事で疲れたと感じたら休んでもいいの?」「疲れたと感じる原因はなに?」「疲れて休みたいときの対処法を知りたい」と考えていませんか? 仕事をしていると、休みた...

4.転職する

会社を休んでも「働きたくない」と強く感じるのであれば、転職を考えるのも1つの解決策です。人間関係や仕事内容が原因の場合、会社を変えることで状況が改善することがあります。

例えば、給料が上がったり、きちんと定時で帰れたりすることで、悩みが解決することも考えられます。変われば、働くことが楽しいと感じるかもしれません。

なお、転職する際には、必ずしも正社員である必要はありません。働くこと自体がストレスに感じているのなら、正社員よりも責任が比較的軽く、残業も少ないアルバイトや派遣といった選択肢もあります。

5.会社を退職する

人によっては、仕事があまりにも忙しくて会社を休めなかったり、転職をする時間がなかったりする場合もあるのではないでしょうか。そんな状況に置かれているときは、会社を退職することを検討してみてください。

仕事を辞めても、失業保険という制度があるため、すぐには生活に困りません。失業保険は、会社を退職した人が一定の要件を満たした際に受け取れる手当のことです。元の給与の約50~80%の金額を、最低90日間受け取れます。

なお、勤務先を辞める際には、バックレることだけは避けましょう。転職する際に不利になったり、退職金が支払われなかったりするなどの危険性があるためです。

バックレた際のリスクについては、関連記事「【危険】バックレた際に発生する8つのリスク!退職代行がおすすめの理由」にて詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【危険】バックレた際に発生する8つのリスク!退職代行がおすすめの理由 「会社をバックレたいけどトラブルにならないか不安」「バックレる以外の方法ですぐに退職できないのか」とあなたは悩んでいませんか? 会社で嫌なことがあったときに、...

会社を辞めるときは、安全に辞めるため上司に退職の意向を伝えましょう。

「働きたくない」と感じるなら退職代行サービスを利用しよう

「働きたくない」と強く感じる状況は、心と体が相当追い込まれている可能性があります。会社を辞めたくても、なかなか上司に言い出せない方もいるのではないでしょうか。

「心身ともに限界だ」と感じている場合は、退職代行サービスの利用を検討してみてください。退職代行とは、依頼者の代わりに退職の意志を会社へ伝えてくれるサービスです。利用することで、最短当日で辞められたり、上司と顔を合わさずに退職できたりするメリットがあります。

当メディアを運営している退職代行SARABAは、勤務先への交渉権が認められている労働組合が運営しています。そのため、有給消化の交渉や未払い残業代の申請などが可能です。LINEによる無料相談も受け付けているので、疑問や不安があれば遠慮なくお問い合わせください。

下記の記事では、退職代行のおすすめランキングを紹介しています。当メディアがリサーチした30社の中から本当におすすめできる15社を厳選していますので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる