仕事辞めたら人生楽しすぎと感じる理由6選!スムーズに退職するときの5つの対処法と4つの注意点とは

「仕事を辞めたら人生楽しいと感じる?」
「人生楽しむために何をしたらいいの?」
「スムーズに会社を辞める方法を知りたい」
と考えていませんか?

働いていると仕事の忙しさや上司・同僚との人間関係から、人生楽しくないと感じる方は多いはず。スムーズに仕事を辞められずに、どうすれば良いか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

実は仕事を辞めると人生楽しすぎと感じますなぜなら日々の業務や人間関係のストレスから解放されて、自分の好きなように時間を使えるからです。

そこで、この記事では仕事を辞めたら人生楽しすぎと感じる理由を解説していきます。スムーズに退職する方法や注意点も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事辞めたら人生楽しすぎと感じる理由6選

仕事辞めたら人生楽しすぎと感じる理由にはなにがあるのでしょうか。

こちらでは、仕事を辞めて幸福度が上がる6つの理由について、それぞれ解説していきます。

  1. 人間関係のストレスがない
  2. 好きな時間に寝て起きられる
  3. 嫌な仕事から抜け出せる
  4. 健康的な生活を過ごせる
  5. 自分と向き合う時間が取れる
  6. 家族や友人との時間が取りやすい

1.人間関係のストレスがない

仕事を辞めると嫌な上司に会わなくて良くなります。職場に嫌な上司がいる場合、毎朝起きるのが辛かったり、仕事に集中できなかったりするでしょう。

仕事を辞めれば会社に出社しないので、毎日ストレスを感じる必要がありません

また会社によってはセクハラ・パワハラを受けるケースがあります。セクハラ・パワハラを受けて良い気分になる方はいません。

被害者は相当なストレスを感じるので、何をするにも楽しくないと思うことも。仕事を辞めるとセクハラ・パワハラがなくなるので、人生楽しいと感じられるでしょう。

2.好きな時間に寝て起きられる

仕事を辞めると会社に出社する必要がありません。24時間自分の好きなように使えるので、出社するために朝早く起きなくて良いです。

仕事は午前中から開始するケースがほとんどです。遠方に住んでいるほど通勤時間がかかるので、早朝に自宅を出発するのは少なくありません。

また、仕事をしていると次の日のことを考えて、夜更かしできないでしょう。仕事を辞めると次の日を考えなくて良いので、夜更かしすることが可能です。

3.嫌な仕事から抜け出せる

会社に勤めていると自分のやりたくない仕事でもやらなければいけません。自分が断ると他の従業員の負担になる可能性があります。さらに、上の立場の方からの依頼だと断れないでしょう。

自分のやりたいことができないので、負担に感じる方もいます。

会社を辞めれば出社しないため、嫌な仕事を任されることはありません負担を感じないので、精神的な余裕が生まれます。その結果、人生が楽しいと感じられるでしょう。

4.健康的な生活を過ごせる

会社の仕事は自分で量をコントロールしづらいです。依頼されたらなかなか断れないこともあります。

望んでいない残業をしたり、定時よりも早く出社したりするケースがあります。そのため、睡眠時間をしっかり取れずに、不健康な生活になることも。

さらにストレスを抱えすぎて、鬱になる可能性も考えられます。

仕事を辞めれば、残業や朝早く出社する必要がありません。長時間の睡眠が取れて疲労回復ができます健康的な生活を過ごすのにつながります。

また仕事のストレスを感じなくなるので、精神的な余裕が生まれるでしょう。

5.自分と向き合う時間が取れる

仕事をしていないと、好きなように時間が取れます。そのため、自分と向き合う時間を作れます。

普段仕事があると日々の業務に追われて、なかなか自分の時間が取れないことが多いです。

仕事を辞めると自分と向き合って、今後の生活をゆっくり考えられるチャンスです。時間をかけて人生楽しむための計画を立てても良いでしょう。

6.家族や友人との時間が取りやすい

仕事を辞めると自分の好きなように時間が使えるので、家族や友人と会いやすい。仕事があると、家族と会えるのは休日になります。

さらに、友人の場合はお互い働いているので、なかなか時間を合わせづらいです。

仕事を辞めれば相手に時間を合わせられるので、会える機会が増えます。そのため、人生楽しいと感じるでしょう。

仕事辞めたら人生楽しすぎと感じるためにやるべき4つのこと

こちらでは仕事辞めたら人生楽しすぎと感じるためにやるべきことを解説していきます。

  1. 転職先を見つける
  2. 期限内に引き継ぎを行う
  3. 有給休暇を取得する
  4. 仕事を辞めた後の生活を考える

一つずつ見ていきましょう。

1.転職先を見つける

転職先を見つけられていれば、仕事を辞める理由になります。上司に辞める連絡をすると、引き止められる可能性が高いです。

うまく言いくるめられて、退職できないこともあるでしょう。先に転職先を決めていれば、会社を辞めなければいけないので、引き止められづらいです。

また転職先を見つけないで、仕事を辞めると金銭面で不安を感じます。精神的なストレスがかかって、人生を楽しめないことも出てくるでしょう。

転職先を見つけてから退職をして、余裕を持った生活を送るのがおすすめです。

2.期限内に引き継ぎを行う

仕事を辞めるときに業務の引き継ぎは必須です。自分にしかできない業務がある場合、引き継ぎができていないと、会社に迷惑をかけます

また期限内に引き継ぎが終わらないと、辞められない可能性も出てきます。よって退職できず、人生を楽しめないことにつながりかねません。

3.有給休暇を取得する

仕事を辞めるなら、有給休暇を使い切るのがおすすめです。なぜなら、お金をもらいながら休めるからです。

有給休暇は誰でも使える制度なので、従業員は使用する義務があります。

残っている有給休暇を使用して、ゆっくり休んだり、転職活動をしたりしましょう。気分転換になって残りの業務を効率よく終わらせられます。

4.仕事を辞めた後の生活を考える

仕事を辞めるときは誰しも不安になるものです。給与がもらえなくなることや、環境を変えるのが正解なのかと悩みが出てきます。

辞める前に今後やりたいことや生活などを考えるのがおすすめです。自分を安心させられて、人生を楽しむための一歩を踏み出せるでしょう。

スムーズに会社を辞める5つの方法

スムーズに会社を辞める方法を知りたい方もいるのではないでしょうか。
せっかく勇気を出して退職の連絡をしても、辞められないと不安になります。

こちらではスムーズに会社を辞める方法を解説していきます。

  1. 退職の1ヶ月前に上司へ連絡する
  2. 繁忙期を避ける
  3. 引き止められない理由を伝える
  4. 転職エージェントに相談する
  5. 退職代行サービスを利用する

それぞれ活用してみてください。

1.退職の1ヶ月前に上司へ連絡する

仕事を辞めるときは事前に上司へ伝える必要があります。法律上では退職の14日前までに申し出れば問題ないとされています。

14日間では引き継ぎが終わらない可能性があるので、余裕を持って1ヶ月前に連絡するのが好ましいです。

ただし会社によって退職時のルールが異なるため、事前に確認しましょう。

また上司への連絡は直接会って話すのが重要です。メールや電話では長時間の会話がしづらいです。お互いの顔が見られないため、何を考えているのかが伝わりません。

そのため、上司に時間を取ってもらって、退職する理由を伝えましょう。

2.繁忙期を避ける

繁忙期は辞めさせてもらえない可能性があります。なぜなら、業務で忙しくて、話を聞いてもらえないかもしれないからです。

また、自分の仕事量も多いので、辞めると他の社員に迷惑がかかります。退職を申し出ると不満を言われるケースがあるでしょう。

そのため繁忙期は非常に辞めづらいです。たとえ辞められたとしても、気持ちがすっきりしません。

3.引き止められない理由を伝える

退職の意思を伝えると、ほとんどの確率で引き止められる可能性があります。会社への思い入れが強いほど、上司や同僚のことを考えて退職を踏みとどまるかもしれません。

スムーズに辞めるために、引き止められない理由を考えておく必要があります。引っ越しや家族の介護など、どうすることもできない理由にすると納得してもらいやすいです。

4.転職エージェントに相談する

仕事を辞めるというのは、転職をすることになります。一人での転職活動は何をした良いのかがわかりづらいです。

転職のプロであるエージェントに相談するのが重要です。今までに数多くの転職者のサポートをしているので、安心して任せられます。

また相談者に合った転職先を紹介してくれるため、早期に内定をもらえたり、入社後のミスマッチを防いだりする効果が期待できます。

5.退職代行サービスを利用する

どうしても辞められない場合は、退職代行サービスの利用がおすすめです。退職をするのは勇気が必要ですし、引き止められて辞められないケースも多いです。

退職代行サービスを利用すると、自分で会社に連絡せずに辞められます。さらに会社によっては即日対応しているので、すぐにでも辞めたい方におすすめです。

スムーズに退職するときの選択肢として、退職代行の利用を検討しましょう。

人生を楽しむために注意するべき4つのこと

仕事を辞める時に注意する点を把握していないと、人生楽しめなくなる可能性があります。人生を楽しむために、しっかり注意点を把握したいところです。

こちらでは以下の注意点を解説します。

  1. 無断欠勤をしない
  2. 転職活動は時間がかかる
  3. だんだんお金がなくなる
  4. 悩んだら周囲に相談する

それぞれ参考にしてみてください。

1.無断欠勤をしない

無断欠勤をしたまま仕事を辞めるのは、社会人としてやってはいけませんマナーが欠如していると思われます。

また、突然辞めると自分の仕事の引き継ぎができません。業務に支障が出ることもあり、最悪の場合損害賠償を請求される可能性があります。

無断欠勤での退職は非常にリスクがあるので、しないように注意してください。

2.転職活動は時間がかかる

転職活動は自分が思っている以上に時間がかかります。早ければ3ヶ月以内に転職先が見つかりますが、3ヶ月以上かかることも

さらに職種や年代によって、期間が異なります。

転職先が見つからないまま退職すると、内定をもらうまでの期間に不安を感じます。給与がもらえないので、金銭的な心配も出てくるでしょう。

そのため、人生を楽しむよりもストレスを感じやすくなります。

3.だんだんお金がなくなる

仕事を辞めても生活費はかかります。給与がもらえないと、貯金を切り崩して生活するのでだんだんお金がなくなるでしょう。

そのため、仕事を辞めるときは、自分の貯金と転職活動の目安を考える必要があります。お金がなくなってしまえば、人生を楽しめません。

貯金がない場合は、お金を貯めてから仕事を辞めるのも、人生を楽しむための一つの選択肢です。

4.悩んだら周囲に相談する

人間は誰しも悩みを抱えて生活をしています。人によって悩みの大きさは異なるのですが、抱え込みすぎると精神的なストレスがかかります。

うまく発散できずにいると、病気になる可能性が考えられるでしょう。

そのため、悩んだら自分のなかに抱え込まないで周囲に相談するのが重要です。自分では思いつかない答えを見つけるヒントになるかもしれません。

スムーズに退職したい人には退職代行がおすすめ!

スムーズに仕事を辞めるには、退職代行が非常におすすめです。なぜなら、自分で退職の手続きをする必要がないからです。

自信がない場合、うまく意思を伝えられなかったり、上司や同僚に言いくるめられたりします。辞めたいのに退職できない状況になるでしょう。

退職代行を利用してスムーズな退職に活用してみてください。

また世の中には数多くの退職代行サービスが存在しています。業者によって金額やサービス内容などが異なるので、初めての方はどれにするか迷ってしまうでしょう。

下記のランキングを参考にして、自分の希望を満たせる退職代行を選んでみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら