【これでマスター】退職が言い出せないときの対処法5選!怖くて勇気が出なくても対策すれば大丈夫

「退職をなかなか言い出せない」
「退職をズルズル引き延ばすとどうなるの?」
「どうやって退職を切り出せばいいの?」

そんなお悩みにお答えしていきます。

退職は人生の中でも数多く経験することではありません。作法や言い回しがよくわからず、なかなか言い出せないということもあるでしょう。

しかし、退職を引き延ばすほど、自分の置かれた状況が悪化していってしまいます。

そこで、この記事では

  • 退職を言い出せない5つの理由
  • しぶしぶ会社に残ると起きること
  • 上手に言い出す3つのポイント
  • 穏便に事を済ませる5つのコツ

と、スパッと会社を辞めるためのアクションを紹介していきます。

ぜひこの記事を参考に、後腐れなく退職する方法を身につけましょう!

目次

退職を言い出せないのはなぜ!5つの理由を解説

そもそも、なぜ退職を切り出すことが気まずいのでしょうか。理由を徹底的に考えることで、対策の仕方が見えてくるでしょう。

こちらでは、よくある5つの理由を紹介します。

  1. 上司との関係
  2. 同僚との関係
  3. 親の反応
  4. 引き留めを断れないかも知れない
  5. 転職先の未決定

自分の状況と照らし合わせてみてください。

1.上司との関係

一番多い悩みが、高圧的な上司に伝えにくいというケース。辞めると伝えると、長々と説教を受けたり人格否定されたりするのでは、と萎縮してしまうかも知れません。

かといって、直属の上司を避けて他の人に伝えてしまうと、トラブルになりかねません。

機嫌の良いタイミングを見計らったり、伝え方を工夫したりして攻略法を考える必要があります。

2.同僚との関係

周囲の反応を気にして、なかなか退職を言い出せないこともあるでしょう。

たとえば、自分が企画したプロジェクトが進行していたり、替えがきかない立場だったりするときは、残された人が「貧乏くじを引いた」と感じても不思議ではありません。

引き継ぎ期間中に気まずくならないためには、伝え方を練っておく必要があります。

3.親や家族の反応

案外、会社よりも手強いのが身内の説得かも知れません。もし生計をともにする家族ならば、退職後の生活に不安を覚えるでしょう。

「せっかく苦労して入ったのに」「甘えたことばかり言ってないで」などと考え直すよう諭されることも。

辞めたあとのビジョンを明確に説明したり、現状を変えたいという意思表示をしたりして、協力体制を整えたいですね。

4.引き留めを断れないかも知れない

押しに弱い人は引き留めをうまく回避できないかもと不安になるでしょう。

人間関係が良好で手放したくないときや、仕事への責任感が人一倍強い方は、さらにその傾向が強くなります。

周りの人のことを考えた行動や発言は非常に重要です。しかし、自分の人生をおろそかにしてしまうほど、自己犠牲の精神を持つ必要はないので注意しましょう。

5.転職先の未決定

転職先が決まっていないと、将来が不安になることも事実。就職活動に苦労した人ほど退職を本当に切り出していいものか、と尻込みしてしまいます。

職場環境が悪いならば、とにかく一刻も早く会社を辞めるべき。過去に活躍できていなくても、フィールドを変えて羽ばたいた人は数多くいるということを思い出しましょう。

その考えが腹落ちしない間は、転職先の未決定がネックとなりズルズルと退職を引き伸ばしてしまうでしょう。

退職を言い出せないとどうなるのか!起きることを3つ解説

退職せず今の会社を続けるという選択自体は、ぶっちゃけ誰にも迷惑をかけません。被害を受けるのは自分自身だと肝に銘じておきましょう。

こちらでは、退職を引き伸ばすことによって起こる悪影響を3つ紹介していきます。

  1. スキルアップしない
  2. 市場価値が下がる
  3. 転職が不利になる

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.スキルアップしない

退職を考え始めると、勤めている会社での出世競争に興味がなくなってくるでしょう。そのため、自分で勉強したり仕事を工夫したりという意欲的な活動が減ってきてしまいます。

結果として、自分の成長は停滞してしまう可能性が高いです。やりたくないことを続けていれば、自分に嘘をつくことになるので、ストレスもたまるでしょう。

新しい技術や知見を手に入れるには、環境を変えるのが一番です。一度きりの人生を豊かに過ごすために、どこかで踏ん切りをつける必要があります。

2.市場価値が下がる

だらだらと今の会社を続けることは、次のスタートを遅らせてしまうことにつながります。

特に、転職市場は求職者の年齢が若いほど、価値が高い傾向にあります。他の条件がすべて同じならば、将来性のある若手を採用したいと考えるからです。

そのため「行動できるなかでは今が一番若い」ということを頭に入れ、早め早めにアクションを起こしていく必要があるでしょう。

3.転職が不利になる

実際のデータで、求職者の年齢が上がるにつれ内定率が下がるという問題があります。

年齢制限のある求人に応募できなくなるなど、転職活動が遅れるほど、転職先の選択肢は絞られてしまいます。

また、退職を引き伸ばすほど、辞めにくさは増していく可能性も。自分が言い出しにくいからといって決断を後回しにすると、かえって状況を悪化させかねないと覚えておきましょう。

退職を上手に言い出せるようにするには!3つのポイントを解説

たしかに退職を言い出すのは勇気がいるものです。その先の明るい未来を想像して、はっきりと意思表示を行いましょう。

こちらでは、退職を伝える際のポイントを3つ紹介します。

  1. 退職の申し出を早めに切り出す
  2. ゆっくり話せるタイミングにする
  3. 決意として退職を伝える

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.退職の申し出を早めに切り出す

会社のことを思うなら、早めに伝えることが重要。人材の配置換えや後任への引き継ぎなどがスムーズに行えるからです。

実際、退職を伝えるのが遅いほど、周りからの心象が悪くなってしまいます。結果として、引き留めがひどくなったりトラブルが起こりやすくなったりと、自分にとっても不都合が多いでしょう。

民法627条によると退職の意向は2週間前までに伝えれば良いことになっています。しかし、諸々の手続きを考慮して、1ヶ月以上の余裕を持っておきたいところです。

2.ゆっくり話せるタイミングにする

退職をいつ伝えるかは、上司の予定をきちんと確認してから決めましょう。

繁忙期だったり重要な打ち合わせの前だったりすると、上司もそれどころではなくなってしまいます。

事前に「◯日の◯時のご予定はいかがですか。お話したいことがあるので、お時間いただけませんか」などとアポイントを取っておくことが大切。計画を立てて行動しているとも伝わるのでおすすめの方法ですよ。

3.決意として退職を伝える

退職は決断の事後報告であるという意識を持ちましょう。「どうすればいいですかね」「相談なんですけど」といった曖昧な態度だと、相手に引き止める隙を与えてしまいます。

確実に退職をする旨を、単刀直入に申し出ましょう。

上司を目前にすると、緊張して萎縮してしまうこともしばしば。あらかじめ話すことを決めて練習しておき、簡潔に伝えるように心掛けてみてください。

退職を穏便に言い出すには!5つのコツを解説

退職を伝えることは人生でも数少ない緊張の瞬間です。なるべく揉めないように穏便に済ませたいと考えている人が大半でしょう。

こちらでは、退職を切り出す前にあらかじめ準備しておけることを5つ紹介します。

  1. 信頼できる人に相談しておく
  2. 辞めたい理由を書き出しておく
  3. 引継ぎの準備をしておく
  4. 退職を申し出た証拠を残しておく
  5. 転職先を決めておく

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.信頼できる人に相談しておく

自分が不安に思っていることがあるなら、学生時代の友人やすでに退職を経験した知り合いに話を聞いてもらうと良いでしょう。

思考が整理できたり、的確なアドバイスがもらえたりとメリットが大きいです。

1人の頭だと考え方が堂々巡りしてしまいます。他の人の手を借りながら少しずつ歩みを進めていきましょう。

2.辞めたい理由を書き出しておく

退職を伝えるとき、必要になるのは辞める動機です。くれぐれも簡単な引き留めで立ち止まってしまわないよう、理由を練っておきましょう。

法律上・慣例上は「一身上の都合」だけで良いとされています。とはいえ、上司や同僚に伝える際には、ある程度納得感のある理由を用意しておくほうが、スムーズに辞められる利点があります。

まずは複数書き出してみて、どれを使うか考えてみましょう。想定問答まで用意しておくと、本番でも萎縮せず受け答えができるはずです。

よく使われる退職理由については関連記事「【円満退社】退職理由は嘘をついてもOK!おすすめの建前10選と上司に伝えるときの注意点を解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【円満退社】退職理由は嘘をついてもOK!おすすめの建前10選と上司に伝えるときの注意点を解説 「退職の本当の理由を伝えにくい」 「退職理由に嘘をついても問題ないの?」 「円満に退職できる上手な伝え方が知りたい」 そんなお悩みにお答えしていきます。 会社に...

3.引継ぎの準備をしておく

退職までに必ず行わなければいけないのは、後任への引き継ぎです。

事前に仕事のやり方をマニュアル化したり、取引先情報をまとめておいたりすると、その後の業務も円滑に進むでしょう。

もし申し出までに資料作成が追いつかなかったら、引き継ぎ計画だけでも提出すればOK。業務に対する責任感や退職する意思の固さを伝えられるでしょう。

引き継ぎに関する考え方については関連記事「【利用前に必読】引継ぎせずに退職代行の利用はリスクもある!安全に辞める4つの方法を徹底解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【利用前に必読】引継ぎせずに退職代行の利用はリスクもある!安全に辞める4つの方法を徹底解説 「引継ぎをせずにいますぐに辞めたい…」 「退職代行を使ってもトラブルなしで辞められるのかな?」 「引継ぎをしないで退職した人っている?体験談を聞きたい!」 この...

4.退職を申し出た証拠を残しておく

スムーズに事が運べばいいですが、退職の申し出がトラブルに発展する可能性も少なからずあります。万が一に備えて、証拠を残しておくようにしましょう。

たとえば

  • 文書を手渡しする(控えをとっておく)
  • メールを送る
  • ボイスレコーダーで記録する

などの方法があります。

どうしても退職届を受け取ってもらえない場合は、内容証明郵便で会社宛に送付するという手も残されています。

5.転職先を決めておく

転職先が決まっていれば、辞める以外の選択肢はありません。どうしても伝えるのが怖い…と思っていても、期限が迫ってくるので、上司と話す場を設けるしかないでしょう。

退職後のことが決まっていれば、引き留めの材料もなくなるので、気持ちの整理がつきやすいメリットがあります。

ポジティブな理由を伝えて、応援される人を目指したいですね。

退職がどうしても言い出せない場合は!退職代行サービスを活用しよう

どれだけ準備しても、話が通じない上司というのは一定数いるもの。自分の力だけではどうしようもできない場合は、退職代行サービスの利用も検討しましょう。

たとえば、退職代行SARABAは有給も完全消化できるなど、会社との交渉も可能です。なぜなら、労働組合ユニオンがベースの退職代行サービスだから。

転職先が決まっていなくても、アフターフォローが充実しているので、安心して辞められますよ。

気になる方は電話・メール・LINEのうち、お好きな連絡手段で問い合わせてみてください!24時間365日いつでも相談を受け付けています!

>>退職代行SARABAを利用してみる

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる