仕事がつまらないからと耐えるのはNG!今すぐやるべき3つの対策を解説

「仕事がつまらない…これからも耐え続けないとダメ?」
「仕事がつまらない状況を打開する方法を知りたい!」
「何をすれば仕事を面白くできるかな?」

今の仕事がつまらないからと耐えるように働いている方は、非常に多いのではないでしょうか。つまらないと感じる理由は向いていない仕事に取り組んでいたり、新鮮味がなかったりと、人それぞれなはずです。

その一方で、つまらない仕事に耐えながら働くことは大変なように思えて、実は一番楽な方法でもあります。そのため、たとえつまらない仕事でも辞めることなく、定年まで勤めあげてしまう人は多いです。

この記事では、つまらない仕事を耐えることについて、以下の内容を解説しています。

  • つまらない仕事を耐えることが与える影響
  • つまらない仕事を続けるべきか否かを判断するポイント
  • 仕事がつまらないと感じている人がやるべきこととやってはいけないこと

仕事がつまらないと感じている人は、ぜひご一読ください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

つまらない仕事を耐えることが与える3つの影響

今取り組んでいる仕事に対して「つまらない」と感じていると、以下のような影響が出てしまいます。

  1. 成果が出にくい
  2. 精神的な負担が大きい
  3. 時間を無駄にしてしまう

順番に見ていきましょう。

1. 成果が出にくい

仕事がつまらないと感じながら働く人はモチベーションが低く、工夫する意欲も生まれないため、成果に繋がりにくいです。仕事で成果を出すためには、日々工夫を重ねることが欠かせません。

仕事がつまらないと感じているとダラダラと取り組んでしまい、自分にとって楽な方法で進めてしまうと、工夫する意欲が生まれないものです。

2. 精神的な負担が大きい

仕事がつまらないと感じるだけでストレスとなり、精神的な負担が大きくなります。特に正社員の勤務時間は定時で8時間と、一日の半分以上を仕事で過ごすことになります。

反対に、仕事が面白くなればストレスが激減し、働く意欲も増していきます。

ストレスを感じて精神的につらいときの対処法については「仕事のストレスが限界だと感じたら退職しても良い!心身ともに限界のサイン8つと対処方法3を徹底解説」で詳しく解説しています。精神的に限界を感じたときにやるべきこともわかるようになっているため、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
仕事のストレスが限界だと感じたら退職しても良い!心身ともに限界のサイン8つと対処方法3を徹底解説 「仕事のストレスが限界…」「通勤途中に突然涙が出て止まらなくなった」「まだ、仕事頑張れるよね?」と、苦しんでいませんか。 仕事が辛すぎると感じたり、我慢できな...

3. 時間を無駄にしてしまう

つまらない仕事では得るものが少ないため、時間を無駄にして過ごしてしまいます。時間を無駄にするとスキルアップできないまま年齢を重ねてしまい、いざ転職活動を始めることになったとしても、不利な状況になります。

現時点で転職しないことを選択したとしても、会社が倒産してしまえば、スキルがない状態での転職活動を余儀なくされます。転職活動で不利になってしまえば今よりも条件の悪いところで働く、もしくは転職できなくなってしまうでしょう。

少しでもいい条件で働くために、できるだけ早めに仕事がつまらないと感じる状況を打開しましょう。

つまらない仕事を耐えるか否かを判断するポイント3選

「今の仕事はつまらないけど、安易に辞めないほうがいい気がする…」そう考えて、今の仕事を耐えるように続ける方もいるでしょう。

確かに、安易に今の会社を辞めるのはおすすめしません。そこで、つまらない仕事を耐えるべきか否かを判断するために、以下3つのポイントを参考にしてみてください。

  1. スキルアップができているか
  2. 人間関係が良好か
  3. 適切な評価を受けているか

1つずつ解説します。

1. スキルアップができているか

仕事がつまらないと感じているとしても、スキルアップができている実感がある場合は、無理して転職する必要はありません。

転職を考える前にスキルアップできている点に着目して、やりがいを見つけていくのがおすすめです。スキルアップさえできていれば、将来的に転職することになったとしても、キャリアアップは十分に可能です。

スキルアップがやりがいにならないと感じた段階で、転職を検討するようにしましょう。

2. 人間関係が良好か

人間関係の良し悪しもストレスに大きく影響するため、これを機に見直してみるのがおすすめです。人間関係が悪い場合は、すぐに退職に向けて行動しましょう。

人間関係の悪さはストレスに直結するので、今のまま続けてしまうと鬱になってしまう恐れがあります。

職場の人間関係にお悩みの方は「【もう悩まない】職場の人間関係で孤立してしまったら!原因・特徴・対処法」の記事で詳しく解説しています。人間関係が悪い原因についてもわかるようになっているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【もう悩まない】職場の人間関係で孤立してしまったら!原因・特徴・対処法を詳しく解説 「職場で孤立してしまった…」 「どんなところに原因があったのか知りたい」 「対処法があれば教えて」 そんなお悩みにお答えしていきます。 会社の基本は週5日勤務。1日...

反対に、人間関係が良好だと感じている場合は、他の要素も踏まえた上で会社を辞めるべきか否か判断しましょう。人間関係が良好であればストレスはかなり少ないですが、それ以外で得られるものがなければ、転職の際に不利になってしまいます。

人間関係が良好な人つまらない仕事を続けるか否かを判断する際は、さまざまな要素を加味するようにしましょう。

3. 適切な評価を受けているか

会社から適切な評価を受けていることも、退職するか否かを判断する上で重要なポイントです。適切な評価を受けているにもかかわらず、仕事がつまらないと感じているのであれば、異動を申し出てみるのがおすすめです。

異動先で新しい環境や業務に取り組んでみると、今まで気づかなかった仕事の面白さに気づけるようになるでしょう。また、適切な評価を受けているために社内で要職に就けるようであれば、転職活動の際に有利に働く可能性もあります。

しかし、会社から適切な評価を受けていないのであれば、退職するのがおすすめです。仕事のモチベーションが低い状態で挽回するのは非常に大変なので、状況を変えられずに時を過ごしてしまうだけとなるでしょう。

転職して新しい環境で、適切な評価を受けられるように頑張ったほうが、楽しく働けるはずです。

仕事がつまらないと耐えている人がやるべき対策3選

仕事がつまらないと耐えながら働いている人は、以下の方法を取り入れてみるのがおすすめです。

  1. 面白くできないか工夫する
  2. 異動を申し出る
  3. 転職する

1つずつ解説していきます。

1. 面白くできないか工夫する

自分が「なぜ仕事がつまらないと感じているのか」を考え、それを元に面白くできないか工夫してみることから始めてみましょう。転職などの大きな行動に出る必要がないので、今の状況を打破するための方法としておすすめです。

逆に、今の仕事を面白くするための工夫すらせずに異動および転職をしたとしても、その先で同じ状況に出くわしてしまう可能性が非常に高いです。

工夫することは今日からでもできることなので、ぜひ取り入れてみてください。

2. 異動を申し出る

仕事そのものがつまらないとしても、社内の人間関係や待遇が良好な場合は、異動を申し出てみるのがおすすめです。

部署異動により別の仕事に取り組んでみると、自分に合った面白い仕事に出会える可能性があります。

3. 転職する

どうしても仕事の面白さを見出せず、また人間関係も社内評価も悪い場合は、転職するようにしましょう。転職して新しい環境に飛び込むことで、今よりも面白い仕事に出会える可能性があります。

転職活動自体は今日からでも始められるため、まずは転職サイトやエージェントへ登録してみましょう。

仕事がつまらないとしてもやってはいけないこと4選

仕事がつまらないと、つい適当に働いてしまうものです。そこで、仕事がつまらないとしてもやってはいけないことを紹介します。

  1. 今と同じ状況で働き続ける
  2. 周囲の人に愚痴を漏らす
  3. 何も考えずに転職する
  4. 適当に仕事をこなす

上記のいずれかに当てはまる行動をしている場合は、すぐに改めましょう。

1. 今と同じ状況で働き続ける

仕事がつまらないと感じたときは、今と同じ状況で働き続けることは絶対にやめましょう。今と同じ状況で働き続けても、無駄に時間を過ごすことになるだけなので、将来のキャリアアップが見込めなくなってしまいます。

大事なのは、環境を変えるために行動することです。家庭の事情などで簡単に転職できない場合は、仕事が面白くなるように考えてみるのがおすすめです。

2. 周囲の人に愚痴を漏らす

仕事がつまらないからといって、周囲の人に愚痴を漏らすことも止めましょう。周囲の人に愚痴を漏らしてしまうと社内の雰囲気が悪くなってしまい、生産性が下がってしまいます。

また、周囲の人への愚痴が原因で自身の評価も悪化し、悪循環に陥ってしまうこともあり得ます。仕事がつまらないと愚痴をこぼしたくなる心情はわかりますが、まずは仕事を面白くする方法に、頭を回すようにしてみましょう。

3. 何も考えずに転職する

仕事がつまらない状況を打開するために、何の考えもなしに転職することも止めましょう。

何も考えずに転職してしまうと、今と同じようにつまらないと感じながら働くことになる恐れがあります。

確かに、転職は面白い仕事を見つけるために有効な方法です。しかし、転職前に「なぜ仕事がつまらないのか」「自分にとって何が面白いと感じられるか」を考えないと、同じ轍を踏むことになってしまいます。

今までの仕事を振り返ってみて、つまらないと感じる原因を把握してから転職するようにしましょう。

4. 適当に仕事をこなす

仕事に取り組むからには適当にこなさず、成果を上げることに努めましょう。

仕事がつまらないからといって適当にこなしてしまうと、成果が上がらないだけでなく、スキルアップにもなりません。結果として、いざ転職しようと思っても今以上に条件の良い会社へ行くのは難しくなってしまうでしょう。

仕事をやるからには成果を上げられるように、工夫しながら取り組んでみてください。

つまらない仕事を耐えている人に最もおすすめなのが転職すること

つまらない仕事を耐えるように続けるのは、将来のことを考えるとリスクが大きいです。そのため、仕事が面白くなるように、何らかの行動を早めに取るのがおすすめです。

つまらない仕事を耐えている人に最もおすすめの方法が転職すること。転職すれば新しい環境や業務内容に触れられるので、面白い仕事に巡り合える可能性があります。

ただし、闇雲に転職してしまうと今の仕事と同じように「つまらない」と感じながら働くことになるでしょう。そのため、転職前につまらないと感じる原因を理解した上で、転職活動を進めるようにしてください。

転職するにあたって会社を辞められそうにない場合は、退職代行の利用を検討してみてください。退職代行であれば、万が一会社に引き止められてしまったときにスムーズに退職できます。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる