入社1ヶ月で退職する際の伝え方のポイント3選!注意点を理解して安全に辞めよう

「入社して1ヶ月だけど会社を辞めたい」
「退職はどうやって伝えたらいい?」
「上司に引き止められずに退職する方法を知りたい」
このようなお悩みを抱えていませんか?

人間関係や待遇面の悪さなどから、退職を検討している方もいるのではないでしょうか。環境が悪い場合は、入社して日が浅くとも早めに損切りすることも大切です。

とはいえ、入社1ヶ月でどのように退職を伝えればいいのか分かりませんよね。トラブルなくできるだけ穏便に辞めたいところ。

そこでこの記事では、入社1ヶ月で退職を考えている方に向けて退職の伝え方のポイントや注意点を解説します。

当コラムを読むことで、入社して日が浅くとも安全にかつできるだけ早く会社を辞められます。ぜひ最後までご覧ください。

退職代行のおすすめは退職代行SARABA!!

退職代行SARABAは、「業界最安値(24,000円)」で退職成功率100%です。

労働組合運営のため、有休や残業代の交渉も可能。

また、24時間365日スタッフで待機しているため深夜や土日祝日でも、即対応致します。

一刻も早く退職したい人や困難な状況だけど退職したい方は是非一度お問い合わせください。

→退職代行SARABAはこちら
目次

入社して1ヶ月で「辞めたい」と感じるのは非常識なことではない

「入社して1ヶ月で辞めたいと考えるのは非常識なのではないか」と不安になる方もいるのではないでしょうか。しかし、非常識なことではなく、ごく自然なこと。

こちらでは、入社1ヶ月で退職を考えている方の不安を取り除く2つの情報を紹介します。ぜひチェックしてみてください。

入社して1ヶ月しか経っていなくても退職は可能

入社して1ヶ月しか経っていなくとも、会社は辞められます。退職は、労働者に与えられた権利だからです。

民法627条では、2週間前に退職の意思を告げることで退職できると定められています。つまり、入社して日が浅くとも理由を問わずに会社を辞められるということです。

入社して1ヶ月で退職している人は多い

入社して1ヶ月で退職している人は、意外と多いものです。そのため「私っておかしいのかな?」など、不安に思う必要はありません。

実際に、Twitterでは多数のユーザーが入社1ヶ月で退職を選択しています。

あなたと同じ思いを抱えている人はたくさんいるので、安心してくださいね。

入社1ヶ月で退職する際の伝え方のポイント3選

入社1ヶ月で退職を伝える際には、以下3つのポイントを抑えましょう。

  1. 直属の上司に退職の意志を伝える
  2. 明確な退職理由を伝える
  3. 断定的な表現で退職の意志を伝える

「できるだけ穏便に、素早く会社を辞めたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.直属の上司に退職の意志を伝える

退職を切り出す際には、まずは直属の上司に報告しましょう。

上司よりも立場が上の人や人事に退職の意志を伝えると、上司の顔を潰すことになります結果、上司の評価が下がり、あなたとの関係も悪化する可能性があるのです。

挨拶を無視されたり、小さなミスを執拗に責められたりなどの嫌がらせに発展する恐れがあります。

2.明確な退職理由を伝える

入社1ヶ月で会社を辞める場合は、明確な退職理由を伝えましょう。曖昧な理由だと、退職を引き止められる可能性が高いためです。

例えば「なんとなく会社に行きたくない」「何か別のことをしたい」というのはNG。「会社に行こうと思うと涙が出る」「資格取得のため新しいキャリアを歩みたい」など、具体的かつ明確な理由を伝えましょう。

3.断定的な表現で退職の意志を伝える

退職を伝える際には、断定的な表現で退職の意志を伝えましょう。部署異動や仕事内容の改善などを理由に、退職しないように引き止められる可能性があるためです。

例えば「退職の相談をしたい」「退職するか迷っている」ではなく「退職したい」とはっきりと伝えることが大切です。結果、引き止めにあいにくく、会社を素早く辞められる可能性が高まります。

入社1ヶ月で退職する方法3ステップ

入社1ヶ月で退職する際には、以下3つのステップを踏みましょう。

  1. 上司に退職の意志を伝える
  2. 退職の手続きをする
  3. 必要な書類を受け取る

順番に解説します。

ステップ1.上司に退職の意志を伝える

会社を辞めると決意したら、上司に退職の意志を伝えましょう。

正社員は、退職希望日の2週間前に連絡します。契約社員やパート・アルバイト、派遣は、都合の良いタイミングに伝えます。

退職の意志を伝えるのが難しい場合は、メールで申し出ることも可能です。法律では、退職の意志を伝える方法について決められていないためです。

ステップ2.退職の手続きをする

退職の意志を伝えたら、退職の手続きを行いましょう。

必要な手続きは、主に以下の通りです。

  • 会社からの備品(保険証や社員証など)を変換する
  • 退職届を提出する

特に、会社から支給された備品は、漏れのないよう返却しましょう。

ステップ3.必要な書類を受け取る

最後に、必要な書類を受け取ります。

主な書類は以下の通りです。基本的には、退職してから数日後に郵送されます。

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

これらの書類は、失業保険を受け取ったり、再度転職したりする際に必要です。必ず受け取りましょう。

【リスクあり】入社1ヶ月で退職を言い出しにくくてもバックレは辞めよう

入社から日が浅いと、退職を言い出しにくいものです。「退職を伝えるくらいなら、バックレた方が良いのでは?」と考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、バックレは危険な行為なので、いくら退職を伝えるのが嫌でも辞めましょう。損害賠償を請求されたり、転職時に悪影響を及ぼしたりする可能性があります。

こちらでは、バックレがNGである理由を紹介します。主に、以下の3つです。

  1. 懲戒解雇になる可能性がある
  2. 支払われる給料が減る
  3. 離職票を始めとした書類がもらえない

順番にみていきましょう。

1.懲戒解雇になる可能性がある

会社をバックレると懲戒解雇になる可能性があります。

懲戒解雇とは、会社が従業員に下せる処分の中で最も重いペナルティ。いわゆる「クビ」です。

2週間以上の無断欠勤が続くと、懲戒解雇処分が下る可能性が高いです。懲戒解雇処分になると、転職時に不利に働いたり、有給が利用できなくなったりします。

会社を辞めた後に悪影響を及ぼすリスクが高いため、バックレは辞めましょう。

2.支払われる給料が減る

会社をバックレると、支払われる給料は減ります。バックレで勤務先を休んだことは「欠勤扱い」となるためです。

ほとんどの会社では欠勤を有給に充てることは認めていませんそのため、本来支払われるはずだった給料が減ってしまうのです。

3.離職票を始めとした書類がもらえない

会社をバックレると、以下の書類がもらえない可能性があります。

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

これらの書類は、会社を辞めた後に必要となります。もらえないと転職先に迷惑がかかったり、失業保険を受け取れなかったりします。

離職票や雇用保険被保険者証などの書類を受け取れなかった場合は、勤務先に連絡することになりますバックレた後で連絡を取るのは非常に気まずいですよね。そのため「退職を切り出しにくい」と思っても、バックレるのは控えましょう。

【メリット5つ】入社1ヶ月で辞める際は退職代行サービスの利用がおすすめ

入社して1ヶ月で会社を辞める場合は、退職代行サービスの利用がおすすめです。退職代行とは、依頼者に代わりに退職の意志を伝えてくれたり、手続きを行ってくれたりするサービスです。

  1. 退職の意向を代わりに伝えてくれる
  2. 引き止めに合わない
  3. 最短当日で退職できる
  4. 退職に必要な書類を受け取れる
  5. 転職サポートを受けられる

「安全に、できるだけ早く会社を辞めたい」「上司に退職の意志を伝えるのが憂鬱」と考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

1.退職の意向を代わりに伝えてくれる

退職代行を利用する最大のメリットは、自分の代わりに退職の意向を伝えてくれることです。

入社1ヶ月で上司に退職の意志を伝えるのは、かなり勇気が必要ですよね。「会社を辞める」ことを伝えた結果、引き止めにあう可能性も考えられます。

退職代行に依頼すれば、そもそも上司と話す必要はありません。そのため、ストレスを感じずに会社を辞められます。

2.引き止めに合わない

退職代行サービスのメリットは、会社からの引き止めに合いにくいことです。勤務先と従業員の間に第三者が介入することで、会社が退職の意向をあっさりと受け入れる傾向にあります。

特に、入社して1ヶ月で辞める場合は、引き止めにあう可能性が高いです。「まだ入社して日が浅いし考え直してほしい」と言いくるめられるケースも珍しくありません。

退職代行を使えば、引き止めにあってズルズル仕事をする必要はありません。今まで退職時期を有耶無耶にされてやめられなかった方も、退職代行におまかせすれば安心です。

3.最短当日で退職できる

退職代行に依頼するメリットは、最短で当日に会社を辞められることです。例えば、深夜にサービスの依頼をすることで、朝出社せずに退職できるケースもあります。

自力で辞める場合、退職の意志を伝えても、1~3ヶ月は出社するように求められる場合が考えられます「なるべく早く会社を辞めたい」と考えている方は、即日退職が可能である退職代行サービスを利用しましょう。

4.退職に必要な書類を受け取れる

退職代行サービスのメリットは、退職後に必要な書類を勤務先へ要求していることです。
会社を辞めた後は、以下の書類が必要です。

  • 離職票
  • 源泉徴収票
  • 雇用保険被保険者証

もらえないと転職先に迷惑がかかったり、失業保険を受け取れなかったりします。これらの書類の要求を代わりに行ってくれることで、退職時のストレスを抑えられます

5.転職サポートを受けられる

入社して1ヶ月で退職できても「再就職できるのか」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。仕事が見つからなかったときのことを考えたら不安ですよね。

退職代行サービスでは、転職サポートをつけているところもあります。次の仕事探しに向けて動けるので、転職先が決まっていなくても心置きなく退職できます。

下記の記事では、退職代行のおすすめランキングを紹介しています。当メディアがリサーチした30社の中から本当におすすめできる15社を厳選していますので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる