退職代行事例 正社員25歳 IT系 勤続期間3か月

年齢25
性別
職業IT系
勤続年数3か月
雇用形態正社員
地域東京

 

依頼内容

正社員だが、派遣に近い。

数日前に退職の意思を伝えたが、後任が見つかるまでやめられない、派遣先に退職の担当の人がいないからこちらでは決められないといった感じで全く取り合ってもらえない。人事の人も、まともに取り合ってくれない。

 

代行内容

弊社スタッフが退職の旨を伝えたところ、折り返すと言われたが、折り返してもらえなかったため、依頼者に退職届を送ってもらう。翌日、依頼者に派遣先から休むとの連絡が会社から言ったため、退職の意思が会社に伝わらなかったと考え、再度電話、だが、まともに取り合ってもらえず。

その日に、メールで損害賠償を請求するとの内容が依頼者に届いたが、3か月である依頼者にはそこまでの責任は発生しないことや、返却物などについて返答しました。

その後、しばらく音沙汰がなく、数週間後、弊社に会社から連絡が届き、退職については完了しているが、返却物を全て返してほしいとの内容のメールが届く。後日、本人の家に離職票が届き代行完了。

 

感想

会社が損害賠償請求するといった内容は、基本的に脅しである場合がほとんどです。

もちろん、即日退職するわけですから、会社に損害を与えていることは間違いないのですが、訴訟するのにかかるお金、時間を考えれば割に合わない場合が大半です。

そもそも、ブラック企業ですから叩いたら埃は出てくるため、大事には、したくないのです。