【退職代行事例】 男性30歳 鳶職5年

依頼内容

鳶職をしているが、腰が痛いので辞めたい。勤務先は別の会社だがそこの同僚には腰が痛いことで仕事が遅いことに文句を言われる。

また殴られることもある。社長は休んでいいというが、一向に回復する気がしないので退職をしたい。

 

代行内容

社長に伝え、身体のことも考慮してか、すんなり退職を受け入れてもらえました。

速やかに本人から退職の書類などを郵送していただき代行完了です。

 

感想

残念ながら会社、職場によっては暴言、暴力が日常的になっているとことろも中にはございます。

また、身体を壊してしまって働けないのでありましたらそれは仕方がございません。そのまま続けていたら悪化してしまう恐れもございます。

いろいろな事情でなかなか辞めらない時もありますが、やはり第一に考えるものはご自身の生活、健康ではないでしょうか

一人で思い悩んでいるのでいしたら一度SARABAにまでご相談ください

退職代行SARABAの無料相談はこちらになります。