【退職代行事例】 女性 21歳 保育士10か月

依頼内容

保育園で担任を持っており、以前から何度か辞めたいことを伝えているが、年度末まで退職出来ないとその度に言われている。

限界が来ているのですぐに退職したい

電話内容

ご連絡当日は園長先生がお休みとのことで、確認して折り返しのご連絡となりましたが、先んじて依頼者から退職届を送付致しました。

翌日、園長先生より本人以外からの電話で退職を認めることはできないと長時間電話口で説教されました。

しかし、最後は渋々認めていただき、翌日退職届が保育園へ届き、園長先生より翌週に退職書類をお送りしますと連絡があり、退職代行が完了しました。

感想

担任を持っていると代わりがおらず退職出来ないイメージがあるかと思いますが、退職はいつでもすることは可能です。
引き留めはあるかとは思いますが、退職届を送り退職の意思を示すことで結果的には認めていただけます。

自分で言い出しにくい、そんな時はぜひ弊社にご依頼ください。
辞めることは労働者の権利ですし、会社は退職を止めることはできません。

SARABAでおさらばしませんか?