【脱社畜】会社が合わなくてつらい!辞めて転職するべきか我慢して続けるべきか冷静に判断しよう

「毎日会社に行くのがつらい」
「会社が合わないのかも知れない」
「辞めるべきか様子を見るべきか判断できない」

そんなお悩みにお答えしていきます。

就活・転職活動に勤しみ、内定をもらってホッとしたのもつかの間、実際に入社してみたら「全然イメージと違った」なんてことはありませんか?

はじめは気が付かなくても、何年も勤めていくうちに違和感を覚えることも少なくありません。

もしかしたら、会社が合っていない兆候かも知れません。定年まで勤め上げる可能性やあなたの年齢を考慮すると、その感覚は大事にするべきです。

そこで、この記事では

  • 会社が合わない5つのパターン
  • 退職するかどうかの判断基準
  • 会社が合わないと起きる体調不良とは
  • 現状を打開する5つのアクションプラン

と、会社が合わないかも?と感じたときに知っておくべき内容について徹底的に解説していきます。

ぜひこの記事を参考に、思考を整理し対処法を取り入れてみてくださいね!

会社が合わないとは!5つのパターンを紹介

そもそも、会社が合わないとはどういう状態を言うのでしょうか。

こちらでは5つのパターンに分けて紐解いていきます。

  1. 人間関係が合わない
  2. 仕事内容が合わない
  3. 会社の雰囲気が合わない
  4. 正当に評価が反映されない
  5. 自分のやりたいことが明確にある

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.人間関係が合わない

上司や同僚との付き合い方にストレスを抱えている方は多いでしょう。それもそのはず、実際に「職場の悩みの9割が人間関係!」という主張を聞くことも珍しくありません。

一緒に働く仲間とうまくいっていないと、会社そのものと合わないように感じるでしょう。学校のいじめのように、こそこそと陰口をたたかれたり無視されたりして、仕事どころではなくなってしまいます。

上司と合わないと自分の立場はどんどん悪くなり、のびのびと仕事できなくなるでしょう。

2.仕事内容が合わない

想像していたような仕事ができないとき、会社が合わないと感じることも。たとえば、お客さまの笑顔が見たいと思って希望した営業の仕事も、厳しいノルマの達成を求められたら、理想と現実の大きなギャップにモチベーションが下がってしまいます。

苦手を乗り越えることも成長過程には必要かもしれません。ただ、仕事を楽しめるようにさまざまな工夫を凝らしても、なにか腑に落ちないことがあるときは仕事内容の不一致を疑いましょう。

3.会社の雰囲気が合わない

会社の雰囲気というのは、社員1人で簡単に変えられるものではありません。長い年月をかけて醸成されていくものなので、一朝一夕でどうにかしようというのは無理な話でしょう。

体育会系・文化祭系など特徴的な風土を持つ企業では、似たタイプの社員ばかりが定着していきます。その社風がマッチしない方にとっては、大きなストレスを抱えることになってしまうので注意が必要です。

4.正当に評価が反映されない

自分の頑張りを認めてもらえないとき、会社の評価制度を疑うことが増えていくでしょう。自分よりも成果を出していない人が早々に昇格・昇給したり、曖昧で不合理な評価を下されたりすると、モチベーションは下がっていく一方です。

保守的な年功序列を取り入れている会社は、社員個人の努力をあまり反映せず、機械的に同期横並びで昇進していくことも。

サラリーマンである以上、結果を給料に求めるのは至極当然なこと。正当な評価をしてもらえないことは、会社が合わないのではないかと悩むのに十分な理由になるでしょう。

5.自分のやりたいことが明確にある

全体最適を目指す会社は、社員個人の希望をすべて叶えられるわけではありません。わかっていることとはいえ、運転手を目指して鉄道会社に就職した人が、駅ビルの開発や鉄道用不動産の管理に配属されたらモチベーションを保っていられないでしょう。

特に完全な分業が敷かれていない中小企業では、本来やりたくない仕事まで任されてしまうことも。

自分のやりたいことができないとき、環境を変えるという選択肢を検討してみても良いかも知れません。

会社が合わない…!退職するべきかどうかの判断の仕方とは

自分の気持ちが整理でき、会社が合わないのだとわかったら、退職するべきか続けるべきかの決断を迫られます。

こちらでは、退職するべきかどうかの判断基準を紹介していきます。

  1. 自分でどうにかできることなら様子見する
  2. 自分ではどうにもならないことなら退職を検討する

結果として会社に残るという結論に至っても、今までより納得感を持って仕事に取り組めます。

自分の頭で考えることが重要なので、ぜひこれから紹介する考え方を参考にしてみてください!

1.自分でどうにかできることなら様子見する

自分で状況を打破できる可能性があるとき、退職という結論を出すのは時期尚早かも知れません。改革をやるだけやってみて、それでも状況が好転しなければ辞めるで諦めがつくからです。

人間関係・会社の雰囲気の不一致に関しては、もしかしたら同じ思いを抱いている同僚がいるかも知れません。周りの人のことを知らないだけということもあるので、積極的にコミュニケーションを取ってみるのも良いでしょう。

1人ではできないことも2人3人…と仲間が増えていくにつれ、徐々に働きやすい環境に変化していくこともあります。

また、結果を出し続けたり後輩が増えたりすることで、自分のやりやすいように動けるようになることも。

同一労働同一賃金が叫ばれている世の中ですが、やはり正社員のメリットが大きいのは紛れもない事実です。特に勤続年数が短い方は転職活動時に不利になることもあるので、まずは辞めずに済む選択肢を模索してみましょう。

2.自分ではどうにもならないことなら退職を検討する

自分1人が行動を変えたところで、状況が好転する見込みがない場合、退職を検討したほうが良いでしょう。

たとえばパワハラ上司に執拗に責められるケースです。家に帰ってからも体調がすぐれなかったり、会社に向かう電車の中で憂鬱になったりするときは、すぐに辞めたほうが懸命でしょう。

そのほか、社内評価が適正ではないときにも退職する方向で検討するのがおすすめです。なぜなら、可能性を潰してしまっている可能性があるから。

環境を変えて活躍できるフィールドに立てれば、グンと伸びることも多いです。

会社の方針とよく照らし合わせて、自分が力を発揮できる環境を探していきましょう。

会社が合わないと起きる2つのこと

1日の大半を過ごす会社が自分と合わないと、日常生活にも支障をきたします。

たとえば、以下の症状がみられたとき、すぐに何らかのアクションを起こすべきでしょう。

  1. ストレスを抱える
  2. 抑うつ状態になる

それぞれ詳しく確認していきます。

1.ストレスを抱える

上司からの期待など、程よいストレス・緊張感は、高いパフォーマンスを発揮するために必要です。しかし、仕事のモチベーションを下げてしまうようなストレスは全く歓迎されません。

  • 仕事に対して愚痴ばかり出てくる
  • 社内に尊敬できる人がいない

などが当てはまる方は、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまっている可能性が高いです。

発散できる趣味を見つけてリフレッシュしたら、改善につながるような行動を始められると良いでしょう。

2.抑うつ状態になる

抑うつ状態とは「気持ちが落ち込んで何もする気がおきない」「憂鬱な気分が続く」など、心のコンディションが優れないさまを言います。ストレスやひどい精神的な攻撃にさらされ続けると、うつ病のような症状が現れてきてしまうのです。

家族や守らなければいけないものがあったり、問題に対して手を抜かず果敢に正面から立ち向かおうとしたりする人は、うまく悪い状況をかわせないこともあります。

メンタルだけでなく行動にも悪影響が出てきてしまうのが、抑うつ状態の特徴。仕事終わりや休日に精力的な活動ができなくなった方は、早急に環境を変えることを検討しましょう。

会社が合わないと感じたときにする5つのこと

会社が合わないパターンに当てはまっていたり、何らかの精神的な異変がみられたりするときは、状況を打開するための行動を起こす必要があります。

こちらでは、以下5つのアクションを紹介します。

  1. 信頼できる人に相談する
  2. 人事制度・労働組合を活用する
  3. 転職エージェントに登録する
  4. 資格を取る
  5. スキルを身につける

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.信頼できる人に相談する

悩みを1人で抱え込んでいると、視野が狭くなってしまいがち。同僚との飲み会もいいですが、会社とまったく関係のない友人や家族に相談してみると、より広い知見を得られます。

人に話すことでストレス発散になったり考えが整理されたりすることも。まずは学生時代に仲の良かった友人にコンタクトを取ってみるのがおすすめです。

2.人事制度・労働組合を活用する

「やりたい仕事ができていない」「上司とウマが合わない」などの場合は、社内の制度をフル活用してみましょう。異動願いを出せたりプロジェクトに立候補できたりして、環境を変えられる可能性があるからです。

また、労働組合に加入しているなら、いちど業務時間外に相談に行ってみると良いでしょう。会社から労働者を守るための団体なので、親身になって悩みを聞いてくれるはずです。

会社に組合がない場合は、合同労組(ユニオン)への加入や有志に協力を募って新規設立という手段もありますよ。

3.転職エージェントに登録する

転職エージェントとは人材紹介サービスの1つ。エージェントが求職者から悩みや希望をヒアリングし、最適な求人案件を提案してくれます。

転職サイトと違って、非公開の求人を紹介してもらえることもしばしば。自分では気づかなかった強みや、持っているスキルの市場価値を確認できるので、今すぐ転職する予定がなくても登録しておくのがおすすめです。

「転職して今の会社を離れる」という選択肢を持っておくだけでも、気持ちに余裕が出てきますよ。

4.資格を取る

やりたい仕事が明確な場合は資格を取ってアピールするのもおすすめです。異動を目指すにも意欲の証明になりますし、転職するときにも活用できる場面が多いでしょう。

また、業務に関係する資格が見つからない場合は、TOEICや簿記といった自分の市場価値を高めてくれるものに挑戦するのもあり。

会社によっては資格手当・合格お祝い金が出るケースもあるので、あらかじめ社内規則を確認しておくと良いでしょう。

5.スキルを身につける

未経験から異業種への転職を目指すのであれば、入門編のスキルをマスターしておくことが重要です。仕事への意欲を見せられるので、面接でも有利に働くケースが多いでしょう。

いまは明確にやりたいことが見つからなくても、見識を広げておくことは重要です。読書やYouTubeなどを通じて意識を高めておき、自分の可能性にフタをしないようにしましょう。

会社が合わなくてどうしようもないときは退職代行の利用を

会社が合わないとなかなか自分の能力を発揮できず、つらい思いをする時間が長くなってしまいます。ハラスメントが横行しているようなブラック企業だと、自分から退職を切り出すのも難しいケースもあるでしょう。

そういったときは、退職代行サービスの利用がおすすめ。退職時のトラブルを減らし、労働者の権利を守れます。

たとえば、退職代行SARABAは以下のようなサービスを提供しています。

  • 退職代行SARABAユニオン(労働組合)が運営しているので会社と交渉が可能
  • 料金が25,000円と業界最安値クラス
  • 24時間365日、電話・メール・LINEで相談できる
  • 有給消化・転職フォローなどサポート面も充実

いまどきは代行サービスの利用も珍しくないので、気兼ねなく問い合わせてみてくださいね!

>>退職代行SARABAを利用してみる

当サイトおすすめの退職代行業者をランキングでご紹介!

退職代行ランキングはこちら