入社3か月で辞めたくなった際に、続けるか退職すべきか判断する方法

「会社に入社して3ヶ月が経ったけれどもう辞めたい」

こう思う人は3人に1人はいると言われています。しかし世間的には3ヶ月で辞める人は甘ったれた人間だと考えられています。3ヶ月で辞めるなどありえないという人がいる一方で、自分に合わないなら今すぐ辞めるべきだという人もいます。

あなたはどちらが正しいのかがわからなくなっていませんか。

この記事では入社3ヶ月で辞めたいときに退職するべきかどうかを判別する基準をまとめました。この記事を読めば、入社3カ月で退職したほうがいいのかどうかがわかります。

入社3カ月で辞めることのデメリットとメリット

まず入社3ヶ月で辞めることのデメリットとメリットを把握する必要があります。
デメリットしかないのではと思うかもしれませんが入社3ヶ月で辞めることにはメリットもあります。

デメリット
・転職で不利になりやすい
・失業保険がもらえない
・上司に退職を伝えにくい

メリット
・自分と合わない会社とすぐ別れられる

こう見るとデメリットのほうが多いように感じますがそうではありません。

 

入社3ヶ月で辞めることのデメリットは確かに多いですがメリットにも無視できないほどの効果があります。
もしあなたが自分と合わない会社に無理して残ったとしたらどんな未来が待っているでしょうか。1年後には半ばうつ状態になっていて安定した生活のために辞めるに辞められなくなっています。断ることができない上司の飲み会に誘われたり、1日15時間以上も働かされて文句が言えなくなっています。

そのように人生の時間を浪費するくらいなら入社3ヶ月で辞めてしまって自分に合った会社を探したほうがいいでしょう

 

とはいえ、デメリットも無視できません。3ヶ月で転職すると転職先で履歴書を見た採用担当者が確実に退職理由を聞いてくるでしょう。どんなに綺麗ごとをいったところで3ヶ月で辞めた人間を信用するのはなかなか難しいです。

3カ月で辞めることの大きなデメリットは失業保険が出ないことです。今の会社より前から雇用保険を継続していたら別ですが、そうでもないのでしたら入社3ヶ月で辞めても失業保険は出ません。また、入社3ヶ月では有給休暇もありません。貯金もないでしょうから退職したらすぐに転職しなければ生活がままならなくなるでしょう。

最大のデメリットとしては上司に伝えるのが苦痛だということです。入社して3ヶ月ではまだ研修期間のようなものですので上司はいい顔をしないでしょう。上司に直接退職を伝えるならかなりの勇気を必要とします。

入社3カ月で退職すべきではないのはこんな人

3カ月で会社を辞めないほうがいい人の基準は以下です。

仕事は好きだが人間関係が合わない

仕事が合わないのなら今すぐ辞めたほうがいいでしょう。しかし、仕事はかなり面白いのに人間関係が合わないという場合には考え直したほうがいいかもしれません。長くいたからといって人間関係が改善するわけではありませんが、仕事が好きならあなたが出世してしまえば人間関係の問題は解消する可能性が高いです。

精神的に追い詰められてどうしても耐えられないなら退職してもいいですが、ちょっと上司と合わないという程度なら半年は耐えてみるのも一つの手でしょう。

その業界で独立を目指している人

飲食店などで働いていて将来的には経営者になりたいと考えているのなら3ヶ月でやめるのは避けたほうがいいでしょう。経営者になるためのノウハウを学びたくて仕事をしているのだと思いますので3ヶ月では何も得るものがありません。独立を目指して働いているのであれば最低でも3年程度は同じ場所にとどまったほうがいいです。

入社3カ月で退職するべきなのはこんな人

精神的に追い詰められている人

あまりにも人間関係がひどくて精神的にうつ症状になっているのではないかと心配になっている人は今すぐ退職してください。上司にイヤな顔をされる可能性もありますが「精神的に参っていてうつ症状になりかけている」と伝えれば大抵の会社なら揉めごとを起こしたくないため文句は言いません

精神的に参っている状態で1年も2年も働いてしまったらその後10年ぐらいは社会復帰できないぐらいのダメージを受けます。そうなっては人生の大きな損失ですので退職する気力がある今のうちに辞めてしまいましょう。

やりたいことがある人

やりたいことがあるので会社を辞めたくなったという話はよく聞きます。しかし世間の人はやりたいことがあるから退職したいという人に非常に冷たい対応をします。

これは自分たちがやりたいことを実現できていないために嫉妬していることが多いようです。あなたにやりたいことがあるのなら周りの声など気にせず退職したほうがいいでしょう。特に今の仕事に大きな不満がないけれどやりたいことがあるので会社を辞めたいという人は会社にいる時間が無駄なので今すぐ行動しましょう。

スムーズに辞めるためにはどのように退職連絡をするかが大事

会社を辞めたいといっても入社3ヶ月で退職すると伝えればたいていの上司は不機嫌になります。上司に怒鳴られたくないのであれば自分で退職を直接伝えるのは賢明ではありません。

最近では本人が会社に一度も行かなくても退職できる退職代行サービスというものがあります。

退職代行「SARABA」について詳しくはこちらをご覧ください。

退職代行サービスでは退職にかかわる連絡をあなたの代わりに全部おこなってくれます。あなたに必要なのは退職届や書類などの郵送だけです。退職代行サービスでは退職の連絡で消費される時間も節約されますので転職活動に専念することができます。第三者から退職を伝えるため会社には冷たい視線を向けられるかもしれませんが、あなたは会社と連絡を取ることがありませんので気にする必要はありません。

まとめ

あなたが精神的に追い詰められていたり、どうしてもやりたいことがあるというのなら今すぐ退職しましょう。逆に、独立を目指して働いている人や今の仕事が大好きという場合には退職しないほうがいいかもしれません。

退職することは直接伝えてもいいですが、退職にかかわる手間を省くために退職代行サービスを利用するという手があります。

退職代行サービスはあなたが会社に一度も行かなくても退職ができますので効率的に辞めたい人に向いています。

 

あなたの会社を「SARABA」で「おさらば」しませんか?

※年中無休 24時間対応 即日対応可