退職するときは、他の人はどうやって伝えているのか? みんなの声を集めてみました。

退職するときにどうやって上司に伝えたらいいかがわからない人は多いでしょう。
メールなどで伝えると失礼にあたるのではないかなど一人で考えると延々と悩んでしまうと思います。
この記事では、他の人が上司に対してどのように退職を伝えているかをまとめました。
一般的な退職の伝達方法から特殊な手段まで調べましたのでどうぞ参考にしてみてください。

上司に退職を伝える一般的な方法

退職を伝える一般的な方法は3つあります。

直接伝える

上司に直接会って退職を伝える方法です。顔を合わせて退職を伝えることができますので、それ以外の方法に比べると失礼だと思われることが無いのが利点です。一方で直接顔を合わせるデメリットとして相手の反応が気になるというものがあります。

電話で伝えるのであれば退職を伝える時にためらいにくいものですが、直接対面すると相手の反応が気になってつい弱気になってしまうでしょう。

あなたが気が弱い人だったり上司が怒鳴りやすい人だったら決断するのが難しい方法です。

電話で伝える

直接伝えるのが難しいときには電話で伝えるという方法があります。上司と会える場合には可能な限り直接伝えた方が心証が悪化することがありません。しかしめったに会えない場合やほとんど電話でしか会話をしない場合には退職を直接ではなく電話で伝えることが可能です。

たとえ直接会えたとしても上司に怒鳴られるのが怖いという場合には電話で退職を伝える人もいるようです。しかし直接会える場合には「一度会って話そう」と言われることが多く、最終的には対面することになります。

結局は対面するのであれば最初から直接伝えたほうがいいかもしれません。

メールで伝える

最近ではメールで退職を伝える人が増えています。

若い上司の場合はさほど気にしないこともありますが年配の上司ならほぼ間違いなく失礼だと感じるでしょう。上司が不機嫌になる可能性が高いのでメールで伝達するというのは可能なかぎり避けましょう。

上司に退職を伝えるときに、こんな方法を取った人たちも

一般的な方法で退職を伝える人がほとんどですが中には独自の手段を使って退職した人もいます。

LINEで伝える

若い上司であっても心証が良くないのがLINEで退職を届け出ることです。多くの上司にはメールですら失礼なのにLINEで退職を届け出ようものなら激怒される可能性があります。

たとえ会社の連絡をLINEグループで行っていたとしても退職をLINEで伝えるのは避けたほうが賢明でしょう。

例外としてはLINE以外の通信手段がない場合や、直接会うことが難しくて電話になかなか出られない上司だったら許容されるかもしれません。

伝えないで退職

アルバイトで特に多いのが何も伝えないでいきなりやめる、いわゆるバックレです。多いと言ってもほとんどの人は実行してませんが一部では存在しています。ただしこの方法はお勧めしません。

社会的に問題があるというのもありますがそれ以上にあなた自身のデメリットが大きいです。会社に連絡もせず無断欠勤を続けると電話が、かかってくるのは間違いありません。何日も無断欠勤をすれば何十回と電話がかかってくるでしょう。着信拒否に設定すれば退職するんだなと上司は察してくれますが退職の手続きはしてくれません。

退職は本人が希望しなければ会社側の解雇となってしまうからです。本人の自己都合退職と会社の解雇では扱いが違うため基本的に本人が希望しない場合、会社側は退職の手続きをしばらくしません。

しばらくというのは半年かもしれませんし1年かもしれません。これは会社によって期間が変わってきます。

退職手続きがされていませんので失業保険を受けることはできません。また転職した時点で前職に在籍している場合、保険手続きなどの問題で転職を拒否される可能性が出てきます。転職先があなたの経歴を調べるような会社だったら前職の会社に連絡が行きますので無断欠勤で退職したことがバレてしまいます。無断欠勤で退職した人を採用しようと考える会社はないでしょう。

ですので結局、最終的には無断欠勤した末に自分で会社に行って手続きをしなくてはなりません。上司と顔を合わせることになりますのでどのような扱いを受けるかは想像に難くないでしょう。

親に伝えてもらう

自分で伝えるのがどうしてもできないというときには親に伝えてもらうという人もいます。親に伝えてもらうことであなたは上司からのプレッシャーを受けずに退職を伝えることができます。ただし、本人に退職の意思があるという確認が必要ですので結局は上司と会うことになる場合もあります。

親に退職連絡を頼んだ場合は「甘ったれたやつ」と評価されますので上司に冷たい対応をされる可能性が高いです。

退職代行サービスを利用する

最近注目を浴び始めているのが退職代行サービスを利用して辞める方法です。

退職代行サービスとはあなたの代わりに退職の連絡をしてくれるサービスです。退職代行サービスを利用すればあなたは上司と連絡を取ることはありませんし、一度も会社に行かないで退職できます。

退職代行サービスに依頼した翌日から退職することも可能ですので、今すぐ退職したい人や上司と絶対に顔を合わせたくないという場合には有効な手段です。

退職代行「SARABA」について詳しくはこちらをご覧ください。

第三者に退職連絡をしてもらいますので上司に失礼な奴と思われる可能性はあります。しかし自分で伝えたり親に伝えてもらうときと違ってあなたは会社に行く必要がありません。上司と合わないのであればどう思われようと気にしないですむでしょう。

退職代行サービスの大きな利点としては退職にかかる時間を節約できることです。退職の連絡をするだけでも様々な手間がかかるため大きく時間を損失します。しかし退職代行サービスに依頼することで無駄な時間と手間を省くことができますので転職活動に専念できます。

まとめ

基本的には退職を上司に伝えるのは自分で直接という人が多いです。中には電話で伝える人や、無断欠勤をする人、親に頼む人もいます。

最近では会社に一度も行かなくても退職可能な退職代行サービスを利用する人が増えています。
退職代行「SARABA」なら3万円の費用でほぼ確実に退職できますので上司と顔を合わせたくない人は利用してみてはどうでしょうか。

もし退職できなかった場合でも費用は全額返金致しますので安心してご利用いただければと思います。

 

あなたの会社を「SARABA」で「おさらば」しませんか?

※年中無休 24時間対応 即日対応可