転職先を決めるのは在職中?退職後?

転職をしたいけれど転職先を決めるのは在職中と退職後どちらがいいかで悩んでいませんか?

在職中と退職後、どちらにもメリットとデメリットがあります。

多くの人は在職中に決めたほうがいいと言うかもしれませんが、仕事で忙しい退職前に転職先を決めるというのは現実的にはかなり大変です。

この記事では退職前と退職後どちらで決めたらいいかを悩んでいる人のために両者のメリットやデメリット、退職前に転職先を決めるための有効な方法をご紹介いたします。この記事を読めば退職前の忙しい時期でも転職先を決めるための時間を捻出できます。

転職先を決めるのが在職中の場合のメリット、デメリット

メリット

転職先を決めるのは在職中が良いという人は多いです。これは失業期間を短くするというメリットが大きいです。

退職後に転職先を決めようとすると確実に失業期間が生まれてしまいます。失業している間は非常に不安定な生活を強いられますのでお金の心配などから条件にこだわることなく就職先を選んでしまいブラック企業に就職しやすくなります。

退職前に転職先を決めておけば退職日の翌日から転職先で働くことができますので失業期間がなくて安定した生活を維持することが可能です。

また転職先を決めて退職することであなたが今いる会社で退職日を引きのばされる心配がありません。転職先が決まっていない状態で退職日を伝えると人手不足の会社ではあなたを引きとめようとしてきます。

しかし転職先で働く日が決まっているのであれば無理に退職日をのばすことはできません。会社としても引き下がらざるを得ないのです。

デメリット

在職中に転職先を決めることにはデメリットがあります。

一番のデメリットは在職中に転職活動する時間がないということです。疲れて家に帰ってきた後に転職先を調べて行動するのは難しいでしょう。もし仕事の後に求人の検索や面接などができるという人ならこのデメリットはありません。

在職中に転職活動するもう一つのデメリットは今いる会社のスケジュールに影響を受けることです。転職先を決めてから退職を伝えるとなると今いる会社の退職するのは就業規則に従い、1ヶ月後ぐらいになるでしょう。つまり転職先が決まってから最低でも1ヶ月は相手先の企業に待ってもらうことになります。

企業の中には1ヶ月や2ヶ月待つくらいなら他の新人を採用するという場合もあります。あなたに待つだけの価値がなければ転職先の企業は待ってくれないでしょう。

転職先を決めるのは退職後がいいという人の理由

メリット

転職先を決めるのは退職後がいいという人もいます。

退職後に転職先を決めることのメリットとしては転職先にすぐ入社できることです。既に退職していますので転職先には翌日から入社することも可能です。相手企業は人手不足のために募集をかけていることがほとんどです。可能なら明日からでも入社してほしいと考えています。

在職中に転職活動をした場合は1ヶ月ぐらいは入社できないので相手先企業をしばらく待たせることになります。しかし退職後に転職活動すればいつでも入社できるメリットがあります。

もう一つのメリットは失業保険を受けられることです。自己都合退職の場合は3ヶ月は失業保険が支給されませんが、会社都合で退職となった場合には翌月から支給を受けられます。失業保険を受給している間に就職すれば特別な手当てがつきますので退職後に失業保険をもらいながら転職先を決めることにはメリットがあります。

デメリット

退職後に転職先を決めることの最大のデメリットは精神的に追い詰められやすいことです。しばらく生活できるだけの貯金があったとしても徐々に減っていくお金を見れば追い詰められてしまいます。焦って条件が良くない企業に就職してしまうこともあるでしょう。じっくりと腰を据えてホワイト企業に入りたいのであれば退職後に転職先を決めるというのはオススメしません。

在職中に転職活動をする時間を捻出する有効な3つの方法

退職後に転職先を探したほうがメリットは多いです。しかし時間が無いことが原因で退職後に転職先を探す人が多いでしょう。ここでは時間を捻出する方法を紹介します

早めに引継ぎを済ませておく

退職前に時間を確保する方法としては引継ぎを早めに済ませておくという手段があります。退職日ギリギリまで引き継ぎをしていると疲れてしまって転職活動する気力がわきません。早め早めに引き継ぎ準備をしておいて退職を伝えたらすぐに引き継ぎできるような体制を整えておきましょう。

有給休暇を活用する

有給休暇を消化したことがない人であれば40日近い有給が残っているでしょう。40日もあれば約2か月分ですのでその間に転職活動ができます。働かなくてもお金が入る上にたっぷり時間があるので万全の体制で準備をしましょう。
ブラック企業に勤めていて有給を1日も消化できなかったという人はこの手段を使えば時間が捻出できます。

退職代行サービスを利用する

有給休暇が残っていなくて引き継ぎの準備も難しいという場合には退職代行サービスを利用しましょう。退職代行サービスとは第三者があなたの退職の連絡を会社にしてくれて、あなた自身は会社に行く必要がなくなるサービスです。
会社に行く時間や退職の手続きにかかる手間が省けますので在職期間中でも転職活動のための時間を捻出できます。デメリットは費用がかかることですが、上司に退職を直接伝える必要が無いため利用する人は多いようです。

費用は業者によってだいぶ変わります。退職代行「SARABA」であれば3万円でほぼ確実に退職できる上に、退職に失敗したとしても全額返金してもらえます。

退職代行「SARABA」について詳しくはこちらをご覧ください。

まとめ

スムーズに次の職へ付けることから、基本的に転職先を決めるのは在籍中が望ましいです。

引き継ぎを早めにしたり有給休暇を利用することで時間の捻出が可能です。どうしても時間が捻出できない場合には退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービスを利用すればあなたは会社に行く時間を節約して転職活動に専念できます。

 

あなたの会社を「SARABA」で「おさらば」しませんか?

※年中無休 24時間対応 即日対応可